HCL Accelerate の紹介

2021/4/6 - 読み終える時間: 3 分

Introducing HCL Accelerate の翻訳版です。


HCL Accelerate の紹介

2020年6月23日

著者: Bryant Schuck / Product Manager for HCL Software DevOps

画像の説明

すべての DevOps データを一度にまとめるバリューストリーム管理プラットフォーム、HCL Accelerate をご紹介します。HCL Accelerate は、ビジネスチームや開発チームが、これまで以上に高い効率性と柔軟性をもって、継続的デリバリのバリューストリームを可視化、編成、最適化することを可能にします。HCL Accelerate 2.0 には、Environment Gates、Plugin SDK、Reports、New Metrics などの新しいエキサイティングな機能が搭載されており、DevOps の変革を次のレベルに引き上げるための多くの機能が強化されています。これらの新機能がお客様のビジネスにどのような価値をもたらすのかを正確に知るために読み進めてください。

環境ゲート機能 (Environment Gates)

画像の説明

HCL Accelerate 2.0 の最大の新機能は、環境ゲートです。これによりチームは、パイプラインのステージに応じてゲートを設定することで、ガバナンスを左にシフトすることができ、スループットを最適化しつつ、リスクを特定して低減することができます。

お客様とお話ししていると、パイプラインにはまだ多くの手作業によるチェックやサインオフがあることがわかりました。現実には、すべてを一晩で自動化できるわけではなく、どのバージョンが良いか悪いかを管理する方法は、今日、ほとんどのデリバリーチームにとって大きなギャップとなっています。手動サインオフを導入すると、一連のルールに基づいてバージョンの承認または拒否を行う権限を持つ人をカスタマイズすることができます。これにより、何をしなければならないか、どのバージョンが良いか、デプロイの準備ができているかを正確に把握することができます。一般的には、下位の環境である種の手動テストを使用し、そのテストが完了した後にバージョンを承認する1人または複数のユーザーに割り当てることができます。上位の環境では、すべてが承認されない限り、そのバージョンを入れないようにすることができます。

多くのチームでは、この手動によるゲート設定は、チャットや電子メール、口頭でのコミュニケーションを通じて行われており、人為的なミスや不整合の余地が多く残されています。Environment Gates では、HCL Accelerate がこのプロセスをより明確に、より正確にします。アクセラレートは完全な監査機能を可能にし、バージョンが不良とされた理由を正確に把握することができます。Accelerate は複数のビルドツールやデプロイメントツールを横断的に見ることができるため、バージョンが問題ないことを確認するために複数のチームに確認する必要はもうありません。

レポート機能

画像の説明

レポート機能はもう一つの非常にエキサイティングな新機能で、表、チャート、グラフをより詳細に収集することができ、アジャイルスプリントの状態、デプロイメントの監査、リリースのリード線など、より具体的な問題を対象とすることができます。

マネージャーやチームリーダーにとって、最も一般的な質問は、"スプリントにどれだけ残っているのか?"や、"スプリント目標を達成するためのリスクは?"です。HCL Accelerate のバリュー・ストリーム・ビジュアライゼーションは、潜在的な問題やボトルネックを見るために作業項目を表現するのに優れていますが、レポートは、そのスプリントのリスクをトリアージして判断するのに必要なすべてのデータを並べることで、さらに深く掘り下げています。

会議で、チームの進捗状況を正確に表示して、特定の項目について的を絞った会話をしたいと思ったことはありませんか?そんなあなたにぴったりのレポートです。HCL Accelerate は、DevOps Data Lake を活用して、バリュー・ストリームのどこにアイテムがあるかを正確に示し、開発者がカードを更新するのが得意でなくても、それをレポートします。開発者のステータス・チェック・ミーティングを減らすことで、あなたとあなたのチームは、作業の完了とより重要な会話に集中することができます。

プラグインSDKによるカスタムプラグイン

画像の説明

カスタム・プラグインを加速させるデータと関係は HCL Accelerate の基盤です。つまり、Accelerate に接続されるツールやデータが多ければ多いほど、より強力になります。しかし、多くのツールやデータが業界標準ではない自家製のものである場合、使用するすべてのものを統合するのは難しいことがあります。そのため、2.0 のリリースでは、HCL Accelerate のプラグインフレームワークをオープンにして、お客様が洞察に満ちた意思決定を行うために必要なツールやデータのための独自のプラグインを開発できるようにすることが重要でした。これにより、チームやビジネスにとって重要なメトリクス、KPI、OKR をさらに進化させる無限の可能性を持つ Accelerate の可能性が開かれます。

プラグインの開発方法がわからないという方。心配しないでください。私たちは、30分以内に最初から最後までできるように「Hello world」を書きました。また、すべてのリソースが製品内に用意されているので、ファイルのダウンロードとアップロードがすぐにできます。

新しいメトリクス

画像の説明

HCL Accelerate 2.0 では、機械学習と新しいメトリクスによるビジネスアジリティに注目しました。今では10以上のアウトオブボックスのメトリクスがあり、チームはトランスフォーメーションの全体像を把握し、ビジネスアジリティを推進することができます。ロード」と「コントリビューター」という2つの新しいメトリクスを導入したことで、バリューストリームにおけるフローが最適であることを確認することができます。

"Load" は、あなたのバリュー・スチームでアクティブになっているワークアイテムの数です。"Contributor" は、これらのアイテムに割り当てられているユニークなリソースの数です。この情報があれば、バリューストリームがどのように行われているかをこれまで以上に迅速に分析することができます。ロード、スループット、コントリビューターのすべてがお互いにどのように影響するかを推測するのをやめて、トレンドを見て、チームにとって最適なダイナミックさを見つけることができます。理想的な使用例は、スピードと品質を備えた最適なスループットを得るために、チームがどれだけの負荷を処理できるかを見つけることです。

どのチームがより多くのリソースを必要とし、どのチームが過剰であるかを明確に示すことで、HCL Accelerate はあなたのビジネスがより少ないリソースでより多くのことを行うことを可能にします。バリューストリームのどこでフローが滞っているかを発見し、チームがどこの改善に注力すべきかを見極めるのは、簡単な作業ではありません。重要なボトルネックを発見するための機械学習モデルを使用することで、Accelerate は、どこで作業がバッチ処理されているか、どのタスクに長い待ち時間があるか、どこに流入/出力の不整合があるかを簡単に知ることができます。改善すべき領域を特定するための推測作業を排除し、変更を裏付ける実際のデータを持つことで、マネージャーは、プロセスの変更や自動化が必要な理由についてビジネスリーダーとのギャップを埋めることができます。これらの新しい測定基準と機械学習アルゴリズムにより、チームを次のレベルに引き上げ、市場での競争力を維持することができます。

HCL Accelerate を実際に見る

HCL Accelerate のバリュー・ストリーム・マネジメント機能の利点を理解する最良の方法は、実際に見てみることです。この録画されたウェビナー で、HCL Accelerate のデモを見て、新機能をチェックしてください。


HCL Accelerate: 製品ページの公開

2021/4/5 - 読み終える時間: ~1 分

これまで HCL Launch のページに同居していた HCL Accelerate の製品紹介ページですが、この度、独立したかたちで HCL Accelerate のページを公開しました。

HCL Accelerate とは何かが分かる動画もあります。DevOps に興味があるお客様に是非ご覧いただきたいと思います。


HCL Accelerate: 2021年のバリューストリームマネジメント

2021/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

Editorial: Value Stream Management in 2021 の翻訳版です。

2021年のバリューストリームマネジメント

2021年3月30日

著者: Oreste Egidio / Client Technical Advisor

画像の説明

ソフトウェア開発の世界では、新しい方法論やソリューションが頻繁に登場します。新しい手法はすぐに流行語になりますが、最近の流行語の一つに「バリューストリームマネジメント」があります。

新しいものは何でもそうですが、なぜバリューストリームマネジメントのソリューションを採用することが重要なのか、なぜ今が組織にとって真剣に評価すべき時なのかを詳しく説明した資料をオンラインで見つけることは難しくありません。私もその合唱に加わるつもりはありませんが、これから数行にわたり、私のお客様との経験から得た考察をお話ししたいと思います。

一般的に私は、ソフトウェア・プロダクション・チェーンの開発・管理を求められている人々の問題を、テクノロジーだけで解決できるとは考えたくありません。誰もがこのように考えているわけではありませんし、例えば、「人工知能」をどこにでも「注入」しようという、一般化された、おそらくあまり現実的ではない考え方につながるからです。

むしろ、優れたテクノロジーを賢明かつ実用的に採用し、正しい方法論の選択と組み合わせることで、違いを生み出している例がたくさんあることに気がつきました。Uber、Flixbus、Airbnbなど、デジタル・ディスラプションの波に乗った企業を挙げると、革新的なアイデアと優れた起業家精神のおかげであることは間違いありませんが、テクノロジーと方法論のバランスのとれた使用なしには、革新的な企業を実現することはできませんでした。

バリューストリームマネジメントのトピックを紹介する際には、テクノロジーと方法論的アプローチが具体的な価値をもたらす「ソリューション」として適切に位置づけることが重要ですが、それはどのような分野においてでしょうか?なぜ今なのか?表面的に見ただけでは、いくつかの検討事項があります。

  • 適切な測定基準によって生産チェーンを「管理」するために、どれだけのことをしたいのか、そして何よりも、どれだけの価値があるのか。
  • プロセスのパフォーマンスを「視覚的に」(つまり即時に)把握するためには、何を犠牲にすればよいのか?何が間違っているかを「一目で」コントロールするために?無駄な時間を省くことで、プロセスをより効率的にすることができます。あるいは、リリースまでの時間を最大で90%短縮したいのか?

このような考えは、適切な手法を用い、必要な技術を賢明に採用して、何年も前から非常にうまくいっている人々を苛立たせます。実際、大前提として、今までの仕事の仕方が悪かったと思われているようです。実際には、新しいアプローチを採用する原動力となるのは、いつものように文脈の変化です。今日では、多くの現実が「アジャイル」に取り組んでいます。ある人は「押し付けられた」方法で、ある人は始めたばかりで、ある人は(あるレベルでは長い間あきらめられない)選択肢を検討しています。アジャイル」アプローチは、完全に実現するのは簡単ではありませんが、工場の現場で「ビジネス指標」のレベルで完全なガバナンスを与える可能性を開きます。

これは、何年も前に自動車メーカーが制御システムを導入して、収益性を維持しながら同じラインで同じ車を200台カスタマイズして生産できるようにしたのと同じ論理とビジョンで、ソフトウェア工場に「装置」を導入する可能性を開くものです。現在の問題は、ROI と全体的な生産性に影響を与えることなく、このモデルをソフトウェア工場に導入する方法です。出発点は何でしょうか?

確かにこれまで、DevOps 分野をはじめとする多くの投資は、ベンダーのソリューションとオープンソースへの投資(オープンソースは完全に無料ではないことを学ぶ)、そして様々なレベルのコンサルティング活動の両方で行われてきました。そのため、最初のポイントは、これまでの投資を尊重し、保護することです。その上で、客観的なデータに基づいてビジネス上の意思決定(投資)を行うために有用な情報だけを収集し、公開する仕組みを構築することが課題です。現在の経済状況では、多くの企業が既存の開発を中断せずに投資を減らしている一方で、今すぐ投資して早く結果を出さなければならない企業もあります。いずれの場合も、「動く」ことが求められます。

自分の分析能力で下した最初の判断を、客観的なデータで補強したり、見直すことができるツールは、ソリューションにさらなる価値を付加するための投資のリスクを軽減するために、これまで以上に必要です。しかし、投資がビジネスにどのような価値をもたらしたかを理解する必要があるのは、その後です。決断を助けてくれた同じツールが、もたらした価値を迅速かつ客観的に評価してくれる。これは確かに、バリューストリームマネジメントソリューションを採用することのプラス面の一つです。

バリューストリームマネジメントソリューションを導入されているお客様の中には、投資リスクを低減する目的で、投資を段階的に行う方もいらっしゃいます。どのように?それは、パイロット・プロジェクトへの少額の投資から始めて、その結果を評価し、正しい判断を下すことです。決断とは、次のようなものです。

  • プロジェクトがビジネスに付加価値を与えないことが判明したため、プロジェクトを断念する。しかし、行った投資と費やした時間は、行った試みに含まれており、DevOpsとAgile の原則である Fail Early, Fail Fast を適用していること。
  • プロジェクトの価値を理解し、いくつかの決定をよりよく検討するのに役立つデータを持ち、ソリューションを採用するのに必要な時間をより正確に把握しているので、この時点では、リスクを減らしたという確信を持って投資を行うこと。

しかし、実際にはアプリケーション開発の世界を変えるような変革が起きています。それは、Just-In-Case(最悪のケースに備えてサイズを調整する)から Just-In-Time(その時々に応じて迅速に対応する)への移行と要約できます。このアプローチの変化は、痛みを伴わないものではありませんが、適切に実施されれば、確実に大きな競争上の優位性をもたらします。この Just-in-Case から Just-in-Time への移行は、クラウドの出現によってすでに実現しています。クラウドは、ハードウェアとソフトウェアを提供し、実際に使用されたリソースに対してのみ支払いを行うというシンプルさを利用して発展してきました。また、必要なときに処理能力のピークに対応し、厳密に必要な時間だけ新しいパワーを支払えます。

問題点は?企業にとってのクラウドソリューションのコストは、短期間で大幅に増加する可能性がありますが、それはなぜでしょうか?早くコストを削減したいという思いから、多くの企業がツールやアナリスト、開発者を手に入れようとしますが、常にコストとリリースされたものの品質が目的となってしまいます。結果として、リリースされるものの品質を忘れてしまうと、このような制約の中で開発されたアプリケーションは、使用するためにますます多くのリソースを必要とするという事実につながります。

水平方向にも垂直方向にも問題なく、迅速かつ透過的にスケールするクラウドの利用は、開発者がコストを認識していないため、それ自体が問題となります。しかし、より高いレベルでは、このコストの増加に対処し始め、多くの記事では、パフォーマンス・テストは、API や機能テストと同じようにパイプラインに追加するものであると提案されています。

現在では、ソフトウェア開発プロセスのアプローチは、決定論的な用語ではなく、測定や予測が容易なものではなく、確率的な用語でアプローチすることが多くの人に受け入れられています。そのため、プロジェクトミーティングで毎週のようにレビューされていた GANTT は、困難が生じたときにすぐに決断を下さなければならないことが多くなり、受け入れられなくなっています。これは、自分のプロセスを可視化し、プロジェクトの進捗状況を分析するために必要なメトリクスがリアルタイムに表示されていなければできないことです。だからこそ、バリューストリームマネジメントが必要なのです。個々のプロセスを評価できる柔軟性と、Just in Time のアプローチで自分の役割に適した測定基準を持つことができるバリューストリームマネジメントこそが勝者となります。


チームは何に取り組んでいるのか?HCL Accelerate 2.3 のダイナミック・スイムレーンで確認しよう

2021/3/22 - 読み終える時間: 2 分

What is the team working on? Find out with Dynamic Swim Lanes in HCL Accelerate 2.3 の翻訳版です。


チームは何に取り組んでいるのか?HCL Accelerate 2.3 のダイナミック・スイムレーンで確認しよう

2021年3月18日

著者: Bryant Schuck / Product Manager for HCL Software DevOps

画像の説明

"Dynamic Swim Lanes"は、HCL Accelerate 2.3 でリリースされた新しい驚くべき機能で、チームは異なるディメンションで起こっているすべてのことをマクロレベルで見ることができます。この拡張バージョンのスイムレーンでは、以下の方法で作業を見ることができます。

  • オーナー
  • 優先度
  • タイプ
  • リリース
  • スプリント
  • エピック

動的なスイムレーンは、リスク分析、レトロスペクティブ・ビュー、ビジネスとのディスカッション、ボトルネックの特定、適切なアイテムへの集中など、様々な場面で役立ちます。これにフィルタリングと検索機能を組み合わせることで、任意の項目を絞り込むことができます。

画像の説明

HCL Accelerate 2.3では、折りたたみ可能なフェーズ、行をクリックしてすべてのドットを表示する機能、行を上部に固定する機能など、いくつかの素晴らしい機能強化を行いました。新しいダイナミックスイムレーンが解決できる一般的な問題点を見てみましょう。

期日に間に合うのか?

ほとんどの開発チームがこの問題に直面しています。エピックのような大きなアイテムの優先順位はわかっていても、その進捗状況が誰にもわからないのです。これは通常、状況確認のためのミーティングを意味しますが、最悪の場合、手遅れになるまでリスクを指摘できず、リリースを延期しなければならないこともあります。ツールの中には、このようなデータを非常に限定的に見ることができるものもありますが、多くの動きのある部分をまとめて表示することはほとんど不可能です。HCL Accelerateの新しいダイナミックスイムレーン機能を使うことで時間を節約できます。これにより、どのユーザーも、何が完了したのか、何が現在作業中なのか、何が次なのかを異なる次元で正確に見ることができます。より高いレベルの画像を見ることができるので、誰もがリスクを評価し、次の最善の決定を下すことができます。

作業量が多すぎるのでは?

このような疑問をお持ちの方は、決して一人ではありません。バリューストリームは、お客様に大きな成果をもたらす多くのミクロな価値の断片の合成物です。HCL Accelerateではこのすべてのマイクロデータを集約することができるため、パイプラインの比類のないビューを引き出すことができます。直前の四半期と、チームが取り組んでいたすべてのことを見ることができるのは衝撃的です。あるお客様は、四半期ごとに14個のEpicに取り組んでいたことがわかりましたが、これでは1つのピースも完成せず、半分または下降したEpicがたくさんできてしまいます。このお客様は、ダイナミックスイムレーンを使って、ビジネスとチームを調整し、いくつかのエピックにのみ集中することで、お客様にとってより良い結果を得ることができました。

優先度の高い項目に取り組んでいるのか?

優先度」のスイムレーンをクリックすると、最優先事項がどこにあるかがすぐにわかり、スタンドアップでより深い会話ができるようになりました。管理者は、お客様にとって重要なバグが必要な注意を払っているかどうかを簡単に確認でき、優先度の低い項目が先に行われていないかどうかを確認できます。

ダイナミック・スイムレーンやHCL Accelerate 2.3の他の新機能を実際に見てみたいですか?私たちのウェビナーに参加して、ライブデモをご覧ください。


真実は無数の点の中にある (The truth is in the Dots):HCL Accelerateでボトルネックをクリアする

2021/3/9 - 読み終える時間: 2 分

The truth is in the Dots: Clearing bottlenecks with HCL Accelerate の翻訳版です。


真実は無数の点の中にある (The truth is in the Dots):HCL Accelerateでボトルネックをクリアする

2021年3月8日

著者: Allan Wagner / HCL Software Transformation Architect

画像の説明

制約の理論は、すべてのシステムに少なくとも 1 つの制約があるという前提に基づいています。その制約を排除することは、その制約を特定することから始まり、その制約を改善または排除することで終わります。

ステップが自動化されたり、複数の独立したツールによって管理されたりする複数のステージにまたがるシステムで作業するときの課題は、最も影響力のある制約がどこにあるのかを特定することです。問題を解決するための次のステップは、制約がどのように現れたかを理解し、制約の影響を排除または最小化するための正しい行動を決定することです。

この考え方をさらに発展させると、最も一般的な DevOps パイプライン(または最適化したいシステム)であっても、計画、開発、デプロイメント、テスト、リリースオーケストレーション、および管理の周りには何らかの活動があります。各フェーズやステージの中には、そのタスクの実行を支援するために実装された「ツール」があるでしょう。その結果、その活動やタスクのデータは、そのツールのリポジトリに保存されます。

ここで疑問が湧いてきます。エンドツーエンドのストーリーを伝えるために必要なデータが、分離されたツールのリポジトリに格納されている場合、システム全体を最適化するにはどうしたらよいのでしょうか?また、アイデアから実装までの作業の流れを示す全体像や「一枚のガラス」を持っていないチームは、どのようにして最大の問題領域を特定するのでしょうか?確かに、個人が日々の活動に特化した改善のためのアイデアを持っているかもしれませんが、通常はサイロ化された最適化になってしまいます。私たちはシステム全体を最適化したいと考えています。多くの場合、フローを最も阻害しているボトルネックを特定し、そのボトルネックがどのようにして発生したのかを理解することは、それ自体がボトルネックになる可能性があります。

チームが必要としているのは、複数のツールからのデータを統合し、エンドツーエンドでシステムの全体像を意味のある有用な方法で提示するソリューションです。ありがたいことに、ソリューションがあります。

このビデオをご覧ください。HCL Accelerate がパイプライン全体の作業の流れを提示する方法をご覧になれます。

  • 複数のソースからのデータを活用して、ボトルネックを処方的に特定します。
  • ボトルネックをトリアージする機能を提供します。
  • データを表示することで、チームが最適な解決方法について情報に基づいた決定を下すことを可能にします。

HCL Accelerate を使用してボトルネックをうまく排除してシステム全体を改善する旅を始めたら、HCL Accelerateは他の2つのDevOpsの指針である以下のような方法でも組織を支援します。

  • リアルタイムのバリュー・ストリーム・データを有意義なレポートで提示し、フィードバックを加速する。
  • 継続的な改善実験がプラスの結果をもたらしているかどうかを示す主要なメトリクスを表示する

HCL Accelerate の詳細については、こちらをクリックしてください。


HCL Accelerate: SAP パイプラインを介したフローの高速化

2021/2/26 - 読み終える時間: 2 分

Accelerating Flow across an SAP Pipeline の翻訳版です。


SAP パイプラインを介したフローの高速化

2021年2月25日

著者: Allan Wagner / HCL Software Transformation Architect

画像の説明

DevOpsは測定可能なビジネス成果を提供することを目的としており、ボトルネックを排除してパイプラインを最適化することは、ビジネスの成功に貢献するビジネス目標を達成するための素晴らしい方法です。組織が新技術を採用するために新機能の開発に着手する際には、常に1つの質問に答える必要があります。

世界中の多くの組織(SAPやSAP以外の開発会社)と話をしていると、ビジネス上の価値、ビジネス上の目的、または現在進行中の技術的な取り組みについて尋ねると、その回答は共通のテーマにまとめることができます。

  • より速く、より頻繁なリリース
  • 顧客を喜ばせるための品質向上
  • セキュリティを強化し、ビジネスへのリスクを低減
  • コストを下げて収益性を高める

目標を説明するために使用する言葉や価値の定義方法は異なるかもしれませんが、達成しようとしている成果は、通常、これら4つのバケツのうちの1つまたはそれ以上に当てはまります。

中には、これらの目標があまりにも単純すぎたり、一般的なものであると考える人もいるかもしれません。私は、ミッションを定義したり、課題(継続的な改善への挑戦)を明確にするのに役立つ一般的な言葉であることを提案します。そして、継続的な改善こそがDevOpsのすべてではないでしょうか?すべてのシステムには少なくとも1つの制限があると考えると、組織はその制限を見つけ、問題を修正し、解決すべき次の課題を探すために働くべきです。

プロセス最適化とバリューストリームマッピングのワークショップでは、制限を見つけ、ボトルネックを解消するために取るべき行動を決定します。エンドツーエンドプロセスのレビューでは、以下のような制限が表面化することがあります。

  • パイプラインのツールチェーン全体の統合ができていないことや、手動のプロセスステップに起因する遅延
  • データが複数のツールリポジトリに散らばっているため、意思決定を支援するためのレポート機能が不足している
  • 自動化の欠如とツールチェーンのギャップにより、特定のタスクを完了させるために非常に困難な手動作業が発生
  • 時間的な制約から品質チェックを省略することで、不必要にビジネスのリスクを増大させる

制限に同意できるのであれば、まず、その解決策と、それをどのように排除するか、また、目的を達成することでビジネス価値を提供するというミッションに悪影響を与えるものを見てみましょう。

画像の説明

以下は、SAP 開発用に完全に統合された DevOps パイプラインを実際にお見せするデモです。

ビデオを要約すると、Jira と SAP ChaRM と統合された HCL Software DevOps ソリューションが、組織が苦労している一般的な制限の多くを排除した統合されたエンドツーエンドのソリューションをどのように提供しているかがわかるかと思います。

統合には以下が含まれます。

  • 計画、開発、リリースオーケストレーション、デプロイメントの自動化、テストの自動化に関連する DevOps の実践領域を横断するシームレスなツールチェーンの統合。
  • SAP ChaRM、Jira、および HCL Accelerate 間で同期された自動ワークアイテムステータス更新
  • Jira ワークアイテムと HCL Accelerate ワークアイテムに SAP ChaRM ID と SAP Transport ID を追加し、監査可能性を向上させました。
  • HCL OneTestHCL AppScan で変更を確認し、HCL Launch によってオーケストレーションされたセキュリティ脆弱性のスキャンを行うために、プロセスに統合された統合、機能、パフォーマンス、セキュリティテストの自動実行
  • HCL Accelerate のインサイトビューを使用したデータに基づいた正確な意思決定のための品質メトリクスを、ガラスの単一の痛みに自動的に表示します。
  • HCL Accelerate のバリュー・ストリームのフェーズとステージに費やした時間の詳細で、ボトルネックを特定し、改善のための領域を切り分ける

HCL Software の DevOps ソリューションとそれがあなたの組織にどのように役立つかについての詳細は、ここをクリックしてください。

お立ち寄りいただきありがとうございました。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021/2/17 - 読み終える時間: 3 分

Tech trends impacting DevOps, and what they mean for you の翻訳版です。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021年2月15日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

調査・アドバイザリー会社のガートナーは先日、DevOps に影響を与えるテクノロジートレンドのトップ 10 を概説したインフォグラフィックを発表しました(ガートナーのサブスクリプションをお持ちの方はこちらからご覧になれます)。このインフォグラフィックは、製品、プラットフォーム、およびガバナンスを改善するためのデジタルトランスフォーメーションの取り組みのロードマップとして機能します。私たち、HCL Software DevOps グループでは、これらのトレンドの実用的な適用と、なぜこれらのトレンドが重要なのかについて議論してきました。DevOps に影響を与える Gartner 社の技術トレンドの一部をご紹介します。


アジャイル製品の提供

Gartner は次のように書いています:「価値あるソフトウェアの継続的なデリバリーは、継続的なインテグレーション、継続的なテスト、機能フラグの管理、継続的なモニタリングを含むアジャイルプラクティスによって達成されます」。

HCL Software DevOps の見解: 適切な自動化ツールを適切に配置することは、組織にとってアジャイルな製品デリバリーの鍵となります。現在のソフトウェア・デリバリー・パイプラインにあるすべての手動プロセスを特定してください - 承認をメールで送信することから、テストを実行するタイミングをシステムに伝えることまで、すべてが適切なツールによって合理化され、改善されます。自動化できるプロセスが増えれば増えるほど、チームがビジネスの成果を出すことに集中できる時間が増えます。

このトレンドをサポートするツール:HCL LaunchHCL OneTestHCL AccelerateHCL Compass

画像の説明


継続的な品質維持、向上

ガートナー社は、「継続的品質とは、品質保証の概念を、機能的欠陥と非機能的欠陥からの予防、検出、回復可能性に至る一連の継続的な活動にまで拡大したものである」と述べています。

HCL Software DevOps は言う。繰り返し可能なデリバリー・パイプラインを確立することは、「Day 1 DevOps」ですが、継続的な品質を取り入れることは、成熟した「Day 2 DevOps」パイプラインの特長です。テストは、ソフトウェアのデリバリープロセスの特定の部分だけに限定されるべきではありません。品質を確保し、問題を早期に発見し、進歩を加速させるために、テストは開発全体を通して頻繁に行われるべきです。

このトレンドをサポートするツール:HCL OneTestHCL Accelerate


継続的なコンプライアンスの自動化

継続的なコンプライアンスの自動化は、コンプライアンス違反の発見と検出、ポリシーの実施とレポートの自動化、および脆弱性の修正により、リスクを軽減するのに役立ちます。

HCL Software DevOps の見解: これらのトレンドに気づいていますか?これらの取り組みの多くの原動力は、セキュリティ、コンプライアンス、品質です。成熟した DevOps 組織では、ガバナンスは誰かの仕事だとは言えません。コンプライアンスの確保は、組織内でのアクセス、役割、責任の割り当て方から始まります。DevOps パイプライン全体で使用するツールは、品質ゲートを強制し、コードとしてのポリシーを維持し、矛盾を報告するために連携する必要があります。ワークフロー全体にまたがることができる、実績のあるセキュリティとコンプライアンスの自動化ツールに投資することは、競争力を維持し、組織が次の大きなセキュリティ侵害の中心になることのないようにするための鍵となります。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

画像の説明


バリューストリームエンジニアリング

ガートナーは、「ローカル最適化を避け、システムレベルのアプローチで顧客価値の流れを改善する」と述べています。

HCL Software DevOps の見解: このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。バリューストリーム管理は、DevOps パイプラインのデータを統合し、パフォーマンスと戦略を全体的に見ることができるようにします。VSM は、データベースの DevOps 環境を構築し、信頼とコミュニケーションを中心とした組織文化を構築するための鍵となります。今、VSM のトレンドに乗っている組織は、あっという間に競合他社よりもはるかに先を行くことになるでしょう。あなたは取り残されている余裕がありますか?HCL Software DevOps の使命は、適切なデータを適切なタイミングで提供することで、製品チームがソフトウェア・デリバリー・パフォーマンスを向上させることです。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

ガートナーのリストに追加するトレンドはありますでしょうか?コメントで教えてください。


HCL Accelerate: バリューストリームマネジメントの長期的なメリットとは

2021/2/11 - 読み終える時間: 2 分

What are the long-term benefits of value stream management? の翻訳版です。


HCL Accelerate: バリューストリームマネジメントの長期的なメリットとは

2021年2月10日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

バリュー・ストリーム管理は、DevOps パイプラインのボトルネックの検出などの即時的なメリット と、スループットの向上などの短期的なメリット をもたらします。しかし、非効率性を発見してそれを修正したら、VSM は組織にとって何のメリットがあるのでしょうか?優れたバリュー・ストリーム管理ツールは、長期的な戦略デバイスとして実際に最も有益であり、そこから得られる即時の利益は氷山の一角に過ぎません。バリュー・ストリーム・マネジメントを 5年から 10年使用した後に何が起こるのかを探ってみましょう。

より賢く、より効率的な投資を行う

DevOps パイプライン全体に透明で正確なデータがあると、リソースを適切に割り当てることが非常に簡単になります。VSM ツールを使い始めると、現在の無駄がどこにあるのかを確認し、それを修正するために動くことができます。長年にわたり、VSM はパイプラインの最適化を支援し、新たな無駄を生み出さず、より効率的なフローを実現します。適切なデータがあれば、いつ人員を増員するか、どのツールを削減するか、どのプロジェクトが最も ROI が高いかなど、より適切な判断を下せます。

混乱から組織を守る

今が2020年3月で、5年間VSMツールを導入していたと想像してみてください。COVID-19 のパンデミックは、すべての組織の優先順位を変え、私たちが働く方法や場所を変えてしまいます。バリューストリームデータがあれば、削減が必要な場合には、より戦略的かつインテリジェントにリソースを再調整することができ、リモートワークへの移行時には、より効果的に個人をサポートし、作業項目を追跡することができます。

パンデミックのトンネルの先に光が見えてきましたが、国際的な経済イベントであれ、自社の業界での新たな競争相手であれ、常に新しいディスラプターが角を曲がったところにいます。バリュー・ストリーム・マネジメントは、現在の問題点を修正することではなく、環境や業界の要求に応じてピボットする準備をしておくことが重要です。HCL Accelerate のようなツールからの洞察により、組織は外部または内部のあらゆる変化の影響をピンポイントで把握し、競争力を維持するためにバリュー・ストリームを適切に調整できます。

データ駆動型の文化を醸成する

データを大きく、組織全体で可視化するバリュー・ストリーム管理ツールがあれば、データ駆動型の DevOps 文化を構築することが容易になります。HCL Accelerate のようなプラットフォームの目標は、幹部向けのレポートを作成することではありません。それは、チームや機能を超えた全員が、自分たちの仕事がビジネス目標にどのように貢献しているかをより意識できるように、情報の公平性を高めることです。このような情報の透明性は、個人のモチベーションと責任感を高め、部門間のコラボレーションを高めることにつながります。

データ重視の企業文化は、バリュー・ストリーム・マネージャーやバリュー・ストリーム・アナリストのようなデータに特化した役割に適しています。組織の VSM の旅の数年後には、バリュー・ストリーム・メトリクスを解釈し、戦略やロードマップの決定に適用することに焦点を当てた人材を採用することが、DevOps の変革における自然な次のステップになるかもしれません。 ビジネスの成長を促進する

VSM を使用すると、データが変更の理由を強制すると、「これまではこうしてきた」という古い言い訳は消えます。DevOps パイプライン全体のメトリクスを組み合わせて新しいアプローチを試すように指示されたときに、静的な状態を維持することは困難です。一方で、優れたバリュー・ストリーム管理ツールは、直感ではなくデータに基づいた意思決定を支援することで、パイプラインの変更に対するガードレールを提供します。さらに、HCL Accelerate のようなツールを使用すると、新しい戦略、プロセス、ツール、またはチームの効果を、自動生成されたレポートと主要なパフォーマンス指標のトラッキングで素早く確認できます。

特に大企業では、変化がより規制されており、変化が難しいため、今までと同じままでいたいと思うかもしれません。しかし、競争力を維持するためには変化が必要であり、技術革新に時間がかかることは、多くの確立された組織の欠点となっています。バリュー・ストリーム管理を使用すると、DevOpsパイプラインのどの要素にも変更が必要な場合に、それを認識し、正当化することがはるかに簡単になります。適切なタイミングで適切なデータがあれば、組織はより迅速な意思決定を行い、顧客の満足度を維持できます。

VSM ツールは本当に必要なのか

VSM ツールを使わない方がいいかもしれません。しかし、DevOps への変革は、はるかに困難でマニュアル化されたものになるでしょう。バラバラなツールからすべてのデータを収集し、パイプラインに関わるすべてのチームの個人からステータスアップデートを収集し、これらの情報のデータセキュリティを管理し、組織全体でわかりやすい形式でこれらの情報を解釈するための時間と忍耐力が本当にあるでしょうか?また、これは一度きりのことでも、6ヶ月に一度のことでもありません。

HCL Accelerate のような堅牢なバリュー・ストリーム管理プラットフォームを組織に導入した瞬間から、DevOps のプロセスと文化にメリットが現れます。最初の数ヶ月間は、ボトルネックを特定し、ベストプラクティスを明らかにし、チーム内のパフォーマンスを向上できます。数年後には、これらの機能強化がチーム全体に広がり、パイプライン全体を最適化できるようになります。

バリュー・ストリーム・マネジメントの導入を待ってはいけません。有名な学者であるW.エドワード・デミング博士が言ったように、「変化する必要はない。生き残ることは必須ではない」と述べています。価値の流れの経営を採用することから始めなさい。そして、将来の変化を強力な VSM ツールのデータでバックアップします。

当社の VSM ツールである HCL Accelerate の動作をご覧になりたいですか?こちらのインタラクティブなデモをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault inotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修