サポート技術情報: Notes/Domino 9.0.x、10.0.x のサポートから除外されるコンポーネントについて

2021/1/13 - 読み終える時間: ~1 分

2021年1月6日、当ブログに「Domino v9.0.x、Domino v10.0.x のサポートに関する更新について」の記事を掲載しましたが、その補足記事「Notes/Domino 9.0.x、10.0.x のサポートから除外されるコンポーネントについて」を追加しましたのでお知らせします。この新しい補足記事は、影響範囲について詳細を記載しています。


Congratulations, @guylocke , for creating brilliance at our #HCLDigitalWeek hackathon!

2021/1/13 - 読み終える時間: ~1 分

当ブログの 2020 HCL Domino Volt Hackathon の結果発表 で既報ですが、HCL Software (Worldwide) の Twitter で再度表彰の投稿がありましたので、ここに掲載します。

https://twitter.com/HCLDigital/status/1347610415317004294

画像の説明


2021年 HCL Ambassador 発表

2021/1/13 - 読み終える時間: ~1 分

Announcing the HCL Ambassador Class of 2021 の翻訳版です。

HCL Lifetime Ambassador & Ambassador 2021 of Japan のご紹介 もあわせてご覧ください。


2021年 HCL Ambassador 発表

2021年1月8日

著者: Timothy Clark / the Global Program Manager

画像の説明

この度、2021年の HCL Digital Solutions の HCL Ambassador を発表することができましたことを誇りに思います。

HCL Ambassador プログラムは、HCL Digital Solutions の製品に対するコミットメント、アドボカシー、知識の共有などの面で、これまで以上の努力をしてきた個人を表彰するプログラムです。HCL Ambassador は、以下のような形で HCL Software から表彰されます。

  • コミュニティ・コールとソーシャル・ネットワーキング・フォーラム
  • 招待者限定のベータプログラムやイベントへのアクセス
  • 上級管理職との年2回の電話会議
  • サポートチケットの迅速なエスカレーションをサブジェクトマターのエキスパートエンジニアへ
  • HCL ソフトウェア製品を使用するための無償ライセンス
  • HCL Ambassador ブログへのシンジケーションにより、公開されたコンテンツの露出を強化
  • HCL Ambassador ブランドのグッズ

プログラムへのアクセスは、毎年、指名と審査のプロセスを経て決定されます。通常は10月と11月に行われ、12月に次年度の HCL Ambassador が発表されます。

2021年度の HCL Ambassador は、2021年1月から2021年12月までの任期となります。

詳細については、HCL Ambassador のページ (英語) をご覧ください。

今年の受賞者の皆様、おめでとうございます。私たちは皆さんと一緒に仕事ができることにワクワクしています。


Notes/Domino: 2021年に作成された文書の文書プロパティで [作成日] が表示されない問題

2021/1/8 - 読み終える時間: ~1 分

下記のサポート技術情報に詳細を掲載していますが、2021年に作成された文書の文書プロパティで [作成日] が表示されない問題が発生しています。Notes/Dominoのバージョンに関わらず発生しています。この現象は、Infobox 上およびプロパティーボックス内での表示上の問題であり、内部的には日時情報は保持されており、動作に影響はありません。

本件については修正作業が進んでおり、サポートされているバージョンについて修正プログラムが提供される予定です。


Notes/Domino 9.0 および V10 のサポート方針の変更について

2021/1/6 - 読み終える時間: 2 分

2020年12月末に、以下の2つを発表しましたが、これらに関しての補足説明を掲載します。今後の運用計画の参考としていただけますようお願いいたします。

  1. Domino 9.0.x、Domino V10.0.x のサポートに関する更新について
  2. HCL Sametime の一部製品バージョンの販売終了とサポート終了の発表

1. Domino 9.0.x、Domino V10.0.x のサポートに関する更新について

これは「サポートの終了の発表」ではなく、HCL が継続してサポートを行うにあたっての、サポートの例外条件のご案内です。

Notes/Domino 9.0 については、HCL に移管される以前に IBM が、「最短でも2021年9月末まではサポートを提供する」旨の発表をしていました。HCL では Notes/Domino 9.0 のサポート期間について検討しましたが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、お客様の多くがその対応を求められている状況であることを考慮し、ご利用いただいているお客様の多い Notes/Domino 9.0 については、上記 IBM による発表を越えて、できるだけ長い期間にわたりサポートを継続したいと考えております。

しかしながら、サポート終了となる OS のバージョンや、他社のコードやモジュール等 (IBM のものを含む)、HCL ソフトウェア では対応が困難な範囲が存在するため、サポートポリシー (サポートガイド) の例外として、該当事項を上記サポート技術情報にて明確にしました。

例外箇所に起因する障害についても、HCL はサポートを継続し、回避策を見つけるためにあらゆる合理的な努力を行いますが、これらに関連した問題に対する Hotfix やパッチが提供される可能性は低くなりますので、予めご承知おきくださるようお願いします。最良のサポートを受けていただくためにも、有効な SS&S の契約を保有いただいている Notes/Domino 9.0 ならびに 10.0 をご利用のお客様は、最新の Fix Pack の適用をお願いします。

また、最新の Notes/Domino V11、または、2021年上半期リリース予定の V12 へのバージョンアップをご検討ください。V11 および V12 では以下の機能をご利用いただけます (Domino Volt は追加のライセンスが必要となります)。

  • iPhone, iPad および Android で Notes/Domino アプリの利用が可能なモバイル・アプリ HCL Nomad
  • Notes/Domino の業務アプリの開発を、より一層容易に行うことが可能なローコードアプリ開発&実行環境 HCL Domino Volt

Nomad, Domino Volt を含む Notes/Domino の最新バージョンやバージョンアップに関する情報は「HCL Notes/Domino V11 バージョンアップ・ヴァーチャル・セミナー」をご覧ください。


2. HCL Sametime の一部製品バージョンの販売終了とサポート終了の発表

これは、Sametime 9.0 のサポート終了の発表と、Sametime Premium (V11.5) でのライセンスの変更に関するご案内です。

  • Sametime 9.0 については 2022年3月末でサポート終了となります。上記の Notes/Domino 9.0 に関する案内には含まれません。ただし、Notes/Domino に含まれる Sametime Limited Use は Notes/Domino の一部として継続してサポートされます。
  • Sametime は 2020年11月にリリースされた Sametime Premium (V11.5) よりライセンス体系が変更になりました。これに伴い、従来の体系のライセンスは2020年末で新規の販売が終了となりました。 有効な SS&S を保有いただいているお客様は、サポート終了の期間まで、継続SS&S を更新し、サポートをご利用いただけます。

カスタマーエクスペリエンスプラットフォームとは

2021/1/6 - 読み終える時間: ~1 分

What Is a Customer Experience Platform? The Last Great Experience Your Customer Has Becomes Their Expectation. You Need the Right Solution. の翻訳版です。


カスタマーエクスペリエンスプラットフォームとは

顧客が最後に経験した素晴らしい体験が、顧客の期待に変わります。適切なソリューションが必要

2021年1月5日

著者: Demetrios Nerris / Product Marketing Manager for HCL Digital Experience

画像の説明

顧客体験(一般的に CX と呼ばれている)は、あらゆる規模の企業にとってますます重要な優先事項となっています。企業は、ウェブサイトやモバイルアプリだけではなく、高度に文脈に沿った体験を提供し、いつでも適切な方法で適切な情報を顧客に提供する必要があります。ビジネスモデルは変化しており、私たち全員が迅速に適応しなければなりません。顧客が最後に経験した素晴らしい経験が、今では顧客の期待となり、さらに 96% の顧客が、顧客が愛用するブランドを選ぶ際にはカスタマーサービスが重要だと答えています。顧客は購入前に広範なリサーチを行い、1つの企業と競合他社を綿密に比較することができるようになったことで、取引においてますます力を発揮するようになっています。優れた CX を提供することに注力する企業には、そのプロセスを支える強力なテクノロジーが必要です。そこで、顧客体験プラットフォームの出番です。

カスタマ・エクスペリエンス・ソフトウェアは何をするのか

なぜカスタマー・エクスペリエンス・ソフトウェアが有益なのかを理解するためには、まず、カスタマー・エクスペリエンスとは何か、それがなぜそれほど重要なのかを見てみる必要があります。それがブランド・ロイヤルティを確固たるものにするための重要な要素であることは知っていますが、実際のところ、しっかりとしたカスタマー・エクスペリエンスとはどのようなものなのでしょうか?

それは一般的に、顧客がブランドとの交流を終えた後に残される感覚や印象のことを指します。これは、ウェブサイトのナビゲートのしやすさ、カスタマーサポートサービスの有用性、パーソナライズされたコンテンツ、カスタマイズされた体験、そしてブランド、サービス、または製品そのものから得た価値を組み合わせたものです。CX は、アンケート、フィードバック、解約率などで評価することができます。

カスタマー・エクスペリエンス・プラットフォーム・ソフトウェアは、組織がカスタマージャーニーを観察、測定、処理、改善するために使用する技術ソリューションです。これらのプラットフォームは、組織が重要なカスタマーエクスペリエンスのニーズや取り組みを見失わないようにするためのワンストップソリューションとして機能し、顧客の行動を追跡し、顧客の行動が解約率や不満率を示している場合には赤旗を立て、エクスペリエンスを改善するためのパーソナライズ戦術を提案し、アナリティクスを使用してカスタマージャーニーの課題を特定し、それに対処してコンバージョン率を向上させることで、カスタマーエクスペリエンスの目標を成功裏に達成することができます。

なぜ私の組織にカスタマー・エクスペリエンス・ソリューションが必要なのか

顧客サポートチームのメンバーやソリューションがどれほど強力であっても、顧客の体験を可能な限り満足のいくものにするためには、顧客のすべてのデータを一箇所で確認したいと思うでしょう。堅実なカスタマー・デジタル・エクスペリエンスでは、チームメンバーが顧客の購入履歴、購入頻度、フィードバックなどのデータに簡単にアクセスできるようになり、顧客がどのような点に満足しているのか、どこに改善の余地があるのかなどの貴重な洞察を得ることができます。このような機能と、多様なシステム、ソリューション、データセットを持ち込む能力は、まさに HCL Digital Experience(DX)とHCL Unica Discover の最近の統合によって可能になりました。

必要な情報にアクセスして、必要な情報だけを入手する

高度なカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームでは、ロールベースのユーザーアクセスが可能なため、チームメンバーには、カスタマージャーニーをよりよく完了させるために必要なデータや情報のみが提示されます。チームメンバーは、あまりにも多くの情報に圧倒されることなく、必要なデータを活用して専門分野の CX の改善に役立てることができます。

また、高度なプラットフォームにより、組織はデータやインサイトをシームレスに統合し、顧客のニーズに対応するためにそれらを利用することができるようになります。これは、CX または DX ソリューションを選択する際に(ロールベースのアクセスとともに)強くお勧めします。完全な機能を備えたプラットフォームをお探しの場合は、新しいアナリティクスツール、コンテンツ作成ツールを一新し、市場で最も広範なクラウドネイティブサポートを提供する HCL Digital Experience をご検討ください。


Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2020 年 12 月)

2020/12/29 - 読み終える時間: ~1 分

毎月月末恒例の、Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2020 年 12 月)を公開しました。

「Notes/Domino 注目サポート技術情報」は、お客様からよく参照されている技術情報や、サポートからお客様にご参照いただきたい技術情報のリスト化したものです。


テクてく Lotus 技術者夜会 (2021年1月度) 開催のお知らせ

2020/12/23 - 読み終える時間: ~1 分

2021年もテクてく Lotus 技術者夜会を開催します。2020年は、ありがとうございました。

2021年1月22日に、2021年の HCL Ambassador をお迎えしてライトニングトークを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。お申し込みフォームに、「Ambassadors へのお祝いのメッセージ」、「Ambassadors への質問」欄があります。何かありましたらご記入ください。

今回もオンラインでの開催です。参加条件などは一切ありませんので、お気軽にご参加くださいませ。

2021年のテクてく Lotus 技術者夜会ですが、概ね年6回開催を基本として、状況により回数、開催時期を調整しますのでご承知の程をよろしくお願いします。

お申し込みはこちら からお願いします。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。