HCL Accelerate: バリューストリームマネジメントの早期導入のメリット

2021/1/13 - 読み終える時間: 2 分

The benefits of value stream management early adoption の翻訳版です。


HCL Accelerate: バリューストリームマネジメントの早期導入のメリット

2021年1月6日

著者: Elise Yahner / HCL

画像の説明

DevOps におけるバリュー・ストリームマネジメントがすぐになくなるわけではなく、VSMソフトウェアを活用している組織は、ほとんどすぐにメリットを実感することができます。これは、SD Times が 2021年のバリュー・ストリーム・マネジメント・バイヤーズ・ガイドとそれに対応する記事の中で指摘している点です。

SD Times の Christina Cardoza 記者は、「バリュー・ストリーム・マネジメントは2021年にビジネスを成功に導く原動力になるだろう」という記事の中で、次のように述べています。「しかし、そのためには、組織全体で何が起こっているのか、そしてそれがどのようにビジネス価値に変換されているのかを把握するための実行可能な洞察力が必要です」。そこで、バリュー・ストリーム管理の出番です。

DevOps におけるバリュー・ストリーム管理は、DevOpsデータを可視化するだけではありません。HCL Accelerate のような堅牢なツールを使用すれば、このデータはバラバラのツールから収集されるだけでなく、追跡され、解釈され、チーム間でアクセスできるようになります。HCL Accelerate には、スイムレーンやドット (点) などのユニークな機能があり、誰が、何を、いつ、どこで、どのような作業項目の最新情報を提供します。このレベルの情報により、バリュー・ストリーム管理により、組織は以下のことが可能になります。

  • より戦略的な意思決定を行う
  • 表面のベストプラクティス
  • ボトルネックの特定
  • ガバナンスの向上

それがあなたの組織をどのように変化させ、競合他社よりも優位に立てるかを想像してみてください。

では、なぜすべてのチームが VSM を使っていないのでしょうか?それが素晴らしいものであるならば、なぜユビキタスではないのでしょうか?かつて DevOps がそうであったように、VSM はまだ導入の初期段階にある新興の戦略です。しかし、だからと言って、それが強力でないというわけではありません。実際、DevOps アプローチに VSM を導入している人は、DevOps の成熟度において同業他社や競合他社よりも先を行っているという利点があります。

HCL Accelerate のプロダクト・マネージャーである Bryant Schuck は、VSM について次のようなアドバイスをしています。

「プロセスを定義したり、価値がどのようにして顧客に届くかを概説するだけでも、今日から始めてください。それが、私たちが重視しているバリュー・ストリーム管理の頂点であり、アウトプットではなく、顧客のためのアウトカムです」

バリュー・ストリーム管理ツールに関しては、ベンダーに依存しないソリューションを探す必要があります。ベンダーに依存しないソリューションは、すでに導入しているツールを継続して使用することができます。HCL Accelerate には、これらの要素がすべて揃っています。

SD Times Value Stream Management Buyers Guide をチェックして、プロダクトマネージャーからのプラットフォームを比較するための詳細をお読みください。HCL Accelerate のインタラクティブ・デモでは、今すぐ HCL Accelerate のツアーをご覧いただけます。

Tags

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。