HCL Connections v7.0 がリリースされました

2020/12/5 - 読み終える時間: ~1 分

Digital Week 2020 でもご紹介しましたが、HCL Connections v7.0 が 2020年12月4日 (日本時間の 5 日) にリリースされました。HCL Software License Management Portal からダウンロードできます。

各種アドインもあわせて更新されています。

システム要件


Digital Week 2020: 素晴らしい一週間をありがとうございました

2020/11/18 - 読み終える時間: 2 分

Digital Week 2020: Oh, What a Week It Was! の翻訳版です。日本での Digital Week 2020 は 2020年12月1日 から開催します。詳細はこちら をご覧ください。


Digital Week 2020: 素晴らしい一週間をありがとうございました

2020年11月17日

著者: Richard Jefts / Vice President of Development and General Manager, HCL Digital Solutions

画像の説明

何か大きなことが起こりました。それは驚くべきことでした。HCL Software 初の真のデジタルメガイベント「Digital Week 2020」がアメリカと欧州・中東・アフリカで開催されました。ライブで参加された皆様にも、私たちと同じように元気と感動を感じていただけたのではないでしょうか。2,225名の方にご参加いただきました。アナリストやインフルエンサーとの思索に基づいたディスカッションから、迅速な技術ラウンドテーブルやコーヒーチャットまで、75以上のユニークなセッションを開催しました。トピック、トレンド、テクノロジーなど幅広い分野をカバーしました。

基調講演への参加者も増え、会議や会話の数もこれまで以上に多くなりました。Dion Hinchcliffe (Constellation Research) と Wayne Kurtzman (IDC) の両氏は、当社がローコードの大国であることを市場に示しました。私たちの新しいゲームチェンジャーである HCL Volt MX の世界初公開 (日本未発売) を含む、主要な製品のリリースを行いました(このセッションには、この超大作のニュースを目当てに500人以上の参加者が集まりました)。さらに、HCL Digital ExperienceHCL Sametime PremiumHCL Connections の新バージョンである V7 を発表し、HCL Domino の V12 のプレビューとデジタルオフィスの未来に向けたビジョンを発表しました。

データギークの方向けの話。今回の Digital Week では、2テラバイト以上のコンテンツと35時間のコンテンツに加え、50時間近くに及ぶ HCL Sametime のミーティングルームでブレイクアウトセッションを行いました。そう、それに加えて、"Can you hear me?"が 5件、"is this on?"が 7件、"you're on mute?" が 27 件しかありませんでした。そして、11,250 杯の飲み物がコーヒーチャットと ハッピーアワーで消費されましたが、移動距離はゼロ。このビデオを見てください 話題性とエネルギーを完璧に表現しています。

ご参加いただきありがとうございました。皆様のおかげで、より大きな会話、より大きなセッション、そしてより大きなリリースを達成することができました。私たちの最初の真のデジタルイベントを可能な限り可能にし、パワフルにしてくれたことに感謝しています。12月の第一週目も、Asia / Pacific および日本のお客様、パートナー様を対象に素敵なラインナップをご用意しております。

私たちは、デジタルトランスフォーメーションのために選ばれるパートナーになるための準備ができています。一緒に未来を変えていきましょう。次のイベントでお会いしましょう


デジタルワークプレイスで動画がこれまで以上に重要になっている理由

2020/10/9 - 読み終える時間: 2 分

Why Video is More Essential Now than Ever in the Digital Workplace の翻訳版です。


デジタルワークプレイスで動画がこれまで以上に重要になっている理由

2020年10月8日

著者: Dan Allen / Product Marketing Manager, HCL Digital Solutions

画像の説明

デジタルワークプレイスでリモートワークをするチームが増えている今、ニュースやコンテンツにすぐにアクセスできるようにすることは、企業にとっても従業員にとっても、これまで以上に重要なこととなっています。情報の消費と伝達の方法は劇的に変化しており、情報発信の手段としての動画の価値はさらに明らかになってきています。実際、調査によると、67%の人は視覚的に伝えられた情報をよりよく理解しており、若年層の従業員は同世代の従業員の2倍の確率で視覚的なコミュニケーションを好むことがわかっています。

従業員がコンテンツ配信にビデオを好むだけでなく、ビジュアルコンテンツはより簡単に吸収され、理解される可能性があります。そのため、重要なメッセージや情報を伝える必要がある場合には、ビデオが好まれるだけでなく、より効率的なのです。動画が、職場でも家庭でも私たちのコンテンツ消費習慣を完全に変えてしまったことは、驚くに値しません。

リモートワーカーの台頭

COVID-19 パンデミックが発生する以前から、リモートワーカーの数は過去 10年間で 159%増加していましたが、これは進行中のデジタルワークプレイスへの移行も一因となっています。COVID-19 の大流行はこの傾向を加速させ、企業にコミュニケーションの重要な課題をもたらしています。高度に分散した労働力を持つ企業にとって、オンデマンドのビデオコミュニケーションは非常に大きなメリットとなります。

最小限の対面で従業員の関心と生産性を維持することは、より困難になってきています。"社員の3分の1 (36%) が、全社的なコミュニケーション不足がモチベーションレベルに影響を与えていると答えています。長時間の企業メールは多くの従業員の興味をそぎ、読まれないままになっています。ビデオは多感覚的なエンゲージメントを提供し、同僚と同じ部屋にいるような感覚をより忠実に再現することができます。動画は、リモートワーカーのコミュニケーションギャップを埋めるのに役立ちます。

従業員の注意を引きつけ、維持する

"ハーバード・ビジネス・レビューによると、「会社の目標、戦略、戦術について十分な情報を得ていると報告している従業員は、わずか40%にすぎない」とのことです。何が起こっているのかを知らない従業員に、どうやってモチベーションと生産性を期待することができるのでしょうか?実際にどれだけの情報が消費され、理解されているのでしょうか?Forrester Research の調査によると、従業員はテキストを読むよりも動画を見た方が75%も多いという。ビデオが好まれる理由は、より人間的で個人的なタッチを提供するからです。

企業文化を構築したり、シフトしたりすることも大きな課題であり、特にデジタルワークプレイスに移行する際には重要な課題です。従業員のイントラネットは重要な要素であり、企業文化を促進するためには、オンデマンドビデオは戦略の重要な一部となるべきです。 従業員のオンボーディングやトレーニング、組織発表、チュートリアル、製品発表、ライブストリーミングイベントの録画など、動画は配信と情報の両面で一貫した体験を保証します。また、動画は視聴者に関する洞察を得る機会にもなります。また、視聴率やエンゲージメント指標は、プロセスの指針となり、従業員が最も注目し、価値を認めているコンテンツや情報のタイプに会社を誘導するのに役立ちます。

従業員に愛されるイントラネット体験

もともとイントラネット・ポータルは、ニュースや情報を共有するための社内ホームページであり、主に企業の掲示板でした。今では、真の対話を促進し、従業員のセルフサービスを促進し、eラーニングを提供し、ビジネスアプリケーションへのゲートウェイとして機能するために、現代のデジタルワークプレイスに不可欠な要素と考えられています。さらに、ビデオクイズや投票は、従業員の注意を引くのに役立ちます。

何かを素早く行う方法を学ぶ必要がある場合、あなたはどこに目を向けますか?もちろんYouTubeです。YouTubeには、どんな問題にも簡単に対処できるハウツービデオの信じられないほどのライブラリがあるからです。従業員のイントラネットポータルは、ポータルサービスやアプリケーションへのビデオベースのガイドを利用して、同じアプローチを採用する必要があります。このアプローチは、新入社員の学習曲線を短縮し、セルフサービス文化を促進します。

従業員に権限を与え、コストを節約する

教室でのトレーニングではなく、eラーニングのビデオを使用することで、トレーナーの費用、出張費、出張時間を削減することができ、従業員に柔軟なスケジューリングを提供することができます。

従業員セルフサービス(ESS)ポータルは、管理費を削減すると同時に、個人情報をより最新の状態に保つことができます。新入社員の入社手続きのスピードアップから、休暇の申請、新入社員の福利厚生の展開まで、ESS は従業員のエンパワーメントと満足度を高めるための効果的なツールとなります。福利厚生パッケージの説明やハウツーガイドを提供するオンデマンドビデオを組み込むことは、セルフサービスポータルを成功させるために非常に重要です。また、従業員がビデオを作成、アップロード、編集できるようにすることで、従業員のエンゲージメントを高め、より強い所有感を生み出すことができます。

デジタルワークプレイスの課題に対応する

デジタルワークプレイスの計画は、ビジネスの目標に沿ったものでなければならず、生産性とコラボレーションに焦点を当てた環境とワークツールを従業員に提供しなければなりません。高いパフォーマンスを発揮する従業員を生み出すことは、戦略の核心であるべきです。高いパフォーマンスを発揮する従業員をサポートするためには、コミュニケーションを合理化し、ビジネスアプリケーションを提供し、文化的変化を促進するための従業員イントラネットポータルが必要です。

イントラネットポータルからアクセスできるビデオライブラリを構築し、デジタルトランスフォーメーションのサポートとスピードアップに役立てましょう。社内の専門家を活用して見識を共有したり、経営陣に会社の発表や目標、成功事例を共有する場を提供したりすることができます。動画は、デジタルトランスフォーメーションをサポートするために必要不可欠なものから、必須のものへと変化しました。

2020年10月27日に開催される Kaltura 社とのウェビナーに参加して、オンデマンドビデオの詳細をご確認ください。

ウェビナーに登録


HCL Connections V7 プレビューのライブ配信を開始しました

2020/9/11 - 読み終える時間: ~1 分

2020年後半にリリース予定の HCL Connections V7 の公開プレビューが開始されました。是非、お試しください。HCL Connections v7 Software Preview Now Live


HCL Connections V7 プレビューのライブ配信を開始しました

2020年9月10日

著者: Adam Gartenberg / HCL

画像の説明

今年後半にリリースされる新しい HCL Connections のリリースをお待ちかねのお客様も多いことでしょう。このたび、ホスティング型の Connections V7 プレビューサイトを公開しました。

今すぐサインアップして、プレリリース版をお試しください。コミュニティ機能、Microsoft Teams や SharePoint との統合など、さまざまな機能をご利用いただけます。また、開発チームにフィードバックを提供したり、質問に答えてもらうチャンスもあります。

Connections v7 プレビューでは、次のような新機能を用意しています。

カスタマイズされたコミュニティ体験の提供

  • 再利用可能なテンプレートにより、チームの立ち上げと運営を迅速に行うことができます。
  • コミュニティのレイアウトオプションが改良され、よりカスタマイズされた体験が可能になりました。
  • コミュニティの作成が簡素化され、開始までの時間が短縮されました。

マイクロソフトエコシステムのサポートを強化

  • Microsoft Teams とコミュニティをリンクして、よりシームレスな体験を提供します。
  • Connections アプリケーションから SharePoint ファイル/フォルダへのアクセス。

HCL Connections のコンテンツを簡単に印刷したり、PDF ファイルとして保存できます。

このソフトウェアのリリースプレビューで、私たちの新機能をテストドライブする機会をお見逃しなく。また、お客様からのフィードバックもお忘れなく。 お客様は、当社の製品の進化に欠かせない存在です。お客様からのフィードバックは、市場で最高のコラボレーション ソリューションを提供するという当社の継続的な取り組みにとって、非常に貴重なものとなります。

HCL Connections V7 のプレビュー版の登録はこちらです: https://hclsw.co/cxn-7-pre


Kudos Activity Plus と HCL Connections を利用して、プロジェクトを期限内に完了させる

2020/7/22 - 読み終える時間: ~1 分

Deliver Your Projects on Time with Kudos Activities Plus and HCL Connections の翻訳版です。HCL Connections 6.5 には、パートナー製品であった Kudos Activity Plus というタスク管理機能を製品に取り込み、機能および使い勝手を向上させています。


Kudos Activity Plus と HCL Connections を利用して、プロジェクトを期限内に完了させる

2020年7月21日

著者: Adam Gartenberg / HCL

画像の説明

HCL Connections の最新バージョンへのアップグレードをお勧めする理由は数多くあります。Connections 6.5 の主な新機能の 1 つは、Kudos Activities Plus を無料で統合したことです。これは、迅速でアジャイルなプロジェクト管理機能であり、チームが目標をより早く達成するための方法を提供します。

Connections 6.5 の Activities 機能は、直感的で使いやすいインターフェイスと、リソース、ツール、知識を連携させて仕事を進めることができる軽量なプロジェクト管理ツールとして再設計されました。タスクの割り当てと期限の設定は、プロジェクトを期限内に、予算内に完了させるための重要な要素です。Kudos Activities Plus を使用すると、Connections のお客様は、モバイルとデスクトップの両方のデバイスでタスクやプロジェクトを管理することができます。

HCL Connections のユーザーは、Connections 環境から直接、タスク、チームワーク、プロジェクト、スケジュールを簡単かつ迅速に整理することができます。この新しい機能は、Connections 6.5 Component Packをインストールすることで無料でご利用いただけます。

また、Connections と Microsoft 365 の両方の利点を組み合わせたいユーザーのために、Activities Plus は Microsoft 365 (Teams、OneDrive、SharePoint、Outlook) と完全に統合されています - Kudos Activities Plusは、両方の環境からアクセスできます。この高度な統合により、Microsoft Teams へのアクティビティの追加、メールでの共有、OneDrive へのファイルの追加、SharePoint ワークスペースの一部としてのサイトページとしての SharePoint への直接の追加が可能になります。

詳細はこちらをご覧ください。


Notes/Domino ファミリーフォーラムのご案内

2020/7/13 - 読み終える時間: ~1 分

この度、「Notes/Domino ファミリーフォーラム」を開設しました。このフォーラムは、Notes/Domino やその他関連製品についての情報共有、質問、知見を深めていただくための場所です。どうごご利用ください。

いくつか注意事項があります。

  • お客様間での相互扶助の場としてもご活用ください。このフォーラムでのご質問について、HCL は回答、問題解決の義務を負いません。そのような対応が必要な問題については、技術サポートにお問い合わせください。

  • HCL として専任の管理者による常時モニターを行っていません。HCL より回答をさせていただく場合もございますが、主たる業務の範囲外でありベストエフォートの内容となります。ご了承ください。

  • フォーラム内の情報は、HCLからの発言を除き、HCLが保証をするものではございません。

  • Notes/Domino ファミリーフォーラム

HCL Software サポートトップ画面からの行き方

  • HCL Software サポートトップ: https://support.hcltechsw.com/csm
  • 上部メニューの Community をクリックして Home をクリック
  • Notes/Domino の 3 Sub Forums をクリック
  • Notes/Domino ファミリーフォーラム

HCL Connections Docs v2.0.1 がリリースされました

2020/7/6 - 読み終える時間: ~1 分

2020/07/01、HCL Connections Docs v2.0.1 がリリースしました。今回のリリースは障害修正のみで新機能はありません。2.0 がリリースされてから相当期間が経過し、その間に修正プログラムが多数発生していました。今回、2.0.1 としてリフレッシュしました。新規インストールは 2.0.1 をお使いください。


エンゲージメントの高い組織の醸成と維持

2020/7/2 - 読み終える時間: ~1 分

WFH での課題の一つに、チームワークの困難さがあります。HCL Connections はチームがリモートで仕事をすることを前提に組まれたソフトウェアであり 、10年以上の歴史があります。これについて解説した、英語版ブログ記事 How to Create and Keep an Engaged Workforce の翻訳版を掲載します。


働きがいのある労働力の作り方と維持方法

2020年7月1日

著者: Adam Gartenberg / HCL Software

画像の説明

チームを鼓舞し、仕事に没頭させることは、重要な取り組みです。このことは、世界中で、リモートで仕事をするチームが増えている今、これまで以上に重要になっています。最近のギャラップ社の調査 (*1) によると、仕事に真に従事している社員は3分の1にすぎないとのことです。ギャラップ社は、エンゲージメントレベルの高い組織は生産性が高いだけでなく、一株当たりの利益も4倍に増加していると述べています。

従業員のエンゲージメントが低下する理由の一つに、仕事に必要な情報を見つけられない、あるいは情報不足が挙げられます。社員は、自分の役割に必要な情報を探すために、週に8時間もの時間を費やしていると言われています(つまり、20%の時間、週に1日は仕事ができていないことになります)。HCL Connections にはコミュニケーションのハブになる機能が備わっており、関連する情報をより迅速かつ効率的に提供できます。コミュニティは、より多くの仕事をこなすために必要な専門家と人々を結びつけるのに役立ちます。

ファイルがどこにあるのか、誰がどのように送信したのか、どのバージョンが最新のものなのかがわからないと、チームは仕事をする上で必要な情報を探すのに何時間も何週間も浪費してしまうことになります。Connections の共有ドキュメントリポジトリでは、ファイルはひとつのインスタンス(真に単一のバージョン)として管理しています。つまり、個人のフォルダでも、コミュニティで共有されているものでも、同じバージョンのファイルとして利用可能な状態になっています。どのコミュニティにいても、そのファイルにアクセスする人は常に最新バージョンを見ることができるということです。

組織の成功の基本は、ポジティブで生産的な職場環境と文化を作ることです。チームメイトと頻繁に交流する社員は、洞察力を共有し、プロジェクトに積極的に貢献し、問題解決に積極的に取り組む傾向があります。チームと人を中心とした企業文化を築くことが、成功の鍵となります。Connections には、(新規 Connections 参加者用の) オンボーディング・ウィザードが用意されており、新入社員が専門知識をどこで見つければよいのか、また、どのチームに参加すればよいのかを容易に把握できるようになっています。また、新製品の発表、グローバル・マーケティング・キャンペーン、人事部のコーポレート・コミュニケーションなどのプロジェクトでは、チームの共通の目標や活動を簡単にまとめ、共有できます。また、ユーザーがカスタマイズした Connections のホームページでは、ユーザーが必要とする情報、関連する情報をまとめて表示され、ユーザーが直接アクセスできます。さらに、Connectionsには、プロジェクトやタスクを管理するツールである Kudos Activities Plus が備わっており、プロジェクト管理用のテンプレートが含まれています。これにより、全員が最新の情報を共有し、同じ状況認識のもとで集中力を維持して業務に取り組むことができます。

HCL Connections は、人を中心としたデジタル・ワークプレイスを提供し、企業が本当に重要なこと、すなわち、人とビジネスの成果に集中できるようにします。従業員のエンゲージメントを高めることが、成功への第一歩なのです。

1 ギャラップ調査「従業員のエンゲージメントが米国で上昇中」2018年8月26日。 https://news.gallup.com/poll/241649/employee-engagement-rise.aspx

HCL Connections の製品ページ: https://www.hcljapan.co.jp/software/products/connections/


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。