サポート技術情報一覧 (2020年2月20日現在)

2020/2/20 - 読み終える時間: ~1 分

サポート技術情報はトラブルに関する情報など、製品マニュアルではカバーしきれない内容を提供するために作成されています。残念ながら完璧な製品はないので、公開すべき新たな情報が日々でてきています。全体で約15000文書あり、そのうち日本語のものは約3000文書あります。

にもかかわらず、さまざまな事情で検索にヒットしないため、情報の検索性で皆様にご迷惑をおかけしております。

2020年2月20日時点の一覧のリストを作成しました。ネットで検索の時代に逆行するような形となりますが、若干でも役に立てばと考えております。

ダウンロード: Support_Tech_Doc_20200220.xlsx (1.2 MB)


サポート技術情報: 「Web サーバーの監査で脆弱性が指摘されたため対応を教えてください」

2020/2/20 - 読み終える時間: ~1 分

SSL 暗号化の適切な設定方法が書かれているサポート技術情報です。

サポート技術情報: Web サーバーの監査で脆弱性が指摘されたため対応を教えてください


障害修正リスト・データベース (アーカイブ) の公開

2020/2/17 - 読み終える時間: ~1 分

2020/01/9 にポストした「lotus.com ドメイン・サイトの停止について」で、Notes クライアントを使用して障害修正リスト・データベースにアクセスできることをお知らせしました。2020年2月上旬からアクセスができない状況が継続していて、サイトが閉じられたと思われます。

障害修正リスト・データベースは「アーカイブ」という形で公開しましたのでお知らせします。


lotus.com ドメイン・サイトの停止について

2020/1/9 - 読み終える時間: 2 分

2019年12月末頃から既に10日以上 Notes/Domino Fix List DB をWebから (http://www-10.lotus.com/ldd/fixlist.nsf/) アクセスできなくなっています。現在、確認を行っています。

停止期間が長期化していることと、停止のタイミングが IBM developerWorks の Connections Community とほぼ同じ (2019年いっぱい。事前告知あり) ことから、サイトが閉じられた可能性が高いと思われます。

https://www-10.lotus.com/ldd/ には Notes/Domino Wiki をはじめ、さまざまなコンテンツがあり、既に書き込みは停止されてはいたものの、アーカイブとして便利に使われていた方もいらっしゃるかと思います。また、Notes/Domino Fix List DB も公開されていました。

これらの DB は HCL 内で確保、保管しています。データ・ロストにはなっていないことをお知らせします。今後の公開などについては検討を行っています。

-- 2020/02/14 更新: 以下の方法は無効になりました。サイトが閉じられたようでアクセスができない状態が続いています --

最も利用度が高い Notes/Domino Fix List については、現時点 (2020/01/09現在) の暫定回避策として以下の方法が使えますので紹介します。

Notes/Domino Fix List については Notes クライアントからのアクセスが可能です。匿名アクセスを有効にしていますので、みなさまがお使いの Notes ID でアクセスできます (ポート 1352 でアクセスできることが必要です。相互認証画面がでます)。複製したり、全文索引を作成し検索したりすることもできます。以下の要領でアクセスしてください。

なお、lotus.com と (Fix List がある) Notes.net ドメインは IBM Corporation の管理であり、IP も IBM 施設内に紐付けられています。

Fix List データベースの最終更新は 10.0.1 FP2 です。複製履歴によると、上流のハブサーバーからのデータ流れ込みが停止されています。停止の原因は上記のサイト管理状況が関連している可能性が高いです。今後、サーバーが停止する可能性が高いので、Fix List を必要とされる場合は複製を作成しておくことを推奨します。

中途半端な情報で申し訳無いのですが、状況報告と引き続き確認を行っていることのご連絡でした。


  • notes://notes1.notes.net/r5fixlist.nsf にアクセスする。殆どの場合、これでアクセスできるはずです。
  • アクセスできない場合は、以下の手順で接続文書を作成します。

1) 個人アドレス帳を開き、[詳細] - [接続] ビューに移動します。
2) アクションメニューより、[新規] - [サーバー接続] を選択します。
3) 以下のようなサーバー接続文書を作成して下さい。

接続タイプ :ローカルエリアネットワーク
使用する LAN ポート:TCP
サーバー名:Notes1/NotesWeb
使用優先度:通常
受信側サーバーアドレス:notes1.notes.net

4) 同様に、以下のようなサーバー接続文書も作成して下さい。 Notes1 と Notes2 はクラスタリングされています。

接続タイプ:ローカルエリアネットワーク
使用する LAN ポート:TCP
サーバー名:Notes2/NotesWeb
使用優先度:通常
受信側サーバーアドレス:notes2.notes.net

5) [ファイル] - [データベース] - [開く] より、Notes1/NotesWeb を入力し、接続可能であることを確認して下さい。Notes/Domino Fix List Database のファイル名は r5fixlist.nsf です。


サポート技術情報ページのタイトルが %title - HCL %kbnumber - Customer Support になる件

2020/1/8 - 読み終える時間: ~1 分

サポート技術情報ページのタイトルが %title - HCL %kbnumber - Customer Support になる問題ですが、不具合により発生しており対応を担当部署に依頼しています。さまざまな事情で時間がかかっておりますが、問題は認知しておりますのでお知らせします。

たくさんの方から「ブックマークがしづらくて困る」とのお話をいただいております。申し訳ありませんがもう少しお待ち下さるようお願いします。


年末年始のサポートの営業について

2019/12/20 - 読み終える時間: ~1 分

2019年12月30日より2020年1月3日まではお休みとさせて頂きます。 なお、システムダウンなどの重要度1の障害につきましてはHCL サポート電話番号にお問い合わせください。


About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。