ライセンス制度の更新: CCX および、外部ユーザー使用権の導入

2020/10/20 - 読み終える時間: 4 分

Licensing Update: Introducing CCX, External User Entitlements の翻訳版です。また、「Notes/Domino ライセンスガイド」もこの内容に合わせて改訂しておりますのでご利用ください。


ライセンス制度の更新: CCX および、外部ユーザー使用権の導入

2020年9月23日

著者: Uffe Sorensen / Global Director of DS Strategy, HCL Software

画像の説明

これまでに、HCL Digital Solutions は、Domino の最新のライセンスモデルである、ユーザー単位の HCL Domino Complete Collaboration Business Edition (通称:CCB) を提供しています。このたび、eXternalユーザーの使用権である CCX 認証ユーザーを導入し、CCB ライセンスの完成を発表できることを誇りに思います。

CCB: HCL Dominoライセンシングの簡素化

CCBは、サーバーキャパシティーやサブキャパシティー (PVU) ライセンスの不確実性を排除し、HCL Domino を単一のライセンスモデルで提供するための重要なステップです。

  • シンプルな「ユーザー単位のみですべてを包含するライセンス」モデル - 企業向けメール(HCL Verse)を含むあらゆるアプリケーションを実行するために、あらゆるクライアントとあらゆるプロトコルをあらゆるサーバーの規模で使用できます

  • シンプルなユーザー数による明確なライセンスによるコンプライアンス管理

  • HCL SafeLinx 1.1 のように、CCB の使用権の下で Domino 環境で利用可能な標準の機能をを追加

  • 最近では、CCB の価値を大きく高めるものとして、CCB ライセンスを適用したサーバー上で実行される Web アプリケーションへのゲストユーザーの使用権を追加しました (このブログ記事には、2020年7月29日からの発表「ライセンス最新情報:HCL Complete Collaboration (Bundle) (CCB) のゲストライセンス」の更新情報が含まれています)

シンプルな「Add-on」を利用することで、CCB ライセンスにさらにたくさんの機能を追加できます。

  • Domino Volt: 更新時または新規 CCB ライセンス購入時に、すべての CCB ユーザーにライセンスを追加できます。
  • Sametime Premium V11.5: 11月にSametime 11.5 が eGA になり次第、すべてのCCBユーザーに特別価格のアドオンが提供されます(Sametime Premium 単体でもフルプライスで提供されます)。(Sametime Premium スタンドアロン版もフルプライスでご利用いただけます。)
  • CCX: 今回追加された外部ユーザーのためのユーザーごとのアドオン。


CCX ライセンスの概要

CCX は、CCB の権利を持つ Domino 環境へ追加できるユーザー単位のライセンスで、魅力的な価格で外部ユーザーにアプリケーションを展開できます。CCB のライセンスを取得しなければならない組織内部ユーザーと、CCX の権利を持つ外部ユーザーは区別されます。

従業員や契約社員は CCB ユーザーでなければなりません。ソフトウェアプログラムのダウンロード/インストールと製品サポートを受けるためには、全員が CCB のライセンスを持っている必要があります。Domino Volt が CCB に追加された場合、CCX ユーザーライセンスが追加費用負担なしで追加されます。

CCX ユーザーは、Domino または Domino Volt のアプリケーションとワークフローの使用には機能的に制限があります。また、アプリケーションを作成することはできません。CCX ユーザーは個人のメールボックスを持てませんが、ワークフローのルーティングやメールを生成するアプリケーションにタスク/機能メールは使用できます。


CCB ゲスト・ユーザーの変更点 CCB ライセンスを適用した Domino サーバーの「ゲスト・ユーザー」についてこれまでの Anonymous アクセスに加えて、Domino アプリケーションのアクセス権限で「読者」までの範囲の認証されたログイン・ユーザーの利用が可能になりました。


CCB ゲストユーザー 新機能

2020年7月の発表以来、多くのお客様のユースケースを徹底的に分析・検討し、今回、認証済み/ログイン済みのWebユーザーの価値を高め、Domino アプリケーションのアクセス (ACL) を 読者権限で、あらかじめ定義された最大レベルで許可することを可能にしました。


ライセンス準拠のためのユーザー数のカウント

CCB/CCX では、システムにアクセスするための資格情報を持つすべてのユーザーに、認証ユーザーの使用権が必要です。 CCB と CCX の両方について、コンプライアンスに必要なライセンス量は、Domino ディレクトリー内のディレクトリーエントリーと、ユーザーのログインを許可するアクセス可能な LDAP ディレクトリーをカウントすることによって決定されます。単純なメールルーティングエントリーや Domino Denied Access リスト上のユーザー情報はカウントに含まれません。

現在のところ、ユーザーのログインを許可する Domino ディレクトリー/リンクされた LDAP のエントリーをカウントするだけです。「外部ユーザー」とタグ付け(識別)されたエントリーやLDAPはすべてCCX ユーザーとしてカウントされ、他のすべての資格情報が CCB カウントを構成します。 ゲスト・ユーザーのログイン認証情報が同じディレクトリー/LDAP にある場合は、「ゲスト」としてタグ付けされ、カウントから除外される必要があります。

エンタープライズ内の従業員や契約社員、派遣社員などは、CCX またはゲストになることはできません。これらの社内ユーザーはCCB ユーザーとしてライセンスを取得している必要があります。Domino V12 でライセンスのカウントを自動化するために、同梱の Domino License Tracker を強化し、ライセンス準拠レポートを作成できるようにする計画があります。このレポートは自動的に HCL と共有されるわけではありませんが、ライセンス・コンプライアンスを支援するために使用することができます。


CCB 認証ユーザーの使用権でライセンスされた Domino サーバーへのアクセス

CCB 認証ユーザー資格の下でデプロイされた HCL Domino サーバーを持つお客様は、CCB 認証ユーザー、ゲストユーザー、および CCX 認証ユーザーの権利を持つライセンシーからアクセスすることができます。

さらに、CCB 認証ユーザーの使用権の下に展開された HCL Domino サーバーは、メール・ルーティング(SMTP)、非 HCL Domino プログラムのためのディレクトリー・ルックアップおよび認証(LDAP)に参加することができ、カレンダーの空き時間情報へのアクセスを許可します。


詳細情報

  • ゲストユーザーのための読み取り専用のWebサイト
  • 特定のゲストユーザーに合わせたコンテンツを提供する簡単な方法
  • 特定の外部ユーザーライセンスを導入することで、サーバー容量(PVU)ベースのライセンスの必要性を排除します
  • エンタープライズ B2B バリューチェーンの外部ユーザーが Domino ベースのアプリケーションやワークフローに参加できるようにする
  • Domino Volt を一般的な外部ユーザーや、匿名のゲストユーザーへのアンケート調査によるデータ収集に使用できます
  • パートナーのソリューションを含むマルチベンダーシナリオにおけるメールとカレンダーの相互運用性に関するライセンスの明確化

この発表は、Dominoのお客様のライセンスプラットフォームとして CCB/CCX を強化し、より多くのお客様が CCB にアップグレードできるようにし、すべての新規のお客様のモデルとなることを可能にします。

この発表についてご質問がある場合や、ライセンスに関するご質問がある場合は、HCL製品のスペシャリストまたはビジネスパートナーにお問い合わせください。


詳細資料

関連ブログ記事


免責事項 - HCLの計画、方向性、意図に関する記述は、HCLの単独の裁量により、予告なしに変更または撤回されることがあります。将来の可能性のある製品に関する情報は、当社の一般的な製品の方向性を概説することを目的としたものであり、購入の意思決定を行う際には、これに依拠すべきではありません。将来の可能性のある製品に関する情報は、いかなる材料、コード、機能を提供することを約束、約束、法的義務を負うものではありません。将来の可能性のある製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込まれない可能性があります。当社製品に記載されている将来の機能や機能の開発、リリース、タイミングは、当社の単独の裁量に委ねられています。性能は、制御された環境での標準的な HCL ベンチマークを使用した測定および予測に基づいています。ユーザーが体験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリーム内のマルチ・プログラミングの量、I/O構成、ストレージ構成、処理されるワークロードなどの考慮事項を含む多くの要因によって変化します。したがって、個々のユーザーがここに記載されている結果と同様の結果を達成することを保証するものではありません。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。