Unica Interact の A/B テストを使用して最適なオファーを特定する

2020/10/29 - 読み終える時間: 4 分

Identify the best offer using A/B Testing in Unica Interact の翻訳版です。


Unica Interact の A/B テストを使用して最適なオファーを特定する

2020年10月28日

著者: Gurpreet Singh / Test Lead for HCL Interact

画像の説明

すべてのマーケッターは、より良いクリック率、簡単なコンバージョン、解約率の低下、顧客の記憶に残る体験の創造を目指しています。そのためには、メールの送信、CTA の設計、ランディングページの設計、さらにはオファーの送信中に行う決定は、ターゲットとする顧客に沿ったものでなければなりません。何がうまくいくのか、何がうまくいかないのかという仮定を避けるために、スプリットテストとしても知られている A/B テストは、Webページ、アプリケーション、オファー、メール、または他のマーケティング資産の2つのバージョンを利用して、どちらがより良いパフォーマンスを発揮するかを分析し、理解するマーケティング手法です。

A/B テストは、異なる顧客が様々な状況に異なる反応を示す可能性があるため、不可欠です。例えば、「今すぐ購入」ボタンをページの中央に設置したいと思う人もいれば、右下に設置したいと思う人もいるでしょう。しかし、どちらが最もコンバージョンにつながるのでしょうか?それが A/B テストが提供できる答えです。

Interact での A/B テストの仕組み

Interactでは、A/B テストとは、すべてのプロパティが固定されているが、1つのパラメータだけが変化する処理ルールに対して行われるテストのことです。12.1 では、このパラメータは、オファーとそのオファー属性の組み合わせです。ルールの A/B テストでは、各変動パラメータはオーディエンス分布のパーセンテージを持つ 1 つのブランチを表します。設定されたテスト期間におけるオファーに対するオーディエンスの反応に応じて、その処理ルールに最適なオファーを選択することができます。

トリートメントルールの A/B テストを設定する

  • ルールメニューに新しいオプション A/B が追加され、これを使用して A/B テストペインに直接アクセスすることができます。

画像の説明 画像の説明

  • [A/B テスト] タブで[有効]チェックボックスを選択すると、ルールの A/B テストを有効にすることができます。
  • ルールの A/B テストを有効にすると、ベースのルールから詳細をコピーしてデフォルトのブランチが追加されます。

画像の説明

  • 「ブランチの追加」をクリックして、ブランチを追加することもできます。

画像の説明

  • A/B テスト内で一意でなければならないブランチ名を変更することができます。
  • ブランチは有効にしたり、無効にしたりできます。有効にしたブランチだけが、実行時にA/B テストに参加します。
  • Sampling %はブランチ間のオーディエンスの分布です。
  • また、Offer AttributesにExpression を追加することもできます。オファー属性に式を追加すると、「Offer Attributes」欄にその数が表示され、詳細を確認するためのドロップダウンが表示されます。

画像の説明

  • また、A/B テストを有効にする「テスト期間」を設定することもできます。
  • デフォルトブランチとは、A/B テストのブランチから分岐したもので、テストが終了すると、つまり有効期限が切れた後に実行されます。セルコード、オファー、またはパラメトリック化されたオファー属性のベースルールとは完全に独立しています。Unica 12.1 リリースでは、デフォルトブランチを指定する必要があり、常に有効にしておく必要があります。今後のリリースでは、デフォルトブランチの選択は、ブランチのパフォーマンスに自動的に依存するようになります。
  • ルール一覧ページでA/B テストの詳細を保存すると、ルールに対してオレンジ色の「A/B テスト」アイコンが表示されます。

画像の説明

  • ルールリストの編集モードまたは表示モードで「A/B テストルールのみを表示する」チェックボックスを選択することで、A/B テストルールのみをフィルタリングすることができます。

画像の説明

  • A/B テストルールのみ表示」を有効にすると、限られたカラムのセットが表示され、セクションを拡大することで、サンプリング率やオファー属性の数などの分岐の詳細を式で確認することができます。

画像の説明

  • また、「A/B テストルールのみ表示」フィルターでは、セグメントやゾーンで検索することで、ルールをさらに絞り込むことができます。

  • A/B テスト付きインタラクティブチャンネルがデプロイされると、deploymentInfo.jspにルールの A/B テストの詳細も表示されます。

画像の説明

  • A/B テストデータを Systems テーブルに保存するために、Design Time(Campaign) Schema の UACI_ABTest と UACI_ABTestBranch の 2 つのテーブルが新たに追加されました。

A/B テスト結果の分析

次の方法で、ブランチのパフォーマンスを分析し、そのブランチのオファーを処理ルールのデフォルトオファーに設定することができます。

  1. ブランチのパフォーマンスをチェックするには、顧客は文字列データ型のカラム "ABTestBranch "をターゲットのCHStagingとDTLContactHistテーブルに追加する必要があり、その後、顧客はクエリを実行するか、カスタムレポートを作成して、ブランチのパフォーマンスを決定し、ルールのデフォルトブランチを設定することができます。

  2. 顧客 は Cognos や Birt レポートを設定し、「Interactive Offer Performance Over Time」レポートをチェックして、オファーパフォーマンスのサマリーを確認し、どのブランチのオファーがうまくいっているかを判断することができます。

画像の説明

Unica Interact で A/B テストを実施できるようになることで、オファーの比較分析を利用して、顧客は自社の処理ルールに最適なオファーを特定することができます。これにより、お客様はより顧客に焦点を当てた意思決定を行うことができ、最終的にはオファーのコンバージョン率を向上させることができます。その他のご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。