今すぐSametime 11にアップグレードする必要性の理由

2020/1/21 - 読み終える時間: 2 分

英語版ブログに「Why You Need to Upgrade to Sametime v11 Right Now」という記事が掲載されました。以下はその翻訳版です。


今すぐSametime 11にアップグレードする必要性の理由

2020/1/17

サポート終了したバージョン(8.0.x、8.5.xのお客様、私たちはあなたを探しています!)をお使いでしょうか、あるいは、Sametimeのデプロイメントを単純化したいとお考えでしょうか(Sametime 11ではDB2とWebSphereを取り除かれています)。すべてを非常に簡単にするために、アップグレードする上位3つの理由を示します。

Sametime 8.xはサポートが終了しており、最新バージョンはSametime 11です。11からはHCLブランドになり、IBMに依存せず(DB2なし、WebSphereなし)、64ビットOS (WindowsとLinux) をサポートしています。Sametime 11クライアントはNotes 11にはじめから組み込まれています。多くのUXモダナイゼーション、サーバーとクライアントのインストールの簡素化がなされており、Dockerでサポートされるようになりました。

また、Zoom、Webex、GoToMeeting、Jitsiなどサードパーティの会議機能との統合だけでなく、メッセージをすぐにすべてのクライアント(デスクトップ、モバイル、ブラウザー)で同時に送受信できる永続的なチャットも提供しています。また、最新のWebクライアントも利用できます。Reactを使いゼロから構築した新しいSametime Webクライアントは、モダンで軽量、高速です。これは、単独で動作するように設計されているだけでなく、近日公開予定のシン・クライアントに含まれるように設計されています。この新しいWebクライアントは、新しいHCL製品の設計ガイドラインに準拠しているため、UXはシンプルで整然した形になっています。

はじめに

2つの言葉:展開と移行。

デプロイ:Sametime 11のインストールおよび管理ドキュメント(製品リリースに付属)の説明に従ってHCL Sametime 11をデプロイし、環境設定、およびSametime Community Serverのカスタムポリシーと構成を再作成します。

Sametime 11クライアントを使用して、ユーザーをSametime 8.xおよび古いクライアントから新しい11リリースにアップグレードします。

移行:Sametime 8.xリリースと比較したSametime 11のコア・アーキテクチャーと設計の変更により、Sametimeサーバーのインプレース・アップグレードを実行することはできません。代わりに、Sametime 11を別途、デプロイする必要があります。そして、ポリシーを管理し、環境設定と製品のカスタマイズを再作成します。こうすることで、ユーザーはSametime 8.xの利用を継続できます。Sametime 11デプロイメントを実稼働で使用する準備ができたら、クライアントをSametime 11にリダイレクトし、Sametime 8.xデプロイメントをシャットダウンできます。

最良の結果を得るには、別個のコンピューターを使用してSametime 11サーバーをホストします。別個のコンピューターをデプロイすると、ポートの競合が発生せず、各サーバーのリソース要件が軽減され、Sametime 11デプロイメントで問題が発生した場合であっても、バックアップとして既存Sametimeサーバーを維持しておくことができます。

移行の計画

OSに必要な更新を確認し、必要に応じてハードウェアを更新します。2つの異なるディレクトリー・タイプ(LDAPとDomino)を確認します。Dominoディレクトリー、あるいは Domino ディレクトリーのいずれかを選択します。変更した場合は連絡先リストの移行が必要になります。

訳者注: これまで WebSphere Application Server を使っていた関係上、LDAP ディレクトリーが必要でしたが、V11では Domino ディレクトリーもサポートされるようになりました。

新しいシステムを並行して構築する、移行のベスト・プラクティスに従うことをお勧めします。同じコミュニティーの一部として新しいシステムを構築した場合は、ファイアウォールでの1516のブロックを使ってユーザーを分離してテスト環境と通常環境の混乱を防ぐようにします。

訳者注: 「ファイアウォールでの1516のブロックを使ってユーザーを分離する」意味について。同一コミュニティーの Sametime Community サーバーは相互にサーバーを認識し、ポート1516を使って通信を自動的に行います。1516を閉じることで、独立したCommunityサーバーとして機能し、分離したサーバー環境でテストを行うことができるようになります。

vpuserinfo.nsfが複製されていることを確認するか、カットオーバー時にコピーを計画してください。11がテストユーザーに対して機能していることを確認したら、DNSの設定変更とキャッシュのリフレッシュを実行して、既存のユーザーが次回のログイン時にシームレスに新しいシステムに移動するようにします。何かがおかしい場合は、DNSを使用して元に戻します。

連絡先リストの移行:Sametime 8.xおよび9.xの連絡先リストは、vpuserinfo.nsfデータベースに保存されており、新しいSametime 11環境に複製または移動できます。これにより、ユーザーはSametime 11で既存の連絡先リストを再構築する必要がなくなります。

ポリシーの移行:必要に応じて、8.xおよび9.xデプロイメントのpolicy.user.xmlファイルを使用し、現在のポリシーを新しい11環境ポリシーxmlファイルにコピーできます。

切り替え

実稼働用にSametime 11デプロイメントに切り替える場合、Sametime DNS設定を変更して、ユーザーを新しいデプロイメントに誘導します。

すべてのユーザーがいつでも優先デプロイメントのみにアクセスできるように、Sametime 8.xデプロイメントからSametime 11デプロイメントへの切り替えを順番に行う必要があります。Sametime 8.xデプロイメントのDNS設定を削除したら、すぐにSametime 11デプロイメントに設定して、ユーザーのダウンタイムを最小限に抑える必要があります。

Sametime 11デプロイメントで、ユーザーが新しいデプロイメントに自動的にアクセスできるように、DNS設定をSametime 8.xで使用される値に変更します。

Sametime 8.xサーバーをシャットダウンします。Sametime 11デプロイメントが適切に機能していることが確認されるまで、機器をリサイクルしないでください。

2020年には何が来るのですか?

1つは、ユーザーが組織外の「ゲスト」を招待して安全なコラボレーションに参加できるようにするHCL Connectionsとのシームレスな統合です。また、Sametimeコミュニティ間の連携の強化、およびConnections、Verseなどとの統合の強化も検討しています。2020年半ばに予定されている最新のHCL Sametime Meetingsオファリング(オーディオビデオを含む)があります。また、継続的なユーザーエクスペリエンスの近代化に加えて、Connectionsとのシームレスな統合を通じて、コミュニティベースのチャットチャネル、ファイル共有なども検討しています。

重要なリソース:

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。