クラウド・コンプライアンス・ネットワークにおける AppScan の理解

2020/7/21 - 読み終える時間: 2 分

Understanding the AppScan on Cloud Compliance Network の翻訳版です。


クラウド・コンプライアンス・ネットワークにおける AppScan の理解

2020年7月15日

著者: Shahar Sperling / Chief Architect at HCL AppScan

画像の説明

組織的なセキュリティを管理する際には、どうしても圧倒されてしまいがちです。アプリケーションのセキュリティは、使用する技術、サードパーティ製のコンポーネント、アプリケーションの配布、ユーザーのアクセスなどの特性によって影響を受けます。セキュリティスキャンの結果を見ただけでは、組織の優先順位を導き出すことは難しいでしょう。

組織のセキュリティを管理するためのアプローチの1つとして、リスク計算のメトリクスを利用することがあります。組織内のアプリケーションごとにリスク特性を定義します。結果として得られるリスクプロファイルは、アプリケーションが脆弱性を発見された場合に組織が被るリスクを示しています。セキュリティ上の問題が識別されると、全体的な結果は、リスクプロファイルのコンテキストにおいて考慮され、結果的に、重要、高、中、または低リスクの評価として、リスクスコアに変換されます。

これで、組織の優先順位を設定して、最も重要なシステムから最も重要度の低いシステムまで、これらの問題に対処することができるようになりました。このアプローチは、組織内で展開され、使用されるアプリケーションによってもたらされるリスクを理解しようとする組織に効果的です。情報セキュリティチームは、組織のリスク評価を行い、ベンダーや内部の開発チームに連絡して改善を求めることができます。

開発チームは、開発中のアプリケーションのセキュリティ状態をどのように判断することができるか

しかし、開発チームはどうでしょうか?開発チームは、特にアプリケーションが商業的に販売されることを意図している場合、開発中のアプリケーションの最終的なデプロイ環境について、ほとんど、あるいは全く考えていないかもしれません。チームは、どのようにしてリスクとセキュリティ関連の作業を管理し、優先順位をつけることができるでしょうか?開発管理者は、開発中のアプリケーションのセキュリティ状態をどのように理解できるでしょうか?この情報は、開発ライフサイクルの管理の一環として、約束をしたり、リリース日をスケジューリングしたりする際に重要です。

アプリケーションの潜在的なセキュリティリスクを計算する

開発中のアプリケーションのリスク計算には情報が必要です。しかし、開発チームが持っているかもしれないし、持っていないかもしれません。リスクを完全に理解するためには、開発チームは追加の基準を必要とします。

完全なアプリケーション・プロファイルを持たないと、開発チームには課題そのものの特性が残ってしまいます。課題には、タイプ、分類、原因、深刻度、場所、最初に発見された日付など、多くの属性があります。チームは、任意の基準に基づいて課題の断面を特定することができ、基準に一致する課題は、解決が必要なものとして、優先順位が付けられた課題となります。

チームがアプリケーションのセキュリティ作業を開始する際には、かなり緩やかな基準を使用することができます。作業が進むにつれて、業界や規制機関が要求する基準に一致することを最終的な目標として、徐々に厳しい基準を設定する必要があります。

例えば、あるアプリケーションを所有しているチームが、そのアプリケーションのセキュリティテストを開始したばかりで、問題の数に圧倒されているとします。チームは、問題を管理し、クリーンで安全なアプリケーションという究極の目標に向かって前進するために、以下の アプローチを取ることができます。

  • 指定された日付を超えて新しい問題が発生しないことを指定するベースライン基準を設定する。チームは、ベースライン基準が設定された後は、新しいセキュリティ問題を追加しないことを約束する。チームは、その時点から、セキュリティ関連のタスクのために、良い開発手法を採用する。これにより、新しい問題が日常的に検出され、修正され、 開発サイクルの間に導入される問題が全体的に少なくなるようになる。
  • すべての開発がベースライン基準を満たしたら、新たな重要度基準を設定し、 重大度の高い問題は許可しないことを指定する。ここで、チームが解決すべき、新たな課題セットが基準を形成される (古い、重大度の高い課題)。
  • これらの問題がクリアされると、チームは OWASP トップ 10SANS トップ 25 のような業界標準に準拠することを選択でき(または義務づけられる) 、それらの標準に登場するすべての問題を解決することを約束する。
  • 将来の基準の約束は、FedRAMPHIPAA、あるいは「問題ゼロ」であってもよい。

逐次的な基準を設定することは、近づきやすい目標を設定するだけでなく、アプリケーションの集合体に対 して偏りのないステータスビューを作成することにもなります。各アプリケーションが同じ基準で測定されるリスク計算とは異なり、コンプライアンスステータスでは、各アプリケーションは、その特定の特性や特性に適した異なる基準を持っています。重要なのは、アプリケーション(とチーム)がコミットされた基準を満たしているかどうかであり、各チームは異なる成熟度レベルにある可能性があり、すべてのアプリケーションが異なる基準を遵守することが要求される可能性があることを理解しています。

詳細

HCL AppScan on Cloudをご自身でテストドライブするには、今すぐ30日間の無料トライアルに登録してください。


About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。