HCL AppScan: DAST エンジンの機能強化により、アプリケーション・セキュリティー・テストを強力にサポート

2020/10/13 - 読み終える時間: 3 分

HCL AppScan's DAST Engine Enhancements Superpower Your Application Security Testing の翻訳版です。


HCL AppScan: DAST エンジンの機能強化により、アプリケーション・セキュリティー・テストを強力にサポート

2020年10月12日

著者: Billy Weber / Senior Product Manager, HCL AppScan

画像の説明

HCL AppScan は、ますます改善され良くなってきています。私たちは過去1年間、ダイナミック・アプリケーション・セキュリティ・テスト(DAST)技術に多大な投資を行い、過去 6 ヶ月間に 3 つの AppScan 製品のリリースを発表しました。このブログの目的は、HCL Software の主要な DAST エンジン機能アップデートのいくつかにスポットを当て、みなさまご自身でテストドライブできるようにすることです。

AppScan V10 アップデートのまとめ

2020年3月には、製品ラインが HCL ファミリーの一部となってから初めての AppScan のメジャーリリースを祝いました。

V10 リリースでの AppScan DAST のハイライトには、以下が含まれています。

  • Test Optimization Slider - DevSecOps のさまざまなフェーズでより高速なスキャンを提供します。テスト最適化スライダ - DevSecOps のさまざまなフェーズでより高速なスキャンを提供します。テスト最適化スライダでは、4 つの最適化レベルで問題のカバレッジとスキャン速度のトレードオフを制御できます。

  • インクリメンタルスキャン - アプリケーションの変更を識別してテストフェーズ中に送信されるテスト数を大幅に削減することで、より短いスキャンを提供します。

  • 機械学習を使用した最適化されたアクションベースのエクスプローラ - 機械学習を利用してエクスプローラ段階の効率を向上させました。AppScan は、すでに発見されている部分につながる可能性の高いアクションを予測するため、それを回避できます。

  • AppScan DNS を使用した帯域外の脆弱性 - AppScan の DNS 解決を使用して、OS Commanding、SSRF、XXE 攻撃など、テスト済みのアプリケーションでは直接検出できない脆弱性の検出が改善されました。

AppScan V10 のポートフォリオのアップデートは、Eitan Worcel 氏のブログに掲載されています。

AppScan V10 .0.1と V10 .0.2の機能強化

DAST の強化はそれだけではありません。HCL は、最新の Web アプリケーションをより良くサポートし、より包括的で正確な結果を提示するために、DAST エンジンのコア機能への大幅な投資を続けています。新しい DAST 機能のハイライトは以下の通りです。

新しいテスト機能と改善されたテスト機能

アプリケーションがより複雑になり、より頻繁なアップデートが必要になるにつれ、ユーザーからはテスト機能の拡張を求める声が上がっています。そのため、当社では一連の新しいテスト機能強化を導入し、より広い範囲をカバーし、新しいセキュリティルールを活用できるようにしました。

AppScan V10 .0.1 および V10 .0.2 のリリースにおけるテスト改善のアップデートには、以下のものが含まれています。

  • アプリケーションの直接反映ではなく、アプリケーションの外部から観測可能な動作に依存する AppScan ドメインネームサーバー(A DNS)機能の拡張。A DNS についての詳細は、Shahar Sperling 氏の包括的なブログを参照してください。

  • ブラインドXPATHインジェクションとブラインドLDAPインジェクションのための新しいテスト。

  • マルチステップテストのための検証の強化。

  • 拡張されたディレクトリ推測オプションにより、より広いテスト範囲を提供します。

  • クロスサイトスクリプティング(XSS)アナライザーは、リファラーヘッダーをサポートするようになりました。

  • 多くの新しいセキュリティルールが追加されました。詳細については、リリース情報を参照してください。

カバレッジの向上、精度の向上、結果の向上

ユーザーが必要としているのは、テスト機能の拡張だけではありません。実際、Ponemon Instituteの最近の報告書によると、米国企業のサイバーセキュリティ担当者は、受信したセキュリティ警告が誤っていたために、誤検知の追跡に約25%の時間を無駄にしていることがわかりました。もっと良い方法があるはずです。

私たちは、DAST スキャンエンジンが誤検出の割合が低いことを確認するために多くの努力を費やしています。また、新しいリリースを行うたびに、お客様からのフィードバックと社内でのテスト活動に基づいて、検出結果の精度を向上させています。

ユーザーに提示する結果のカバレッジと精度をさらに向上させるために、AppScan V10 .0.1と V10 .0.2には以下の改善点が盛り込まれています。

  • AppScan V10 .0.1および V10 .0.2には、以下の改善点が盛り込まれています。当社ではAction-Based-Exploreの機能を継続的に強化しており、最近のリリースでは特にAngularアプリケーションのスキャンに関連した改善点に焦点を当て、自動カバレッジを向上させています。

  • AppScan のエラーページの自動検出機能が大幅に改善されました。ほとんどのアプリケーションでは、アプリケーションエラーを示すためにカスタマイズされたエラーページを使用しています。エラーページが正しく識別されない場合、AppScan は脆弱性が見つかったと考え、偽陽性の結果になることがあります。エラーページの自動検出のための改良されたアルゴリズムにより、結果の精度が向上しています。

  • 課題の統合機能の改善により、頻繁に発生する課題が統合され、結果として、よりコンパクトな結果セットが作成され、レビューと管理が可能になりました。例えば、単一のソース(サーバー構成など)を共有し、アプリケーションの複数の場所で発生するissueは、1つのissueに統合されますが、詳細はすべてバリアントとして表示されます。統合により、必要な重要な詳細を失うことなく、全体の課題数を減らすことができます。

統合機能

当社のお客様の多くは、複数の AppScan 製品を使用しています。例えば、大規模な組織のセキュリティ専門家は、AppScan Standardを使用してスキャン構成を作成し、それを後で開発者が AppScan Enterprise や AppScan on Cloudを使用してアプリケーションをスキャンする際に使用することがよくあります。開発者は、AppScan Enterprise または AppScan on Cloud からスキャンを AppScan Standard にダウンロードして、必要に応じて後から AppScan Standard に戻して、詳細なトリアージを行うことができます。これらのフローを簡素化するために、私たちは V10 で AppScan Connect 機能を導入し、次のリリースではさらに多くの機能を追加して改善しました。

AppScan を DevOps 環境に統合することで、組織はセキュリティテストを自動化することができます。これは通常、お客様が AppScan Enterpriseまたは AppScan on CloudのREST API を使用して実施します。当社では、お客様の自動化プロジェクトのニーズに対応できるよう、ほぼすべてのリリースでこれらの API の追加と改善を続けています。最近では、このプロセスをさらに容易にするために、Jenkinsプラグインを AppScan Enterprise に追加しました。

詳細はこちら

私たちの新機能のすべてをご自身でご覧になるには、今すぐデモをリクエストしてください。注意事項として、私のブログで紹介したすべてのアップデートを利用するには、HCL Software AppScan のライセンスが必要です。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。