ウェビナー: 「Win10アップデート管理」と「グループウェアの超進化」を考える (主催: 株式会社シーアイエス)

2020/9/7 - 読み終える時間: ~1 分

株式会社シーアイエスの主催、株式会社イグアスの協賛により、以下のポインについて、HCL Notes/Domino と HCL BigFix に関連したウェビナーを開催します。

もっと読む

BigFix: Premier Endpoint Patch Solution について

2020/9/4 - 読み終える時間: 4 分

Understanding BigFix: The Premier Endpoint Patch Solution の翻訳版です。


BigFix を理解する:Premier Endpoint Patch Solution

2020年9月3日

著者: Casey Cannady / Enterprise Architect 共著: Cyril Englert / Solution Architect

画像の説明

BigFix は、あらゆる規模や業界の何千もの企業に、エンタープライズ・エンドポイント管理ツールとして選ばれています。実際、BigFix は世界中で何百万ものエンドポイントを管理しており、IT およびセキュリティ運用チームに実質的で具体的な価値を提供しています。BigFix は、効果的なエンドポイントの衛生管理に不可欠な、継続的なパッチ適用と設定のドリフトの排除に優れています。これらの対策が適切に実装され、監視されていれば、侵害の可能性は飛躍的に低下します。なぜ CIO や CISO がエンドポイント環境のセキュリティを BigFix に依存しているのかを理解することは、BigFix が 98%以上の初回合格率を達成している理由を理解する上で非常に重要です。

主な機能 BigFix は、以下のような効果的なパッチ適用をサポートしています。

BigFix のパッチ適用は、以下のプラットフォームの機能と能力に依存しています。

  • 低い CPU 要件 - 通常は2%未満。
  • ネットワーク・スロットリング - 高レイテンシー、低容量のネットワーク回路への影響を管理できます。
  • プリキャッシング - 指定されたメンテナンスウィンドウでパッチ時間を短縮します。
  • クラウドエンドポイントの可視性 - Azure、Google、Amazonで実行されています。
  • 最大25万のエンドポイント - 1台のルートBigFix Enterprise Serverから。
  • 分散型インテリジェンス - 意思決定と計算をインフラストラクチャの上位レベルではなく、エンドポイントに移動します。インテリジェント・エージェントは、ネットワーク帯域幅の消費を抑え、より小さなサーバを必要とする一方で、パッチの展開、構成、および修復を高速化します。
  • 柔軟な配布ポイント - 効果的でありながら低コストのインフラストラクチャを構築する上で、多くの柔軟性を提供します。専用リレーの他にも、多くの組織にとって有用な低コストのオプションがいくつかあります。BigFixバーチャルリレーは、リソースとメンテナンス要件が少なく、導入が簡単です。 非専用リレーは、既存のシステムに BigFix サービスを共同で配置することで、企業全体で BigFix 機能を利用することができます。最後に、BigFix ピアネスト機能により、1つの BigFix エージェントが小規模なオフィスやリモートサイトでサブネットリピーターとして機能することができます。
  • 粒度の高い管理と制御 - BigFix では、パッチがいつ展開され、いつエンドポイントが再起動されるかを粒度の高い制御で制御することができます。多くの組織では、中央のIT部門がパッチの開発、テスト、パッチコンテンツの配布を可能にする分散型パッチ展開プロセスを実装しており、個々のユーザーグループや部門が、指定された時間枠内で都合の良いときにパッチを展開・インストールするタイミングを決定できるようにしています。

BigFix Patch には特定の機能があり、その結果、初回のパッチ成功率が非常に高く、多くの場合、98%以上となっています。ファーストパスの成功率が高いということは、パッチサイクルが短く、修正作業が少なく、安全なエンドポイントのランドスケープが得られることを意味します。

その他のパッチ固有の機能と機能は以下のとおりです。


自動化されたコンテンツ配信

BigFix チームは、オペレーティング・システムやサードパーティ・アプリケーション・ベンダーが提供するコンテンツを使用して Fixlet を作成し、脆弱性の窓を減らします。Fixlets と呼ばれるBigFixコンテンツは、当社のクラウド配信サーバで利用可能になります。BigFix Enterprise Server (BES) は、毎日1回(設定されている場合はそれ以上の頻度で)新しいコンテンツをチェックします。新しいサイトコンテンツは自動的にダウンロードされるため、BigFix はどの Fixlet が関連性のあるものかを判断し、関連性のないコンテンツのための無駄な帯域幅を排除します。

BigFix は、ベンダーからリリースされてから2営業日以内に重要なパッチを配信しますが、通常はもっと早く配信されます。最も重要なパッチが最初に配信されます。サポートされているすべてのトップティアのオペレーティングシステムに対して、コンテンツの自動開発とBigFix環境への配信が行われるため、より迅速な通知と脆弱性へのパッチ適用が可能となり、脆弱性が発生する可能性の窓を減らすことができます。


自動パッチ適用

自動パッチ適用は、パッチ管理者とオペレータが必要とする労力を軽減します。パッチポリシーとスケジュールを定義することで、オペレータはパッチ適用を自動化することができます。例えば、Windows Server のパッチポリシーを設定して、重要なパッチのみを展開し、Windows サーバを対象としたスケジュールと重ね合わせることができます。そのため、BESサーバーが関連するコンテンツをダウンロードするとすぐに、パッチが自動的に展開されます。ポリシーの更新は、1ヶ月ごとに1分以内で完了します。

本番環境の BigFix では、管理者はアルファ、ベータ、本番1のような複数のスケジュールを使用して、計画的なテスト、検証、パッチ展開を行います。これらの自動スケジュールが数日離れている場合、問題のあるパッチが展開されるのを防ぐためにITオペレーションが介入することができます。そうでなければ、パッチは体系的に自動的に展開され、時間と労力を節約することができます。これは、リソースに制約がある中小規模の組織にとって特に重要です。


柔軟なベースライン

BigFix ユーザーは、複数のパッチや設定項目をベースラインにまとめて配信することで、時間と労力を節約できます。また、ベースラインをポリシーにすることもできます。エンドポイントがベースラインの仕様から外れると、BigFix は自動的に内容を再適用します。ベースラインは、より効率的で一貫性のあるセキュリティとパッチ適用の姿勢を実現します。


パッチインストールの検証

市場に出回っている多くのソリューションとは異なり、BigFix は、エンドポイントがパッチを受け取る資格を与えたのと同じ基準を使用して、パッチが正常にインストールされているかどうかを検証します。この信頼できる方法により、パッチが適切にインストールされることが保証されます。既存のパッチソリューションでは、パッチが正常にインストールされていないのに、パッチが正常にインストールされたと誤って報告されていたため、数え切れないほどの組織がBigFixを導入しています。この問題は、ITおよびセキュリティ組織に誤ったセキュリティの感覚を与え、攻撃の脆弱性を増大させています。組織は、エンドポイント管理ソリューションが正確なパッチ状況を正しく報告していることに自信を持つ必要があります。BigFix は、その自信をユーザーに提供します。


ソフトウェアへの依存はありません

BigFix は、問題があり信頼性が低いことが知られているWindows 用の WSUS、WMI、または Active Directory のパッチ適用に依存しません。RedHat Linuxでは、BigFix は Satellite リポジトリまたはネイティブの BigFix コンテンツ・ライブラリのいずれかを使用できる柔軟性を持っています。さらに、BigFix のパッケージング・ウィザードを使用することで、コンテンツをパッケージングするための追加ツールのコストや、障害や問題点の追加を排除することができます。


コンテンツの完全性の確保

チェックサムを使用することで、BigFixインフラストラクチャコンポーネント間でのファイルの安全な転送が保証されます。具体的には、BigFix ではSH1 や SH256 などの SHA (Secure Hashing Algorithms) を採用しています。クラウド配信サーバーからコンテンツがダウンロードされると、BigFix は各ファイルのチェックサムを計算し、ソフトウェアベンダーが公開しているオリジナルのチェックサムと比較します。両方のチェックサムが一致する場合、BigFixはダウンロードされたコンテンツが安全であると判断します。チェックサムが一致しない場合は、データの損失や改ざんを意味し、ファイルが破損している可能性があります。


デプロイメントのロールバック

BigFix を使えば、Windows パッチのロールバックや削除は簡単です。BigFix ロールバックウィザードで Microsoft Knowledge Base (KB) 番号を入力すると、関連する Fixlet が自動的に作成されます。他のオペレーティングシステムやアプリケーションでは、フィックスレット内でベンダが提供するアンインストールタスクを使用して、パッチやソフトウェアデプロイメントをアンインストールするためのフィックスレットを簡単に作成することができます。


インテリジェントな上位互換エンジン

BigFix の代替エンジンは、パッチ管理を簡素化するインテリジェンスを提供します。BigFix は、どのパッチが他のパッチに取って代わられているかを知ることができるため、管理者とパッチ適用ソリューション側の重複や不必要な作業を減らすことができます。BigFix の代替エンジンは、関連するエンドポイントのターゲティングとパッチ適用の効果を向上させます。対照的に、パッチツールの中には、最新のパッチを適用する前に先行するパッチを適用する必要があるものがありますが、これは不必要に労力とパッチの複雑さを増大させます。


BigFix は並外れたビジネス価値を提供

上記の理由により、BigFix は強力で効果的なパッチソリューションであり、セキュリティ侵害の可能性を低減しながら、IT コストと複雑さを軽減することができます。HCL の IT 組織は、すでに大幅なコスト削減を実現しています。BigFix は、いわゆる「無料」のソリューションと競合する場合でも、費用対効果の高いツールです。HCL の BigFix チームは、ビジネス価値評価 (BVA) プロセスを使用してBigFixのビジネスケースを構築するための支援を日常的に行ってきました。この無料の共同作業プロセスは、通常、BigFix が組織に与える影響を評価するのにわずかな時間しか必要としません。

定量化可能なメリットには以下のようなものがあります。

  • ソフトウェアの使用量の削減
  • ITインフラの複雑さとコストを削減
  • エンドポイント情報の品質向上
  • コンプライアンス管理のコスト削減
  • パッチ修復作業の削減
  • ソフトウェアおよびオペレーティング・システムの簡易導入
  • セキュリティリスクの回避
  • データ漏洩コストの削減

BigFix を使用してパッチ管理プロセスを最適化し、コストを削減し、IT の複雑さを軽減し、セキュリティ姿勢を改善した他の人たちの仲間入りをしましょう。詳細は、BigFix.com をご覧ください。


パッチ適用目的で、Microsoft Configuration Manager が BigFix に置き換えられた理由

2020/8/13 - 読み終える時間: ~1 分

タイトルどおりの内容です。英語版ブログの記事 How BigFix Displaced Microsoft Configuration Manager for Patching の翻訳版です。


パッチ適用目的で、Microsoft Configuration Manager が BigFix に置き換えられた理由

2020年8月10日

著者: Donald Moss / Technical Advisor BigFix Team

画像の説明

Don Moss は、BigFix チームのテクニカル・アドバイザーです。Don は、LANDesk(現在はIvantiとして知られている)に勤務していた 2012年に BigFix を使い始めました。HCL Software に入社する前は、IBM Security でセキュリティ・ソリューション・アーキテクトおよびサイバーセキュリティ・エンジニアとして勤務していました。 彼のクライアントの一人が、Microsoft Configuration Manager(SCCMと呼ばれることが多い)を BigFix に置き換えた理由について、最近の話を紹介してくれました。

多くのクライアントは、エンドポイント管理活動に圧倒されていることが多い。多くのバージョンのオペレーティング・システムにまたがる多数のパッチのために、ほとんどの IT 運用およびセキュリティ組織は多忙を極めています。OS は Windows が主流であり、Microsoft Configuration Manager(SCCMとも呼ばれる)は、Windows OSとMicrosoft Office にパッチを当てるための最も一般的な管理ツールです。CIO が SCCM を導入するのは、Microsoft Enterprise License Agreements とパッケージ化されているため、「無料」だからです。しかし残念なことに、これまでにも問題が発生しており、その解決策を悩ませているものもあります。その結果、BigFix は組織のパッチ適用やコンプライアンス業務の改善を支援しています。このブログでは、私の最近のクライアントのひとつが SCCM を BigFix に置き換えることを決めた理由を説明します。

私のクライアントは、米国、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアにオフィスや工場を構える、消費者向け製品や業務用製品の製造、販売、販売を行っている企業です。同社は、これらの地域で約5万人の従業員を雇用しており、24時間365日のエンドポイント管理業務を必要としています。

HCL は、脆弱性スキャン中に欠落したパッチを発見したために、IT オプスチームがセキュリティオプスに殴られていることを知りました。BigFix チームは、その真偽を確かめるための支援を依頼されました。厳選されたサーバー群を並べて比較したところ、SCCM は70~90%のコンプライアンスを報告していましたが、BigFix は 40~50%のコンプライアンスを報告していました。より詳細な調査では、BigFix は過去 3ヶ月間にリリースされたパッチだけでなく、5~6年前のパッチが見つからないことを発見しました。 IT 部門とセキュリティ部門は、BigFix のパッチ発見の正確性を検証しました。

次に、私のクライアントは、企業の経営陣が望んでいながら SCCM からタイムリーに入手できなかった自動レポートを、 BigFix を使用して作成するように私に言いました。例えば、IT部門では、パッチを当ててから6時間後でも、ほとんどのエンドポイントに「不明」のパッチステータスが表示されていることがよくありました。8日以上経っても、完全なパッチステータスレポートを SCCM から入手することはできませんでした。同様のテストでは、BigFix は数分以内にほぼリアルタイムでパッチの進捗状況を表示することができました。私は、BigFix のレポートの幅広さと幅の広さを示すことができ、CIO や CISO に対して、カスタムレポートのニーズが BigFix によって簡単に提供できることを示すことができました。

BigFix の効率的なパッチ適用機能は、SCCM が提供していたものよりも、全体的なセキュリティ態勢を改善することが明らかだったため、BigFix の投資収益率(ROI)は疑問視されることはありませんでした。ほとんどのセキュリティインシデントは、既知ではあるがパッチが適用されていない脆弱性によって引き起こされているため、エンドポイントにパッチが適用されていないエンドポイントを持つことは、セキュリティリスクが大きすぎて会社には余裕がありませんでした。BigFix は、場所、接続、ステータスに関係なく、すべてのエンドポイント(ローミングラップトップを含む)にパッチが適用されていることを、自信を持って役員に示すことができました。

この POC は非常に成功したため、私のクライアントは、発注を迅速化しながら脆弱性のあるサーバーへのパッチ適用を継続できるように、POC を延長するように依頼しました。そうすることで、クライアントはパッチ適用を簡素化し、サイバー攻撃に対する防御力を向上させることができました。

脆弱性スキャンで不足しているパッチを発見していませんか?その場合は、BigFix チームに (日本での窓口はこちら) 連絡してデモを依頼してください。


BigFix によるセキュリティの向上とコンプライアンスの証明

2020/8/13 - 読み終える時間: ~1 分

HCL BigFix は統合エンドポイント管理ソリューションです。完全性、即時性、自動化が強く求められるこの領域において、HCL BigFix が適切な製品であるかについてかかれた英語版ブログの記事 Improve Security and Prove Compliance with BigFix の翻訳版です。


BigFix によるセキュリティの向上とコンプライアンスの証明

2020年7月31日

著者: Cyril Englert / Solution Architect

画像の説明

サイバー犯罪者は執拗にネットワークを侵害し、データにアクセスしようとしています。さらに、企業の内部者が無意識のうちにハッカーに門戸を開いてしまい、データ・ビーチの可能性が高まります。継続的なパッチ適用とコンプライアンスの実践は、サイバー攻撃から企業を守るための効果的な方法です。BigFix Complianceは、CIOやCISOから信頼されており、OS、場所、接続に関係なく、すべてのエンドポイントを保護し、利害関係者や規制当局にコンプライアンスを証明しています。

画像の説明

BigFixプロダクトマネージャーのMichelle McGough氏は先日、セルフコンプライアンスエンドポイントでセキュリティを自動化する方法を紹介しました。以下をクリックしてビデオをご覧ください。

BigFix コンプライアンスの詳細については、ここをクリックするか、www.bigfix.com をご覧ください。


HCL BigFix V10.0.1 の新機能と改善点

2020/8/6 - 読み終える時間: 2 分

HCL BigFix V10.0.1 の新機能と改善点について記された英語版ブログ [New Capabilities and Improvements Released in BigFix V10.0.1](https: //blog.hcltechsw.com/bigfix/new-capabilities-and-improvements-released-in-bigfix-v10-0-1/) の翻訳版です。


HCL BigFix V10.0.1 の新機能と改善点

2020年8月5日

著者: Aram Eblighatian / HCL

画像の説明

HCL は、BigFix Platform、BigFix Inventory、BigFix Insignt、BigFix Modern Client Management のバージョン10、パッチ1(10.0.1)をリリースしました。 BigFix Platform

BigFix Platform の V10.0.1 リリースには、以下の改善点と機能が含まれています。

  • クラウド資産の発見とレポート、Google Cloud Platform からも可能になりました。このパッチでは、AWS と Azure のクラウドサポートに Google Cloud が追加されました。この機能を使用すると、Google Cloud Platform 上でクラウド資産が可視性され、管理できます。発見したクラウド資産にBigFixクライアントをインストールするには、WebUIまたはBES Consoleを使用します。BigFix エージェントをインストールすると、Google Cloud 内のエンドポイントが実行可能で、管理され、発明され、コンプライアンスに準拠していることを確認できます。
  • 監査ログからより多くの情報を得られます。監査ログサービスでは、BigFixサーバーへのログインとログアウトの詳細、およびクライアントがサーバーにアクセスするために使用したIPアドレスに関する情報が提供されるようになりました。
  • Forward Secrecy のサポートにより、TLS 接続のセキュリティが強化されました。鍵交換には、エフェメラル Diffie-Hellman (DHE) とエフェメラル楕円曲線 Diffie-Hellman (ECDHE) を活用して、デプロイのセキュリティレベルを向上できます。
  • VPN 経由で接続されたクライアントでのネットワークへの影響と帯域幅要件の緩和: BigFix クライアントを構成して、設定可能なサイトのリストに基づいてインターネットから直接ペイロードをダウンロードできるようになりました。これにより、VPN 経由で接続された BigFix クライアントにサービスを提供する BigFix リレーに関連するネットワークへの影響と帯域幅要件を軽減できます。
  • Web レポートのメールサーバーとして Microsoft Office 365 を使用します。BigFix Platform の以前のバージョンでは、Web レポートは、SMTP を介した基本的な認証を使用して、メールサーバーにのみ連絡できました。今回のリリースでは、OAuth 2.0 と資格情報付与フローを使用して Office 365 のメールサーバーを使用して、レポートの送信をスケジュールできます。
  • その他の機能強化は以下の通りです。
    • BigFix 評価版インストールのオプションから SQLServer2016SP1-Evaluation のセットアップを削除するようにインストーラを変更しました。詳細については、Windows での評価インストールを参照してください。
    • PeerNest と BES クライアントのデバッグログのサービス性を向上させ、より多くの情報を提供するとともに、回転させたり最大サイズを設定したりすることが可能になりました。詳細は、設定一覧と詳細説明をご覧ください。
    • クライアントデプロイツール (CDT) ウィザードを改善しました。クラウドプラグインで検出されたクライアントのインストールプロセスを簡素化しました。詳細については、発見されたリソースへの BigFix エージェントのインストールを参照してください。
    • 以下の外部ライブラリーをアップグレード: libcurl をバージョン 7.69.1 に、Codejock をバージョン19.2.0 に、jQuery を 3.5.1 になりました。
    • DA と不具合を修正しました。詳細はリリース情報を参照してください。
    • セキュリティの脆弱性を修正しました。詳細はリリース情報を参照してください。
  • BigFix Platform V10.0.1 のリリース情報に詳細が記載されています。

BigFix Inventory

  • BigFix Inventory 10.0.1 では、ソフトウェア・カタログの更新を含むいくつかの改善が行われ、IBM License Metric Tool 9.2.19 と技術的に同等のものになりました。 BigFix Inventory V10.0.1 のリリース情報に詳細が記載されています。

BigFix Insight

  • BigFix Insights 10.0.1 は、2020年3月に発表された BigFix Insights のパフォーマンスとスケーラビリティーを向上させます。
  • BigFix Insights V10.0.1 のリリース情報に詳細が記載されています。

BigFix Modern Clinet Management

  • BigFix Modern Client Management 10.0.1 は、最適化とパフォーマンスの強化、RHEL 8 上のMCMサーバーのサポート、およびその他の改善を提供しています。
  • BigFix Modern Client Management V10.0.1 のリリース情報に詳細が記載されています。

BigFixフォーラム では双方向のやりとりができます。


ニューノーマルになる在宅勤務、どうやって管理していきますか ー HCL BigFix 在宅勤務ソリューション紹介ウェビナー

2020/8/4 - 読み終える時間: ~1 分

新型コロナウィルスの影響を受け、現在、リモートで仕事をする人の数はこれまでに無いほど増加しています。今後、ますます一般化するとみられる在宅勤務ですが、セキュリティリスクや管理の負担など、企業にとって非常に大きな課題があることを忘れてはいけません。

HCL BigFixは、管理対象のPC やサーバを統合管理するエンドポイント管理ツールです。多くの端末がインターネット経由で接続されるリモートワーク環境においても、インベントリ情報の収集やソフトウエアの使用状況確認をリアルタイムに行い、確実にパッチを適用、セキュリティの向上とコンプライアンス確保を実現します。また、ネットワークの負荷や、パッチ適用やエンドポイント管理の作業負担といったIT部門の悩みにも対応します。

本ウェビナーでは、在宅勤務にスポットをあてたHCL BigFixの新しいソリューションをご紹介し、安全な在宅勤務環境を効率的に実現するポイントについてお話いたします。ぜひ、ご参加ください。

開催概要:

  • 日程: 2020年8月20日(木) 13:00 〜 14:00 (JST)
  • 会場: Web セミナー
  • 主催: 株式会社エイチシーエル・ジャパン
  • 費用: 無料 (事前登録制)
  • お申し込み: -> https://hclsw.co/jpbigfix0820
  • 言語: 日本語

BigFix: セミナー「未曾有の時代に在宅ワークをサポート」(英語)開催のお知らせ

2020/7/11 - 読み終える時間: ~1 分

現在、人類史上最大のリモート・ワークが発生していますが、多くの企業がそのサポートに苦慮しています。

今日の前例のない在宅勤務への移行に伴い、IT 組織は、企業および BYOD デバイスのサポート、デバイスの登録と設定の簡素化、ビジネスおよびセキュリティ・アプリケーションの展開、リモート・サポートの提供、在宅マシンのパッチ適用の実施、企業の IT ポリシーの実施などの課題に直面しています。

このライブ・ウェビナー・イベントでは、BigFix のアジア太平洋地域・日本担当ディレクターであるマシュー・バーンズが、新しい HCL BigFix の在宅ワーク・フロム・ホーム・ソリューションがどのように役立つかを紹介し、在宅ワークの課題を解決するための4つのステップを紹介します。


HCL の IT 組織は BigFix で 6 つのツールを統合し、コストを削減

2020/6/27 - 読み終える時間: ~1 分

HCL でも COVID-19 への対応として WFH を実施しています。COVID-19 以前から WFH は日常的に行われていましたが、全社的に実施されてはいませんでした。全員がモバイル PC を保有しているわけでもなく、BYOD で対応せざるを得ない場合も多数発生しました。しかし、HCL では BigFix を導入していたために、BYOD を含めて、スムーズに WHF に移行することができました。これについての英語ブログ HCL's IT Organization Consolidates Six Tools and Slashes Costs with BigFix の翻訳版を掲載します。


HCLのIT組織はBigFixで6つのツールを統合し、コストを削減

2020年6月26日

著者: BigFix Team

画像の説明

HCL グローバル・インフォメーション・テクノロジー (HCL GIT) は、世界 40 の異なる拠点で 9 万以上のエンドポイントを管理しています。24 時間 365 日の運用という大規模なIT組織の典型的な要求に対応するにはリソースを集中的に使用することになります。多くの組織と同様に、複数の管理サイロが作られており、それぞれがエンドポイント上で動作する独自のエージェント、独自のエンジニアリングと運用スタッフ、特定のハードウェアとソフトウェアを持っていたために、それらすべてがITコストを押し上る結果となっていました。

GIT エンジニアリングの Deputy General Manager である Umesh Kad 氏は、この課題について次のように述べています。「6 種類以上の異なるツールを使用していたため、ベンダーが多すぎてエージェントが多すぎ、パッチ適用完了までのサイクルが長引いていたこと、多くの地理的な場所にまたがるさまざまな程度のスケーラビリティ、複数のポートに依存していたこと、広範なスタッフのスキルセット、複数のタイムゾーンのサポート要件、さらには複数のソースからデータを統合する必要があるレポート作成の課題などがありました」。もう一つの大きな課題は、インターネット経由でアクセスする (ローミングしている) コンピュータを可視化できないことで、パッチ適用の遅れや、しばしば手動での介入が発生していたことです。HCL GIT は、Windows、HP-UX、macOS、Red Hat Linuxを実行しているワークステーションやサーバーを効果的に管理・制御できるソリューションを使用して、より自動化された、よりスピーディーなパッチ適用と、インターネット経由でアクセスするラップトップの可視性と制御を必要としていました。

2019 年 7 月に HCL が IBM から BigFix を買収した後、GIT は機能および要件分析に着手し、BigFix が 6 つの異なるエンドポイント管理ツール (SCCM、Flexera Secunia、RedHat Satellite、Flexera Admin Studio、Symantec Wise、JAMF) の代替として使用できることを確認しました。管理ツールが BigFix ひとつになることで、エンドポイント管理プロセスを合理化し、すべてのエンドポイントについて、正しい単一データソースとなりました。

6 つのツールを BigFix に統合することで、GIT は、OS、場所、接続、ステータスに関係なく、すべてのサーバーとワークステーションを管理・制御できる単一のツールを手に入れました。具体的には以下のとおりです。

  • 6 つのツールを 1 つに統合し、6 つの異なるツールに関連する年間のソフトウェアとハードウェアのコストを削減しました。
  • パッチサイクルを 5 日間短縮し、年間 2700 時間のスタッフ時間を削減しました。
  • 15,000 台のインターネット経由でアクセスするワークステーションの可視性と制御を確保し、ファーストパスでのパッチの成功率を劇的に向上させました。
  • スキル要件を簡素化し、エンジニアリングの労力とトレーニングコストを削減すると同時に、オペレーションスタッフのスケジューリングを簡素化できました。
  • インベントリとパッチステータスの単一の真実のデータソースを作成でき、複数のツールからの面倒なデータ統合を排除できました。
  • パッチ適用、コンプライアンス、インベントリに関連する人件費を 25 %削減し、5 人のスタッフを新しい IT イニシアチブやプロジェクトに再配置できました。

さらに、2020 年初頭に HCL の従業員の大部分がリモートワーカーになったとき、GIT は答えを持っていました。BigFix です。GIT は容易にサポートを拡大することができ、従業員の自宅にあるワークステーションを可視化して制御し、企業ネットワーク上にあるかのようにパッチを当てることができました。BigFix によって、HCL は費用対効果が高く拡張性の高いエンドポイント管理ソリューションを導入し、効果的で安全なワーク・フロム・ホーム戦略をサポートしています。

2020年7月1日 午前1時 (日本時間) からのウェビナー (リプレイあり) では、GIT の BigFix 導入を支援した BigFix ラボサービスコンサルタントの Jason Walker 氏が、導入について説明します。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

Webinar: 6つのツールを1つに:IT管理ツールを統合するケーススタディ (From Six Tools to One: A Case Study in Consolidating IT Management Tools)

BigFix の詳細については、www.bigfix.com をご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。