HCL Verse 2.0 のご紹介

2020/7/20 - 読み終える時間: 2 分

HCL Verse 2.0 のリリースについては、本ブログ内で既報ですが、開発チームからのメッセージ Introducing HCL Verse v2.0 を掲載します。


HCL Verse 2.0 のご紹介

2020年7月14日

著者: Agnes Ng / Product Manager for HCL Notes, Verse and Atlas

画像の説明

HCL Verse 2.0(以前の Verse on-Premises から改称)のリリースを発表します。Domino 上で動作する HCL Verseは、実績と信頼のあるエンタープライズメールプラットフォームであり、組織をセキュリティリスクにさらすことなく、ビジネスユーザーにパワーを与えることができます。HCL Verse 2.0は、日々の業務をより効率的に整理し、チームとのシームレスなコラボレーションを可能にし、より効率的で迅速な対応を可能にします。最新リリースでは、以下の機能が追加されています。

  • ブラウザベースのスタンドアロンアプリ: Progressive Web Apps として Verse を実行できるようになりました。
  • 新しいデフォルトの React ベースのカレンダーイベントインターフェース: この新しいユーザーエクスペリエンスにより、会議のスケジューリングがこれまで以上に簡単になりました。
  • Verse 設定画面でメールルールを作成: 編集、削除できるようになりました。
  • 検索機能の改善: 検索条件として任意の日付範囲を設定でき、対象を絞り込むことができます。
  • 添付ファイルの 3 クリックルール: メールやカレンダーの通知で、外部ソースからの添付ファイルやリンクをダウンロードして実行するには、確認通知が表示され、それをクリックする必要があります。
  • 送信とフォルダー整理を同時に行うことができます: 新しい電子メールメッセージの送信時に、フォルダに登録できます。
  • プルダウンで更新: モバイル端末で受信トレイのメッセージがプルダウンで更新されるようになりました。
  • セッションタイムアウト後の再認証: セッションタイムアウト後の再認証は、セキュリティーのベストプラクティスに従い、新しいウィンドウで行われるようになりました。

この新しいリリースの技術的な詳細については、ここでより多くのドキュメントを提供しています。

Domino Product Team

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。