HCL Launch の外部承認機能

2020/7/23 - 読み終える時間: ~1 分

Jira や ServiceNow など複数の仕組みを利用している環境では、そのプロセス処理が煩雑になりがちで、ルールの遵守やミス誘発の観点からしっかりした運用管理の仕組みが必要です。HCL Launch は統合された運用指示を実現できます。今回は、その機能のひとつである外部承認機能についての解説です。英語版ブログ External Approvals in HCL Launch の翻訳版です。


HCL Launch の外部承認機能

2020年7月22日

著者: Diego Villafuerte / Solutions Specialist

画像の説明

私たちは、継続的デリバリプラットフォームである HCL Launch を使用している人たちの傾向に気づきました。多くのお客様は、デプロイ前に変更要求がいくつかの定義された基準を満たしているかどうかを検証するために、Jira や ServiceNow などのサードパーティのツールを使用しています。これはガバナンスのギャップにつながり、CR のステータスをチェックしてプロセスをグリーンライト化するために手動で承認する必要があります。この方法は機能しますが、理想的な方法ではありません。だからこそ、自動化するために HCL Launch を開発しました。

7.1.0.0 では、プロセスを自動的に検証するために使用するツールの汎用テンプレートである外部承認機能 (External Approvals) を追加しました。外部承認プロセスは、既存の承認プロセスよりも一般的なプロセスのようなもので、エージェント上で実行され、プラグインのステップにアクセスすることができます。現在のセキュリティスキームに沿って、これらのプロセスを制御するために、新しい権限をいくつか追加しました。ガバナンスの観点からは、これはチームが外部承認のアクセス権を持つ人を完全に制御し、外部承認の設定を要求できることを意味します。

外部承認 (External Approvals) は、Process タブで作成および変更されます。

画像の説明

外部承認は、現在の承認プロセスの概念を置き換えるものではありません。代わりに、承認プロセスは、特定の担当者からの手動承認が必要な配置の任意の部分で利用できますが、外部承認プロセスは、配置の前に自動的に実行され、配置が記録システムに従って実行されるべきであることを検証するのに適しています。承認プロセスは、プロセス要求が送信されたりスケジュールされたりするとすぐにキックオフされますが、外部承認は、手動承認に応答した後、デプロイメントが開始される直前に実行されます。

外部承認は、環境の基本設定で設定します。

画像の説明

ここでの "Validate JIRA Record" (JIRA レコードを検証する) から外部承認プロセスを変更する権限は、他の基本設定とは区別されています。これは、開発者が外部承認を管理することを制限できる一方で、環境レベルのプロパティを変更できることを意味します。

実行ログ (Execution Log) では、外部承認プロセスを展開してステップを詳しく見ることができます。

画像の説明

皆様の期待通り、アプリケーションは外部承認でエクスポートされ、上記で説明した内容を制御するための新しい粒度での細かいセキュリティ権限設定があります。

外部承認機能があなたの DevOps の変革に役立ったかどうかを教えてください。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。