Engage 2020 開催のお知らせ

2020/1/23 - 読み終える時間: ~1 分

毎年、ベネルックス地域で開催されている HCL Collaboration 関連のイベントである Engage が今年も 2020/03/3-4 で開催されます。場所はオランダのアルンヘムの王立バーガーズ動物園です。https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=Arnhem%2C+Netherlands

Engage は HCL 主催ではなく、ベネルックス地域のユーザー会が企画、開催しているイベントです。当初はベネルックス各国からの参加があるイベントでしたが、今ではヨーロッパ地域のみならずそれ以外の地域からも参加があります。イベントとしては 2009 年から、ユーザー会としては約 20 年の歴史があります。

ちなみに、Engage 2019 はブリュッセルの自動車博物館 (https://autoworld.be/) で開催されました。(https://engage.ug/engage2.nsf/Pages/attend2019) 毎回、趣向を凝らした場所で行われており、仕事の合間の時間も含めて総合的にイベントを楽しめるようになっています。合間に出される軽食を含めて、仕事・食・憩の絶妙なバランスを感じさせます。

HCLの開発部門からも多数が参加して開発中の製品の紹介、技術的解説、デモを行う予定です。Engage 2019 で行ったプレゼンテーション 16 個が以下で公開されています。盛りだくさんであることが分かります。 https://www.cwpcollaboration.com/engage-2019.html

距離は離れていますがご興味のあるかたは是非参加してみてはいかがでしょうか。参加費用は 99 EUR です。

https://engage.ug/


Live from Tokyo: 海外での同時開催イベントなど

2020/1/23 - 読み終える時間: ~1 分

2019年12月に開催された Live from Tokyo のイベントですが、以下のURLで、同期して開催された海外でのイベントの様子が見られます。

https://www.cwpcollaboration.com/domino_newsletter.html (最新版)

https://www.cwpcollaboration.com/domino_newsletter_7.html (次の号が発行されるとこのURLになります)

このニュースレターについて

HCL Digital Solutions製品を扱っている部門に HCL Advocacy Program というプログラムがあります。「契約を超えた関係 (Relationships Beyond The Contract)」を理念にし、お客様やビジネス・パートナー様と弊社専門家が情報交換などを直接行い、製品づくりに反映させる取り組みです。

国内に大きな開発部隊が存在しないこともあり、日本ではまだ開催できていませんが、Advocacy Teams が海外に出向くこともあります。このように HCL SoftwareのDigital Solutionsでは、通常の営業やサポート活動のほかにも、社外との積極的な取り組みを行っています。


Live from Tokyo: Q&A (2/2)

2019/12/20 - 読み終える時間: 4 分

直前のエントリーの続きです。


パートナーシップ

Q: Panagendaは資格に含まれているV11のための無料アップグレードですか。

A: いいえ、NotesにはMarvelClient Essentialsコードが含まれています。MarvelClientのフルライセンスへのアップグレードは、Panagenda社から入手できます。ただし、MarvelClient Essentialを使用して、Notesクライアントのv9からv11へのアップグレードが支援可能です。

Q: Panoptaの統合は素晴らしいです!

A: ありがとうございます。彼らは優れたパートナーであり、ソリューションです。DominoとPanoptaの統合の詳細については、次を参照してください。追加コンテンツはこちらから入手できます。

プラットフォーム

Q: Domino 11はIBM iサーバーをサポートしますか。

A: はい、IBM i 版のDomino v11が登場します。12月20日の最初の出荷後、2020年の第一四半期の終わりまでに出荷予定です。

販売系

Q: アメリカ国内にセールスの連絡先はありますか。海上でのサービスの取り扱いに問題があります

A: HCL Digital Solutionsの北米営業部長 Shannon Batson Shuburteに連絡してください。

Q: HCLソフトウェアとIBMからの移行について話し合うために、ここアメリカで現地の連絡先になりたいと思っています

A: HCL Digital Solutions北米販売責任者Shannon Batson Shuburteに連絡してください。

Q: 米国でHCLビジネス・パートナーを見つけるにはどうすればよいですか。

A: 当社のHCL Partner ConnectのWebページをご覧ください。

Sametime

Q: (Connections 4.5で行ったように)ConnectionsでSametime MeetingsとSametime A/Vを統合できるのはいつですか。ビデオ会議をクリックするだけですか。

A: 新しいSametime Meetings機能についてはConnectionsチームと協力して2020年のロードマップを策定中です。追って発表します。

Q: Sametime v11でオンライン・ミーティングと画面共有が実現するのはいつですか。

A: 新しいSametimeのオーディオ/ビデオおよび会議機能は、2020年半ばに提供予定です。

Q: Linux上のSametimeにはWeb ミーティングが含まれますか。

A: はい。来年の2020年半ばにリリース予定のSametime v11 Meetings機能で、WindowsとLinuxの両方でのリリースを予定しています

Q: 以前存在したIBM Project Toscanaの再来はありますか。Notes/Domino製品などへの常設チャットとインターフェースです。

A: Sametime v11では永続的なグループ・チャットをサポートしています。2020年にConnectionsと統合すると、チーム/チャネル・チャットができます。また、SDKを強化し、HCLやサードパーティの製品との統合を進めていきます。

サポート

Q: バージョン9のサポート終了の発表はありますか。

A: HCL Digital Solutionは、Notes、Domino、SametimeのIBMサポートライフサイクルを尊重しています。したがって、以前に発表された2021年9月のNotes、Domino、Sametime 9.0.Xの延長サポートに変更はありません。

トレーニングと認定制度

Q: Domino管理者および開発者向けのトレーニングはありますか。

A: 更新された製品ドキュメント以外に、HCL Masters、ビジネス・パートナー、およびコミュニティーによって、新しい機能の使用方法に関する洞察が開発されています。

翻訳者注: 日本では、日本語でのNotes/Dominoのトレーニング・コースが用意されています。以下の記事を参照してください。 https://hcljapan.co.jp/software/blog/notes-domino-learning-restarted

HCL DOMINO VOLT

Q: Dominoライセンスは、Messagingライセンスをお持ちのお客様も利用できますか。

A: はい。Domino Voltは、Complete Collaboration あるいは Messagingのライセンスをお持ちのお客様向けのアドオンとして利用できます。

Q: Domino Voltは、DominoでLEAPとして知られていたと思うのですが。

A: Domino Voltは正式にSandstoneという名前のプロジェクトでした。LEAPに基づいており、HCLの最高のロー・コードおよびアプリケーション開発プラットフォーム機能を単一の製品に組み合わせています。

Q: HCL Voltは追加料金がかかりますか。

A: Domino Voltの価格モデルは、2020年1Hの出荷時点で提供される予定です。

Q: HCL Mastersは今日Voltにアクセスできますか。どうすれば入手できますか。

A: Domino Voltは、HCL Masters向けに2020年初頭までにクローズド・ベータ版予定です。HCLから連絡を行います。

Q: 混乱しています。VoltとLEAPの違いは何ですか。

A: Domino VoltはLEAPに基づいており、HCLの最高のロー・コードおよびアプリケーション開発プラットフォーム機能を単一の製品に組み合わせています。HCL LEAPは、WebSphereおよびDB2で実行されるスタンドアロン製品です。

Q: HCL Domino VoltはNotes Workflowの代替品ですか。

A: Domino Voltは、シンプルなワークフローで新しいアプリケーションを構築するための優れたプラットフォームです。ただし、v12のロードマップでは、グラフィカルなワークフロー・エクスペリエンスをDominoプラットフォームに追加する予定です。Lotus Workflowの機能を1つのユースケースとして検討します。

Q: DominoのLEAPはDominoライセンス内で使用権が得られると何度も言われています。それは変わりましたか。

A: ご存知のように、ロードマップに関する将来の見通しに関する記述は変更される可能性があります。HCL Domino Voltの価格設定は2020年1Hの製品とともにリリースされますが、非常に競争力のある価格設定、つまりDominoのコストに応じた価格設定になる予定です。

Q: Voltで利用できるトレーニング資料はありますか。

A: トレーニングおよびその他の参考資料は、製品のリリース時に利用可能になります。

Q: Voltを使用して、既存のレガシーDominoデータベースのインターフェースを更新できますか。

A: Domino Voltは、新しいアプリケーションを作成するためのものです。これらは、既存のDominoデータを統合する新しいアプリケーションです。ただし、Voltは既存のDominoアプリケーションを更新または最新にするようには設計されていません

Q: 最終的にVoltはDesignerに取って代わりますか。

A: 両者ともDominoアプリケーション・プラットフォームの開発環境として併存します。Designerは従来のNotesアプリを構築するプロの中間コード開発者向けです。VoltはITおよびビジネスプロフェッショナル向けとなります。

Q: LEAPからVoltへのアップグレード・パスはありますか。LEAPは引き続き機能強化されますか。

A: 発表済みの計画はありませんが、今後HCL LEAPからHCL Domino Voltへのアップグレード・パスが予定されています。それまでの間、HCL LEAPは引き続き機能強化されます。

Q: Domino Voltライセンス・モデルはどのようになりますか。

A: 詳細は、オファリングが利用可能になる2020年前半に発表されますが、ライセンス・モデルはユーザー単位課金になります。ロー・コードの競合他社とは異なり、アプリごとまたはフローごとの課金はありませんので、安心してアプリケーションの開発を行ってください。

Q: ERPの統合はありますか。またはMuleSoft用のコネクタはありますか。

A: HCL Domino Voltは、SharePointおよびSAPを含むRESTまたはSOAPベースのAPIへのアクセスをサポートしています。ただし、Dell BoomiやMulesoftなどの他の統合ソリューションのサポートを追加する予定です。

Q: Voltアプリはブラウザーのみですか。Notesで使えますか。

A: 正しい、それらはWebベースのアプリです。ただし、そのアプリがHCL Nomad内で機能するように努力します。Notesクライアントのサポートを追加する予定はありません。

Q: Domino Voltのベータ版に登録するにはどうすればよいですか。

A: Domino Voltのクローズド・ベータとオープン・ベータの両方があります。クローズド・ベータ版は、2020年末までにHCL Mastersにのみ公開されます。オープン・ベータがその後に続きます。

Q: Voltは、たとえばロー・コードリーダーの1つであるOutsystemsの直接の競争相手ですか。

A: はい、HCL Domino Voltはロー・コードのアプリケーション・プラットフォームです。このソリューションを使用すると、既存のお客様は、状況に応じたアプリ、ワークフロー、Outsystemsなどのコアシステムの開発ニーズのために、別のプラットフォームに大規模な投資をする必要がなくなります。

Q: 現在発表されているもの(つまり、Domino Volt)はありますか。

A: Domino Voltは年末までにHCL Mastersのクローズド・ベータになり、2020年1HのDomino v10およびv11で利用可能になります。


Live from Tokyo: Q&A (1/2)

2019/12/20 - 読み終える時間: 6 分

Live from Tokyo でやりとりされたQ&Aのまとめが、Digital Solutions 英語ブログに掲載されています。

https://www.cwpcollaboration.com/blogs/live-from-tokyo-questions-asked-and-answered

非常に長いものですので2回に分けて、日本語版を掲載します。


Live from Tokyo: Questions Asked and Answered - Digital Solutions

12/18/2019

12月4日に、Domino、Notes、Sametime、およびConnectionsの、HCLとしての最初のメジャー・リリース発表を東京から生放送しました。世界中から数千の顧客とパートナーが参加し、50を超えるビジネス・パートナーが20か国以上でライブ・ビューイングを開催しました。ソーシャル・メディアではほぼ400万回のビューがありました。数百の質問にリアルタイムで答えましたが、あまりにも多くの質問に答えることができませんでした。ここに、お客様にとって今回のリリースが意味するものについての質問と役に立つ回答をご紹介します。

今回の製品リリースの発表についてのまとめは以下のURL (英語、近日中日本語版提供予定)で読むことができます。

https://www.cwpcollaboration.com/blogs/recent-launches-and-a-look-to-the-future

また、Live from Tokyoイベントのすべてのコンテンツは以下のURLで再生できます。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLEjl4yzB6ckENhSPXvcjZ__0xzT65pUKg

APP DEV

Q: HCL Nomadで動作するモバイル・アプリは Notesアプリだけで、XPagesアプリは動作しませんよね。

A: 正しいです。HCL Nomadは既存のNotesアプリをオンラインとオフラインの両方で、変更なしで実行できますが、XPagesで作られたアプリをサポートする予定はありません。

Q: Cloudeventsのサポートは素晴らしいです!

A: 私たちもそう思います!Domino Event PublisherとCloudeventsに関する追加のビデオコンテンツはこちらから入手できます。(原文でリンク設定なし)

Q: XPagesについての言及はありませんでしたが、サポートするだけでなく「投資」する意向を発表しているものはありますか。

A: XPagesを使用している顧客をサポートするだけでなく、ターゲットを絞った投資を行うことを発表しました。主に特定のライブラリー・バージョンに対してです。2020年に詳細を発表します。

Q: Domino Event Publisherは、バージョン11のApp Dev Packの新しいバージョンがあることを意味していますか。 A: はい、2019年末にAppDev Packバージョン1.0.3がリリースされます。Domino Event Publisherのプレビュー・バージョンの他に、既存の機能に対する修正が含まれています。さらに、DQLにメジャーアップデートが行われました。

製品の入手

Q: Notes / Domino 11 はいつリリースされますか。

A: Domino、Sametime、Notesは12月20日に配信されます。Nomad for Androidが利用可能です。iOS用のNomadは、12月23日以前に利用可能になります。

互換性

Q: Traveler とSametimeのどのバージョンがDomino V11と互換性がありますか。

A: Domino、Sametime、およびTravelerのV11バージョンは、2019年12月20日に利用可能です。 (質問と回答が噛み合っていませんが原文ママ)

Q: バージョン8.5.3からバージョン11への直接アップグレードも可能ですか。

A: はい。

Connections

Q: Orient Meは引き続きComponent Packでパッケージ化されますか。

A: はい、Orient Meは引き続きComponent Packにパッケージ化されます。

Q: Connections 6.5もConnections Cloudにデプロイされますか。

A: クラウドの顧客がレガシーのConnections Cloud環境からクラウドホスティングプロバイダーに移行すると、顧客はConnections 6.5を含むConnections機能の最新かつ最高のバージョンを使用できるようになります。

Q: Connectionsに関する短い学習ビデオはありますか。

A: HCL Digital SolutionsのYouTubeチャンネルで公開されていますので見てみてください。そして、それは誰の地域の言語でも翻訳することができます。

Q: Smarsh Connected CaptureにはHCL Connections 6.5の新しいリリースがありますか。

A: 既存のSmarshバージョンはConnections 6.5と互換性があります。

Q: サイドバーは簡単にカスタマイズできますか。

A: サイドバーは、Connections Customizerを使用してカスタマイズできます。すでにOrient MeおよびImportant to Meバーでクライアント拡張モデルを提供しているのと同じ方法で、Application Registryを介して拡張モデルに取り組みます。Connections YouTubeチャンネルをご覧ください。

Q: Connections Activitiesと、Notes to Doおよびその他のアプリを実行するためのメモとの統合はありますか。

A: 素晴らしいアイデアですが、Notes v11やConnections 6.5では使用できません。アイデア・ポータルにアイデアを送信してください。

Q: Connections SidebarはComponent PackまたはWebSphereをベースにしていますか。

A: Connections Sidebarはコア接続(別名WebSphere)スタックで利用可能です。

Q: 新しく招待された外部メンバーに対して、オンボーディング・ウィザードは機能しますか。

A: すべてのユーザーは、初めてConnectionsを使用するときに、オンボーディングウィザードタッチポイントを実行します。オンボーディング・ウィザードをカスタマイズして、再度実行したり、特定の使用条件に同意する必要があります

Q: ソーシャル・サイドバーはNotesで使用できますか。

A: いいえ。ソーシャル・サイドバーはNotesではなくブラウザーで実行されます。

Q: 「新しい外部ユーザーをコミュニティに招待する」機能や「外部とファイルを共有する」機能を利用できますか。

A : Connectionsの以前のバージョンと同様に、Connections 6.5を使用すると、外部ユーザーとあなたのコミュニティーのユーザーと共有するファイルを含めることができます

Q: ユーザー登録されているHCL Connections 6.5の機能招待使って登録した後(どのディレクトリーに)

Aを: 彼らは意志外部ユーザー専用のディレクトリーに登録する(外部ユーザーをサポートするには、別のディレクトリーを指定する必要があります)。

Q: Activities Plus / Kudos Boards: Activities Plus と Kudos Boards を使用できるユーザーの数に制限はありますか。

A: すべてのConnectionsユーザーはActivities Plusを無料で利用でき、Kudosボードの全機能を使用するために必要な数のユーザーのライセンスを購入できます。

Q: Connectionsチームは、1年以内にWASとDB2を削除する際にSametimeに従う必要があります(Connections 7が目標)。

A: フィードバックありがとうございます。接続はOracleまたはSQLサーバーのデータベースで既に実行できます。今後1年間で、接続アーキテクチャについてさらに共有する必要があります。

Q: 新しいHCL Connectionsにいつアクセスできますか。

A: HCL Connections 6.5はすでにリリースされており、HCL Software License Management Portal (ダウンロード・サイト)からダウンロードできます。12月20日は、Domino、Notes、およびSametime用です。23Nomad。

Domino

Q: Enterprise Integratorはv11でいつ利用可能になりますか。

A: HCL Enterprise Integratorは、v10とv11の両方で利用できます。Q1-2020に予定されています。正確なタイミングはすぐに通知されます。

Q: Domino 9からDomino 11への直接の更新パスはありますか。

A: Dominoでは、v9からv11に直接アップグレードできます。

Domino 各国語版

Q: V11はすべての言語で起動することが約束されていますが、ロシア語を含むv10のグループ2言語はいつリリースされますか。

A: v10.0.1とv11の両方の追加のランゲージ・パックサポートの具体的な詳細との別の発表があります。

Q: Domino / Notes v11フランス語版はいつ入手可能になりますか。

A: HCLは、1H-2020の他のWave 1言語とともに、ランゲージ・パックをフランス語で利用できるようにする予定です。正確な日付の通信にご期待ください。

ライセンス

Q: ライセンスの使用状況を追跡および記録するILMTの代替手段はありますか。

A: お客様は、DominoおよびSametimeのV11で提供されるユーザーごとのメトリックモデルに移行することを選択できます。PUVをトラッキングするには、ILMTまたはBigFixを使用する必要があります。

Q: Dominoおよびその他の製品のCommunity版はありますか。

A: HCLは、Community EditionをDominoおよびSametime試用ライセンスへのアクセスに置き換えています。正確な詳細は、今後数週間で提供されます。

Q: V11ライセンスを使用して、顧客が500人のユーザーを持ち、複数のDominoサーバーを使用したい場合、いくつのユーザーライセンスを購入する必要がありますか。

A: 新しいライセンス・モデルでは、Dominoサーバーの数に関係なく、ユーザー数に対して課金されます。

Q: 今後、サポート・プログラム(製品に附属する従プログラムのこと)に関する変更はありますか。サポート・プログラムにはIBM製品が多く含まれていました。

A: 資格とサポート・プログラムの詳細は、Domino、Notes、Sametimeの出荷時に利用可能になります。

Q: Dominoのライセンス・オプションについて知ることはできますか。

A: 2020年1月に、すべてのお客様、HCL Masters、およびビジネス・パートナーが利用できるライセンス・プライマーが提供されます。

Q: ユーザー単位では課金されないDomino Utility Serverライセンスはどのように置き換えられますか。

A: v11の初期リリースでは、Domino ServerやXWorksなどのサーバーベースの代替製品はありません。HCLは、2020年に代替ソリューションを計画しています。

マーケティング

Q: ライブブロードキャストには何人の参加者がいましたか。

A: 40か国以上で数千、数千に加え、50を超えるビジネス・パートナーが視聴パートナーを率いています。

Q: 定期的な更新やHCL Domino関連のパートナー向けのニュースレターはありますか。

A: https://hcltech.us16.list-manage.com/subscribe?u=419b4a12dde6496d7c469ec62&id=7769b7e1a3 (リンク切れ。調査中)

Q: 詳細なコンテンツはどこで確認できますか。

A: YouTubeチャンネルに アクセスして、公開から最新のすべての動画コンテンツを入手してください。

NOMAD

Q: 従来のDominoアプリケーションのブラウザー・サポートに関する一般的な質問はどこでできますか。

A: v12の一部として、HCL Nomadは、ブラウザー上でNotesアプリをネイティブに実行するように拡張されています。つまり、Notes ClientやICAA (IBM Client Application Access)をインストールする必要はありません。詳細についてはお楽しみに。

Q: HCAA (HCL Client Application Access)の長期計画はありますか。(例: v12)

A: HCLは引き続きHCL Notesの開発と強化を行い、HCL Nomadを使用したアプリの実行サポートを強化します。v12では、HCL NomadがブラウザーでNotesアプリを実行できるようになる予定です。皆様が速やかにこの新しいクライアントに切り替えることを期待しています。(HCL NomadがブラウザーでNotesアプリを実行できるようになる) HCAAはv12で使用可能になります。

Q: Notes 11はDomino 9.0.1と互換性がありますか。

A: はい。Notesアプリケーションとカスタムテンプレートはv11クライアントで動作します。ただし、Embedded Experience はv10で機能が削除されました。


Factory Tour 4: 英語資料の公開

2019/12/10 - 読み終える時間: ~1 分

昨日お知らせした日本語資料公開に続き、英語版の資料を公開しました。

https://www.cwpcollaboration.com/factory-tour-4---japan.html


Factory Tour 4: プレゼンテーション資料公開のお知らせ

2019/12/9 - 読み終える時間: ~1 分

2019年12月4日に開催された HCL Software, Digital Solutions の Factory Tour 4 で使用されたプレゼンテーション資料の一部を公開します。

そのほかのセッションについては英語ブログで公開予定です。公開され次第、このブログでお知らせします。

当日の雰囲気は、Twitter でご覧くださいませ。


Live from Tokyo の動画公開

2019/12/6 - 読み終える時間: ~1 分

2019/12/04 の深夜にお送りした Live from Tokyo ですが、不手際で後半が途切れてしまいました。夜遅くまで起きて視聴してくださった皆様には申し訳ありませんでした。動画が公開されましたのでお知らせします。


2019年12月の製品ローンチについて知っておくべきこと

2019/11/29 - 読み終える時間: 5 分

2019/11/22、HCL Software の Digital Solutions (コラボレーション部門) のブログに "What You Need to Know about the Upcoming Launches" が投稿されました。Upcoming Launches とは、日本語ブログで紹介した HCL Digital Solution (Collaboration) Live from Tokyo Keynote のことです。

このイベントでは、Notes/Domino V11 と Sametime V11 と Connections 6.5 が発表されます。この英語ブログの投稿は、このイベントに先立ち、FAQ となる内容を一部「先出し」する形となっています。興味深い内容もありますので日本語版を作成してみました。


Notes/Domino V11、Sametime V11、Connections 6.5のグローバルな発売が間近に迫っています。最近行われたWebキャストでは、IntecのPaul WithersとTim MaloneがHCLのAndrew Manbyと共にDominoとNomadベータ版の進捗状況、V11での主要機能、ローンチ・イベントの最新状況についてQ&Aを行いました。数百人がウェブキャストに参加し、多くの方から素晴らしい質問をいただきました。それらをここにまとめました。

アプリ開発

Q. Domino V11と互換性のあるAppDev Packリリースはありますか。

A. はい、来月(2019年12月)、V11と共にAppDev Packの新リリースがあります。

Q. Project SandstoneおよびNomadのどのコンポーネントが発売時(12月4日)に利用可能になるかを共有できますか。

A. 現時点ではありませんが、発表イベントの秘密を守りたいと思います。

Q. 将来にわたってDomino Designerには下位互換性があり、利用できますか。

A. はい、Domino Designerは引き続き利用でき、基本的に下位互換性があります。

Q. 引き続き質問です。アップグレードにおいてDesignerクライアントとアプリケーションとの下位互換性は維持されますか。

A. はい。それは過去に私たちがやったことであり、これを今後変更する計画はありません。一方、Domino Volt(Domino上のLEAP)は、ブラウザーでのみでアプリケーションを構築、更新できるものとして、別のレイヤーで追加します。これにはDesignerクライアントは不要です。

ベータ

Q. ベータ3はありますか。

A. V11 Beta 3の予定はありません。既に製品リリースの準備が整いました。

Q. 英語以外の言語のベータ版(発表済み)はありますか。

A. はい、ドイツ語と日本語はすでにベータ2テスト中です。ベータ版に他の言語は追加されません。

修正

Q. V10で報告されたバグはV11で修正されると考えられますか。

A. それぞれのバグについてサポートと連絡を取ってください。 V11の出荷時には、V11で修正されたSPRのリストがあります。

DOMINO

Q. Domino V11のJavaバージョンは何になりますか。

A. OpenJava 8です。

Q. クラスタリングとフェイルオーバーはまだDominoに組み込まれていますか。

A. クラスタリングはDominoのコアであり、V10で強化されました。

将来

Q. あなたがたは「素晴らしい? チーム (Hell of a team)」です!オープンで実効性 (effective) があり進歩的。どうもありがとう ;-)

A. ありがとう、一生懸命やってます!

連携・統合

Q. プラグインがこれまで動作していたように、VerseにSametimeとConnectionとの連携・統合がありますか。

A. ご存知のとおり、WebブラウザーでDominoアプリを実行するための軽量クライアントNomad Web Assembly、Verse for Mail、Sametimeチャットという方向性で投資しています。そのため、SametimeやConnectionsなどのDigital Solutions (コラボレーション部門) 製品のコンポーネントは、CRMなどのサードパーティソリューションと同様に、連携して動作します。

Q. LEI V11はありますか。そうでない場合、LEI 9.1をDomino 10および11で使用できますか。

A. はい、Domino V11 のリリース後にHEI(IEI、LEI)V11リリースを計画しています。 V10とV11の両方と互換性があります。LEI/IEI(Lotus Enterprise Integrator、IBM Enterprise Integrator)がHCL Enterprise Integrator(HEI)になりました

ライセンス

Q. V11にはCommunityライセンスがありますか。

A. はい、利用可能なCommunityライセンスがありますが、V11の製品リリース後に利用可能予定です。

<-- 2020/01/31追記 V11 での Community ライセンスについては見直し検討中です。 -->

Q. V11の新しいライセンスモデルはありますか。

A. はい、ローンチ時にライセンスについて説明する予定です。現在のライセンス・モデルを簡素化する、多大なフィードバックとサポートをありがとうございます。

メール

Q. Nomad for Androidで利用できる基本的な (basic) メールテンプレートはありますか。

A. はい、こちらからベータ版にサインアップしてください。 surveymonkey.com/r/XXBFP6N

Q. Travelerはどうですか。 Active Directoryで適切なシングル・サインオン・オプションを探しています。

A. Directory Assistanceを使用してAD / LDAPに対してSSOを設定するだけです。

マーケティング

Q. Notes DominoフォーラムQ&Aについて。古いLotusフォーラムとIBMフォーラムはまだ使用されていますが、これらはHCLフォーラムに移行しますか。

A. 現在、移行された多くの情報をキュレートしています。これは、クリーンアップして投稿するのに時間がかかっています。

ミーティング

Q. Sametime V11チャットにはオーディオとビデオの機能がありますか。

A. はい。Sametime V11の「外部会議室」機能を介して、ズーム、GotoMeeting、Webex、JitsiなどのサードパーティのWeb会議機能をサポートしています。 SametimeリッチクライアントまたはWebクライアントで、選択した会議室へのhttpリンクを設定するだけです。また、来年には新しいSametime会議ソリューションがあります。詳細についてはお楽しみに。

HCL NOMAD

Q. Nomadは、NotesやICAA Clientを必要とせずに、オフラインで実行されるDominoアプリケーションをサポートしますか。

A. はい、Nomadはモバイルデバイスで既存のNotes Clientアプリを実行できます。

OpenNTF

Q. HCLは、OpenNTFでODAに参加する予定はありますか。

A. 最近、HCLはCollabSphereでOpenNTFのサポートを発表しました。

SAMETIME

Q. Linux上のSametime V11:製品リリース前にベータ版はありますか。

A. Linux上のSametime V11は製品リリースで利用可能になります。

Q. V11でもSAMETIME Limited Useは引き続き利用できますか。

A. はい、V11でも引き続きSametime Limited Useオプションがあります。

Q. V11ではSAMETIMEプロキシはどのように処理されますか。追加のDominoサーバーが必要ですか。

A. Sametime ProxyにはDominoサーバーは必要ありません。 Tomcat(SAMETIME Proxyインストーラーにあらかじめパッケージ化されています)をベースにしています。

Q. Sametime V11のプラグインはNotes V9で動作しますか。

A. 現時点では、Sametime V11をNotes V9に統合する予定はありません。 NotesとSametimeをアップグレードしてください。

Q. SAMETIME V11はクラウド版、オンプレ版、または両方に対応しますか。また、適切に即時にフェイルオーバーを実行できるようになりますか。

A. 今後のHCL Sametime V11は、現時点ではオンプレミスのみです。クラウド戦略に取り組んでいますか。発表されたように。クラウド・ビジネス・パートナーと緊密に連携していきます。2番目の質問について詳しく教えてください。 Sametimeチャットの従来のフェイルオーバー/リカバリーのデプロイメントについて話していますか。

Q.外部組織のユーザーがSametime V11でチャットに参加することは可能ですか。

A. 将来のリリースのロードマップと(機能要望の)バックログにあります。

Q. Sametime V11の製品リリース時に、チャットとミーティングの両方が含まれますか。

A. Sametime V11の今回のリリースではチャットのみの提供です。クライアントでサード・パーティーの会議URLを構成し、その会議にユーザーを招待する機能を提供します。 Sametime V11ミーティングの提供は2020年半ばに予定されています。また、Sametime V11ミーティング・ソリューションにはWebPlayerプラグインが不要になります。

バージョンアップ・アップグレード

Q. Domino V9からHCL Domino V11に直接アップグレードできますか。

A. アップグレード・パスに関する指示とガイダンスは、2020年の早い時期に利用可能になる予定です。このトピックに関するWebinarも予定されています。

XPAGES

Q. XPagesに関するニュースはありますか。

A. XPagesは引き続きサポートされており、限定的ですが拡張機能が提供されます。 アプリケーション開発の焦点は、Project Sandstone、Nomad、Notes/Domino、およびAppDev Packを使用したNode.js / Node-REDになります。

Q. XPagesベースのアプリはNomad WebAssemblyで実行されますか。

A. いいえ。Notesアプリケーションのみです。

リプレイの視聴は以下のURLでできます。 https://register.gotowebinar.com/recording/recordingView。webinarKey=8051146809255691019&registrantEmail=bauerfrau%40gmail.com


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。