HCL Aleph の研究、DEF CONカンファレンスでルータ技術における重大なセキュリティ脆弱性にスポットを当てる

2020/8/5 - 読み終える時間: 2 分

DEF CON で HCL 社員がルーターのセキュリティー問題に関して発表を行います。そのことについて記された英語版ブログの記事 HCL Aleph Research at DEF CON Conference Spotlights Critical Security Vulnerabilities in Router Technology の翻訳版を掲載します。


HCL Aleph の研究、DEF CONカンファレンスでルータ技術における重大なセキュリティ脆弱性にスポットを当てる

2020年8月3日

著者: Mikala Vidal / Head of Marketing for HCL AppScan

画像の説明

2020年8月8日に、HCL AppScan Aleph サイバーセキュリティチームの Gal Zror が "Don't Ruck Us Again ? The Exploit Returns" と題したセッションを行います。

このセッションでは、第36回 年次カオス通信会議 (Chaos Communication Congress)で発表された Ruckus Wireless の ZoneDirector と Unleashed ルーターに関連して発見された初期の脆弱性に対する Gal 氏の追跡調査を取り上げます。研究者は、33 種類の Ruckus 社のアクセスポイントのファームウェアを調査し、そのすべてに脆弱性があることが判明しました。

3つの攻撃シナリオが発見されました。

  • アクセスポイントのルートシェルを取得するためのウェブインターフェースのクレデンシャル開示とCLIの脱獄。
  • 認証されていない HTTP リクエストを Web インターフェースに送信することで可能になった、'zap'実行ファイルのスタックオーバーフロー。
  • zap' 実行ファイルを使用した任意のファイル書き込みにより、認証を必要としない新しい 'jsp' ページが作成され、コマンドインジェクションの脆弱性。

「これらの脆弱性のいくつかは、本当に簡単なものです」と Zror 氏は SecurityWeek に語っています。「例えば最初のものは、実行するのが簡単です」。

TechCrunch が指摘しているように、攻撃者がルーターのソフトウェアの脆弱性を見つけてそれを利用すれば、デバイスを制御してより広い内部ネットワークにアクセスし、コンピュータや他のデバイスをハッキングやデータ盗難にさらすことができる。Zror 氏は、ルーターの多くはインターネットからアクセスできるため、「ボットネットにとって非常に良い候補になる」と説明しています。これは、攻撃者が脆弱なルーターを強制的に参加させ、悪意のある行為者によって制御された独自の分散型ネットワークに参加させた場合のことであり、それらをまとめて、大量のジャンク・トラフィックでウェブサイトや他のネットワークを叩きのめすように指示することができます、それらをオフラインにします。インターネット上には、脆弱な Ruckus ルーターが「数千台」存在します。

Zror 氏の追跡調査では、コマンドインジェクション、情報漏洩、資格情報の上書き、スタックオーバーフロー、クロスサイトスクリプティング (XSS) など 6 つの新たな脆弱性が含まれています。これらの脆弱性を用いて、Zror氏は、新たに2つの異なる認証前リモートコード実行攻撃 (RCE) を検出することができました。Zror 氏は、最初の調査と合わせて、合計 5 つの全く異なるRCEを発見しました。彼はまた、Ruckus が最初の研究で発見した脆弱性の一部を正しく修正しておらず、非常に端正なペイロードを使用することで悪用可能であることも発見しました。

2019年の Symantec Internet Security Threat Report (ISTR) によると、攻撃されるデバイスの 90% はルーターと接続されたカメラです。

ルーターがハッキングされると、ビジネスネットワーク全体とそれに接続されているすべてのものが危険にさらされます。メリーランド大学によると、悪意のあるハッカーは現在、39秒に1回の割合でコンピュータやネットワークを攻撃しています。

サイバー攻撃を減らすためには、無線エンドポイントの安全性を確保することが最重要ですが、特に 2020年の特殊な状況によって生み出される攻撃範囲が大きくなることを考えると、ハッカーがアクセスを獲得する可能性は高いと言えます。インジェクションやクロスサイトスクリプティング (XSS) などの OWASP トップ 10 の脆弱性の潜在的なリスクを最小化するアプリケーションのセキュリティテスト対策を含む、多層的なデバイス、DevOps、AppSec のアプローチを検討してください。

HCL AppScan on Cloud のテストドライブはこちらからご利用いただけます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。