HCL Unica V12.1 = 4; 準備はできていますか?

2020/8/4 - 読み終える時間: 6 分

HCL Unica 12.1 の特長について記したブログ Unica V12.1 = 4; Are You Ready for More? の翻訳版です。


HCL Unica V12.1 = 4; 準備はできていますか?

2020年7月30日

著者: Bryce Connors / Practice Leader - Unica Professional Services

画像の説明

HCL Unica V12.1 = 4; 準備はできていますか?

Unica V12.0 のリリースからわずか 3 ヶ月後、HCL Software の素晴らしいエンジニアリングおよび製品管理チームが Unica V12.1 をリリースしました。Unica Professional Services チームの全員が、この新機能に非常に興奮しています。これで可能になるすべての機能を Unica のエンドユーザーの皆様にお見せするのが待ち遠しいですが、1つの記事ですべてを網羅できませんので、ここではその概要をご紹介します。

今日は、Unica V12.1 が数字の 4 の力をどのように活用しているかを説明します。つまり、新しい統合クラウドネイティブプラットフォームの 4 つの主要機能と、4 つの機能をそれぞれ動作させる 4 つの仕掛けを紹介します。

画像の説明

主な機能

  1. Unica Journey によってオーケストレーションされた目標ベースのマーケティング
  2. Unica Deliver による大規模なデジタル実行
  3. Unica Link で簡単に統合
  4. もちろん、忘れてはいけないこと: Unica 12.1には以下のような機能があります。
    • InteractによるA/BテストとFlexOffers。
    • ワークフローが簡素化され、より強力になったほか、REST API Swagger with Planも提供しています。

目標ベースのマーケティング

1. まずユースケースから

画像の説明

もちろん、すべてのマーケティングキャンペーンには、「収益を上げる」「製品をx個売る」「ROI はn%」といった目標がありますが、もっとフォーカスした目標を持ったマーケティングキャンペーンはどうでしょうか?例として、特定の顧客活動の完了に応じてマイルストーンが設定されているキャンペーンを見てみましょう。クレジットカード業界では、顧客が口座を開設してから1ヶ月以内に一定の取引件数を達成することを目標としているかもしれません。そのためには、顧客は承認された後、以下の条件を満たす必要があります。1) クレジットカードを郵送で受け取る、2) 新しいカードを有効にする、3) 買い物を始める、ということです。また、カードを受け取ってから1ヶ月以内に取引を完了させるためには、他にも多くの顧客活動が必要になるかもしれません。それがゴールベース・マーケティングです。

2. ジャーニーインターフェースのガイドツアー

画像の説明

ジャーニーは新しいもので、そのインターフェースも新しいものです。各ジャーニーは、ジャーニーの顧客を提供する 1 つ以上のエントリーソースから始まります。これらは、KAFKA トピック、JSON ファイル、REST API、またはフラットファイルを経由できます。ジャーニーキャンバスは完全に柔軟性があり、マーケターはジャーニーをデザインして実行できます。マーケターは、顧客がエンゲージメントされているかどうかを判断したり、ジャーニーの次の行動を決定したり、カスタムの待ち時間を追加したり、ジャーニーの別々の部分を結合して1つのパスを進めることができます。デジタルでの実行はメールや SMS で可能です。

3. 一緒に旅をしましょう。実行可能なジャーニーを作成するためのステップ

画像の説明

目標ベースのマーケティングについて説明し、ユースケースの例を提供し、HCL Unica Journey のインターフェースについて少し話しましたが、ここではハイレベルなステップを紹介します。

  • ジャーニーの目標を設定する
  • データ定義の作成する
  • エントリソースの設定する
  • ジャーニーコントロールをキャンバスに追加する
  • 1 つ以上のタッチポイントを含ませる
  • パブリッシュして「旅を始めよう」。インパクトのある旅の作り方をもっと詳しく知りたい方は、近日中に動画を公開する予定です。

4. ジャーニーとの間における、オーディエンスの双方向シンジケーション

画像の説明

すべてのジャーニーは、それが共有されればより良いものになり、オーディエンスシンジケーションはそれを可能にします。Journey は Campaign からオーディエンスを受け取ることができ、Campaign とオーディエンスを共有できます。Interact Triggered Messages は、オーディエンスのメンバーを HCL Unica Journey に追加するために使用できます。

規模を問わないでのデジタルエクゼキューション

1. デジタルチャネル(メール、SMS、トランザクションメール)を強化する

画像の説明

Unicaには、再びデジタル実行機能が組み込まれています。現在、これはメール、SMS、トランザクションメールで行えますが、モバイルプッシュも間もなく追加される予定です。ランディングページは現在利用可能ですが、将来的にはアンケートを実施する機能を追加する予定です。

2. あなたがコントロールするメッセージ。メッセージエディタの紹介

画像の説明

内蔵のメッセージエディタでは、HTMLファイルのアップロード、ヘッダーやフッターの作成、メッセージを簡単に編集することができ、もちろん、重要なパーソナライズフィールドの追加も可能です。メッセージのプレビューや、パーソナライズルールに沿ってコンテンツをテストする機能も充実しています。

3. 拡張性のある実行

画像の説明

4. ループを閉じる

画像の説明

デジタル実行とは、単に「送信」だけではなく、ループを閉じることを意味します。バウンス、開封、クリックスルーなどを知ることは重要ですが、それ以上に重要なのは、メールのアドレスごとに知ることであり、その情報を HCL Unica のオムニチャネルなコンタクト&レスポンス履歴の一部として保存することが正しい方法です。

統合が簡単に

1. リンクを確立します。Unica Link とは?

画像の説明

Unica Link は、Unica V12.1 で利用できるローコードの統合モジュールです。確立された技術を Unica Link に組み込み、これを実現しています。Campaign のプロセスボックスと Journey のタッチポイントが Link に対応しています。

2. 利用可能なコネクター

画像の説明

現在、メール、CRM、SMS用のコネクタが用意されています。将来的にはさらに多くのコネクタを追加していく予定です。

3. 舞台裏ツアー

画像の説明

Unica Link のエンドユーザー・インターフェースは、ポイント・アンド・クリックで簡単に操作できます。管理者インターフェースでは、統合ポイントの REST API を入力したり、APIをどのように呼び出すかのプロセスマップを入力することができます。管理者は、転送されるデータ・フィールドと、エンドユーザー・インターフェースに公開されるものを設定します。

4. 私たちはまだ始まったばかりです。

画像の説明

将来的にはさらに多くのコネクタを追加していく予定です。ソーシャルチャネル、DMP/DSP、アトリビューションツールなどとの統合を想定しています。 お客様とのコラボレーションも歓迎していますので、統合のニーズをお知らせください。

しかし、待ってください、まだまだあります! - Unica Interact と Unica Plan

1. Unica Interact による A/B および N テスト

画像の説明

Interact V12.1 には、チャンピオン/チャレンジャーのテスト以上に対応できる A/B テストが組み込まれているので、一度に 2 つ以上のバージョンをテストできます。テスト後は、テストされたバージョンの「デフォルト」のオファーに戻すことや、結果を確認して勝者を新しい「デフォルト」にすることができます。

2. 柔軟性の向上。Unica Interact での FlexOffers

画像の説明

FlexOffers は、リアルタイム/インバウンドオファーの一括ペルソナ化を可能にします。オファーをグループ化し、プールされたオファーにルールやフィルターを追加し、実行中にリアルタイムで適用する機能を提供します。これにより、Unica Interact のオファー利用に関するエンドユーザーの設定をさらに効率化できます。

3. パフォーマンスと効率性。ワークフローには何がありますか?

画像の説明

Unica V12.1では、プランのワークフローが更新されました。ワークフローは自動的に編集モードで開き、変更はすぐに反映されます。ワークフローでは、複数のユーザーが同じワークフローに対して同時に編集を行うことができるようになりました。タスクの並び替えはドラッグ&ドロップで可能になり、完了率の更新もより効率的になりました。

4. プラン API に Swagger を追加

画像の説明

Plan に Swagger が追加されました。Plan に Swagger インターフェイスが追加され、Plan の REST API にアクセスできるようになりました。 これには、ワークフローの新しい REST API が含まれます。これで、Plan REST API のレビューと作業が以前よりも簡単になりました。

上で詳述したように、Unica V12.1 は本当に "4" に相当します! また、私たちはもっと多くのことをお見せしたいと思っています! そこで、今後数週間のうちに、Unica Live にビデオを追加して、Unica V12.1 ? "1+2+1" が 4 に等しいことを証明する各項目のデモンストレーションを行います。 2020年7月にリリースされた最新の Unica V12.1 GAローンチウェビナーでは、Unica V12.1 の優れた点をすべてご紹介しています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Unica Interactフローチャートのテスト実行テーブルを理解する

2020/7/21 - 読み終える時間: 5 分

Understand the Test Run tables in Unica Interact Flowchart の翻訳版です。


Unica Interactフローチャートのテスト実行テーブルを理解する

2020年6月3日

著者: Nitin Dhabale / Product Support Lead, Unica

最近、Interact フローチャートのテスト実行に関する問い合わせが多く寄せられました。そのようなケースでは、バックグラウンド・テーブルに挿入されるデータがテーブルのカラム・サイズを超えていたため、フローチャートのテスト実行が停止したことが確認されました。別のシナリオでは、Interact のユーザーは、どの視聴者IDがどのセグメントに該当するかを理解したいと考えていました。この情報を得るために、ユーザーはフローチャート自体に結果を表示するために、テストランでフローチャートを繰り返し実行していました。入力データは膨大で、顧客はそれを減らしたくありませんでした。そのため、フローチャートの実行完了までにかなりの時間がかかっていました。

Unica Interact でフローチャートを設計する際、開発者は一般的にフローチャートをテスト実行して、設定が正しいことを確認します。しかし、フローチャートがエラーで失敗した場合はどうなるのでしょうか?データはどうなるのでしょうか?データはどこに格納されるのでしょうか?これらは、ユーザーが常に答えを求めている共通の問題となっています。そこで、私は、フローチャートが実行されるときにバックグラウンドで作成されるテーブルについてさらに話しているこのブログを書きました。それは、どのようなデータがどこに保存されるかについて話しています。

Interact セッションでフローチャートのテストを実行している間、開発者はどのようにして様々なエラーメッセージを観察するのかについて話しました。これらの情報はすべて、4つの異なるタイプのテーブルに格納されています。Interact ・セッションのフローチャートが実行されると、バックグラウンドで、プロファイル・データベースの TESTATTR_n、TESTCOUNT_n、TESTSEG_n、TESTERROR_n の 4 種類のテーブルが作成されます。この番号(_n)は、同じインタラクティブ・フローチャートの上記のすべてのテーブルで同じである。この場合、Unicaは、TESTATTR_142、TESTCOUNT_142、TESTSEG_142、および TESTERROR_142を生成します。

「フローチャートがテスト実行で失敗したのはなぜか」という質問に対する正しい答えを見つけるためには、「フローチャートがテスト実行で失敗したのはなぜか」という質問に答える必要があります。より良い分析のためには、各テーブルの重要性を理解することが重要です。

フローチャートを実行する前のテストラン

テーブルに格納される情報は、異なる環境、セグメント、オーディエンス、および他の多くの要因によって異なります。例えば、ターゲットオーディエンスのタイプに応じて、オーディエンスIDは変化します。それは、世帯のオーディエンス ID のままでありながら、個人のための顧客 ID にすることができます。最初の表は、オーディエンスに焦点を当てています。

  • TESTATTR_nテーブルの使い方は?

TESTATTR_n テーブルは、対話型フローチャートに従ってプロファイルデータベースの下に作成されます。このテーブルには、画像2に表示されているように、対話型フローチャートのテスト実行の結果が記録されています。このテーブルには、オーディエンス ID のみが記録される。つのオーディエンス ID を持つ複合オーディエンスIDが存在する場合、このテーブルは、その後、2つの列を持つことになる。出力されるオーディエンスIDの最大数は、インタラクション・プロセスで作成された構成に依存します。

テスト実行中に、ユーザーが 1000 件のレコードをすべて表示しようとしないことがあります。そのような場合は、出力を15レコードに制限することができます(下の画像のように)。

  • TESTCOUNT_nテーブルの使用方法は?

フローチャートの構成には、いくつのプロセス・ボックスが関与していましたか?どのプロセス・システムが失敗し、どのセル・コードの下で失敗したか?このような情報はすべてTESTCOUNT_nの下に保存されます。これは、対話型フローチャートごとにプロファイル・データベースの下に作成されます。テーブルには5つの列があります。PROCESSID、CELLID、CELLCOUNT、CELLNAME、CELLCODE。

PROCESSID:列には、インタラクティブ・フローチャートに取り込まれた各プロセス・ボックスのID(数値データ)が含まれています。

CELLID : Decision、Sampleプロセスのような異なるプロセスボックスから複数のセルを作成することができる。この列には、インタラクティブ・フローチャートから作成された各セルのIDが含まれています。Interaction Process (対話プロセス)Select Process (選択プロセス) は、最大1つの出力セルを作成することができます。サンプルプロセス (Sample Process)決定プロセス (Decision Process) は、1つ以上の出力セルを作成することができます。スナップショットプロセス (Snapshot Process)ポピュレートセグプロセス (Populate Seg Process) には、出力セルは含まれません。

CELLCOUNT : この列には、インタラクティブ・フローチャートのテスト実行が行われたときにポップレートされた各セルのカウントが含まれています。

CELLNAME : この列には、インタラクティブ・フローチャートのテスト実行後に作成された各出力セルの名前が含まれます。アウトプット・セル名は、プロセス・ボックスに作成されます。

  • TESTSEG_n テーブルの使用方法は?

フローチャートではセグメントを作成します。今回のケースでは、セグメントは男性セグメントと女性セグメントの2つのグループに分かれています。では、どのオーディエンスIDがどのセグメントに属しているか?その情報は TESTSEG_n に保存されます。テーブルには以下の列があります。AUDIENCEIDASSIGNED_SEGMENTIDASSIGNED_SEGMENTNAME

AUDIENCEID : データがオーディエンスIDとしてCustomerIDを含む場合、列の名前はCUSTOMERIDになります。そのデータ型は、HCL Campaignで作成されたオーディエンスIDのデータ型に依存します。

ASSIGNED_SEGMENTID : この列には、オーディエンスIDが該当するスマート戦略セグメントのIDが含まれています。

ASSIGNED_SEGMENTNAME : 列には、オーディエンスIDが該当するスマート戦略セグメントのIDが含まれます。列には、オーディエンスIDが該当するスマート戦略セグメントのNAMEが格納されます。場合には、以下のように

ASSIGNED_SEGMENTID : 列には、オーディエンスIDが該当するスマート戦略セグメントのIDが含まれています。

ASSIGNED_SEGMENTNAME : 列には、オーディエンスIDが該当するスマート戦略セグメントのNAMEが格納されています。視聴者IDがスマート戦略セグメントのいずれにも該当しない場合は、視聴者IDの隣の値はNULLのままです。

潜在的な構成問題を特定するためのエラーの理解

では、フローチャートが失敗したエラーメッセージは何でしょうか?すべてのエラーメッセージの情報は TESTERROR_n テーブルに保存されます。

  • TESTERROR_n テーブルの使用方法は?

対話型フローチャートのテスト実行が何らかのエラーメッセージで失敗した場合、それぞれの ERRORMESSAGE、ERRORORCODE、失敗したプロセスボックスの ID がこのテーブルに挿入されます。

PROCESSESID : このカラムは数値データ型を持つ。インタラクティブフローチャートで実行に失敗したプロセスボックスの ID が格納される。

ERRORCODE:この列には、インタラクティブ・フローチャートで実行に失敗したプロセス・ボックスのIDが含まれている。この列には、インタラクティブ・フローチャートのプロセス・ボックスが実行に失敗したエラー・コードが含まれる。

ERRORMESSAGE : この列には、インタラクティブ・フローチャートのプロセス・ボックスの実行に失敗した理由を説明するエラーメッセージの説明が含まれる。

SEQID : これは、テーブルに挿入された各レコードに対してシステムが生成した一意のフィールドです。

問題とトラブルシューティング

しかし、どのようにトラブルシューティングして問題を解決するのでしょうか?私は例からいくつかの助けを得てみましょう。インタラクティブ・フローチャートのテスト実行が、列 "TESTERROR_<>."""ERRORESSAGE" の値が大きすぎるデータベース・エラー (value too large for the column) で失敗した場合。

原因 : インタラクティブ フローチャートは、テーブル TESTERROR_n テーブルのテーブル カラム "ERRORMESSAGE" のサイズよりも大きいエラーメッセージをスローします。デフォルトでは、対話型フローチャートごとに、1つのTESTERROR_n テーブルがプロファイルデータベースに作成されます。このテーブルのカラム ERRORMESSAGE のサイズは 512 バイトであり、エラーメッセージが 512 より大きい場合は、以下のようにデータベースエラーで失敗します。

行[1]でのテスト実行エラー[run id=6u2keu1n90]。

com.unicacorp.interactual.exceptions.DataAccessException. 以下のデータベースクエリを実行する際にエラーが発生しました(ORA-12899: column "UNICAINTERACTTR"... "TESTERROR_3900774″... "ERRORESSAGE" (actual: 1059,maximum: 512) )。INSERT INTO UNICAINTERACTTR.TestError_3900774 (SeqID,ErrorMessage,ErrorCode,ProcessID) VALUES (?,?,?,?)

解決方法

このエラーを解決する最も簡単な方法は、対話型フローチャート用に作成された TESTERROR_n テーブルを ERRORESSAGE のサイズを大きくして変更することです。Interact でフローチャートを設計する際には、最終的な実行前にテストを行うことが不可欠です。これは、設定の早い段階で問題を分析し、修正するのに役立ちます。そのため、次回のテスト実行が失敗した場合は、これらの 4 つのテーブルを参照して、特定の情報を確認してください。

Unica に関するご質問は、いつでもサポートコミュニティに質問してください。

また、HCL のアイデアポータルに登録して、製品のロードマップに影響を与えるチャンスです。


MarTech SaaS とは?なぜ MarTech SaaS シンフォニーにこれまで以上にマエストロが必要なのか?

2020/7/20 - 読み終える時間: 3 分

SaaS の MarTech サービスが花盛りですが、本当にそこだけに依存してもよいのでしょうか。英語版ブログの記事 What the SaaS?! Why your MarTech SaaS Symphony Needs a Maestro More than Ever の翻訳版です。


MarTech SaaS とは?なぜ MarTech SaaS シンフォニーにこれまで以上にマエストロが必要なのか?

2002年7月16日

著者: Maddie Highsmith / HCL Unica Specialist & Martech Advisor

画像の説明

今日の一般的な企業では、日々のメッセージング、プロモーション、広告キャンペーンをチャネル横断的に管理するために、91~189 のマーケティング&CRM SaaS ツール(ツール)を導入しています。誰に聞くかによって、これらの数は多少異なるかもしれませんが、業界関係者の間で最もよく参照されているのは、Netskope社の調査です。同社の調査によると、企業では CRM 関連の SaaS ツールが69種類、マーケティング関連の SaaS ツールが 120 種類使用されているとのことです。

これは管理しやすいと思われるかもしれませんが、これらのツールはすべてのユーザーが年間サブスクリプションと企業とのセキュアな接続を必要としていることを考えてみてください。これに加えて、SaaS アプリケーションの寿命はわずか2年であり、マーケティング・チームの人員配置、トレーニング、管理を非常に困難にする、多くの離職率とスキルの課題が発生します。

画像の説明

今日、CMO の要求はこれまで以上に厳しくなっています。CMO は企業のブランド戦略やメッセージングを管理するだけでなく、マーケティングタスクを実行するために利用可能な様々なテクノロジーの中から選択しなければなりません。

毎年、有名な Chiefmartec のインフォグラフィックが公開され、世界の SaaS の選択肢やイノベーションを紹介している。今年は 8,000 件を超えました。

世界中のマーケティング・チームが日々の業務に100以上のツールを使用しており、SaaS への支出は年々増加し続けていることを考えると、これらの投資の ROI を証明したり、可視化することが難しくなるのは当然のことである。何がうまくいっているのか、何がうまくいっていないのかという真のパフォーマンス・メトリクスは、まだつかみどころがないか、あるいは文字にするのが難しいだけなのです。

画像の説明

MarTech や AdTech の技術革新に加えて、SaaS のおかげでこれらのツールが簡単に導入できるようになった今、疑問に思うことがあります。

  • 現代のデジタル・タッチポイントと伝統的なチャネルを横断したブランド・コミュニケーションを管理する努力は、より良い管理になっているのか、それともより混沌としたものになっているのか?
  • 最終的には、これら多くのツールのパフォーマンスの橋渡しとオーケストレーションを行う時期に来ているのか?

答えは次の通りです。

  • 両方とも真実です。
  • そう、その時が来たのです。

ブランドマーケティングが改善されたと言ってもいいが、マーケティング実務者と CMO の両方の生活にプラスの影響を与えるという点では、テクノロジーの約束事はまだ完全には実現されていません。私の同僚の一人は、異なる SaaS ツールを分析して接続する際にマーケターが直面する課題を「オリンピック形式の体操」と丁寧に表現しています。ほとんどのマーケターが「気が狂いそう」と言っていることを考えると、適切な表現だと思います。多くのマーケターが「気が狂いそう」と言っていることを適切に表現していると思います。

私はあなたに、今こそすべてをつなぐ時だと提案します。マーケターとして、またブランド戦略アドバイザーとして、私は SaaS を愛しています。手軽にサインアップできて、基本的なことにも使えます。また、自分の運命をコントロールできるのも気に入っています。しかし、SaaS ツールが次々と登場しては消えていくため、特定の顧客の行動や行動に関連するデータを抽出して管理することが重要になってきます。とあるツールがサービス終了になったからといって、重要なデータを失っても問題ないと考えるマーケティング組織はないでしょう。

画像の説明

IDC の予測によると、パブリッククラウドサービスとインフラストラクチャへの世界的な支出は、今後5年間で2倍になると予測されています。5年間の複合年間成長率 (CAGR) に牽引されている。企業の TCO と日々の運用コストを削減し、複雑さを解消するという SaaS の約束は、必ずしもうまくいっていないようだ。

オンプレミスのソフトウェアとハードウェアのエンド・オブ・ライフの煩わしさを交換することで、セキュリティや統合の課題が全く新しいものになり、重大な監視と注意が必要になります。プライベート・クラウドも、いくつかのソリューション (Unica) では選択肢の一つとなっています。すべての組織の CMO は、これまで以上に CIO との関係を強化し、団結することを必要としている。

SaaS は、新しいマーケティングやアドテクのイノベーションをより早く市場に投入する上で明確な役割を果たしているが、その一方で、ある程度の組織性とセキュリティが必要です。大規模なマーケティング部門のオペレーションには、目標に対するパフォーマンスを管理・追跡するための可視性が必要です。Unica は、世界で最も統合されたマーケティングプラットフォームです。クラウドネイティブのプライベートオプションで、マルチテナント型 SaaS に縛り付けるようなことはせずに、すべての顧客データと情報を一元化することができます...ゴールベースのマーケティングのために特別に構築されています。

Unica は、お客様の SaaS ツールやエンタープライズオペレーションとの間の橋渡し役であり、多くのチャネルや SaaS システムを介して、最も重要な顧客に向けて、(大規模から小規模まで) 規模に応じたプレシジョンマーケティングが可能です。

ゴールベースのマーケティングは、成功するブランドにとって常に重要です。

人間の注意を引くための断片化と競争は、ぼんやりとしたものになってきています。メッセージやオファーが発信されたり、利用可能な様々な方法で顧客に提示されたりすると、これらのメッセージの乱雑さが人間の上に積み重なっていきます。最終顧客は多くのことを吸収することができません。

画像の説明

同様に、マーケターのマインドシェアを競うSaaS競争は、マーテックやアドテックのツール空間を前進させ続けている。マーケティングには、より専門的なことを可能にする新しいツールが次々と登場し、マーケターの日々の業務はさらに細分化されています。マーケティングチームが「新しいことをする」ための方法は、年々登場し続けています。

CMO やマーケティング担当者にとって、これら多くの SaaS ツールを使いこなすためには、ペースを維持し、スキルを身につけるのは大変な作業です。これらの SaaS ツールを採用することは、自社にとって革新的であることを意味します。それは彼らにとって市場での勝敗を意味します。そしてこれはまた管理するために絶えず増加する支出/予算を意味する。SaaS は当初、低コストとシンプルさを約束して採用されました。SaaS のマルチテナント・モデルと Web ベースのツールの簡単なインターフェースは、あらゆる規模のマーケティング担当者にとって魅力的な約束でした。

画像の説明

マーケティング・チームの最大の課題は、会社の広告キャンペーン、ブランド・プロモーション、スーパーボウルの CM などで次のキラー・クリエイティブを思いつくことでしたが、悲しいことに今はもうなくなってしまいました。キラー & クリエイティブなキャンペーンも必要ですが、それをシンフォニックな形で顧客に届けるためには、メディアミックスの各チャンネルで 100 以上の「楽器 (Instruments: 道具)」が必要です。優れたブランド体験を提供することは、それほど複雑なことではありませんでした。

適切なチャネル(オン/オフライン)で、必要な時に必要な場所で適切な人にパーソナライズされたオファーを提供することこそが、Unica がブランドのために行うことなのです。銀行、小売店、通信、保険、救急隊などの企業は、ブランドに特化したメッセージだけでなく、重要なメッセージや時間的な制約のあるメッセージを顧客に配信するためにUNICAを利用しています。Unica は単なるマーケティングではなく、必要不可欠なものなのです。

Unica はビジネスコミュニケーション (Communications) の中心であり、不可欠なものなのです。

MIT の数学者から生まれた Unica は、未来のために設計されています。15年以上に及ぶ献身的な経験と開発により、Unica は、世界で最も優れた企業や最も信頼されるブランドから選ばれるコミュニケーションテクノロジーとなってきましたし、現在もその地位を維持しています。

20 年以上にわたり、Unica は世界最大のブランドのマエストロとして、伝統的なチャネルとデジタルチャネルでのキャンペーンの指揮を執ってきました。これらはすべて、最高レベルのセキュリティと大規模なスケールで自信を持って実施されています。HCL Software のクライアントは、業界の巨人や革新的な企業であり、適切なメッセージを適切な顧客に、適切なタイミングで、適切な媒体で、いつでも確実に届けるために、Unica を常に頼りにしています

Unica は、機器(SaaSツール)、システム、データウェアハウス、メディアチャネルなど、規模に応じたプレシジョンマーケティングで知られています。

今すぐお問い合わせいただき (日本は Web のお問い合わせフォームから)、Unica がお客様の SaaS 楽器のオーケストラの管理にどのように貢献できるかをご確認ください。


Unica Campaign の実行スケーリングの詳細

2020/7/14 - 読み終える時間: 3 分

Unica Campain は柔軟な構成と実行が可能です。実際例を使いながらその詳細を解説した記事 Let’s Geek Out on Unica: Scaling Your Campaign Execution の翻訳版を掲載します。


Unica Campaign の実行スケーリングの詳細

2020年7月6日

著者: Tom Hannigan Jr. / HCL Unica Global Practice Leader

画像の説明

誰もが、より少ない時間でより多くのことを素早くやろうとしています。

私のクライアントはいつも私に「どうすれば物事を速くできるのか」「どうすればより多くのキャンペーンを行いながらキャンペーンの実行を合理化できるのか」と質問してきます。

どちらも有効な質問です。多くの人は、より多くの規模で実行し、より多くのパーソナライゼーションを行い、より多くのチャネルでより多くのキャンペーンを同時に実行したいと考えています。しかし、それを実現する方法がわかりません。

そこで、Unica という魔法が助けてくれるのです。

まず、課題を理解しましょう。私はそれを「多対多」のシナリオと呼んでいます。

画像の説明

Unica は、ダイレクトメールや単発のメールのような非常に基本的なキャンペーンに合わせてしばらく前に設定されていたことがよく見受けられます。その後、時間が経つにつれ、育成ストリームが追加され、カスタマージャーニーが追加され、モバイルアプリやコマースサイト、コールセンターなどのチャネルが追加されましたが、キャンペーン活動の拡大や成長をサポートするために、Unica のプラットフォームが見直されることはありませんでした。

その結果、さまざまなスタイルのコミュニケーションが Unica のフロントエンドに詰め込まれてしまいました。さまざまな実行に対応するために、オファーテンプレートのようなものには、より多くのフィールドが追加されていました。

最近の例では、オファーテンプレートに 35 の異なるフィールドがあり、シンプルなクーポンを含む単発のメールから、11 のコンテンツブロックを含む週刊ニュースレターまで、あらゆるものに対応できるようになっていました。そのうち 6 つは動的に入力されていました。

画像の説明

キャンペーンマネージャーが、35 のフィールドの中から今日のキャンペーンに適したフィールドを見つけ出すのに苦労していることを想像してみてください。これはキャンペーンフローチャートにも当てはまります。

私たちは、週一回のメールキャンペーンを、ダイナミックなパーソナライゼーションを用いた週三回のメールキャンペーンに成長させたクライアントを持っていました。

画像の説明

毎週、彼らは前の週のフローチャートのコピーを取り、名前を変えて、それを今週のキャンペーンの出発点として使用します。今日、彼らは最後に実行したもののコピーを取り、週に 3 つのコピーを作成します。

どのプロセスボックスを残し、どのプロセスボックスを削除し、どのプロセスボックスを前回の実行から削除されたものを追加するかを解釈しながら、次のキャンペーンの実行を設定することを想像してみてください。

最後に、出力があります。すべてのキャンペーンは、リスト、ファイル、または API コールの形でキャンペーンメンバーを生成します。出力仕様は多くのキャンペーン実行シナリオに対応しなければなりません。それは巨大です。

画像の説明

288フィールドの巨大なフィールド。

品質管理のためにファイルをレビューしようとしていることを想像してみてください。さらに悪いことに、エラーを発見した場合のトラブルシューティングを想像してみてください。そして、どのフィールドがどのキャンペーンに使用されるかが明確でない場合、エラーを発見するのはどれほど難しいでしょうか。空欄のフィールドはキャンペーンに必要ないことを意味しているかもしれませんし、誰かのミスを意味しているかもしれません。どちらでしょうか?

「多対多」の問題を解決するには、3つのステップを踏む必要があります。

  • 実行シナリオを定義する
  • シナリオに特化したテンプレートの作成
  • 実行シナリオごとに Unica でテンプレートをまとめてマッピングする

これを Unica で事前に定義された「ジャングルを通るパス (path through the jungle)」を作成して、実行を合理化して拡張できるようにすることを、私たちはこれと呼んでいます。

画像の説明

マーケターは実行することが好きです。そのため、Unica を使用している人が、キャンペーンの実行の背後にある「方法」についてあまり考えたことがないのはよくあることです。

マーケティングの実行には常にパターンがあります。日常から少し離れてみると、それが見えてきます。一般的な小売店では、プロモーションカレンダーとそれに付随するクリエイティブ制作プロセスがあります。不規則に感じるかもしれませんが、歴史的な実行を見れば、プロモーションのパターンが浮かび上がってきます。毎週のプロモーションのニュース、クーポンメール、イベントや販売のためのプロモ、そして最後にカテゴリや部門のプロモーションがあります。私たちはプロモーションの処置の各タイプのためのテンプレートを作成することを推薦します。

同じことが、オファー、キャンペーン、アウトプットの仕様にも当てはまります。パターンを見つけ、それぞれのテンプレートを定義し、それぞれのフィールドのルールを書き出します。これにより、フロントエンドでの「多数」の問題が単純化されます。今日は、フィールドごとに、フィールドに何を入力する必要があるのか、何を入力する必要があるのかを把握しようとしています。テンプレートでは、必要なフィールド/プロセスだけがテンプレート内にあり、何のために何を実行するのか、そのタイプの実行のために何を入れるのか、という明確なルールがあります。

また、バックエンドの「多くの」課題にも対応します。入力フィールドが少ないということは、出力フィールドが少ないということです。そのキャンペーンシナリオに必要なフィールドだけが出力仕様に含まれています。すべてのフィールドは、事前に定義されたテンプレートからのデータで入力されなければならないので、QA が容易になります。

「ジャングルを通る道 (path through the jungle)」の作成は、Unica が本当に輝くところです。各キャンペーンテンプレートでは、キャンペーンサマリー情報に、あらかじめ定義されたオーディエンスと関連するオファーを追加することができます。

画像の説明

今回の Unica Campaign では、すでに 3 つのオーディエンスと 7 つのオファーを紐付けしています。これらのうちの 1 つが不要な場合は、簡単に削除することができます。新しいオーディエンスでテンプレートを更新する必要がある場合は、一度テンプレートに追加され、自動的に表示されます。

今回の Unica Campaign は、すでに 3 つのオーディエンスと 7 つのオファーを紐付けしています。もし必要ない場合は、簡単に削除することができます。新しいオーディエンスでテンプレートを更新する必要がある場合は、一度テンプレートに追加され、その後、すべてのキャンペーンに自動的に表示されます。

画像の説明

同じことがキャンペーンフローチャートにも当てはまります。各キャンペーン全体のテンプレートには、そのキャンペーンシナリオで実行されるプロセスボックス付きのフローチャートテンプレートをあらかじめデザインしておくことができます。何も表示されていない画面や最終週のキャンペーンを見るのではなく、すでに完全に QA が行われた事前定義のフローチャートから始めることができます。あなたはネットの新しい変更をチェックする必要があるだけです。

目標は、キャンペーンの構造の 70~80% を Unica Plan と Campaign のテンプレートにマッピングしておくことです。週 3 回のキャンペーンを週 3 回実施している場合、テンプレートが変更されていない限り、スタート地点は毎回同じです。先週実行したキャンペーンの最後のバージョンに変更が加えられ、今週にコピーされたことを心配する必要はありません。

私たちは、多くのクライアントのために 8-10 のオファーとキャンペーンのテンプレートと 3-4 の出力仕様である実行シナリオごとに 1 つのテンプレートをお勧めします。

さて、Unica の設定方法を変更しても、マーケティングの実行は止まらないことを知っています。最高の状況では、マーケターは "ナイフをジャグリングしながら実行している "ことになります。

しかし、来週のキャンペーンを構築し始めたら、5 分かけて「これはどんなタイプのキャンペーンなのか」と自問してみてください。クーポンのためのキャンペーンなのか、それともロイヤルティプログラムのためのキャンペーンなのか?実行しながらメモを取り始めましょう。定期的に行われるオファー、メッセージ、プロモ、オーディエンスは何か?

そのうちにパターンが見えてくるでしょう。そうすれば、Unica Campaign にテンプレートをいつ、どこで導入するかを決めることができます。

このようにして、ジャングルを抜けていく道を見つけ、Unica を使って合理化し、スケールアップしていくことができるのです。

Unica をもっと知りたい方は "Let’s Geek Out on Unica" チームからの情報をご覧になりませんか?

ここをクリックして、Unica Live の Let's Geek Out on Unica ビデオライブラリをご覧ください。


HCL Unica Live! へようこそ

2020/7/2 - 読み終える時間: 4 分

HCL のマーケティングオートメーション製品である HCL Unica 12.1 の出荷が近づいてきました。今年春の 12.0 に続いて大幅な機能強化が図られています。12.1 のリリースに合わせて HCL Unica Live! というオンラインイベントを開催しています。これを紹介する英語版ブログ Welcome to Unica Live! の翻訳版を掲載します。


HCL Unica Live! へようこそ

2020年6月30日

Tony Arnold / CMO Unica | Head of Strategy

画像の説明

昨年、私たちは世界中を飛び回り、1,000人以上のお客様と直接お会いしました。このような対面でのミーティングの主な目的は、今後どのようにしてコミュニティにより良いサービスを提供できるかを学ぶことでした。様々なバックグラウンドを持つお客様と数え切れないほどの会話をした結果、私たちのコミュニティがトレーニングリソースにアクセスしたり、リアルタイムで質問やコメント、フィードバックをサポートしたりするためのモバイル対応のデジタルデスティネーションを求めていること、そして率直に言って必要としていることが明らかになりました。これに加えて、ビジネスリーダーや CMO からは、Unica のユーザーレベルのイネーブルメント、トレーニング、チューニングを超えて、戦略、パートナー、顧客コンテンツを追加してほしいという要望もありました。

数ヶ月間、コミュニティのニーズの高まりに合わせて様々なプラットフォームを検討、評価、検討してきましたが、この度、正式に皆様に Unica Live をご紹介できることを嬉しく思います。

画像の説明

Unica Live とは何ですか?

Unica Live は、当社のイネーブルメント、イベント、戦略のすべてのコンテンツを、アクセスしやすい1つのプラットフォームに統合した、当社の新しいデジタルイベントプラットフォームです。Unica Live は、包括的でアクセスしやすいリソースの提供先として、お客様のニーズと期待に応えるダイナミックなソリューションです。

なぜこの形式なのか?

私たちの最終的な目標は、参加者の体験を可能な限り簡単で楽しいものにすることでした。私たちが調査した標準的なコンテンツやビデオのリポジトリの多くは、関連性のないコンテンツや広告が多く、イベントやイネーブルメントに役立つ論理的なコンテンツ構成が欠如していることが多くありました。さらに、ほとんどのウェビナーソリューションは、1,000人以上の参加者を対象とした安定したスケーリングができず、テレビ放送で見られるような高品質のミックスメディアコンテンツに必要な制御ができませんでした。

Unica Live プラットフォームは、最大20,000人のユーザーをサポートすることができ、ミックスメディアプレゼンテーションやスピーカーのトランジションを放送レベルで制御することができ、リプレイでも顧客からのフィードバックを得ることができます。これは投資でしたが、お客様に可能な限り最高の体験を提供するためには、わずかな費用で済んだと確信しています。

主な特徴

私たちは、お客様にライブのイベントに参加しているような感覚を持ってもらいたいと考えていました。その一環として、プラットフォームを完全にブランディングし、ウェブベースの PPT プレゼンテーションやオンラインビデオを見るだけではなく、Unica に焦点を当てたイベントに参加しているような感覚をお客様に与えることができました。私たちは、各シリーズの体験をユニークなものにするために、各放送セッションのクリエイティブな感覚を開発しました。

ビデオ放送のコンテンツを、プレゼンターやモデレーターにストリーム配信されるチャット/コメント/Q&A 機能で囲みました。いくつかのライブセッションでは、参加者は、投稿された質問に対して、対面でのライブイベントのように、プレゼンターが直接ライブで回答することが期待できます。しかし、私たちが抱える大きな問題は、多くのお客様がリプレイイベントを見ているため、ライブプレゼンテーションに質問をすることができないということです。Unica Live ではそれを解決しました。Unica Live のリプレイ中に投稿されたチャットでの質問でさえ、数週間後、数ヶ月後にモデレーターとプレゼンターの元に戻り、通常は約 48 時間以内に回答を得ることができます。

Unica Live デジタルイベントプラットフォームのもう一つの特徴は、各放送に埋め込まれたアンケートやリソースです。私たちは、様々なトピックに関する皆様からのご意見を確実にお聞きしたいと考えており、これらのアンケートやリソースを埋め込むことで、効率的で便利な場所を 1 つのプラットフォームにまとめています。7月の時点で 1,000人以上のユーザーの調査では、彼らはプラットフォームを愛しているということです。

HCL Unica Live! ではどのようなコンテンツが配信されますか?

私たちの計画では、日常的なプラットフォームのユーザーから、ビジネスオーナー、エグゼクティブ、CMO まで、Unicaのあらゆるレベルのお客様に向けたコンテンツを提供していきたいと考えています。現在、さまざまな Unica のお客様を対象とした 8 つの放送シリーズを計画しており、スペイン語のコンテンツチャンネルを含む 4 つの放送シリーズがすでに開始されています。

画像の説明

Unica Enablement Series

この教育的な放送シリーズは、包括的なプラットフォームのアップデートの概要と、個々の製品モジュール(Campaign、Interact、Optimize、Plan、Reporting、Cloud Native、など)についての深い掘り下げたプレゼンテーションを特徴としています。

画像の説明

Unica en Espanol

ラテンアメリカにお住まいのお客様、パートナーの方々ための外国語リソースです。

画像の説明

12 Things We Love About Unica

サービスチームリーダーのブライス・コナーズによる非常に人気の高いブログ記事を発展させたビデオシリーズです。これらの 12 の項目はそれぞれ、V12.0 リリースに含まれるように、お客様から直接リクエストされたものです。

画像の説明

Unica Insights

製品リーダーシップ チームが、ビジネス リーダーが Unica を最大限に活用し、ビジネス目標を達成するための最適化のヒントを提供する短いビデオです。

画像の説明

Let's Geek Out on Unica

Unica グローバルプラクティスリーダーの Tom Hannigan が、Unica を本当にロックにする方法を紹介する人気のコンテンツシリーズです。このシリーズでは、データ、セットアップ、チューニング、ヒントやコツ、戦略などのベストプラクティスを紹介しています。

画像の説明

エグゼクティブ・コーヒーブレイク

Unica CMO の Tony Arnold (私) がホストを務めさせていただくこのカジュアルな戦略レベルのシリーズは、特別ゲストを招いて、HCL SWのアップデート、ブランドビジョン、製品ロードマップ、ベストプラクティスなど、幅広いユニークなトピックについて議論します。

IDC の Gerry Murray 氏とのエグゼクティブ・コーヒーブレイクの第一話を見るにはここをクリック!

画像の説明

カスタマーショーケース

67,000人以上のプラットフォームユーザーを抱える Unica は、数百通りの方法で、多くの異なる市場で利用されています。このシリーズでは、お客様のケーススタディを紹介し、今日の市場におけるマーケティング戦略をサポートするためにUnicaがどのように活用されているかをレビューしていきます。

注目のパートナー

Martech 業界で最も古く、最も信頼されている企業の 1 つである Unica は、重要なパートナーサポートコミュニティを確立しています。このスポットライトシリーズでは、パートナーが Unica の使用事例を紹介し、ベストプラクティスを共有し、プラットフォームの基本機能を超えてどのように利用を拡大しているかを説明します。

ここをクリックして、Unica Live にアクセスし、プラットフォームが提供するすべてをご覧ください。

また、7月7日に開催されるUnica V12.1 GA (製品出荷) ローンチウェビナーに登録するには、こちらをクリックしてください。


ニュース: HCL Unica 12.1 の発表

2020/6/22 - 読み終える時間: ~1 分

2020年6月18日、HCL Unica 12.1 に関するニュースを発表しました。

これにあわせて、12.1 の資料を公開しました。

ダウンロードはこちら: 製品情報: HCL Unica v12.x 製品紹介資料


Unica: みなさまのオファー戦略は?

2020/6/18 - 読み終える時間: 4 分

HCL Unica 12.1 の製品リリースを控えて、HCL Unica の記事が続いています。今日は、英語版ブログの Let's Geek Out on Unica: What's Your Offer Strategy? の翻訳版をお届けします。Unica をご存じがないかたも、毎日のお買い物という点で設定があります。皆様のお買い物の裏側で動いているマーケティングオートメーションは、読み物としても面白いかもしれません。


Unica: みなさまのオファー戦略は?

2020年6月17日

著者: Tom Hannigan Jr. / Unica Global Practice Leader

オファーは私たちの周りにありますが、おそらくあなたはそれらに気づいてはいないでしょう。

新車を買いに行った時のような感じです。ミニクーパーを手に入れようと思うまで、ミニクーパーに乗っている人の多さに気づかなかったのではないでしょうか。買おうと考え始めれば、あちこちで目に入るようになります。

そして、あなたが小売業で働かない限り、おそらくあなたはこれらのオファー戦略に気づくことはないでしょう。

BOGO はおそらく最も一般的なオファー戦略でしょう。"1つ買えば1つ無料で手に入る "という考え方です。バリエーションは「1つ買うと50%オフ」「1つ買うと2つ目からXドル値引き」などがありますが、「1 つ買うと 50% 値引き」「2 つ目から X ドル値引き」の方がお得です。

BOGO は一般的な言葉の一部であり、それについての wiki ページもあります。

もうひとつの一般的なオファー戦略は、一般的に「節約」オファーとして知られている価格ベースのオファーです。

多くの場合、オファーを保存するには、クーポンやオンラインのプロモコードが添付されています。お客様には 「チェックアウト時に SAVE50 のプロモコードを使用してください」と書かれています。 セーブオファーのバリエーションとして、競合他社からの新規顧客獲得を狙った「スイッチ&セーブ」があります。

季節限定の特典もあります。

年内の季節や休日に連動した特典。ファッション小売店は、春夏秋冬の衣料品ラインに縛られた「新作入荷」のオファーを好んで利用しています。

次に、“earn and burn” オファーとして知られているロイヤリティプログラムに結び付けられたオファーがあります。ここでのオファー戦略は、会員にマイル/ポイントを獲得する機会を提供し、旅行特典や商品と交換することです。

十分な報酬を得られない会員は、プログラムに積極的に参加し続ける可能性が低いと考えられます。ポイントを十分に交換しない会員は、会員としてのメリットを享受することができず、そのような高ポイント残高はバランスシート上の負債となります。新規会員の獲得とロイヤルカスタマー化には、“earn and burn” 戦略が欠かせません。

e コマースの急速な成長に伴い、送料無料はますます人気のあるオファー戦略となっています。

さまざまなタイプのオファーについて理解したところで、オファー戦略にどのように適用されるかを見てみましょう。

オファーは顧客に次のアクションを起こしてもらうためのものです。 BOGO だとお得感がありますし、送料無料だと大口の商品を購入するラインを超えてしまうほどの魅力があるかもしれません。オファーを学ぶことで、顧客の対価のセットに入ることができます。

美容製品のオファー戦略の場合、化粧品でできることを思い描くことかもしれません。つまり、「インスピレーションとハウツー (inspiration and how to’s)」を使って彼らの製品についてのアイデアを与えておき、その後に彼らが購入するようにするのです - BOGO !

自動車会社は、メッセージテスト戦略を利用して、自社の車をより深く知ることができます。下の広告では車のイメージを変化させて、その結果、行動喚起がどのように変化するかを観察し、どれが最も好ましいかを判断できます。

「自分のものを探す」 vs 「もっと詳しく」、「自分のものを探す」 vs 「オファーを見る」。それぞれのメッセージ/画像の組み合わせは、特定のオーディエンスへの訴求力を高め、ターゲティングとコンバージョンを向上させることができます。

食料品チェーンのオファー戦略は、バイヤーのジャーニーを中心に構築することができます。

「Get inspired (インスピレーションを得てみよう!)」 (レシピ) や「Learn more (さらに詳しく!)」のようなメッセージは、あなたが今まで試したことのないような新しいブランドや商品、新鮮な農産物を発見し始めるきっかけになります。「お得な情報を入手する」、「今すぐ買い物をする」、「毎週の広告を見る」、「品揃えを見る」は、あなたの買い物が進行していることを示しています。「クーポンをゲット」や「注文開始」が購買意欲をそそります。「詳細はこちら」、「今すぐサインアップしてください」、「詳細を入手してください」と行動を呼びかけることで、リピート購入を促すためのロイヤリティプログラムに参加させることができます。

オファーについて戦略的に考える企業は、オファーマトリックスを作成します。彼らはどのオーディエンスがどのコミュニケーショントリートメント、クリエイティブイメージ、オファー、プロモーションの細部を見て、どのチャネルに入っていくかを明示的に選択します。彼らは、バナーのクリックや売上に対してこれらの組み合わせを追跡し、どのオファーがどの視聴者にとって最適なのかを判断しています。テストを通じて、それぞれのオファーの効果を最適化し、売上向上を促進します。

このマトリックスでは、ロイヤリティプログラムのオファーを見ていきます。

プラチナ会員は、ダイレクトメールのピースとメールでポイント 2 倍の "稼ぐ"オファーでステータスを強化した豪華クリエーターを獲得できます。プラチナの場合は、異なるクリエーターとのテストとなり、オファーや 2 倍対 3 倍のポイントを獲得することができます。ゴールドとシルバーは、その効果を確認するために異なるパーミュテーションでテストします。

オファー戦略がないのはこんな感じです。

唯一のメッセージは、異なるクリエイティブのイマジネーションが広がっている中で買い物をすることです。これではテストとして使えません。

オファー戦略のための重要な検討事項をいくつかご紹介します。

  • 行動への呼びかけについて考えてみる - 衝動買いする商品によっては、単純な BOGO になってしまうこともあります。一般的に調査と熟慮を必要とする大きなチケットアイテムの場合、それはあなたの製品についての詳細を学ぶことができるかもしれません。
  • 価値交換 - 次のステップを奨励するために、どのようなタイプのプロモーションオファーを行うことができますか?深い割引や期間限定のオファーかもしれませんし、その両方かもしれません。
  • トラッキング - どのようにテストのためのオファーのトラッキングコードを設定するのですか?いろいろな方法があります。「SHOP10」のようなオンラインのプロモコードには、小売店だけが知っている意味がありますが、トラッキングの仕組みになっています。クーポンコードは井戸を追跡するためのものです。最後に、デジタルメディア用のタグには、オーディエンス、メディアアウトレット、キャンペーンやオファーコードを追跡するための可変コード用のプレースメントスロットがあります。

ここで今、あなたはオファーとオファーの戦略についての詳細を知ってわけで、これからはあなたはそれらをどこでも見つけることができるようになりました。その際、オファー戦略の意図を把握できるかどうか。。。

Unica についてもっと詳しく知りたいですか

  • 6月23日 (火) にUnica V12.1が提供するものを特別にご紹介します。登録はこちらから。
  • 7月7日 (火) に行われるUnica V12.1 GAの公式放送への登録はこちらから。

HCL Unica V12.1 へのジャーニー

2020/6/17 - 読み終える時間: 2 分

マーケティングオートメーションの世界では「カスタマージャーニー」がとても重要です。このカスタマージャーニーを支援する機能を備えた HCL Unica V12.1 が2020年7月にリリースされます。12.1 は他にも大幅な機能強化を行っています。この6月から Unica 12.1 について紹介を始めたいと思います。英語版ブログの The Journey to V12.1 の翻訳版をお届けします。


HCL Unica V12.1 へのジャーニー

著者: Tony Arnold / CMO Unica | Head of Strategy

12ヶ月前、私はHCL ソフトウェアに入社し、Unica ブランドを未来に導くために働いていました。ブランドはどうあるべきか、どうあるべきかという明確なビジョンを持ち、カテゴリーをリードするブランドのリフレッシュをお手伝いする機会を得て、私は元気をもらいました。これをタイムリーに達成するためには、3つの重要なことが必要だと考えていました。

  1. 共通のビジョンに向かってハードにプッシュし、迅速に移動するためのエグゼクティブのエンパワーメント
  2. 顧客のニーズを先取りして満たすために、様々なバックグラウンドを持つプラットフォームの専門家やカテゴリーの専門家を採用する権限
  3. 情熱的なユーザーベースからの正直で建設的なフィードバックにより、最終的な製品ロードマップを推進します。

幸いなことに、私たちのビジョンへの支持はこれまで一度も揺らぐことがなく、そのおかげで、Unica V12.1 の発売が目前に迫っていることに、これ以上の興奮はありませんでした。今回のリリースは、Unica ポートフォリオの過去最大の拡張であるだけでなく、お客様が現在、そして未来に向けて Unica を利用する方法のパラダイムシフトを意味しています。

ラルフ・ウォルド・エマーソンが有名なように、「それは目的地ではなく、旅である」 (“it’s not the destination, it’s the journey”) と言ったように...そして私たちの旅は、今日あなたと共有したいものです。

私たちの旅は、大きな期待と高尚な目標、そしてすぐにでも Unica のプラットフォームを強化したいという思いから、2019年に始まりました。私たちの最初のビジネスの順序は、最優先事項として重要視されている技術的な負債の顧客に対処することでした。それに伴い、V11.xのバージョンでは、大きなジャンプを含む大ジャンプをお届けしました。

  • 高速アップグレードによる迅速なアップグレード機能により、ユーザーはレガシーバージョンから最新の GA バージョンに数ヶ月ではなく数時間でジャンプすることができます。
  • ディレクターを介して、Unica プラットフォーム内のすべてのプラットフォーム、ログ、データベースのIT中心業務を管理する柔軟性
  • 1,200以上のアップグレードでは、非常に長い強化サービスリクエストのリストに対応しています。

これらのアップグレードは、8年以上にわたるソリューションの最大の機能アップデートを表しています。これらの機能強化を実現するために多くの時間と努力を捧げた後、私たちは、73の優れたNPS (ネットプロモーター) スコアを受け取ったことに感激しました。しかし、それ以上に重要なのは、ポジティブなパートナーや顧客からのフィードバックによって、私たちは正しい道を歩んでいることを確信しました。これにより、チーム全体が自信を持って前進し続けるために必要な後押しをしてくれました。

HCL が Unica を買収してからわずか9ヶ月であった2020年4月、チームは Unica V12.0をリリースしました。25の新機能、90以上のネイティブレポート、500以上のREST API、新しいUI/UXなど、200以上の機能強化が行われたことは、私たちにとって誇りに思える成果です。また、V12.0は、新しい集中型オファーマネージャと、追加のレポートライセンスに依存することなく、すべてのレポートをすぐに利用できるようにすることで、プラットフォームにいくつかの大きな機能を提供しています。しかし、本当に大きなニュースは、V12.0で Unica がクラウドネイティブになり、数分でデプロイでき、数時間でアップグレードでき、Docker や Kubernetes のようなクラウドネイティブ機能、豊富なマイクロサービスセット、オープンソースのサポート (WAS、DB2、Cognosに依存しない) でオンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境をサポートするプレハブに依存しないということでした。おそらく最も印象的だったのは、"Hey Alexa, install Unica !"という言葉だけで、Unica プラットフォーム全体がインストールされているのを見たことでしょう。? 当社のエンジニアリングチームには素晴らしい頭脳があります。

振り返ってみると、多くの人が老朽化したレガシー・プラットフォームだと言っていたように、私たちはソリューションで驚くほどの飛躍を遂げました。買収完了からわずか1年余りで、Unica は現在、他のシステムでは実現できなかったことを実現する近代化されたプラットフォームとなり、驚くべきレベルの統合の柔軟性、スピード、そしてさらなるパワーを備えています。

Unica チームは、これまでに達成したことについて熱心に取り組んでいますが、顧客やパートナーからのチャットのような叫び声のようなものが、私たちをパワーアップさせてくれました... # Unica isBack. お客様は、そのパワー、コントロール、柔軟性の高さから、Unica の復活を望んでいました。私たちは、お客様の声に耳を傾け、プラットフォームに投資し、V12.0でこれまでで最高の Unica を提供するという約束を果たしましたが、7月にはさらに多くのことが行われます。

来月はHCL 買収以来、最も期待されていた Unica のリリースを開始します。Unica V12.1 では、お客様からご要望の多かった3つのモジュールを搭載し、これまでにないプラットフォームの拡張を行います。顧客は、統合されたデプロイメントソリューション、ジャーニーの作成と管理、顧客体験に接続されたすべてのデータとアプリケーションソースに接続する機能を望んでいると述べています。お客様は、個々の製品ではなく、統合された統合プラットフォームとして Unica のプラットフォーム機能を活用したいと考えていました。また、お客様からは、価格設定をシンプルにしてもっと利用しやすいかたちにしてほしいという要望もありました。これらの要求の一つだけでも、他のソフトウェア会社では大規模なリリースになっていたでしょうが、私たちはこれらの要求の一つ一つ一つを実現しています。Unica Deliver、Unica Journey、Unica Link & 抜本的に簡素化された価格モデル!

私たちのチームは、# Unica isEXPANDINGを誇りに思っています。そして私個人としては、この旅が私たちを連れて行き続ける場所が待ち遠しいです。まだ、旅は始まったばかりです。

もっと知りたいですか?

  • 6月23日 (火) に Unica V12.1 についての special sneak peek を行います。登録はこちらから。
  • 7月7日 (火) に Unica V12.1 の製品リリース発表会を行います。登録はこちらから。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。