Amazing! Engage: HCL Grandmaster による総集編

2020/3/12 - 読み終える時間: 3 分

2020年3月、オランダにて Engage 2020 が開催されました。今年は HCL 日本人社員が参加できませんでしたが、英語版ブログにその状況を伝える記事 (An Amazing Engage: A Recap from an HCL Grandmaster) が掲載されました。翻訳版をお届けします。


Amazing! Engage: HCL Grandmaster による総集編 20200/3/11

先週、私はオランダで開催された、ユーザーグループのイベントであるEngageに参加しました。Theo Heselmansらのチームは、400人以上の参加者のために人、セッション、エンターテイメントを企画し、(私のカウントでは) ほぼ30%が初めて参加者でした。毎年参加できるIRL(In Real Life) 会議は数件しかありません。私はそれらから得られるものに常に満足してきましたが、今年のEngageは、主にHCLからの貢献と、彼らが取り組んできたことに関するすべてのニュース、そして、この場所!Theoは常に特別な場所を選び、アーネム (今年の開催場所) にあるバーガーズ動物園のカンファレンスセンターでは、鳥のさえずりが聞こえる熱帯雨林を毎日歩いていました。

この鳥が最初の日に私を連れて行ってくれた。歩く間ずっと、左右の目が私に視線を投げかけて可愛らしいこと。

私を混乱させた唯一のものは、お茶とコーヒー用に出されたミルクでした。私はこれまでこの色の牛乳を見たことがなく、動物園にいたので、ここの動物たちのものではないかと話が盛り上がりました。たぶんキリン...?

最後の夜に、Theoはアーネムのパブ/醸造所への旅行を企画しました。皆で100以上のビールを飲みましたが、非接触カードをタップして自分の好みのものが飲むことができました。私は大酒飲みではありませんが、ちょっとしたアイデアを思いつきました。各自が多種類の5clの味を、年齢に合ったビールを選ぶというものです。他の人はわかりませんが、一部の人にとってはうまくいった作戦でした。

私が本当にうまくいったと思うのは、人々が集まって、他の出席者やHCLに追いつくことができるオープンなスピーカーエリアがあったことでした。私はそこでいくつかの非公式の会議を開きましたが、ドアがなかったので皆が入って席に着きやすい雰囲気でした。無制限のベルギーチョコレートとワッフルも皆を集めるには悪くないしかけです。

この時点で、Domino、Connections、Sametime、およびNomad for mobileなどの新製品の最新情報は得られていたので、私の質問は次のとおりでした。「HCLは次にどこに向かうのか」です。カンファレンスのテーマは「進化 (Evolve)」でした。参加したいセッションに全部出席することはできませんでしたが、私が数年来関わってきた仕事に関することで「a-ha」の瞬間がたくさんあり、顧客へのソリューションがピンと頭に閃いたのでした。

本当はいろいろ私が興奮したことを書きたいのですが、ここではハイライトだけ触れておきます。

Sametime

Sametimeから始めましょう。Sametime v9(現在v10) 以来の最大の問題は、WebSphereおよびDB2アーキテクチャに依存するIBM主導の設計でした。私は多数のSametimeインストールを行い、クラスター環境では30の個別のサーバーにもなります。HCLがSametimeを引き継いで、私たち全員が望んでいたことについてフィードバックを求めたとき、最大の要求はインストールを簡素化し、WebSphereを取り除くことでした。その後、HCLはSametimeのv10とv11をリリースしました。これらは主にコミュニティ(チャット) サーバーと新しいWebおよびモバイルクライアントでした。したがって、今回のEngageでは、今後数か月以内に予定されているv11 Sametime Meetings について話を聞くことができました。

Sametime v11はすでに会議プロバイダーとクライアントとの間で統合されていますが、Sametime Meetingsでは (20台近くのサーバーではなく) 単一の Docker コンテナとして配布されます。Meetingsのアーキテクチャ全体が、オープンソースのサーバー、Javaの削除、高速で軽量なブラウザークライアントに置き換えられる予定です。v11の焦点は、クライアントの使いやすさと管理者の簡素化であり、それらが提供されているように見えます。

新しいSametime v11モバイルクライアントに興味がある場合は、こちらからベータ版に登録できます。 https://www.surveymonkey.com/r/7GGNBJG

Domino

多くの他の製品がバックボーンにしているDominoの開発が続けられていますが、メールサーバー機能への投資を拡大することを聞くのは非常に喜ばしいことでした。v12でWebクライアントとNotesクライアントの両方に2要素認証を追加するなど、Dominoが引き続き更新および強化されるというニュースは、多くの人がHCLからの連絡を期待していたものです。オンプレミスのお客様にとって、Domino は引き続き唯一の戦略的なメールソリューションであり、現在拡張されている唯一のメールソリューションです。

HCL Nomad Web

iOS、iPadOS、および (先週の) Androidで利用可能なモバイル用のNomadを、みなさんがすでに知っていて、既に使っているかもしれません。Nomadブランドは、モバイルOS上でNotesクライアントのエクスペリエンスを提供し、サーバー側のソフトウェアをインストールしたり設計を変更することなく、Dominoサーバー上の既存のNotesアプリケーションにアクセスできます。次のNomad製品はNomad Webです。これは、Notesクライアントとしてまったく新しいオプションです。これは代替クライアントではありませんが、クライアントインフラストラクチャーを管理せずにNotesアプリケーションにアクセスしたい多くの人にとっては頼りになるでしょう。

Nomad Webはブラウザー技術に基づいているため、標準ブラウザーを実行できるすべてのOS (Windows、Linux、Mac) で動作し、インストールフットプリントの小さい「Notesクライアント」を提供し (100 MB未満を目指しています)、どこでも実行できます。これはすべて非常にエキサイティングです。Notesクライアントのように見え、クライアントのインストールを必要とせず、複数のプラットフォームで実行できます。サーバー側のインストールがないため、現在のバージョンと同様に古いバージョンのDominoでも動作します。

これは革新的であり、既存の顧客と新規の顧客の両方に、メンテナンスと展開が容易なクライアントをオプションとして提供されます。HCL Nomad Webは、今後数か月以内にパブリックベータに移行する予定です。

Domino Volt

Voltは、ブラウザーを介して提供される、Dominoベースの視覚的で低コードの開発環境です。それは実際にはどういう意味でしょうか。Engageのワークショップに参加して、Voltを使用してアプリケーションを開発する方法を学びました。私は完全な開発者ではないので、自分自身を良いテストケースだと思っています。Dominoサーバーにログインした後、クリックしてフォームを作成し、ドラッグ&ドロップであらゆる種類のフィールド、画像、テキストを配置し、クリックして簡単なワークフローにすることもできます。Voltはすべての人にシンプルなアプリケーション作成の道を開きますが、そのアプリケーションは、Domino プログラミングツール、統合・連携、レポート技術を引き続き使用できる開発者により複雑なものに拡張もできます。

非開発者向けのまったく新しい開発ツールを導入し、標準のブラウザーで配信できるのは非常に興味深いです。今後公開されるWebinarに参加し、現在公開されているVoltベータ版にサインアップすることをお勧めします。ベータ版を使用すると、欠落していると思われる機能をHCLにフィードバックし、製品の適切な使用に貢献できます。

Domino Volt ベータ版: https://bit.ly/3cOrm6W

Domino Volt の Webinar: https://register.gotowebinar.com/register/851090574472180749

Engageのサイト (https://engage.ug/) に行けば、多くのプレゼンテーションをダウンロードできます。現地で見られたものと完全に同一ではないかもしれませんが、希望したセッションに出られなかった人にとっては有用かと思います。

気が早いかもしれませんが、Engage 2021を楽しみにしています!

ガブリエラ・デイビス

テクニカルディレクター

The Turtle Partnership


Gabriella は HCL の技術コミュニティの非常に尊敬されているメンバーであり、コラボレーション・ソフトウェアを使用した彼女の業績に対してHCL Grandmaster 賞を受賞しています。グローバル・インフラストラクチャーの設計、開発、展開、管理に重点を置いて、彼女はソーシャル・コラボレーションの分野で専門家としての地位を確立しています。また、現実世界のセキュリティーとプライバシーが関連する側面についても従事しています。

ブログ:http : //turtleblog.info

スライド:https : //www.slideshare.net/gabturtle

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。