なぜクラウドネイティブ戦略が重要なのか?

2021/3/4 - 読み終える時間: 2 分

HCL Software is Cloud Native: Q&A with Chief Platform Architect, Alex Mulholland の翻訳版です。


なぜクラウドネイティブ戦略が重要なのか?

2021年3月2日

著者: Alex Mulholland / Platform Chief Architect, HCL Software

画像の説明

クラウドネイティブ戦略では、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドリソースを利用することで、ビジネス上のメリットを実現できます。クラウド・リソースは、インフラ・コストの削減、アプリケーションの更新の迅速化、データ・ロケーションの要件への対応など、さまざまなビジネス目標を達成するために、さまざまな方法で使用できます。組織は、特定のビジネス要件を満たすクラウドネイティブ戦略を構築しなければなりません。HCL Software は、多くの企業がビジネス・アプリケーションに使用するエンタープライズ・ソフトウェアを提供しているため、お客様の利益となるクラウド・ネイティブ戦略をサポートするクラウド・ネイティブ戦略を持つことが重要だと考えています。

クラウドネイティブ化に向けて動き出したお客様が直面している最大の課題は何でしょうか?

お客様が直面している最大の課題は、クラウドネイティブのスキルが限られていること、厳選されたクラウドでしか利用できないエンタープライズ・ソフトウェアがあること、1つのクラウド・ベンダーに固定されない選択ができることだと思います。

当社のお客様は、当社のソフトウェアの管理に高いスキルを持っていますが、ほとんどのお客様はクラウドネイティブ技術を使い始めたばかりです。コンテナや Kubernetes で簡単に始められるようにしたり、クラウドネイティブの世界で主流となっている技術や、大規模な本番環境での利用がすでに実績のある技術を統合したりすることで、私たちはそのお手伝いできます。

大手ソフトウェアベンダーの多くは、特定のクラウドベンダーと強い結びつきを持っているため、そのソフトウェアを使用することで、そのクラウドに縛られてしまいます。このため、ソフトウェアとクラウドベンダーの両方の選択の自由が制限され、移行が非常に困難になる可能性があります。ワークロードがクラウドに移行し、異なるクラウドの特性やコストが理解されるにつれ、多くのユーザーは、異なるクラウドベンダーに移行したり、ワークロードを複数のクラウドに分散させたりする機能を求めています。このような柔軟性をユーザーに提供できるようにすることが重要です。

HCL Software のクラウドネイティブアプローチとは何ですか?

HCL Software のクラウドネイティブ戦略は、最も広く採用されているクラウドネイティブ技術に根ざした技術プラットフォームと、お客様がそれぞれのビジネス目標に合わせて最適な方法でクラウドネイティブを採用できるようにするための選択と柔軟性を組み合わせたものです。

HCL Software が行ったテクノロジーの選択は、クラウドネイティブ・コンピューティング・ファウンデーションのクラウドネイティブの定義に基づいています。当社のソフトウェアは、Kubernetes オーケストレーションを備えたコンテナや Helm パッケージなど、クラウドネイティブのコア技術を使用しています。リクエストルーティング、アクセス制御、監視は、広く採用されているオープンソースソリューションによって提供されています。Ambassador、Keycloak、Prometheus、Grafana です。ダッシュボードアプリケーションは、基礎となる Kubernetes リソースや製品ログファイルなどへの一貫したアクセスを提供し、どのクラウドプロバイダーを使用しているかに関わらず、Kubernetes を簡単に使い始められます。当社では、dev/ops や CI/CD などのクラウドネイティブプラクティスを使用して製品を開発・提供しているため、インストール、監視、更新の特性が一貫しており、迅速に提供されるクラウド対応の製品ポートフォリオへとソフトウェアを進化させています。

クラウド・ネイティブは、シングルテナント、マルチテナント、クラウド・アーキテクチャと比較してどうですか?

HCL Software のクラウドネイティブ製品は、お客様に選択肢と柔軟性を提供し、完全なコントロールを実現します。HCL のソフトウェアは、どのような Kubernetes 環境でも、お客様のデータセンターやパブリッククラウドのアカウントにインストールできます。

現在市場に出回っている他のクラウドネイティブ製品との違いは何ですか?

ほとんどのクラウドネイティブ製品は、顧客を特定のクラウドベンダーに結びつけています。当社のクラウドネイティブ戦略は、クラウドに完全に依存しないという点で、大手エンタープライズ・ソフトウェア・ベンダーの中では他に類を見ません。当社のクラウドネイティブ機能は Kubernetes のみに依存しており、クラウドベンダーに依存することはありません。これにより、お客様はパブリック、プライベートを問わず、どのようなクラウドでも当社のソフトウェアを自由に実行できます。この柔軟性により、クラウドプロバイダー間での移行が容易になり、コスト削減のメリットを迅速に享受したり、個々のエンドユーザーの要件を満たしたり、マルチクラウド戦略を実装したり、その他多くの動機を満たせます。

HCL Software はどのようにして顧客のクラウドネイティブ導入を支援しているのでしょうか?

SoFy は、HCL Software のクラウドネイティブプラットフォームであり、お客様が迅速かつ容易にクラウドネイティブを導入できるように支援しています。SoFyは、クラウドネイティブのフォームファクタにあるエンタープライズソフトウェア製品のカタログで、Helm でインストールされ、Kubernetes でオーケストレーションされたコンテナ内で動作し、それらを監視・管理するための共通のサービスセットを備えています。1つまたは複数の製品を選択し、選択した Kubernetes 環境に数分でデプロイできます。既存のお客様がSoFyを手にして、長年使ってきた製品が本当に Kubernetes にインストールされ、数分で稼働を開始できることを知ったとき、私たちが受け取る典型的な反応は、"Wow!

Helm はインストールとアップグレードを提供し、Kubernetes はスケーリングとフェイルオーバーをオーケストレーションします。SoFy の共通サービスは、実績のあるオープンソースのコンポーネントを利用して、すべてのクラウド環境で一貫したエクスペリエンスを持つ Kubernetes リソースへの監視、アクセス制御、簡素化されたアクセスを追加し、異なるクラウド間でのソフトウェアの管理を簡素化します。

図1:すべてのクラウド環境で一貫した管理者インターフェースを提供するSoFyコンソール 画像の説明

お客様はこれらの SoFy ソリューションを、パブリッククラウドプロバイダーがホストする Kubernetes 環境でも、自社のデータセンターで実行することも可能です。前提条件は最小限(Kubernetesとcert-manager)なので、1時間以内に HCL のソフトウェアをインストールして実行できます。

SoFy は誰でも利用できますか?

SoFy では、HCL Software のすべてのお客様とビジネスパートナーの皆様にご利用いただけます。

どのようにして利用を開始するのですか? 費用はかかりますか?

hclsofy.com にアクセスして、アクセスをリクエストしてください。SoFy を使用するための追加費用はありません。無料の Kubernetes サンドボックスを提供しており、Kubernetes で動作する当社のエンタープライズソフトウェア製品をすべて試せます。本格的に使用する準備ができたら、Helm インストールパッケージをダウンロードして、既存のソフトウェアライセンスを使用して、ご自身のKubernetes 環境でソフトウェアを実行できます。もしまだ Kubernetes 環境にアクセスしていない場合は、Google Cloud Platform の無料トライアルアカウントを使って実行する方法をガイドでご紹介します。


Connections Cloud および SmartCloud Notes のサービス終了まであと 120 日です

2020/3/18 - 読み終える時間: 3 分

2020年3月17日、英語版ブログに We Are Now 120 days from a Very Important Date! がポストされました。翻訳版を掲載します。

とても重要な日から120日目です! (We Are Now 120 days from a Very Important Date!)

2019年7月16日、HCLは Connections Cloud および SmartCloud Notes (SCN) のマーケティングおよびサービスが 2020年7月16日に終了することを発表しました。

今後どのようにするかをまだ決定していない場合、今すぐに決定すべく前進する時です。停止までの時間は 3 か月です。このアンケートにご記入いただき、今後 3 か月間に HCL がお客様をサポートする最善の方法をよりよく理解したいと考えています。

ご想像できるかしれませんが、皆様がお使いいただいている HCL のコラボレーション製品に対して、HCL は積極的な投資戦略を行っており、これにより新たな環境でも皆様と共に前に進めるのではないかと考えております。とはいっても、別の手段の計画をたてなければならないケースがあることも理解しています。HCL は、簡潔で明確な方法で皆様の準備に最善を尽くしていきたいと考えています。具体的には次のオプションがあります。

  • 認定 HCL クラウド・ホスティング・マネージド・サービス・プロバイダーにデータを移動する。
  • データをオンプレミス、プライベート・クラウド、またはサードパーティのクラウド・プロバイダーに移動する。
  • 何もしない。2020年7月15日をもってサービスが終了となり、すべてのデータが失われる。

    注:2020年7月16日以降、既存のクラウドサービスでデータにアクセスできなくなります

認定 HCL クラウド・ホスティング・マネージド・サービス・プロバイダーと既に話し合いを始めている場合は、契約に署名してデータを取得することを強くお勧めします。移行がスケジュールされ、次のパスに進められます。

認定 HCL クラウド・ホスティング・マネージド・サービス・プロバイダーは利用しないが、クラウド・データをオンプレミス環境、プライベート・クラウド、またはサードパーティのクラウド・プロバイダーに移動する場合は、API に関するドキュメントについて HCL サポートにお問い合わせください。API はデータの抽出と移行に使用できます。

下記は、影響を受ける製品ごとの次のステップを明確に概説しています。

SmartCloud Notes / Verse の場合、今お使いのメールデータの移行開始をお勧めします。

HCL Connections Cloud の場合は以下を推奨します。

不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。質問に答えるために、4つのクラウド移行オフィス・アワー・セッションを開催します。リンクをクリックすると ics ファイルがダウンロードできます。自分に合った日時の ics をダウンロードし、カレンダーにインポートして参加してください。

最後に、個人的に自己紹介をさせてください。私の名前は Barry Rosen バリー・ローゼンです。20年以上にわたってこのソフトウェア・ファミリーにさまざまな役割を果たしてきました。以前は、HCL Notes、Verse などの製品管理のディレクターでした。今は HCL クラウド・ホスティング MSP プログラムを率いて、今後、専門知識を駆使して、このプロセスを管理し、質問に答える単一の窓口を提供します。質問を直接私に送ってください。ありがとう、

翻訳注: お問い合わせは https://www.hcljapan.co.jp/software/contact/contact_general.html まで。

Barry Rosen

Director of HCL Cloud Hosting MSP Program


Connections Cloud データ移行に関するQ&A

2020/2/28 - 読み終える時間: 4 分

2020年2月27日の深夜にに Connections Cloud の移行に関する Webinar が開催されました。そこで行われた Q&A が英語版ブログにポストされました。以下はその翻訳版です。大意を取る目的で機械翻訳を用いています。


A Q&A about Moving ahead with Connections Cloud: Practical Next Steps (Connections Cloud の「前進」に関するQ&A: 実用的な次のステップ)

2019年7月に、Connections Cloudのユーザーは、既存のサービスを新しい環境に移行するまでの期間が12か月であることを発表しました。2020年7月16日はまもなくです。承認済みのクラウド・ホスティング・プロバイダー (CH-MSP) と熱心に取り組み、新しいサービスに移行する準備ができていることを確認しています。

2月27日にWebinarを開催し、Connections固有のデータ移行プロセス、開始方法、および知っておく必要のあるすべてについて説明しました。ここで再生を見ることができます。このセッション中に多くの素晴らしい質問がありました。さらに準備するために、ここで以下に回答しました。

今こそ、HCL承認済みクラウド・ホスティング・プロバイダーとの契約に署名するときです。そして、データの移行計画を立てるのです。CH-MSPに移行しない場合は、Connections APIを活用してデータをキャプチャーする代替プランを作成してください。


警告: 2020年7月15日以降、既存のクラウドサービスでデータにアクセスできなくなります


Q: CH-MSPに移行します。データはどのように移行されますか。

A: クラウド運用によって実行される直接データベース抽出により、個人情報を安全に保ちます。このプロセスの詳細と、これがデータを移動するための最も速く、最も単純で、最も費用効果が高く安全な方法である理由については、録画済みWebinarをご覧ください。

Q: データの移行中にダウンタイムは発生しますか。

A: いいえ。詳細については、録画済みWebinarをご覧ください。私たちの計画は、ユーザーが作業を継続し、中断することなく、ダウンタイムなしで新しい環境で中断したところから再開できるように構築されています。

Q: CH-MSPに移行しているところです。今すぐConnectionsデータを移動できますか。

A: まだできませんが、今すぐHCLサポートに連絡して、移行のスケジュール計画を開始してください。約束どおり、3月末に、ホスティングプロバイダーに、環境で既に完全にテストされたConnections v6.5 CR1に必要なコードをリリースします。その数週間後に、データ移行に必要となるインポート・スクリプトが完成します。今の見通しでは、データ移行が開始できるのは4月中旬の見込みです。

Q: 自分の環境のサイズがどのくらいか知りたいのですが。

A: Connections Cloudの管理者である場合は、サポート・ポータルからHCLサポートに連絡して、環境のサイズを確認し、移行を計画してください。サポートチームが詳細なサイジング情報を提供します。これは、計画の目的でCH-MSPと共有するのに役立ちます。CH-MSPに移行するのではなく、このデータは、オンプレミス、プライベート・クラウド、またはサードパーティーに移行する場合にも役立ちます。

Q: Connections環境にアクセスするためのURLは変更されますか。

A: 変更されます。新しいURLは選択したCH-MSPから提供されます。この変更を事前にユーザーに通知することが重要です。

Q: DB2データはAWSまたは別のデータセンター上のDB2に転送されますか。

A: データは、DB2データと暗号化されたファイルの組み合わせであり、安全なAWS/S3ロケーションに送信され、新しいConnections Cloud (DB2) にインポートされます。DB2データをエクスポートし、エクスポートファイルをAWSに移動します。AWSでは、MSPがデータを安全にダウンロードし、新しいDB2データベースにインポートします。

Q: どの認証が提供されますか。

A: 認証は各CH-MSPによって構成され、選択したホスティングプロバイダーと話し合う必要があります。

Q: ユーザープロファイルはどのように作成されますか。TDIを使用する必要がありますか。

A: CH-MSPに移行する場合、TDIは不要です。将来的には、CH-MSPプロセスに従って変更が行われます。

Q: OAuthは認証に使用できますか。

A: はい。

Q: 私の顧客は大規模です。複数のサーバーを作成する必要がありますか、それともダイナミックな機能が使用されますか。

A: 既存のクラウドサービスからクラウド・ホスティング・プロバイダーに移行する場合、インフラストラクチャーの計画やサーバー構成を行う必要はありません。Connectionsは、クラウド・ホスティング・プロバイダーによって完全にテストおよび構成されたマルチテナント・パブリック・クラウド環境です。私たちの目標は、お客様の介入を可能な限り少なくすることです。そのため、お客様とお客様は、摩擦がほとんどないかまったくない状態で稼働しています。パートナーはCH-MSPと連携することをお勧めします。パートナーはこのプロセスを通じてお客様と連携する準備ができています。

Q: Verseは、ConnectionsのConnections Docsを使用して添付ファイルをプレビューします。これは、CH-MSPクラウド環境でサポートされますか。

A: はい。

Q: 現在クラウド上にあるConnectionsのバージョンはどれですか。

A: 発表前からクラウドで機能のアップグレードが行われていないため、Connectionsの現在のバージョンはv6 CR3です。CH-MSPに移行すると、最新のソフトウェア (v6.5 CR1) になり、引き続き環境を最新のソフトウェアバージョンにアップグレードします。

Q: 現在オンプレミスで作業しているConnectionsのお客様がいます。クラウドに移動できますか。

A: はい。お客様は、オンプレミスから、お客様またはパートナーがホストするプライベート・クラウド、または各CH-MSPが提供するマルチテナント (MT) Connections Cloud Serviceに移行できます。現在、その移行を完了するためのHCLによって提供されるスクリプトまたはツールはありません。CH-MSPで確認して、この計画を立てる必要があります。現在使用しているバージョンによっては、追加の作業が必要になる場合があります。

Q: 調査目的の移行はサポートされますか。

A: 計画されていません。特定の懸念がある場合は、詳細についてHCLサポートにお問い合わせください。

Q: ゲスト・ユーザーのコンテンツとアカウントは移行されますか。

A: CH-MSPへの移行には、「ゲスト」または外部ユーザーに関連付けられたデータが含まれます。顧客は、データプライバシー上の理由から、これらのアカウントを新しい環境で引き続き有効にするために、ゲストから許可を得る必要があります。本件については今後フォローしていきます。

Q: Sametimeミーティングサービスは利用できますか。

A: 最初、顧客はConnectionsの価格に含まれているConnections Sametime v11 Chatにアクセスできます。6月末までに、チームはSametime v11で新しいHCL Sametime Meetingサービスを開始します。このオファリングは、その時点ですべてのCH-MSPで使用可能になり、Connections MT Cloudサービスに統合されます。

Q: メールとConnectionsに関するこの通信の主題はありますか。

A: このWebinarの焦点はConnectionsですが、多くのお客様はメールとConnections on Cloudの両方を使用しています。メールの移行はレプリケーションを介したプライベート・クラウドへの移行であり、Connectionsはデータベースエクスポートスクリプトを介したマルチテナントクラウドの新しいインスタンスへの移行です。昨年12月、メールに関するWebinarがありました。こちらからメールの移行に関する最新のブログをご覧ください。

Q: CH-MSPの抽出スクリプトを使用していない場合、データ抽出に使用できるAPIの詳細を知るにはどうすればよいですか。

A: オンプレミス、プライベート・クラウド、またはサードパーティーに移動する人は、ドキュメントについてHCLサポートに連絡してください。サポートはNSFまたはPDFを提供できます。また、ドキュメントのオンライン投稿にも積極的に取り組んでいます。

Q: クラウド管理者は、既存のConnections Cloudを読み取り専用に移行できますか。それとも特定のアカウントですか。

A: データ抽出を開始するためにHCLサポートにリクエストが行われた場合、組織のConnections Customizerを有効にするリクエストを行う必要があります。環境を読み取り専用にするには、カスタマイザーが必要です。環境を「読み取り専用」にするために必要な管理者ガイドラインを参照してください。

日本語版注: 「ガイドライン」部分は以下も参照してください。

Q: S1のメール・カスタマー向けのロードマップはありますか。

A: S1に固有のロードマップはありません。これは、いくつか例を挙げると、メール、Connections、およびSametimeのバンドルを指す従来の用語です。私たちは、ポートフォリオ全体でお客様のためにたくさんの素晴らしい新しいイノベーションを用意しています。最新のロードマップの詳細については、HCL Digital Solutionsを参照してくださいYouTubeチャンネルとブログサイト、または今後のユーザーグループで詳細をご覧ください。

Q: ラテン・アメリカ地域にクラウド・ホスティング・プロバイダーはありますか。

A: 現在のクラウドの顧客は、米国のデータセンターを介して提供されており、クラウド・ホスティング・プロバイダーが利用できます。現在、地域の利益が役立つことを知っているため、ラテン・アメリカ地域のCH-MSPになる有望な候補者を探しています。プラットフォームとホスティングのお客様の経験に関して厳しい基準を満たすパートナーをご存知の場合はお知らせください。前向きに取り組みます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault inotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修