HCL Launch のご紹介

2020/7/14 - 読み終える時間: 2 分

HCL UrbanCode Deploy から名称変更となった HCL Launch についての、英語版ブログでのご紹介記事 Introducing HCL Launch の翻訳版を掲載します。


HCL Launch のご紹介

2020年6月16日

著者: Hayden Schmackpfeffer / Senior Developer

画像の説明

HCL Launch をご紹介できることを大変嬉しく思います。HCL Software DevOpsポートフォリオのこの継続的な配信部分は、エコシステムの成熟度に関係なく、DevOpsの変革に価値を提供することができます。

HCL Launchは、環境を介したアプリケーションのデプロイメントを自動化するためのツールです。本番環境で必要とされる監査証跡、バージョン管理、承認を提供しながら、アジャイル開発における迅速なフィードバックと継続的な配信を促進するように設計されています。Launch は複雑なデプロイメントシナリオを簡単に自動化し、アプリケーションが開発環境から本番環境に移行する際にガバナンスを強化するためのツールを提供します。さらに、Launchの100以上のプラグインは、DevOpsツールチェーン内のすべてのプラットフォームとの対話をこれまで以上に容易にします。

HCL Launchの最新リリースであるバージョン7.1.0.0 には、開発環境へのデプロイメントの自動化を促進し、デプロイメントを進めるべきかどうかを判断するために変更管理システムに最初に連絡することを可能にする機能を備えた、継続的なデリバリの近代化を支援するために調整されたエキサイティングな新機能が含まれています。このアップデートでは、エンタープライズグレードのニーズへのサポートが拡大されているため、将来に向けてアーキテクチャを構築し、デジタルトランスフォーメーションの旅を継続することができます。

外部からの承認

HCL Launch 7.1の新機能である外部承認プロセスでは、プラグインのステップを使用することができます。これらの承認プロセスは、デプロイメントの直前に実行され、その成否によって次のデプロイメントの実行が許可されるかどうかが決まります。これにより、変更管理システムの統合を使用して、デプロイとペアリングされた変更要求が有効な状態にあることを検証する、高度に拡張可能な承認プロセスが可能になります。

画像の説明

展開のトリガー

配置トリガーは、HCL Launch 環境が特定のコンポーネントをサブスクライブするための方法です。トリガーは、指定されたコンポーネント、配置プロセス、ユーザーから構成されます。コンポーネントがバージョンのインポートを完了するたびに、Launch サーバーは、そのコンポーネントに関連するすべての配置トリガーを自動的に実行し、新たにインポートされたバージョンを配置ペイロードとして使用して、トリガーの環境に対して設定された配置プロセスを実行します。デプロイメント トリガーを使用すると、開発環境は、最新のビルド成果物が Launch サーバーによって受信されるとすぐにデプロイされるように設定することができます。

画像の説明

サーバークラスタの改善

HCL Launch 7.1には、高可用性構成のためのいくつかのQOLの向上が含まれています。サーバー間の通信は、v7.0でエージェントに導入された堅牢なWebSocket通信を利用するようになりました。サーバーのネットワークページには、問題を簡単に診断できるように、サーバークラスタに関する接続情報が表示されるようになりました。

画像の説明

ユーザーエクスペリエンスの向上

HCL Launch UI には、あなたの生活をより簡単にするためのいくつかの変更があります。リソースツリーのページを一から再構築し、非常に大きなリソースツリーを表示する際のページのパフォーマンスを大幅に改善しました。

デプロイメントの要求は新しいページを介して提出されるようになり、デプロイメントに必要な情報がより整理されて表示されるようになりました。

アプリケーション環境リストは、UI のスタイリングを現代的にし、環境とインベントリ情報をより分かりやすく表示するために再設計されました。

zOSのバージョンをマージする

zOSメインフレームシステムにデプロイするHCL Launchの機能を利用しているお客様は、増分されたzOSコンポーネントのバージョンをマージして、マージされたすべてのバージョンの最新のファイルのセットにすべてのバージョンの成果物を統合した単一のバージョンにすることができることを知って喜ぶことでしょう。これにより、大規模なコンポーネント・バージョンのセットを、より管理しやすい単一のバージョンに変換することができます。

HCL Launchの動作を参照してください

HCL Launch の詳細と追加された新機能をご覧いただけるウェビナーがあります。オンデマンドでデモを見るには、ここをクリックしてください。


HCL Launch におけるデプロイのトリガー

2020/7/14 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Launch のデプロイのトリガーの特長についての解説記事 Deployment Triggers in HCL Launch の翻訳版を掲載します。


HCL Launch におけるデプロイのトリガー

2020年7月9日

Diego Villafuerte / Solutions Specialist

私たちは、継続的デリバリプラットフォームである HCL Launch を使用している人たちの傾向に気づきました。多くのお客様は、デプロイ前に変更要求がいくつかの定義された基準を満たしているかどうかを検証するために、Jira や ServiceNow などのサードパーティのツールを使用しています。これはガバナンスのギャップにつながり、CR のステータスをチェックしてプロセスをグリーンライトにするために手動で承認する必要があります。この方法は機能はしますが、理想的な方法ではありません。

HCL Launch 7.1 では、あるバージョンがインポートされた後に発生する必要のあるタスクを自動化するために、デプロイメントトリガーを追加しました。主な機能は、プロセスを実行するユーザーを指定できることです。この機能強化の前は、プロセスは管理者として実行され、コンポーネントレベルで設定されていました。このため、ユーザーにとってセキュリティ上の問題があり、バージョンが作成された後に複数のプロセスを実行することは不可能でした。

現在は、環境の設定ペインでデプロイメント トリガーを見つけることができるようになり、この機能を利用する際の設定時間を大幅に短縮することができます。新しいデプロイメントトリガーでは、コンポーネントごとに作成できるトリガーの数に制限がないため、この機能がより便利になりました。以前は、承認を必要とするプロセスは、トリガーを介してキックオフされると自動的に失敗していました。今では、HCL Launch は、配置要求の説明に配置トリガーへの有用なリンクを表示することで、このようなケースを処理するのに役立ちます。

特定のユーザーとしてプロセスを実行するために、新しいセキュリティ権限を追加しました。ベスト プラクティスは、「バージョン・インポート・プロセス (version import processes)」ユーザーとして動作するように単一のユーザーを設定することです。そして、すべてのデプロイのトリガーにそのユーザーを指定します。この機能が更新される前から持っている「トリガー」はすべて移行され、デフォルトでは管理者ユーザーとして実行されるように設定されます。

HCL Launch 7.1 の新機能の詳細については、ブログ記事 「HCL Launch のご紹介」をお読みください。


About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。