HCL Launch 7.1.1.0 の新機能

2020/10/28 - 読み終える時間: 2 分

What's new in HCL Launch 7.1.1.0 の翻訳版です。

HCL Launch 7.1.1.0 の新機能

2020年10月27日

著者: Hayden Schmackpfeffer / Senior Developer

画像の説明

HCL Launch バージョン 7.1.1.1.0 では、これまで以上にデプロイメントの経験を向上させるために、信じられないほどの新しい機能と強化が追加されています。このリリースに含まれている機能セットは、デプロイメントの表示と設定がこれまで以上に簡単になり、QOL を向上させます。

HCL Launchアプリケーションとコンポーネントのプロセスを人間が読みやすい速記法で定義できる新しい言語を作成しました。当社の "Processes as Code" 言語を利用するために、"Tools" セクションに Processes as Code コンパイラが含まれており、既存のプロセスをダウンロードしてPACフォーマットに変換したり、指定したLaunchサーバに直接PACファイルを翻訳してアップロードすることができます。より詳細な情報は、近日中に詳細なフォローアップ記事でご紹介します。

新しい "Get Started" ページでは、HCL Launch と HCL Software DevOps に関する膨大な情報のリポジトリを、あなたの指先に置いています。アプリ内のチュートリアルの代わりに、このページでは、HCL Launch のチュートリアルのほか、ドキュメント、リリースノート、ビデオコンテンツ、そしてこのブログへのリンクが用意されています。ナビゲーションバーの "HCL Launch" セクションをクリックするか、ヘルプドロップダウンの "Get Started" オプションをクリックして、いつでもこのナレッジストアにアクセスしてください。

画像の説明

このリリースでは、便利なメールリンクを介して承認タスクに対処する機能を使用して、チームのデプロイメントを外出先でも管理することができます。バージョン7.1.1.1.0に含まれているデフォルトの通知テンプレートには、電子メールを受信したユーザーに関連付けられた応答URLが埋め込まれています。

このリンクをクリックすると、ユーザーは割り当てられたタスクを承認または拒否するためのモバイル応答ページに移動します。このリンクは、添付されたタスクへの応答にのみ使用でき、5日後に有効期限が切れます。既存のメールテンプレートはアップグレード時に保存されるため、お使いのサーバーがv7.1.1.1.0以前にインストールされていた場合は、承認とタスク通知のテンプレートXMLを変更して、応答URLを含める必要があります。この設定方法については、サポートチームまでお問い合わせください。

画像の説明

設定タブの新しいページでは、すべてのタグ付け可能なオブジェクトを俯瞰的に見ることができます。オートメーション設定の下の "タグ "ページには、エージェント、アプリケーション、コンポーネント、またはリソースのために作成されたすべてのタグを一覧表示するテーブルがあります。

これらのテーブルは、特定のタグのセットを表示するためにフィルタリングしたり、既存のタグ定義を変更したりすることができます。既存のタグの名前、説明、および色を変更することができ、そのタグは、タグが与えられたすべてのオブジェクトで更新されます。

画像の説明

また、ライセンス設定をシステム設定ページの外に移動し、ライセンスサーバー接続に特化した新しいページに移動することで、ライセンス設定を刷新しました。このページでは、接続の詳細を入力し、HCL Launchがライセンスサーバーへの接続に成功すると、ライセンスの使用状況に関する情報が表示されます。

画像の説明

11月5日(木)午後3時(米国東部標準時)に開催されるウェビナーでは、これらの新機能を実際にご覧いただけます。ライブ・ウェビナーに参加できない場合でも、ご登録いただければリプレイへのリンクをお送りします。ウェビナーに登録するには、ここをクリックしてください。

HCL Launchがあなたの生活をどのように楽にするかについて、他にもアイデアがありますか?こちらのアイデアポータルに投稿してください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。