HCL の IT 組織は BigFix で 6 つのツールを統合し、コストを削減

2020/6/27 - 読み終える時間: ~1 分

HCL でも COVID-19 への対応として WFH を実施しています。COVID-19 以前から WFH は日常的に行われていましたが、全社的に実施されてはいませんでした。全員がモバイル PC を保有しているわけでもなく、BYOD で対応せざるを得ない場合も多数発生しました。しかし、HCL では BigFix を導入していたために、BYOD を含めて、スムーズに WHF に移行することができました。これについての英語ブログ HCL's IT Organization Consolidates Six Tools and Slashes Costs with BigFix の翻訳版を掲載します。


HCLのIT組織はBigFixで6つのツールを統合し、コストを削減

2020年6月26日

著者: BigFix Team

画像の説明

HCL グローバル・インフォメーション・テクノロジー (HCL GIT) は、世界 40 の異なる拠点で 9 万以上のエンドポイントを管理しています。24 時間 365 日の運用という大規模なIT組織の典型的な要求に対応するにはリソースを集中的に使用することになります。多くの組織と同様に、複数の管理サイロが作られており、それぞれがエンドポイント上で動作する独自のエージェント、独自のエンジニアリングと運用スタッフ、特定のハードウェアとソフトウェアを持っていたために、それらすべてがITコストを押し上る結果となっていました。

GIT エンジニアリングの Deputy General Manager である Umesh Kad 氏は、この課題について次のように述べています。「6 種類以上の異なるツールを使用していたため、ベンダーが多すぎてエージェントが多すぎ、パッチ適用完了までのサイクルが長引いていたこと、多くの地理的な場所にまたがるさまざまな程度のスケーラビリティ、複数のポートに依存していたこと、広範なスタッフのスキルセット、複数のタイムゾーンのサポート要件、さらには複数のソースからデータを統合する必要があるレポート作成の課題などがありました」。もう一つの大きな課題は、インターネット経由でアクセスする (ローミングしている) コンピュータを可視化できないことで、パッチ適用の遅れや、しばしば手動での介入が発生していたことです。HCL GIT は、Windows、HP-UX、macOS、Red Hat Linuxを実行しているワークステーションやサーバーを効果的に管理・制御できるソリューションを使用して、より自動化された、よりスピーディーなパッチ適用と、インターネット経由でアクセスするラップトップの可視性と制御を必要としていました。

2019 年 7 月に HCL が IBM から BigFix を買収した後、GIT は機能および要件分析に着手し、BigFix が 6 つの異なるエンドポイント管理ツール (SCCM、Flexera Secunia、RedHat Satellite、Flexera Admin Studio、Symantec Wise、JAMF) の代替として使用できることを確認しました。管理ツールが BigFix ひとつになることで、エンドポイント管理プロセスを合理化し、すべてのエンドポイントについて、正しい単一データソースとなりました。

6 つのツールを BigFix に統合することで、GIT は、OS、場所、接続、ステータスに関係なく、すべてのサーバーとワークステーションを管理・制御できる単一のツールを手に入れました。具体的には以下のとおりです。

  • 6 つのツールを 1 つに統合し、6 つの異なるツールに関連する年間のソフトウェアとハードウェアのコストを削減しました。
  • パッチサイクルを 5 日間短縮し、年間 2700 時間のスタッフ時間を削減しました。
  • 15,000 台のインターネット経由でアクセスするワークステーションの可視性と制御を確保し、ファーストパスでのパッチの成功率を劇的に向上させました。
  • スキル要件を簡素化し、エンジニアリングの労力とトレーニングコストを削減すると同時に、オペレーションスタッフのスケジューリングを簡素化できました。
  • インベントリとパッチステータスの単一の真実のデータソースを作成でき、複数のツールからの面倒なデータ統合を排除できました。
  • パッチ適用、コンプライアンス、インベントリに関連する人件費を 25 %削減し、5 人のスタッフを新しい IT イニシアチブやプロジェクトに再配置できました。

さらに、2020 年初頭に HCL の従業員の大部分がリモートワーカーになったとき、GIT は答えを持っていました。BigFix です。GIT は容易にサポートを拡大することができ、従業員の自宅にあるワークステーションを可視化して制御し、企業ネットワーク上にあるかのようにパッチを当てることができました。BigFix によって、HCL は費用対効果が高く拡張性の高いエンドポイント管理ソリューションを導入し、効果的で安全なワーク・フロム・ホーム戦略をサポートしています。

2020年7月1日 午前1時 (日本時間) からのウェビナー (リプレイあり) では、GIT の BigFix 導入を支援した BigFix ラボサービスコンサルタントの Jason Walker 氏が、導入について説明します。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

Webinar: 6つのツールを1つに:IT管理ツールを統合するケーススタディ (From Six Tools to One: A Case Study in Consolidating IT Management Tools)

BigFix の詳細については、www.bigfix.com をご覧ください。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。