Unica Interact - リアルタイム属性

2021/4/8 - 読み終える時間: 3 分

Unica Interact - Real-Time Attributes の翻訳版です。


Unica Interact - リアルタイム属性

2021年4月7日

著者: Deepali Kalavade / Senior Technical Lead

画像の説明

リアルタイム・マーケティングは、今日の消費者社会において最も重要なマーケティング手法の一つとなっています。リアルタイムでの意思決定は、様々な価値あるデータを取得することで、与えられた顧客とのインタラクションを活用するときに最も効果的になります。

Unica Interactには、「リアルタイム属性」という優れた機能があります。これは、より多くの意味のあるリアルタイムデータを取得し、意思決定ロジックに使用するのに役立ちます。

リアルタイム属性とは

Unica Interactでは、ショッピングカートの合計金額や顧客の現在地など、インタラクションが発生した瞬間に値が設定または更新されるような、属性の動的な値を扱えます。これは、マッピングされたテーブルのプロファイルカラムとして属性を追加することが前提となります。APIパラメータなどで属性を提供する場合でも、属性名をプロファイルテーブルのカラムに手動で追加する必要があります。

リアルタイムアトリビュート」の導入により、マーケティング担当者がフローチャートや戦略レベルのセグメンテーションロジックで新しいアトリビュートを使用したい場合、プロファイルテーブルの列に同じものを追加する必要はありません。

どのように役立つか?

保険会社のシナリオを考えてみましょう。マーケティング担当者は、リアルタイムの取引から「キーワード」を取得して、特定の顧客の保険セグメントを決定し、それに応じて最適なオファーを提示したいと考えています。従来のインタラクションでは、フローチャートや戦略に表現を加えるためには、この新しい属性がマッピングされたプロファイルテーブルに存在しなければなりません。

マーケティング担当者にとっては、プロファイルテーブルに対応する列を追加し、テーブルを再度マッピングしてから、その属性を式で使用するという、無駄な手間がかかります。

画像の説明

リアルタイムアトリビュートは、マーケターの生活を楽にしてくれます。マーケティング担当者は、プロファイルテーブルに属性を追加することなく、このような属性を作成、管理、使用できます。

これらのリアルタイムアトリビュートは、グローバルに、そしてインタラクティブチャネル全体で利用可能です。

使い方

Unica Interactでのリアルタイム属性の使い方をステップごとに見ていきましょう。以下はハイレベルなステップです。

  • RTA(Real Time Attribute)を定義します。
  • 式の中でRTAを使用する
  • Interactive Channel を Runtime にデプロイする。
  • APIコールを使用してRTAの値をInteractエンジンに渡します。
  1. Global real time attribute を定義します。

Interact 管理者は、Interact のメインメニューである「Global definitions」に移動します。このページで「Add」をクリックし、新しい属性の詳細を入力します。

画像の説明

アトリビュートは、サポートされている3つのデータタイプのいずれかで作成できます。属性は、サポートされている3つのデータタイプ(String、Numeric、DateTime)のいずれかで作成できます。

  1. この属性をセグメンテーションに使用したいので、インタラクティブ・フローチャートに移動し、ディシジョン・ロジックを追加します。

画像の説明

決定プロセス設定画面

画像の説明

  1. Strategy treatment rules で対応するセグメントを使用します。

画像の説明

  1. いずれかのコンポーネントで属性を使用すると、その使用方法が表示されます。

画像の説明

  1. 通常通り、インタラクティブ・チャネルをデプロイできます。

  2. Interact のランタイムから、セッションアトリビュートのように、リアルタイムアトリビュートの値を送信できます。

  3. リアルタイムアトリビュートの値が送信されない場合は、式の中でデフォルト値が使用されます。

  4. リアルタイム属性は、以下のコンポーネントで使用できます。インタラクティブ・フローチャート、インタラクション・ストラテジー、アドバンスト・オプション、インタラクション・ストラテジー。パラメータ化されたオファーアトリビュート」、「シミュレータ・アドバンスト・シナリオ」。

Unica Interact のデザインタイムで定義されたすべてのリアルタイム属性は、グローバルデータの一部としてUnica Interact のランタイムに展開されます。リアルタイムアトリビュートの詳細については、製品ドキュメントを参照してください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修