HCL Verse 10.0.7 / HCL Companion 10.0.3 は 2019/10/16 頃に公開予定

2019/10/10 - 読み終える時間: ~1 分

2019/9/20と25にポストした以下の注意事項について、追加のお知らせです。 製品のリリース時期は 2019/10/16 前後になる見込みとなりました (App Store での処理の都合上正確な日付確定ができません)。

iOS用 IBM Companion から iOS 用 HCL Companion 10.0.3 にアップグレードする際の注意事項

iOS 用 IBM Verse から iOS用 HCL Verse 10.0.7 へアップグレードする際の注意事項


HCL Verse On-Premises 1.0.8.A がリリースされました

2019/10/10 - 読み終える時間: ~1 分

先日お知らせした、HCL Verse On-Premises 1.0.8 (2019/9/10 出荷)ですが、出荷後に発覚した問題 (重要度は低) に対処した 1.0.8.A を 2019/10/04 にリリースしました。FlexNet からダウンロードできます。

HCL Verse On-Premises 1.0.8.A Release Notice and Fix List https://hclpnpsupport.hcltech.com/kb_view.do?sysparm_article=KB0073193

修正内容は以下の通りです。

  • ブラジルのDSTタイムゾーンの削除
  • 推奨フォルダー機能が提案を断続的に表示できない問題
  • ユーザーにアーカイブ設定ポリシーが割り当てられていない場合に、サーバー・パネルのアーカイブはフォルダー・パネルに表示されない問題
  • サーバーでのアーカイブが委任モードで表示される問題
  • Verse からアーカイブをロードする場合、ポリシーが割り当てられたアーカイブ・サーバーが使用できない問題
  • 別名設定の日本語翻訳を修正
  • 製品のドキュメント・リンクを、HCLのドキュメント・サイトに変更
  • 製品名のブランドを HCL Verse に変更

iOS 用 IBM Verse から iOS用 HCL Verse 10.0.7 へアップグレードする際の注意事項

2019/9/20 - 読み終える時間: ~1 分

IBMからHCLへ製品移管され、徐々に「HCL リブランディング」が進みつつあります。

iOS版 Verse モバイル・アプリは本日 (2019/09/20) 時点で、IBM Verse Mobile 10.0.6 が最新版ですが、TestFlight では HCL Verse Mobile 10.0.7 がリリースされています。検証・修正作業を経て、近日中にリリースされる見込みです。

たった 0.0.1の違いですが、アプリへの署名に使われる証明書が HCL のものとなるために、iOS版アプリでは注意しなくてはならないことがあります。そのことをサポート技術情報として公開しました。Adndroid版は非該当です。

iOS 用 IBM Verse から iOS用 HCL Verse 10.0.7 へアップグレードする際の注意事項 (KB0072745) https://support.hcltechsw.com/csm?id=kb_article&sysparm_article=KB0072745


Verse On-Premises 1.0.8 がリリースされました

2019/9/13 - 読み終える時間: ~1 分

幾分出遅れましたが、2019年9月6日 (金) に、Verse On-Premises 1.0.8 がリリースされました。FlexNetからダウンロードできます。

参考: HCL ソフトウェアのダウンロード方法について

ドキュメント: http://help.hcltechsw.com/verse_onprem/1.0.8/welcome/vop_welcome.html

英語ブログ: https://www.cwpcollaboration.com/blogs/hcl-verse-on-premises-version-108-is-here

Verse On-Premises は、ブラウザー・ベースのメールであり、これまでの iNotes に代わり、今後のブラウザークライアントとして位置づけて開発しているものです。iNotes と比較して不足している部分があるため、徐々に機能強化を行っています。今回の強化点のうち、主な3つを紹介します。画面サンプルは都合により英語ですが、もちろん日本語UIに対応しています。

* モバイル・デバイスのブラウザー・サポート

Verse にはモバイル・アプリがありますので、一般的にはモバイル・アプリの利用を推奨しています。しかしながら、ブラウザーからアクセスしたいという声も多く、今回対応しました。iOS の Safari と Android の Chrome をサポートしています。

シンプル、軽量、機能をバランスをとりながら実装しています。例えば、画面はデスクトップ版に比べて大幅に機能を非表示、省略しています。URLは、デスクトップ版と同じく /verse を使用します。

* アーカイブ対応

Verse の画面からアーカイブDBを作成することはできませんが、サーバー上にあるアーカイブDBをVerseのUIからアクセスできるようになりました。左側のナビゲーション・ペインの下側に表示されます。

アーカイブ処理はサーバー側のみで、その設定については Note クライアントで行う必要があります。基本的に「アーカイブを読む」機能です。「返信」などのアクションは動作しません。また、アーカイブは、オフライン・モードには対応していません。アーカイブを開いている場合は、そのことがユーザーに理解できるように画面内に大きく表示されます。自分にとって重要なユーザーの顔写真一覧が省かれています。

* ユーザー名の別名の表示

ユーザー名を扱う場所では、ほぼすべてのところでユーザー名の別名が表示できるようになりました。設定により、基本名表示と別名を切り替えます。基本名を入力すれば、前方一致でヒットしたユーザー名が別名で表示されます。


HCL Verse On-Premises 1.0.8 の Web セミナー (英語) 開催予告

2019/8/29 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Verse On-Premises 1.0.8 のリリースが近日中に予定されていますが、新機能などを説明する Web セミナーが開催されます。 開催日時は 2019年9月5日 (木) 23:00-00:00 (1時間) で、以下の URL から申し込みできます。 申し込んでおけば、ライブで参加できなくとも、リプレイの案内が届くはずです。

https://register.gotowebinar.com/register/5487131870959801100?source=Social

セミナー開催後、その内容をこのブログにて紹介したいと思います。

これまでの情報では、以下の新機能が予定されています。

  • カレンダーイベントのデザインを改善
  • ユーザー名の各国語での表示
  • アーカイブ済みメールの参照
  • フォントサイズの Notes 及び iNotesとの一貫性保持
  • 改良されたWebブラウザのエクスペリエンスをデフォルトで有効化
  • 新しい パスワードとNotes ID機能
  • IBM iサーバーのサポート

また、実装検討中とされていた機能は以下の通りです。今回のセミナーで実装の可否について触れられるはずです。

  • カレンダーUIの継続改善とデフォルトでの有効化
  • QRコードによるミーティングの開始
  • iNotesからより多くのプリファレンス設定の移植
  • メール・ルール管理機能
  • Dominoディレクトリの文書からVerseに表示する写真を取得するためのURL指定
  • メッセージの色分け
  • 新しい個人アドレス帳

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。