HCL Accelerate: ビジネス vs. 開発におけるバリューストリームマネジメントの導入

2021/8/20 - 読み終える時間: 2 分

Business vs. Development: How value stream management fits in の翻訳版です。


HCL Accelerate: ビジネス vs. 開発におけるバリューストリームマネジメントの導入

2021年8月16日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

ビジネス側は、開発の進捗が遅すぎるし、お金をかけすぎていると思っている。開発は、ビジネスが時間的・金銭的に無理な要求をしていると考えている。聞き覚えがありませんか?ビジネスと開発の戦いは、多くの企業にとって共通のものですが、だからといって解決できないわけではありません。アナリスト企業であるForrester社は、Integrated Value Stream Management Benefits Business and Development Leaders というレポートを発表し、この問題とその解決方法を採りあげています。

この記事では、このレポートから得られた重要なポイントと、それが組織にとってどのような意味を持つのか、そしてどのように行動すべきなのかをご紹介します。

ビジネスリーダーと開発リーダーの価値観の違い

これは当然のことのように思えるかもしれませんが、この2つの視点の違いをより深く掘り下げて考えてみましょう。ビジネスリーダーはROIとTime to Marketを重視し、開発リーダーはソフトウェア製品の作成に必要なステップを重視します。しかし、スピードが問題であることはどちらも同じです。Forrester社のレポートによると、「開発リーダーもビジネスリーダーも同様に、C-suiteが現在の変化のペースに満足していないとForrester社に語っている」という。

ビジネス目標を伝えるのは電話ゲームのようなもので、目標が開発に伝えられるまでに、重要な要素が失われてしまうことがよくあります。開発者は、自分たちが何を求められているのか、その「理由」がわからず、暗闇の中に取り残されたような気分になります。その結果、優先順位がずれたり、ビジネス目標を達成できないソフトウェアソリューションが生まれたりするのです。開発チームとビジネスチームが異なる言語を話しているのに、誰も翻訳者が必要であることを知らないのと同じです。

両者の視点を調整するバリューストリームマネジメント

戦略レベルでのバリューストリームは、ビジネスと開発の間で必要とされる翻訳者です。ビジネスはなぜ開発が迅速に進まないのかを理解できず、開発はビジネスが何を求めているのかを理解できないとき、価値観の流れは、バラバラになったチームのすべてのデータを可視化し、行動可能にすることで、その答えを導き出します。バリューストリームの定義によれば、行われているすべての作業をある価値に結びつけることで、組織全体のリーダーは、何が価値を生み出しているのか、何がボトルネックの原因になっているのかを簡単に見分けられます。

バリューストリームマッピングは最初のステップですが、静的な情報を用いた手動のプロセスです。バリューストリームから本当に利益を得るためには、戦略的な情報収集と解釈を自動化するバリューストリームマネジメント(VSM)ツールが必要です。Forrester のレポートで指摘されているように、「戦略的な優先順位付けの基準としてバリューストリームを使用することで、製品チームにガイダンスが与えられ、製品チームは VSM を使用して製品の提供を成功させることができます」。

例えば、HCL Accelerate は、DevOps パイプライン全体のツールからデータを集約し、そのデータを正規化し、それを使用してカスタムキーメトリクスに基づくダイナミックダッシュボードを作成します。HCL Accelerateのさまざまなバリューストリームビューを使用することで、ビジネスリーダーと開発リーダーの両方が、誰が、何を、いつ、どこで、何のために作業をしているのかを明確に可視化できます。単一の真実の情報源があり、誰もが同じ情報にアクセスできると、コミュニケーションが容易になり、直感ではなくデータに基づいた意思決定が可能になります。

成長を加速するには、バリューストリームマネジメントの優先順位付けが鍵

強力なツールを導入しただけでは十分ではありません。バリューストリームマネジメントの恩恵を真に受けるためには、ビジネスリーダーや開発リーダーがデータ駆動型の文化を受け入れ、それをチームに伝道する必要があります。そのためには、ビジネスとデベロップメントが、成功を特定して測定するための共通のフレームワークとして、目的と主要な結果(OKR)に同意することが不可欠です。Forrester社のレポートでは、「タイムボックス付きのパフォーマンス期間を設定することで、対話を活発にし、必要に応じてチームがピボットできるようにする」と述べられています。VSMツールでこれらのOKRをモニタリングすることで、組織内のすべてのグループは、組織が何を目指しているのか、自分たちの仕事がこれらの目標にどのように影響するのかを確認できます。言い換えれば、組織内の各グループに情報と説明責任を持たせることができる。

VSMを組織全体に導入するためのもう一つの重要なポイントは、VSMのチャンピオンを特定することである。もちろん、リーダーはVSMの導入を提唱すべきだが、個々のコントリビューターレベルでチャンピオンがいれば、文化的な変化を加速させることができる。ビジネス部門と開発部門にバリューストリーム・マネージャーの役割を設けることで、戦略的バリューストリームの文化をさらに促進し、これらの部門間のギャップを埋められます。

戦略的バリューストリームの利点は明らかであり、バリューストリームマネジメントはこのコンセプトを最大限に活用するための方法です。より速く前進し、競争力を維持したいのであれば、組織内でVSM戦略の導入を始めるかどうかではなく、いつ、どのように始めるかが問題となるはずです。HCL Accelerateは無料のCommunity Editionを提供していますので、すぐに始められます。こちらからダウンロード してください。


HCL Accelerate: ソフトウェアデリバリーの未来

2021/8/20 - 読み終える時間: 2 分

The Future of Software Delivery の翻訳版です。


HCL Accelerate: ソフトウェアデリバリーの未来

2021年8月12日

著者: Cassandra Stanek / Product Marketing Manager

画像の説明

ソフトウェア業界の変化の速さには目を見張るものがありますが、特にDevOpsの文脈で考えると、その速さは際立っています。わずか10年前にはDevOpsという言葉はほとんど知られていませんでしたが、ソフトウェアデリバリーにおけるこの根本的な変化は、今日では誰もが認めるところとなっています。

ソフトウェアデリバリーの未来は、アイデア出し、反復、そしてサイロ化した作業の打破に、より多くの時間を費やすことです。これはどのように行われるのでしょうか。それは、ビジネスやチェンジマネジメントの世界で長く実践されてきた、「バリューストリーム・マネジメント」という概念です。ソフトウェア・デリバリーにおけるバリュー・ストリーム・マネジメントとは、ソフトウェア・デリバリーをエンド・ツー・エンドで監視し、"付加価値 "を最適化することです。簡潔に言えば、これはDevOpsの次の自然な進化です。

Gartner社は、2021年はバリューストリームがDevOpsの未来を決める年になると予測 しています。この破壊的な新しいDevOpsの考え方は、チームが複数の製品をリンクさせて、ソフトウェアデリバリーのための「バリューツールチェーン」を作り始めたことから始まります。従来、このプロセスはサイロ化されており、チームはフィードバックなしに合理的なプロセスでコードを構築し、デプロイしていました。

バリューストリームマネジメント2021の現状

現在、企業はソフトウェアデリバリープロセスのパフォーマンスを可視化するために、バリューストリームマップを活用する最前線に立っています。The State of Value Stream Management Report 2021 によると、バリューストリームの可視化により、ボトルネックを減らし、ソフトウェアデリバリーの速度を向上させられます。報告された最も価値のあるメトリクスのトップ5は以下の通りです。

  • サイクルタイム
  • ワークインプログレス(WIP
  • スループット
  • コード品質
  • フロー効率

このレポート では、これらの重要な指標を収集する際にチームが直面している共通の課題も明らかにしています。

  • 25.9%のチームは、複数のソースやスプレッドシートからデータを手動で収集しています。
  • 36.6%のチームがフローメトリクスをダッシュボードに集約しています。
バリューストリームの活用

バリューストリーム管理ツール HCL Accelerate は、チームがこれらのメトリクスの収集を自動化し、バリューストリームを中心に組織化し、継続的な改善のエコシステムを構築する機会を提供します。VSMツールの中には、特定のDevOpsツールからのデータしか使用できないものもありますが、HCL Accelerateは、組織がすでに使用しているすべてのDevOpsツールと統合します。スプレッドシートでデリバリーメトリクスを追跡する手動プロセスを排除し、バリューストリームがどのように運用されているかの統合ビューを作成します。

DevOpsツールチェーンを可視化することで、調整が容易になり、デジタルトランスフォーメーションの進行状況を明確に測定できるようになります。世界中に仕事が分散し、IT環境が複雑化しているこの時代に、ソフトウェアデリバリーを最適化するためには、ワークロードの自動可視化が必要です。

画像の説明

HCL Accelerateは、SoFy(クラウドネイティブなソリューションファクトリー)で利用できます。

HCL Software用語集
  • バリューストリーム。サービスを提供する顧客のために価値を創造するために協力する責任のあるすべてのメンバー
  • バリューストリームマッピング。Value Stream Mapping: バリューストリームを文書化する作業(一般的には箱と線で表現される)。
  • Value Stream Management。ソフトウェアのデリバリーをエンド・ツー・エンドで監視し、「付加価値」を最適化すること。

DevOps ソフトウェアをより早く評価する方法

2021/8/4 - 読み終える時間: 2 分

A faster way to evaluate DevOps software の翻訳版です。


DevOps ソフトウェアをより早く評価する方法

2021年8月2日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

企業のソフトウェアを評価するのは難しいことです。そのソフトウェアを自分で使ってみないと、そのツールが自分の組織で使えるかどうか、どのように使えるかを理解するのは難しい。ほとんどの場合、エンタープライズ・ソフトウェアを十分に検討するためには、テクニカル・セールス・チームと協力してサンプル環境を構成・インストールし、意思決定者に使用方法をトレーニングする必要があります。メール、承認、電話、会議を何ヶ月も繰り返した後では、組織がDevOpsの旅を進めるために切実に必要としているソフトウェアについての決定には近づけないかもしれません。

最近のTechStrong TVのインタビュー で、HCL Software DevOpsのAl Wagnerは、Accelerated Strategies GroupのMitch Ashleyとこの問題について話しました。Alは10年近くDevOpsの変革に関するコンサルティングを行っており、また20年間技術系の仕事をしてきたので、企業のソフトウェア評価の旅には非常に詳しいです。Al はこう言っています。

「組織が新しいツールを試しているとき、長期的なコミットメントをする前に、環境をプロビジョニングしたり、モードをテストしたり、パイロットを実行して適合するかどうかを確認するという作業があります。時は金なり、これらのツールを並べて設定し、すぐに使えるように統合するには、かなりの時間がかかります」。

では、どのような解決策があるのでしょうか?HCL SoFy! "SoFy"とは "Solution Factory"の略で、コンテナ化されたHCL Softwareソリューションのクラウドネイティブ なカタログです。AlはHCL SoFyの仕組みをこう説明する。

「カタログを探索し、試してみたいことの一部としてさまざまなソリューションを選び、SoFyソリューションを作成できます。SoFyソリューションを作成すると、カスタムのHelmチャートが構築され、ローカル環境での展開方法やソリューションの展開方法について、モニタリングやカスタムのアクセスコントロール機能など、すべての詳細情報が提供されます。SoFyのインターフェース内でボタンをクリックすると、HCLのソリューションの1つをGoogle Cloudプラットフォームにデプロイしたり、Helmチャートをダウンロードして任意のKubernetes環境にデプロイできます」。

言い換えれば、わずか数分で環境を構成して実行することができるのです HCL SoFyにアクセスして、試したいDevOpsソフトウェアソリューションを選んで、デプロイできるのです。

しかし、このソフトウェアのテストに使えるデータや環境がない場合はどうすればいいのでしょうか?

「実際に試してみたいという方のために、データを使って製品を自動的に設定し、組織が旅を始めるときに遭遇する多くのユースケースをカバーする、ワークブック型のハンズオンを提供するデモ・ドキュメントの形でアクセラレーターを用意しています。「本番環境ではありませんが、試してみることができる環境であり、もし本番環境に移行したい場合は、Helmチャートをダウンロードして自分の環境にインストールできます」。

誰でもHCL SoFyへのアクセスをリクエスト すると、HCL Softwareの継続的デリバリー、課題追跡、テスト自動化バリューストリーム管理 ソフトウェアの無料トライアルを数分でダウンロードできます - エンタープライズソフトウェアをテストするために何ヶ月も待ったり、手間をかけたりする必要はありません。

「新しいソフトウェアをインストールする場合、たとえテストや探索的な活動のためであっても、インストール、管理、設定が必要です。これは非常に時間のかかる作業であり、ツールの能力を実感できない非常にイライラする作業でもあります。だからこそ、ソリューション導入の一環としてこれらの要素をすべて自動化することで、何もない状態から数分で何かができるようになり、それが作業環境になるのです」。 A TechStrong TVのインタビューは以下からご覧いただけます。HCL SoFyでDevOpsツールの評価をスピードアップする準備はできましたか?DevOpsInfo@hcl.com にメールするか、Al Wagnerに直接 Allan.Wagner@hcl.com にメールしてください。

DevOps Tools - Al Wagner, HCL Software from Digital Anarchist Network on Vimeo.


Accelerate: バリューストリームマネジメントは誰のためのものか?

2021/7/23 - 読み終える時間: ~1 分

Who is Value Stream Management for? の翻訳版です。


バリューストリームマネジメントは誰のためのものか?

2021年7月22日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

バリューストリームマネジメントは決して新しい概念ではありません。リーン生産方式の分野では何十年も前から存在しており、ソフトウェア・デリバリーの分野でもしばらく前から徐々に浸透してきています。今までと違うのは、組織がCI/CDやテスト自動化の基礎など、多くの「Day 1」の問題を解決し、次の問題を探していることです。DevOpsの "Day2 "のステージは、バリューストリームマネジメントです。

VSMは、「DevOpsをより良くするにはどうすればよいか」という問いに答えるものです。VSM ツールは、DevOps パイプライン上のバラバラのツールに格納されているデータを接続し、サイロではなくツールチェーン全体で最適化を図ることができます。適切なプラットフォーム があれば、バリューストリームマネジメントは、データをダッシュボードに集約するだけではありません。VSMは、すべての機能や職務レベルでのコミュニケーション、意思決定、リソースの割り当て、文化の変化をサポートします。

このインタラクティブなガイド では、開発、品質、ビジネスの各分野における個々の貢献者、マネージャー、エグゼクティブに価値観の流れがどのように影響するかを具体的に説明しています。ページをスクロールしたり、クリックしたりして、VSMが様々な役割の特定のペインポイントをどのように解決するかを見ることができます。例えば、開発マネージャーは、リソースの割り当てや作業の配分を戦略的に行うことに苦労しているかもしれません。価値観の流れを管理することで、開発マネージャーは、チームのすべての開発活動の「誰が」「何を」「いつ」「どこで」を把握することができ、十分な情報に基づいた意思決定を行い、適切な優先順位で適切な作業に集中することができます。このバリュー・ストリーム・マネジメント・ガイド では、開発者からCTOまでのすべての人を対象に、VSM が実際にどのようなものであるかを示す例とともに、問題点や解決策についての詳細な情報を提供しています。

バリューストリームマネジメントは誰のためにあるのか」ガイドでは、職務レベルや分野別に役割を選択して、VSMの影響を探ることができます。 画像の説明

私たちは、DevOps におけるバリュー・ストリーム・マネジメントの革命の始まりにいます。この方法論を早く活用すればするほど、競合他社に先んじて、より優れた安全なソフトウェアをより早くリリースすることが可能になります。HCL Accelerate の無料セルフサービスの Community Edition は、hclsw.co/getaccelerate で今すぐ始めることができます。


HCL Software の DevOps はクラウドネイティブ

2021/7/22 - 読み終える時間: 3 分

HCL Software DevOps is Cloud Native の翻訳版です。


HCL Software の DevOps はクラウドネイティブ

2021年7月20日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

5年前、HCL Software チームは、当社のソフトウェア製品がダイナミックなパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドに数分でデプロイされる未来を想像していました。今、私たちは HCL SoFy と HCL Now の立ち上げにより、その時点に到達しました。HCL Software DevOps グループは、このクラウドネイティブな変革の一翼を担えることに興奮しています。私たちのお客様にとってのハイライトは以下の通りです。

  • 当社のバリュー・ストリーム・マネジメント、自動テスト、変更管理、および継続的デリバリー・ソリューションが、最新のクラウド標準をサポートするようになりました。
  • 2,000以上の REST API エンドポイントにより、開発者はミッションクリティカルな企業システムの拡張、統合、カスタマイズを容易に行えます。
  • クラウドで提供される DevOps ソフトウェアのデモやトライアルを、購入前にセルフサービスで試せます。

最後の点は、当社の DevOps ソリューションを実際に体験して、既存の DevOps パイプラインとの連携を確認したい場合に特に有効です。HCL SoFy を使用すると、HCL Software のお客様とパートナーは、HCL Accelerate、HCL Launch、HCL Compass、または HCL OneTest のトライアルを数秒で入手できます。以下のステップに従うだけです。

  • hclsofy.com にアクセスし、Request Access をクリックします。リクエストが承認されると、SoFy のログイン情報が記載された確認メールが送られてきます。
  • SoFy にログインして、カタログを見ながら試したいソフトを選びます。オンラインショッピングのような感覚で、すべて無料でご利用いただけます。
  • サンドボックスやローカルにデプロイできるソリューションを即座に構築するために、好きなだけ製品を追加して「作成」をクリックします。作成した SoFy ソリューションは最大30日間有効です。

HCL Software のお客様やパートナー様でなくても、SoFy へのアクセスは可能です。まずはこちらからデモをご依頼ください。

画像の説明

SoFy サンドボックスにソリューションを導入すると、事前に入力されたデータが得られるので、自分でデータを入力しなくてもソリューションを遊ぶことができ、ソフトウェアの体験にすぐに飛び込めます。現在、HCL Software DevOps ソリューションの SoFy には以下のデモが存在します。

  • HCL Accelerate

    • Value Stream Bottleneck Detection (バリューストリームボトルネック検出)
    • 自分のエピックはどこにある?
    • コードはどこにある?
    • KPIs: ワークアイテム、デプロイ、テストの洞察
  • HCL Launch

    • Storefront のサインインの変更
  • HCL OneTest

    • UI、API、パフォーマンステストのためのストアフロント変更のテスト
  • HCL Compass

    • 不具合管理システム
    • SAFe を使用した HCL Commerce 開発チーム

また、ソリューションをローカルにダウンロードして、ご自身のデータで当社のDevOpsソフトウェアをお試しいただくことも可能です。さらに、1対1のサポートをご希望の場合は、いつでも対応いたします。当社のDevOpsエキスパートチームは、ベストプラクティスを説明し、お客様のユニークな組織をサポートする戦略を立てるのが得意です。

クラウドネイティブなソリューションに対して、よりマネージドなアプローチをご希望ですか?HCL Nowはクラウド・ネイティブ・アズ・ア・サービスのソリューションで、お客様が選択したパブリック・クラウド上に専用のセキュアな環境を展開し、管理します。HCL Now は、最新バージョンの HCL Software DevOps ソリューションと、専任のエキスパートによる管理を、クラウドの柔軟性、拡張性、利便性とともに提供します。

当社のすべての DevOps ソリューションは、HCL Now でオンデマンドで利用できますが、HCL Now での HCL OneTest Performance は、テストを簡単にしたい HCL Commerce ユーザーにとって特に便利です。このセットアップでは、インフラストラクチャー管理、製品のアップグレードとサポート、セキュリティとプライバシーコントロールのメンテナンスを含むターンキーテストソリューションを提供します。つまり、新しいインフラに投資することなく、実際のピーク時の負荷を簡単にテストすることで、より早く開始し、コストを抑えることができるのです。

今こそ、DevOps の旅をクラウドで実現する時です。9月16日午後12時(米国東部時間)に開催されるウェビナー に参加して、HCL Now が選択したクラウド・ネイティブ・プラットフォーム上で、当社の DevOps ソリューションの可能性を最大限に引き出す方法を学んでください。HCL Now は、お客様が選択したクラウド・ネイティブ・プラットフォーム上で、HCL Software のDevOps ソリューションの可能性を最大限に引き出します。登録はこちら から。

最後にもう一度。HCL Software の DevOps はクラウドネイティブです。


HCL Accelerate: エンジニアリング・ファーストの考え方で高いパフォーマンスを発揮する組織へ

2021/7/22 - 読み終える時間: 2 分

Becoming a High Performing Organization with an Engineering-First Mindset - HCL SW Blogs の翻訳版です。


エンジニアリング・ファーストの考え方で高いパフォーマンスを発揮する組織へ

2021年7月22日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

画像の説明

HCL Accelerate: 「必要性を感じる、スピードの必要性を」("I feel the need - the need for speed.")

1986年の『トップガン』でトム・クルーズが演じたピート・"マーベリック"・ミッチェルの言葉は、当時の戦闘機パイロットやレースカーのドライバーにとって真実味を帯びたものでした。2021年のソフトウェア製品開発の世界でも、この言葉は真実であり、組織は現在よりも何倍もの速さで作業を進める必要性を感じています。ソフトウェアを迅速に、確実に、安全に提供することは、テクノロジーの変革と組織のパフォーマンスの中核をなすものです。

今日、高い業績を上げている組織は、DevOps を早期に導入しています。Google 社が発表した State of DevOps 2019 レポートでも紹介されているように、業界で最も高い業績を上げている人の割合は 3倍になり、現在では全チームの 20%を占めています。これは、優れた成果を上げることが可能であることを示しており、重要な能力を実行した者はその効果を実感しています。このホワイトペーパー は、HCL Software のデジタル・アナリティクス部門で Engineering Uplift Initiatives Lead を務める Ashita Dhir が、Google の DevOps Research program (DORA) から得られた主要な構成要素を紹介しており、スピードを上げてリターンを実現するためのギアを特定するのに役立ちます。DORA は、組織の現在のパフォーマンスや成熟度を測る作業を4つの主要な測定基準によって簡素化する広範な研究プログラムです。この 4つの指標は、ビジネスのアジリティ、クオリティ、レジリエンスに関する組織のパフォーマンスを測定します。ホワイトペーパー をダウンロードすると、DORA メトリクスを使用して、生産性を向上させる可能性のあるレバーやギアを特定し、各エンジニアリング向上イニシアチブに対する潜在的な ROI を見積もる方法を紹介したガイドとして使用できます。

画像の説明

エリートパフォーマーは、優れたソフトウェアデリバリーやオンデマンドデプロイメントから最大の利益を得ており、1日のうちで最も付加価値のある時間を過ごし、付加価値のない仕事に費やす時間はすべてのグループの中で最も少ない。

ハイパフォーマーは、1週間に何度もコードをデプロイし、障害が発生しても数時間以内に対処しています。安定性とスループットの面でも優れていますが、エリートと肩を並べるためにはさらに改善を続けなければなりません。DORA が発表した State of DevOps Report 2019 によると、金融サービスや政府機関などの規制が厳しい業界を含め、あらゆる種類と規模の組織が高いレベルのパフォーマンスを達成できるとしています。

中程度のパフォーマーは、スピードの点でハイパフォーマーの後塵を拝しています。これらの企業は、付加価値のないプロセスを排除することによる自動化や、「依存関係の親和性」に基づく組織の再設計から最大限の利益を得られます。これは、依存関係が企業規模でスピードを達成するための主要なキラーであるためです。バリューストリームマネジメント や WIP リミットなどのリーンの原則やプラクティスは、「付加価値のない」作業を特定することで、ソフトウェアデリバリーや組織のパフォーマンスを向上させます。

IT パフォーマンスが低い企業は、伝統的な運営をしていたり、複雑なレガシーシステムを抱えていたり、あるいは DevOps への取り組みを始めたばかりだったりします。これらの企業には、人材、プロセス、技術のすべての分野でチャンスがあります。技術的負債を削減し、コストよりもスピードと価値を最適化することに集中してください。

HCL Software がさまざまな業界のお客様に実施した DORA アセスメントでは、パフォーマンスが低~中程度の組織でも、エンジニアリング・プラクティス、クラウドの採用、組織的なプラクティス(変更承認プロセスを含む)、リーン・プラクティス、カルチャーの継続的な改善を推進することで、望ましいスピードを達成できるという、証拠に基づくガイダンスが示されています。今後の道筋を簡単に説明すると、次のようになります。まずは基礎から始め、独自の制約条件を特定して取り組むことで、継続的な改善マインドセットを採用します。制約がなくなったら、そのプロセスを繰り返すのです。

ホワイトペーパー Becoming a High Performing Organization with an Engineering-First Mindset のダウンロードはこちらから。


HCL Software DevOps: "Day in the Life" のデモ

2021/5月/19 - 読み終える時間: 6 分

A "day in the life" with HCL Software DevOps の翻訳版です。


HCL Software DevOps: "Day in the Life" のデモ

2021年5月18日

著者: Allan Wagner / HCL Software Transformation Architect

画像の説明

HCL Software DevOps は、あらゆる組織の DevOps ニーズを満たす統合ソリューションを提供しています。証拠が必要ですか?Emerald と呼ぶ架空のeコマース企業を使った例を見てみましょう。

エメラルドのメモリアルデーのビッグセールが数週間後に迫っています。この年に一度のセールイベントは、エメラルドの会計年度の中で2番目に大きな収益源であるため、サイトのすべてが完璧に機能していることが非常に重要です。残念ながら、エメラルドのサイトを訪れた人から、新規顧客として登録する方法がわからない、エメラルドのアプリケーションへのサインインに問題があるという報告がありました。製品チームはこの問題を修正し、Emerald がメモリアルデーのセールに間に合うように、できるだけ早く変更を本番に移さなければなりません。幸いなことに、Emerald は以下のような HCL Software DevOps ソリューションを使用しています。

これらのソリューションはすべて、HCLソフトウェアのクラウドネイティブソリューションである HCL SoFy に導入されており、Kubernetesを簡単に利用することができます。ユーザーは、HCL SoFyのカタログから使いたい製品を選び、「デプロイ」ボタンをクリックするだけ。数分後には、ユーザーは仕事に必要なソリューションを手に入れることができます。

Emerald社のプロジェクトマネージャーであるPaula氏は、HCL Compassでの作業中に、優先度の高い不具合が提出されたことに気付き、修復を開始するための計画フィールドを完成させました。その際、彼女はチーム、オーナー、そして履歴に基づいて適切と思われるストーリーポイントの数を特定します。また、ビジネス上の重要性を考慮して、サービスクラスを「迅速」に設定します。さらに、その修正が含まれるべきリリースとスプリントを選択し、バックログの状態に移行します。

画像の説明

次に、EmeraldのアナリストであるAlは、このワークアイテムをレビューし、開発者に追加情報を提供する。Alは、HCL Compassでバックログのすべてのワークアイテムを検索して、この最新のワークアイテムを見つけます。項目を開いて「計画」セクションを展開すると、AlはPaulaがこれを「迅速」とフラグを立て、アクティブなスプリントでの納品を予定していることがわかります。問題を完全に理解するために、Alはまず本番のEmeraldアプリケーションを調査し、ウェブサイトの訪問者がなぜ混乱しているかを確認します。彼は、HCL Compassで欠陥の説明を更新し、ワークアイテムを「分析済み」の状態にします。

エメラルドの開発者であるダイアンは、このスプリントですでにいくつかの仕事を割り当てられていますが、現在はいくつかの依存タスクが完了するのを待っています。帯域幅に余裕があるので、彼女はHCL Compassにログインして、作業状態に引き込める優先度の高いワークアイテムがないかチェックします。そこで彼女は、「迅速」とマークされた欠陥を見つけ、その作業項目のオーナーシップを受け入れ、修正作業を開始しました。

LindaはEmeraldの開発チームのリーダーです。彼女の一日は、この新しい欠陥を知らせるメールやメッセージが飛び交う中で始まり、その修正を製品に反映させることがいかに重要であるかを強調しています。このストレスに加えて、リンダはすでに自分のチームがキャパシティに達していることを懸念しており、根本的な原因やこのキャパシティの問題に対処する方法の答えを持っていません。HCL Accelerate では、Linda はバリューストリームのダッシュボードを見て、本番インシデントの概要を確認し、HCL Accelerate が Emerald Commerce Storefront バリューストリームの作業段階でボトルネックを特定したことに気づきます。バリューストリームを掘り下げると、Linda はボトルネックにカーソルを合わせ、それがフローの不均衡の結果であること、つまり「作業」段階に入る作業が出る作業よりも多いことを確認します。HCL Accelerateは、AI機能を使用してボトルネックを特定し、Accelerateのリポジトリに保存されているデータにアルゴリズムを適用することで、チームがスロースポットを特定するのを支援し、根本原因の詳細を提供して改善を加速させることができます。リンダは、チームの準備が整う前に作業を段階的に進めると、潜在的にチームの認知能力を超えてしまい、人為的でありながら回避可能なバリューストリームのボトルネックが発生することを知っています。リンダはまた、HCL Accelerate が「作業」ステージの「進行中の作業」制限を超えていることを強調していることに気づきます。彼女は、ワークアイテムのリストを確認し、過去24時間に2つの追加があることを確認します。ワークアイテムIDを素早く検索することで、Lindaは2つのワークアイテムを簡単に分離して確認することができます。また、スプリントごとにワークアイテムをフィルタリングすることで、アクティブなスプリントに関連する作業のみが実際に作業段階にあることを確認できます。必要なデータを手に入れたリンダは、次のスタンドアップミーティングで、作業をパイプラインステージに押し込んだり、引き込んだりするとフローが乱れることについて話し合うことにしました。

画像の説明

このデイリースタンドアップミーティングで、リンダは HCL Accelerate のスイムレーンビューを所有者別にフィルタリングした画面を共有しました。各チームメンバーが自分に割り当てられた作業の最新情報を共有した後、リンダは懸念を表明し、ストーリーの1つを分析段階に戻すことについてチームの考えを求めます。これにより、HCL Accelerate が指摘したボトルネックと仕掛かり品の問題が解決され、チームは優先度の高いタスクに集中することができます。

Emerald の製品オーナーである Peter は、機能リリースを遅らせる可能性のある顧客の問題が生産中であると人づてに聞いたため、心配になっています。状況に関する最新のデータを得るために、ピーターはHCL Accelerateのスイムレーンビューに行き、エピックでフィルタリングします。彼は、最も懸念している2つのエピックと、それらが本番でどのような状況にあるかをすぐに確認することができます。

画像の説明

LindaはDianeのソフトウェア修正を確認した後、Dianeからのプルリクエストをクローズし、変更を受け入れます。プルリクエストを閉じることで、マージとビルドが行われ、新しいバージョンがデプロイできるようになります。事態を迅速に進めるために、リンダは HCL Accelerate のパイプラインビューに移動し、新バージョンがベースのユニットテストと静的スキャンを持つ展開可能なアーティファクトとしてリストアップされていることを確認します。Linda は、最新バージョンを開発環境にデプロイする準備ができており、そこでレベルの高いテストを受けることになります。

画像の説明

HCL Launchで作業するLindaは、最新のアプリケーション・バージョンがどの環境にもデプロイされていないことを確認することから始めます。HCL Launchのスナップショット・ビューで、Lindaは新バージョンがデプロイ可能であることを確認し、従うべきデプロイメント・プロセスを選択して開発環境へのデプロイを要求します。実行ログでは、Linda氏はデプロイメントプロセスのすべてのステップを発生時に確認し、出力ログにドリルダウンして各ステップの詳細を見ることができます。API の力を利用して、HCL Launch は HCL Accelerate にデータを送信してパイプライン ビューを更新し、最新のアプリケーション バージョンが開発環境に正常にデプロイされたことを示します。

画像の説明

エメラルド社のテスターであるティムは、ある変更が開発環境にデプロイされることを知り、新しい機能を検証したいと思っています。ティムはHCL OneTest Serverで作業を行い、必要なテストを立ち上げます。Emeraldプロジェクトのダッシュボードを確認すると、さまざまなテストタイプの7つのテストスイートが実行されたが、そのうちの1つのテストスイートが失敗したことがわかる。アラームを鳴らす前に、ティムは失敗したテストスイートのHCL OneTestテスト実行結果をチェックします。実行されたテストステップをスクロールし、テスト中に実行されたアプリケーション画面の画像を見て、ティムはアプリケーションが正常に動作しており、テストも正しく実行されているという結論に達した。問題は、テストデータにある。

ティムは、テストデータが悪いためにテストが失敗することに不満を感じており、さらにテストデータファイルの管理に無駄な時間を費やしていることにも不満を感じていました。そこで彼は、HCL OneTest Serverのテストデータ作成機能で作成した合成テストデータを使って実験を行い、テストを実行することにしました。この実験が成功すれば、長期的には時間の節約になり、Emerald社のテスト活動を新たなレベルで最適化することができるとTim氏は考えている。HCL OneTest Serverのデータ作成画面で、ここで提供されたスキーマが、必要なデータフィールドを正確に含むテストデータファイルを生成することを確認しました。テストデータ作成用のスキーマを使ってテストを再実行したところ、合格しました。

画像の説明

すべてのテストが行われているので、テスト実行結果は自動的にHCL Accelerateに送られます。Linda は HCL Accelerate の「洞察」ビューで品質レポートを介して最新のテストデータを得ることができ、Emerald の関係者にアプリケーション修正の最新情報を簡単に伝えることができます。Linda は、このコード変更をさまざまな環境を通じて本番環境に移行し、HCL Accelerate でその進捗を追跡することができます。

画像の説明

HCL Software DevOps ポートフォリオのいくつかのソリューションを使用して、Emerald の製品チームは以下のことができました。

  • 配信パイプラインへの新しい作業の迅速な導入
  • バリューストリーム全体での作業の迅速化
  • チーム内での効果的なコラボレーション
  • ソフトウェアの変更を効率的かつ正確にデプロイし、テストすることができる。
  • プロセス改善を取り入れ、パイプラインの最適化を図る
  • ビジネスのリスクを排除し、お客様を喜ばせる

このストーリーを実際にご覧になるには、以下のビデオをご覧ください。


DevOps 製品の連携ソリューションデモ

2021/5月/18 - 読み終える時間: ~1 分

HCL DevOps製品群を使ったリアルなデモを作成しました。

具体的には、HCL Compass、HCL Accelerate、HCL Launch、HCL OneTest を使用したものです。開発現場の実際をリアルに模した A Day in the Life 型のデモです。その分、17分弱とちょっと長めです。

こちらの解説記事もあわせてご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修