HCL Verse 2.1.0 の新機能 (1)

2021/4/20 - 読み終える時間: ~1 分

2021年4月20日追記: 日本語環境では「Dominoでのユーザー写真対応」機能が動作しないことが判明しました。回避策など詳細はサポート技術情報:「HCL Verse 2.1 の「写真の変更」でエラーが発生する」を参照願います。


HCL Verse 2.1 は 0.1 だけのアップデートですが、多くの更新が含まれています。

  • Dominoでのユーザー写真対応
    • Dominoディレクトリーにユーザー写真を格納可能になりました。Verse UI画面で写真撮影、編集も可能。
    • ユーザー文書のPhoto URLフィールドが利用可能になりました。
  • チックレットでの Notes ユーザー名表示
  • ジャンクメールのルール作成と管理
  • 会議主催者がコメント付きで再スケジュール
  • 「送信時に変更 (Modify on Send) 」の拡張 (extension)
  • 新規イベントフォーム使用時の空き時間状況表示
  • すべての文書と送信済みフォルダーで、カレンダー文書の表示制御のプリファレンス設定
  • 返信後、受信ボックスから会議招集を削除する/しないのプリファレンス設定
  • デフォルトのミーティング/イベント期間のプリファレンス設定
  • Verse クライアント UI で添付ファイルのダウンロードを禁止

この中でも、先頭の「Dominoでのユーザー写真対応」は、これまで多く寄せられていた要望に対応したものです。これまで、Verse での顔写真は Connections のプロフィール写真、あるいはクラウドサービスへの登録が必要でした。今回、Domino ディレクトリーのユーザー文書の Photo URL や写真添付に対応すると共に、Verse ユーザーインターフェースでの写真登録ができるようになりました。

右上のユーザーアイコンのメニューに「写真の変更」が加わり、これをクリックすると、撮影画面が表示されます。ここで撮影したり、ファイルをアップロードできます。Photo URL をユーザーが直接設定することはあまりないかもしれませんが、この画面からできるようになっています。それらのデータは最終的にユーザー文書にファイルや Photo URL として格納されます。

画像の説明


HCL Verse 2.1.0 の新機能 (2)

2021/4/16 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Verse 2.1.0 の新機能 (1) の続きです。今回は「送信時に変更 (Modify on Send) の拡張 (extension)」です。

今回の拡張は送信ボタンを押した時に割り込めるものです。下図はそのサンプルです。送信時にメールの機密度を選択する画面が表示され、その選択されたものが、件名と本文末に追加されます。

今回の拡張以外にも、これまでいくつかの拡張ポイントが実装されています。詳細は開発者用ドキュメントをご覧ください。

画像の説明


HCL Verse 2.1.0 がリリースされました

2021/4/16 - 読み終える時間: 2 分

Verse 2.1.0 Is Now Available! の翻訳版です。


HCL Verse 2.1.0 がリリースされました

2021年4月15日

著者: Agnes Ng / Product Manager for HCL Notes, Verse and Atlas

画像の説明

この度、HCL Verse 2.1.0をリリースいたしました。この数ヶ月間、私たちは、仕事の生産性を高めることを目的とした、よりユーザーフレンドリーなメールプラットフォームを提供することに注力してきました。

今回のリリースでは、以下のような新機能が追加されています。

HCL 日本チーム注: 他の HCL Verse ブログもあわせてご覧ください。

Domino NAB からの連絡先写真

VerseからDominoディレクトリに連絡先写真(プロフィール写真)をアップロードできるようになりました。これにはいくつかの方法があります。

(1) ローカル・ドライブから写真をアップロードする。 (2) 写真の URL を入力する (3) Verse の写真撮影用画面 (我々は「フォトブース」と呼んでいます) で写真を撮って、それをアップロードする

既に Domino ディレクトリーに写真が設定されている場合、Verse はディレクトリにアクセスして連絡先の写真を表示することができます。

新しい拡張ポイント - 送信時の修正

拡張性は、私たちの製品の焦点の一つです。今回のリリースでは、メール送信前にメール本文や件名を変更できる新しい拡張ポイントを提供します。主な使用例としては、メールの件名や本文に分類マークを挿入することが挙げられます。この機能により、ユーザーは情報の機密性に基づいてメールにフラグを立てたり、分類したりすることができます。 これは、公共機関、政府部門、大企業にとって特に有用です。

新しい Sametime Web クライアントとの Verse - Sametimeの統合

この改善は、Verse 2.1.0 に限ったことではありません。Sametime 11.5 FP1 (2021年2月リリース) では、新しい Sametime Web クライアントを使用して、同僚とのチャットやミーティングを開始できるようになりました。HCL Software は、お客様が Verse 2.1.0 にアップグレードするのに時間がかかることを理解していますので、この新しい体験は以前のバージョンの Verse にも対応しました。 この新機能を利用するには、Sametime の最新の Fix Pack をインストールするだけです。

これらは、今回のリリースの機能の一部です。 全リストをご覧になりたい方は、リリース情報 をご参照ください。 これらの新機能をお試しになるには、HCL Software License Management Portal からパッケージをダウンロードしてください。

Verse に関する詳しい情報


HCL Verse 2.1.0 のリリース

2021/4/14 - 読み終える時間: 2 分

2021年4月14日、HCL Verse 2.1.0 がリリースされました。

今回のリリースでは、障害修正以外に新機能が追加されています。新機能は製品ドキュメントに記載されています。このブログで機能紹介を予定しています。

システム要件など詳細は、リリース情報 (英語) に記載されています。

ダウンロードパッケージ

参考URL


HCL Verse Mobile (iOS版) の新機能

2021/4/12 - 読み終える時間: ~1 分

今週 (2021年4月12日の週)、HCL Verse 2.1.0 がリリース予定です。それに先んじて、モバイル版の HCL Verse (iOS版) の新機能のご紹介です。2021年に入ってから、iOS 版の HCL Verse アプリは 2回アップデートを行っています (個人的にダークモードがお気に入りですが、2021年3月末のリリースで対応しました)。

11.0.10 (2021年3月31日リリース)
  • MobileIron SDKの更新(v 4.7.0.53)
  • ダークモード対応

    • HCL Verse iOSは、デバイスのディスプレイ設定に応じて、テーマの外観をライト/ダークに切り替えられます。
    • メールのコンテンツがダークモードでうまく表示されない場合、表示をダークからライト(またはその逆)に切り替えることができる新しいボタンが表示されます。

      画像の説明

11.0.9 (2021年2月19日)
  • MaaS360 SDKの更新 (v 3.30.960)
  • メール返信時の動作変更

    • 添付ファイル付きのメールへの返信時に、添付ファイルを含めるか否かのプロンプトが表示されないようにしました。代わりに、メールオプションの「元の添付ファイルの追加」を追加しました。
    • 元のメールの履歴をインラインで編集する機能がデフォルトで無効になりました。代わりに、メールオプションの「インラインで返答」を追加しました。返信や転送時、必要に応じてインライン編集ができるように変更しました。

      画像の説明

HCL Verse のダウンロード: https://apps.apple.com/jp/app/hcl-verse/id949952976 画像の説明


HCL Verse 高可用性のためのプロキシ構成

2021/2/8 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Verse の多重構成により可用性を高める方法について記した技術文書を公開しました。


HCL Verse 2.0.1 をリリースしました

2020/12/10 - 読み終える時間: ~1 分

2020年12月9日、HCL Verse 2.0.1 をリリースしました。今回のリリースではバグ修正を中心に行われていますが、HEAD リクエストのサポートが加えられています。詳細は以下のサポート技術情報を参照してください。


テクてく Lotus 技術者夜会: 2020年10月16日開催: Verse 2.0、モバイルアプリ紹介と諸々アップデート

2020/10/5 - 読み終える時間: ~1 分

今回は Verse 2.0、モバイルアプリ紹介と諸々アップデートです。

  • Verse 2.0リリース!待望のPWA機能を使ってみた (ケートリック株式会社 田付様 (HCL Ambassador)) Verse 2.0 が PWA(Progressive Web Apps)に対応したということで早速のメールにインストールし、その操作性を検証してみました。スマホ、デスクトップと色々とメリットが取りざたされる PWA ですが、今後の HCL 製品にも積極的に採用されるということで「PWAって何?」というまだ詳しく分からない人にも分かりやすく解説していきます。

  • モバイルアプリ紹介と諸々アップデート (HCL) HCL が iOS と Android で展開しているモバイルアプリを一挙に紹介します。また、直近の技術面やイベント情報のアップデートなど直近のホットトピックをお届けします。

参加資格はありません。技術者限定でもありません。無料です。リモート開催。お気軽にご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。https://support.hcltechsw.com/csm?id=kb_article&sysparm_article=KB0069193

HCL 関係者一同、お待ちしております。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修