OneTest: 統一されたレポートによるテスト結果の改善

2020/10/28 - 読み終える時間: 4 分

Enhancing Test Results Via Unified Reports の翻訳版です。


統一されたレポートによるテスト結果の改善

2020年10月26日

著者: Eshita Gupta / User Experience designer for HCL Software

画像の説明

ソフトウェアでは、製品の最適な品質が常に優先されています。

予期せぬ状況や期待される状況下でのソフトウェアコンポーネントの評価は非常に重要です。そのため、テストチームは製品の品質を評価することで、ビジネスの成長に大きな役割を果たしています。

テスターであるあなたは、レポートに迷い、メールボックスに書類をダンプしてしまうことが何度あるでしょうか。それはよくあることで、テスターはゼロからスタートしなければならないことが多いです。

HCL OneTest Server の新しい統一レポートにより、テスト結果を簡単にアクセスして分析できるようになりました:このレポートは、機能テストとWeb UIテストレポートの機能を統合し、HCL OneTest UIのすべてのテストタイプをサポートしています。広範囲で直感的なデザインを使用することで、統一レポートはテスト結果を分析するための以下の機能を提供します。

テスト実行の包括的な詳細を表示することで、テストの問題点を素早く深く掘り下げることができます。

  • 複雑な複合テストから特定のテスト反復の詳細までのドリルダウン
  • テスト実行からキャプチャしたスクリーンショットをカルーセル形式で表示します
  • テスト実行からのライブレポート
  • レポートからテスト結果をHTML形式でエクスポートすることができます

画像の説明

クイックビューアプローチ

レポートの最初のセクションでは、実行された結果が一目でわかるようになっています。これは、資産の健全性を素早く分析し、チーム内で同じことを伝えたいマネージャーやテスターに最適です。

結果レポートを素早く表示する方法について詳しく説明します。

  • ドーナツチャートは、結果の新鮮で迅速なビューを提供します
  • テストの合格・不合格の相対的な割合をカラーコードで表示する
  • 大規模データの要約に役立つ
  • 解析時間の短縮
  • さらなる調査のために報告書を掘り下げるためのアンカー

画像の説明

サマリーとリソースタブ:新しい統一されたレポートで、重要な情報が前面に出て、ユーザーの体験を向上させるのに役立ちます。

サマリータブ

画像の説明

階層的アプローチ

階層構造により、作業と依存するテスト資産の明確な権限が確立されます。複雑なアセットをシンプルな構造で見ることができます。

視覚的な階層構造は、ユーザーの流れを簡単かつ直感的にナビゲートします。

画像の説明

イテレーション: 各データセットをイテレーション形式で見ることができます。

画像の説明

結果比較 - あらゆるタイプのデータの実際の結果と期待される結果の比較が、これまで以上に簡単になりました。さまざまなタイプのデータについては、次の表の例を参照してください。

画像の説明

フィルター: 資産の状態をフィルタリングすることで、故障の原因を簡単に掘り下げることができます。

画像の説明

差分だけを表示: チェックボックスを使用して、無関係な情報を除外することができます。

画像の説明

マイクロスコープ的詳細

ユニファイド・レポートは、データの拡大率がはるかに高く、誰でも階層の各レベルで資産の詳細を検出することができます。アコーディオンを拡大しなくても、関連するアイコンにカーソルを合わせることで、個々のアセットの微細な詳細を確認することができます。

アイコンにカーソルを合わせると、以下のような詳細を見ることができます。

  • テストステップが何回失敗したか?
  • 実行中に使用されたブラウザは?
  • どのホストが関連付けられていたか?
  • テストの実行にどれくらいの時間がかかりましたか?

画像の説明

スクリーンショットのキャプチャ。記録および再生中に、スクリーンショットがキャプチャされ、各テストアセットに添付されます。キャプチャしたすべてのスクリーンショットを説明とともにカルーセルで簡単に見ることができます。

画像の説明

ライブレポート

ライブレポート機能の助けを借りて、あなたはレポートを見るために実行するための完了を待つ必要はありません、リフレッシュせずにライブレポートを実行していると、経験がシームレスになります。

画像の説明

エキスポート

あなたの都合に合わせてレポートをエクスポートし、チームで共有することができます。レポートとエクスポートのカスタマイズされたビューは、統一されたレポートのために長い間要求された機能です。今、あなたは希望する形式でレポートをエクスポートすることができます。エクスポートされたテストレポートは、インタラクティブなHTML形式とPDF形式で利用できます。将来のリリースでは、他のフォーマットもサポートしています。

画像の説明

オートヒーリング

オートヒーリングは本製品の最も奥深い機能です。統一されたレポートでは、「オートヒーリング」タグでレポートの状況を知ることができます。

画像の説明

HCL OneTest は、リリースのたびにレポートを継続的に強化しています。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修