Ponemon Institute と HCL AppScan、DevOps 環境におけるアプリケーションセキュリティーの現状を明らかに

2020/10/23 - 読み終える時間: 2 分

Ponemon Institute and HCL AppScan Reveal State of Application Security in DevOps Environments の翻訳版です。著者の許諾を得て翻訳版を公開しています。


Ponemon Institute と HCL AppScan、DevOps 環境におけるアプリケーションセキュリティーの現状を明らかに

2020年10月20日

著者: Larry Ponemon / Chairman and Founder of the Ponemon Institute

画像の説明

はじめに

HCL SoftwareがスポンサーとなったPonemon Instituteの「Application Security in the DevOps Environment」調査の目的は、アプリケーションの脆弱性を迅速に検出し、優先順位をつけて修復する組織の能力をよりよく理解することでした。

そのため、Ponemon Instituteは、ITセキュリティ、品質保証、または開発業務に従事する626名の個人を対象に調査を実施しました。さらに、調査回答者の組織はすべて、アプリケーションのセキュリティテストを含むDevOpsアプローチを利用しています。

このブログの目的は、この調査で得られた主な結果を要約することです。包括的なレポートを無料で入手するには、こちらをクリックしてください。

調査結果のショーケース

このレポートには、アプリケーション・セキュリティの保護と DevOps の利用に関する説得力のある調査結果が満載されていますが、その中でも最も説得力のある調査結果は以下の通りです。

  • 脆弱性のあるアプリケーションへの攻撃は、私たちが予想している以上にコストがかかります。脆弱性のあるアプリケーションへの攻撃は、予想以上にコストがかかります。過去 12ヶ月間に、調査対象となった組織は、脆弱性のあるアプリケーションへの攻撃の結果、平均で 1,200万ドルの経済的損失を被っています。
  • 調査対象となった組織の中には、脆弱性のあるアプリケーションに対する攻撃の結果、1億ドルを超える驚くべき経済的損失を被った組織もあります。この 1億ドルという数字は、調査に回答した組織の平均的な IT 予算総額を表しています。
  • 脆弱性のあるアプリケーションへの攻撃を特定するのに平均8ヶ月近くかかり、攻撃から回復するのに 6ヶ月かかることがあります。
  • 平均して、ビジネスクリティカルなアプリケーションの 67%が、継続的に脆弱性のテストを受けていません
  • 回答者の 74%が、セキュリティ上の懸念を評価する必要があるコードのために、多くのアプリケーションの開発サイクルが遅れており、それが組織のリリース期限に影響を与えていると述べています。
  • 回答者の 71%が、DevOps セキュリティプラクティスにおける可視性と一貫性の欠如が、最終的に顧客や従業員のデータを危険にさらすことになると回答しています。

肯定的な傾向

本調査はまた、アプリケーション・セキュリティと DevOps のいくつかのポジティブな傾向にも光を当てています。

  • 組織は、アプリケーション・セキュリティと DevOps に多額の投資を行っています。本調査の回答者の平均1億ドルのIT予算のうち、約 2,500万ドルがアプリケーションセキュリティ活動に、さらに 2,000万ドルがDevOps活動に割り当てられています。
  • 組織がセキュリティ予算と投資を決定する主な要因は以下の通りです。リスクの低減(回答者の 65%)、コンプライアンス/規制の遵守(回答者の 53%)、投資収益率(ROI)の向上(回答者の 51%) * 組織がアプリケーションセキュリティテストを実施する際には、アプリケーションセキュリティのテストを実施しています。
  • 組織がアプリケーションセキュリティテストを実施する際には、DAST、SAST、IAST、SCA、ペネトレーションテストなど、様々なテスト手法を活用しています。
  • 特に有望な兆候として、回答者の 49%が、コーディングプロセス内の脆弱性を特定するために開発者に権限を与えていると回答し、47%が、コーディングプロセスの安全性を確保するためのトレーニングを確実に実施していると回答しています。
  • 回答者の 52%が、ソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) の各段階での脆弱性スキャンの自動化が組織にとって重要であると回答し、56%が自動化ツールを使用して迅速に脆弱性を修正することが重要であると回答しています。

改善点

最後に、本調査では、AppSec と DevOps の専門家がより効果的であり、さらなる進展が必要な分野がいくつか明らかになりました。

  • すでに配備されている脆弱性のあるアプリケーションに対する攻撃の 50%以上を防ぐことができたと答えた組織は 1 つもなく、回答者の 45%は、そのような攻撃を防ぐことができたのは 15%未満であったと答えています。
  • 脆弱性のあるアプリケーションに対する攻撃が発生した場合、組織は、平均して 40%しか攻撃を検知し、食い止めることができないと報告しました。
  • 半数近くの組織が、四半期ごとに、またはそれ以上の頻度でアプリケーションをテストしていますが、回答者の 6%は、1 年ごとにアプリケーションをテストしていると回答しています。回答者の 25%が、計画されたテストサイクルがないと回答しています。
  • 調査回答者にとって、脆弱性のあるアプリケーションに対する攻撃を防ぐための主な障壁は、人手不足でした(回答者の 63%)。また、アラート疲労は引き続き大きな懸念事項であり、回答者の40%が、AppSec の調査結果がノイズを発生させすぎて、効果的に管理できないと報告しています。
  • 脆弱性を可能な限り早期に修正できていると報告している組織は、わずか 38% にすぎません。

詳細

上記で説明した調査結果の詳細な分析を確認するには、レポートをダウンロードしてください。また、2020年10月29日の午前11時(東部標準時)、午前8時(太平洋標準時)、(翻訳者注: 日本時間 30日、午前1時) に開催されるウェビナーにもご参加ください。Eitan Worcel と私が、この研究の結果をより詳細に分析します。ライブセッションの後、ウェビナーの録画が利用可能になります。


Larry Ponemon 氏について

Ponemon Institute 会長・創設者

Larry Ponemon 博士は、Ponemon Institute の会長兼創設者であり、プライバシー監査と責任ある情報管理(RIM)フレームワークのパイオニアです。Ponemon 博士は、米国連邦取引委員会のオンラインアクセス&セキュリティ諮問委員会に任命され、ホワイトハウスから国土安全保障省のデータプライバシー・整合性諮問委員会に任命されました。また、プライバシーおよびデータセキュリティ法に関するカリフォルニア州の 2 つのタスクフォースにも任命され、Shared Assessments の諮問委員会のメンバーでもあります。ユニオンカレッジで博士号を取得。ハーバード大学で修士号を取得し、カーネギーメロン大学のシステム科学の博士課程に在籍しています。Ponemon 博士は、アリゾナ州ツーソンにあるアリゾナ大学で学士号を取得しました。公認会計士、公認情報プライバシープロフェッショナル。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。