HCL Launch を知る

2020/7/24 - 読み終える時間: ~1 分

旧 UrbanCode Deploy である HCL Launch は「あらゆるものを、どこにでもデプロイするエンタープライズソリューション」です。その製品解説記事 Get to know HCL Launch が英語版ブログにポストされました。その翻訳版を掲載します。


HCL Launch を知る

2020年7月23日

著者: Brian Stump / Product Specialist

画像の説明

HCL Launch は、あらゆるものをどこにでもデプロイできるように構築されたエンタープライズグレードの継続的デリバリーソリューションです。HCL Launch は、サーバーエージェントモデルを使用してアプリケーションをマッピングし、デプロイします。これらのコンポーネントは、ビルドサーバーから引き出され、アーティファクトリポジトリから引き出されます。これらのコンポーネントを設定する方法はたくさんありますので、それらのアーティファクトやファイルを引き出してデプロイできます。

HCL Launch 製品の最高レベルでは、アプリケーションがあります。アプリケーションは通常、複数のコンポーネントで構成されており、これらのコンポーネントをデプロイしたい環境にマッピングされています。これらのアプリケーションのそれぞれについて、このアプリケーションがどのようにデプロイされるかのプロセスを定義します。例えば、デプロイのプロセスでは、Web サーバー、データベースコンポーネント、データベーススキーマ、Java ファイルをインストールできます。これらの各ステップの中には、アプリケーションをデプロイする環境に応じて、ターゲットマシン上でエージェントが実行するスクリプトとステップを含むコンポーネントプロセスがあります。


各環境はコンポーネントで構成されています。コンポーネント・プロセスは、ドラッグ&ドロップのビジュアル・デザイナーを使って非常に簡単にカスタマイズできます。HCL Launch 環境のダッシュボードでは、コンポーネントのバージョン、最後にデプロイされた日付、デプロイに成功した場合はデプロイのログにアクセスできます。これにより、監査、ガバナンス、承認を簡単に追跡でき、エンタープライズ環境に最適です。

コンポーネント、アプリケーション、リソース、および環境ごとに、プロセスをテンプレート化できるので、多くの類似したアプリケーションを簡単にオンボードできます。例えば、類似のプロセスに従う多くの java コンポーネントがあり、そのデプロイメント・プロセスを共有したい場合、テンプレートを簡単に作成して、そのプロセスをシンプルで再現性のあるものにできます。

HCL Launch を使用すると、スナップショットを使用できます。スナップショットを使用すると、一緒にデプロイできることがわかっているバージョンの「黄金の」構成バンドルを作成できます。スナップショットでは、プロパティ、プロセス、テンプレートなどのオブジェクトの特定のバージョンをロックできるので、スナップショットで構成をロックした後にオブジェクトが変更されても、スナップショットをデプロイして、最初にスナップショットを作成した時にデプロイしたのと全く同じ構成を取得できます。言い換えれば、スナップショットにステータスを設定すると、これらのコンポーネントのそれぞれのバージョンがテストされたことがわかり、一緒に進むことができるので、依存関係の問題やバージョンの不一致などの問題に遭遇することはありません。

今実行するデプロイメントをスケジュールすることができ、将来的にはいつでも実行できます。HCL Launch バックエンドAPIは非常にオープンで文書化されているので、スクリプトや継続的インテグレーションサーバーからデプロイメントを開始するのは非常に簡単です。

HCL Launch サーバーの設定と設定では、ユーザーとグループのロールを定義して、誰が承認を行い、誰が履歴を表示し、誰がデプロイを実行できるかを制御できます。ロールは、HCL Launch オブジェクトのサブタイプごとに別々の権限を持つことができます。ユーザーが開発環境、QA 環境、または本番環境と対話しているかどうかに応じて、ロールの権限を簡単に分割できます。設定セクションは、プラグインを設定する場所でもあり、HCL Launch がどのように機能するかの鍵となる機能です。HCL Launch は何百ものプラグインと統合されており、自動化やソースの設定を行うことができます。

上のデモビデオを見て、HCL Launch の動作を確認してください。個別にデモをご希望の場合は、こちらからお申し込みください。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。