Unica Interact - Acoustic との容易な統合

2020/10/22 - 読み終える時間: 6 分

Unica Interact- Out of the box integration with Acoustic の翻訳版です。


Unica Interact - Acoustic との容易な統合

2020年10月21日

著者: Deepali Kalavade / Senior Technical Lead

画像の説明

デジタル時代は、顧客にこれまで以上に多くの選択肢とチャネルを提供しています。これには、ソーシャルネットワーク、Web サイト、携帯電話、その他多くのデジタルプラットフォームが含まれます。顧客はリアルタイムで顧客と関わることを求めているため、すべてのチャネルでよりパーソナライズされたリアルタイム戦略を策定することが求められています。このようなニーズに対応するためには、マーケティング担当者は、消費者の行動と、製品全体における消費者独自のジャーニーを理解する必要があります。Unicaは、Interact を介してこれらのビルトイン機能を取得します。それがどのように実現できるのかを理解してみましょう。

Unica Interact は単なるインバウンドマーケティングソリューションではなく、クロスチャネルマーケティングの機能も組み込まれていることをご存知でしょうか。Unica Interact のトリガーメッセージ機能を使用することで、マーケティング担当者は、適切なチャネルを通じて、適切なタイミングでニーズに合ったオファーを提示することで、バイヤージャーニー全体を通して顧客を獲得し、エンゲージメントを維持することができます。

マーケターは、放棄されたショッピングカート、更新されたウィッシュリスト、繰り返しのページ訪問やイベント/データに基づいて、顧客の受信トレイ、携帯電話、Acoustic Exchange プラットフォーム(旧IBM UBX)に特別なオファーをトリガーすることができます。ここでは、Unica InteractがAcoustic(旧IBM Engage)のさまざまなチャネルと統合することで、どのようにしてこれらを実現できるのかを理解するために、詳細を見てみましょう。

  • アウトバウンドゲートウェイとしての Acoustic Email
  • アウトバウンドゲートウェイとしての Acoustic Mobile Push
  • アウトバウンドゲートウェイとしての Acoustic Exchange
  • インバウンドゲートウェイとしての Acoustic Exchange

ここで簡単なユースケースを考えてみましょう

  • 顧客がオンラインショッピングサイトを訪問する。
  • 顧客はカートに携帯電話を追加します。
  • 何らかの理由で、顧客はショッピングカートを放棄する。
  • マーケティング担当者は、購入を容易にするために顧客に 10%の割引を与えたいと考えています。

問題点の説明と解決策

  • 従来の Interact のマーケティング担当者は、顧客が Web サイトやその他のインバウンドチャネルに戻ってくるのを待って、割引を提供しなければなりません。この待ち時間の間に、顧客は他のサイトに移動する可能性があり、したがって、マーケターは顧客を失う可能性があります。

  • トリガーメッセージ機能を使用して、マーケターは、フォローアップメール/モバイルプッシュメッセージで顧客に10%の割引を提供するか、または単にイベントを Acoustic exchange プラットフォームに送信し、別のチャネルに渡すことができます。

  • これにより、顧客を確実に保持することができます。また、クロスセル、アップセルも実現できます。

トリガーメッセージの流れ

Unica Interact - トリガー付きメッセージフロー 画像の説明

Interact でゲートウェイを設定する際の典型的な手順を以下に示します。

  1. Interact の Triggered Message Rules で使用するすべてのアウトバウンドゲートウェイについて、最初にディスパッチャを作成する必要があります。ディスパッチャは、InMemoryQueue、JMS Queue、Kafka、カスタムの中から任意のタイプのものを使用することができます。

  2. これで、以下のゲートウェイのいずれかを使用することを決定できます。Email、MobilePush、UBX、Journey、および Custom。

  3. 上記のゲートウェイ(カスタムとジャーニータイプを除く)にはデフォルトのプロパティ値が設定されています。

  4. プロパティファイルのフィールドの詳細を Acoustic アカウントの仕様に合わせて更新します。

  5. また、Interact からのアウトバウンドメッセージの一部として送信したいオーディエンスフィールド、イベント/パターン名、オファー属性、プロファイル属性などのファイルの詳細を更新する必要があります。

Interact は、4つのアウトバウンド・ゲートウェイと1つのインバウンド・ゲートウェイをサポートしています。

Email Gateway

  1. Interact でメールチャンネルを設定します。

  2. Acoustic Email でメールテンプレートを作成します。

画像の説明

  1. Interact でオファーを作成し、メールで送信します。

画像の説明

  1. メールチャンネルとオファーを使用してトリガーメッセージルールを作成します。

画像の説明

MobilePush Gateway

  1. Interact で Push チャネルを設定します。

  2. Acoustic Push (旧 IBM Engage for Rich Push) でモバイル Push テンプレートを作成します。

画像の説明

    1. Interact でオファーを作成し、モバイルプッシュとして送信します。Simple Push 形式と Rich Push 形式のどちらかを使用することができます。

画像の説明

  1. プッシュチャネルとオファーを使用してトリガーメッセージルールを作成します。

画像の説明

UBX Gateway

  1. Interact で UBX チャネルを設定します。

  2. Acoustic Exchange Platform(旧IBM UBX)でパブリッシャーエンドポイントとイベントを作成します。

画像の説明

  1. Interact パブリッシャーから送信されるイベントを選択できるサブスクライバー・エンドポイントを追加します。

  2. トリガーメッセージルールに使用するオファーをInteract で作成します。

  3. UBX チャネルと対応するオファーを使用して、トリガーメッセージルールを作成します。

  4. イベントが Interact Engine に投稿されると、トリガーされたメッセージルールがトリガーされ、Acoustic Exchange Platform にイベントが表示されます。

画像の説明

Journey Gateway

今回新たに導入されたゲートウェイの詳細は、別のブログでご紹介します。

UBXインバウンドゲートウェイ

  1. Interact ランタイムコンフィギュレーションの「activityOrchestrator」ノードの下にある「Custom」または「Kafka」のいずれかのタイプを使用して、レシーバーを作成します。

Acoustic Exchange Platform(旧IBM UBX)にInteract Subscriber エンドポイントを作成します。

  1. UBX エンドポイントWARを展開し、プロパティファイルを構成します。

  2. ゲートウェイのプロパティファイルに詳細を追加します。ゲートウェイのプロパティファイルは、デフォルトでは、Interact ランタイム構成の「activityOrchestrator」ノードの下のUBXインバウンドゲートウェイで構成されています。

  3. UBX の Interact Subscriber にイベントが来ると、そのイベントは Interact エンジンに送信されます。

  4. このイベントは、イベントパターンまたはトリガーメッセージルールで使用して、他の通常のイベントとして処理されます。

画像の説明

上記のすぐに使えるゲートウェイに加えて、独自のカスタム・ゲートウェイを作成し、Interact のランタイム設定の「カスタム」オプションを使用して設定することもできます。Unica Interact 製品には、ゲートウェイのサンプルコードが同梱されています。Unica 12.0 以前のバージョンでは、メッセージングは「IBM WebSphere MQ」を使用してディスパッチャとレシーバを処理していました。これは、Unica 12.0 から「Kafka」オプションに置き換えられました。各ゲートウェイの詳細な設定は、『Interact Administrator's Guide』に記載されています。

その他のご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。