MarTech SaaS とは?なぜ MarTech SaaS シンフォニーにこれまで以上にマエストロが必要なのか?

2020/7/20 - 読み終える時間: 3 分

SaaS の MarTech サービスが花盛りですが、本当にそこだけに依存してもよいのでしょうか。英語版ブログの記事 What the SaaS?! Why your MarTech SaaS Symphony Needs a Maestro More than Ever の翻訳版です。


MarTech SaaS とは?なぜ MarTech SaaS シンフォニーにこれまで以上にマエストロが必要なのか?

2002年7月16日

著者: Maddie Highsmith / HCL Unica Specialist & Martech Advisor

画像の説明

今日の一般的な企業では、日々のメッセージング、プロモーション、広告キャンペーンをチャネル横断的に管理するために、91~189 のマーケティング&CRM SaaS ツール(ツール)を導入しています。誰に聞くかによって、これらの数は多少異なるかもしれませんが、業界関係者の間で最もよく参照されているのは、Netskope社の調査です。同社の調査によると、企業では CRM 関連の SaaS ツールが69種類、マーケティング関連の SaaS ツールが 120 種類使用されているとのことです。

これは管理しやすいと思われるかもしれませんが、これらのツールはすべてのユーザーが年間サブスクリプションと企業とのセキュアな接続を必要としていることを考えてみてください。これに加えて、SaaS アプリケーションの寿命はわずか2年であり、マーケティング・チームの人員配置、トレーニング、管理を非常に困難にする、多くの離職率とスキルの課題が発生します。

画像の説明

今日、CMO の要求はこれまで以上に厳しくなっています。CMO は企業のブランド戦略やメッセージングを管理するだけでなく、マーケティングタスクを実行するために利用可能な様々なテクノロジーの中から選択しなければなりません。

毎年、有名な Chiefmartec のインフォグラフィックが公開され、世界の SaaS の選択肢やイノベーションを紹介している。今年は 8,000 件を超えました。

世界中のマーケティング・チームが日々の業務に100以上のツールを使用しており、SaaS への支出は年々増加し続けていることを考えると、これらの投資の ROI を証明したり、可視化することが難しくなるのは当然のことである。何がうまくいっているのか、何がうまくいっていないのかという真のパフォーマンス・メトリクスは、まだつかみどころがないか、あるいは文字にするのが難しいだけなのです。

画像の説明

MarTech や AdTech の技術革新に加えて、SaaS のおかげでこれらのツールが簡単に導入できるようになった今、疑問に思うことがあります。

  • 現代のデジタル・タッチポイントと伝統的なチャネルを横断したブランド・コミュニケーションを管理する努力は、より良い管理になっているのか、それともより混沌としたものになっているのか?
  • 最終的には、これら多くのツールのパフォーマンスの橋渡しとオーケストレーションを行う時期に来ているのか?

答えは次の通りです。

  • 両方とも真実です。
  • そう、その時が来たのです。

ブランドマーケティングが改善されたと言ってもいいが、マーケティング実務者と CMO の両方の生活にプラスの影響を与えるという点では、テクノロジーの約束事はまだ完全には実現されていません。私の同僚の一人は、異なる SaaS ツールを分析して接続する際にマーケターが直面する課題を「オリンピック形式の体操」と丁寧に表現しています。ほとんどのマーケターが「気が狂いそう」と言っていることを考えると、適切な表現だと思います。多くのマーケターが「気が狂いそう」と言っていることを適切に表現していると思います。

私はあなたに、今こそすべてをつなぐ時だと提案します。マーケターとして、またブランド戦略アドバイザーとして、私は SaaS を愛しています。手軽にサインアップできて、基本的なことにも使えます。また、自分の運命をコントロールできるのも気に入っています。しかし、SaaS ツールが次々と登場しては消えていくため、特定の顧客の行動や行動に関連するデータを抽出して管理することが重要になってきます。とあるツールがサービス終了になったからといって、重要なデータを失っても問題ないと考えるマーケティング組織はないでしょう。

画像の説明

IDC の予測によると、パブリッククラウドサービスとインフラストラクチャへの世界的な支出は、今後5年間で2倍になると予測されています。5年間の複合年間成長率 (CAGR) に牽引されている。企業の TCO と日々の運用コストを削減し、複雑さを解消するという SaaS の約束は、必ずしもうまくいっていないようだ。

オンプレミスのソフトウェアとハードウェアのエンド・オブ・ライフの煩わしさを交換することで、セキュリティや統合の課題が全く新しいものになり、重大な監視と注意が必要になります。プライベート・クラウドも、いくつかのソリューション (Unica) では選択肢の一つとなっています。すべての組織の CMO は、これまで以上に CIO との関係を強化し、団結することを必要としている。

SaaS は、新しいマーケティングやアドテクのイノベーションをより早く市場に投入する上で明確な役割を果たしているが、その一方で、ある程度の組織性とセキュリティが必要です。大規模なマーケティング部門のオペレーションには、目標に対するパフォーマンスを管理・追跡するための可視性が必要です。Unica は、世界で最も統合されたマーケティングプラットフォームです。クラウドネイティブのプライベートオプションで、マルチテナント型 SaaS に縛り付けるようなことはせずに、すべての顧客データと情報を一元化することができます...ゴールベースのマーケティングのために特別に構築されています。

Unica は、お客様の SaaS ツールやエンタープライズオペレーションとの間の橋渡し役であり、多くのチャネルや SaaS システムを介して、最も重要な顧客に向けて、(大規模から小規模まで) 規模に応じたプレシジョンマーケティングが可能です。

ゴールベースのマーケティングは、成功するブランドにとって常に重要です。

人間の注意を引くための断片化と競争は、ぼんやりとしたものになってきています。メッセージやオファーが発信されたり、利用可能な様々な方法で顧客に提示されたりすると、これらのメッセージの乱雑さが人間の上に積み重なっていきます。最終顧客は多くのことを吸収することができません。

画像の説明

同様に、マーケターのマインドシェアを競うSaaS競争は、マーテックやアドテックのツール空間を前進させ続けている。マーケティングには、より専門的なことを可能にする新しいツールが次々と登場し、マーケターの日々の業務はさらに細分化されています。マーケティングチームが「新しいことをする」ための方法は、年々登場し続けています。

CMO やマーケティング担当者にとって、これら多くの SaaS ツールを使いこなすためには、ペースを維持し、スキルを身につけるのは大変な作業です。これらの SaaS ツールを採用することは、自社にとって革新的であることを意味します。それは彼らにとって市場での勝敗を意味します。そしてこれはまた管理するために絶えず増加する支出/予算を意味する。SaaS は当初、低コストとシンプルさを約束して採用されました。SaaS のマルチテナント・モデルと Web ベースのツールの簡単なインターフェースは、あらゆる規模のマーケティング担当者にとって魅力的な約束でした。

画像の説明

マーケティング・チームの最大の課題は、会社の広告キャンペーン、ブランド・プロモーション、スーパーボウルの CM などで次のキラー・クリエイティブを思いつくことでしたが、悲しいことに今はもうなくなってしまいました。キラー & クリエイティブなキャンペーンも必要ですが、それをシンフォニックな形で顧客に届けるためには、メディアミックスの各チャンネルで 100 以上の「楽器 (Instruments: 道具)」が必要です。優れたブランド体験を提供することは、それほど複雑なことではありませんでした。

適切なチャネル(オン/オフライン)で、必要な時に必要な場所で適切な人にパーソナライズされたオファーを提供することこそが、Unica がブランドのために行うことなのです。銀行、小売店、通信、保険、救急隊などの企業は、ブランドに特化したメッセージだけでなく、重要なメッセージや時間的な制約のあるメッセージを顧客に配信するためにUNICAを利用しています。Unica は単なるマーケティングではなく、必要不可欠なものなのです。

Unica はビジネスコミュニケーション (Communications) の中心であり、不可欠なものなのです。

MIT の数学者から生まれた Unica は、未来のために設計されています。15年以上に及ぶ献身的な経験と開発により、Unica は、世界で最も優れた企業や最も信頼されるブランドから選ばれるコミュニケーションテクノロジーとなってきましたし、現在もその地位を維持しています。

20 年以上にわたり、Unica は世界最大のブランドのマエストロとして、伝統的なチャネルとデジタルチャネルでのキャンペーンの指揮を執ってきました。これらはすべて、最高レベルのセキュリティと大規模なスケールで自信を持って実施されています。HCL Software のクライアントは、業界の巨人や革新的な企業であり、適切なメッセージを適切な顧客に、適切なタイミングで、適切な媒体で、いつでも確実に届けるために、Unica を常に頼りにしています

Unica は、機器(SaaSツール)、システム、データウェアハウス、メディアチャネルなど、規模に応じたプレシジョンマーケティングで知られています。

今すぐお問い合わせいただき (日本は Web のお問い合わせフォームから)、Unica がお客様の SaaS 楽器のオーケストラの管理にどのように貢献できるかをご確認ください。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。