HCL OneTest Embedded: コンポーネントテストとランタイム解析との戦い

2020/8/25 - 読み終える時間: ~1 分

ソフトウェアのテストツールである HCL OneTest には組み込み用の HCL OneTest Embedded があります。 Combatting Component Testing and Runtime Analysis の日本語版です。

HCL OneTest Embedded: コンポーネントテストとランタイム解析との戦い

2020年8月24日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

バグを発見して修正するのに最適な時期は開発中です。

したがって、コード作成者だけが効果的に実行できる開発者テストに焦点を当てなければなりません。さらに、開発者は、記述されたコンポーネントを簡単にテストし、ホスト開発システム上で実行されるアプリケーションの信頼性と性能を分析できるようにしなければなりません。

さらに、詳細なテストとランタイム解析レポートは、関連するソースコードにハイパーリンクされていなければなりません。

HCL OneTest Embedded は、コンポーネントテストとランタイム解析を単一の統合された開発者中心のテストソリューションに統合します。

HCL OneTest Embedded のグラフィカル・ユーザー・インターフェースは、ランタイム解析結果(コードカバレッジとランタイム解析)をソース・コードに直接リンクし、ツールを離れることなくコードの修復を可能にします。

コンポーネント・テスト・ハーネス、テスト・スタブ、テスト・ドライバの作成と展開を自動化することは、HCL OneTest Embedded のおかげで簡単です。

どのような開発環境からでもワンクリックで、メモリとパフォーマンスをプロファイルし、コードカバレッジを分析し、プログラムの実行動作を可視化することができます。

さらに、HCL OneTest Embedded は、チームがより積極的にデバッグを行い、コードが壊れる前に修正することを支援します。

HCL OneTest Embedded の詳細については、こちらをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。