HCL Accelerate と Jenkins との統合構成

2020/8/13 - 読み終える時間: 5 分

Jenkins と HCL Accelerate を組み合わせて運用する手順を記した英語版ブログの記事 Creating a Jenkins Integration with HCL Accelerate の日本語版です。


HCL Accelerate と Jenkins との統合構成

2020年8月11日

著者: Daniel Trowbridge / Technical Lead

画像の説明

HCL Accelerate のバリューストリームには、Jenkins からのビルドデータとデプロイデータを含めることができます。これ以外にも、Jenkins の統合を HCL Accelerate パイプラインと組み合わせて使用することで、ビルドとデプロイメントを HCL Accelerate から直接実行し、さらにデプロイメントプランとリリースとして整理できます。ここでは、新しい Jenkins 統合を作成する方法について簡単なチュートリアルを紹介します。

Jenkins プラグイン

HCL Accelerate - Jenkins の統合は、他のほとんどのプラグインとは異なり、2つの部分からのセットアップを必要とします。最初に HCL Accelerate で統合を作成し、次に Jenkins サーバーにプラグインをインストールして設定します。また、他のほとんどのプラグインで行われているようにvsm.jsonファイルを介してバリューストリームに追加されるのではなく、Jenkins の統合はバリューストリームのパイプラインを介してバリューストリームに追加されます。

  • HCL Accelerate 統合を作成
  • Jenkins にプラグインをインストールして設定
  • バリューストリームパイプラインでの統合を使用

要件

  • Jenkins サーバが利用できない場合は、ローカルインスタンスを実行するための Jenkins のドキュメントを参照してください。https:// Jenkins .io/doc/book/installing/

  • この例では、Jenkins 用のパイプラインプラグインを使用しています。このプラグインは、新しいバージョンの Jenkins ではデフォルトでインストールされています。このプラグインが Jenkins にインストールされているかどうかは、"Plugin Manager"の"Installed"タブ(< Jenkins URL>/pluginManager/installed) から確認できます。もしインストールされていない場合は、今すぐ追加するのが良いでしょう: https://plugins. Jenkins .io/workflow-aggregator

1. HCL Accelerate Integration を作成します。

1.1 HCL Accelerate の設定ページに移動し、左のナビゲーションで「統合」セクションを選択し、「プラグイン」をクリックします。統合の追加」をクリックして、新しい Jenkins の統合を作成します。

画像の説明

1.2 Jenkins の統合に名前を付けてください ( Jenkins のインスタンスを記述してください)。この統合には好きな名前を付けられます。「Create」をクリックします。これにより、Integration IDIntegration Token が生成されます。これらの値は、Jenkins にインストールされている「HCL Accelerate」プラグインを設定するために必要になります。

画像の説明

2. Jenkins にプラグインをインストールして設定する

2.1 HCL Accelerate User Access Key の作成

HCL Accelerate からユーザーアクセスキーが必要になるので、今から作成します。 HCL Accelerate のユーザー・アクセス・キーを作成するには、「設定」>「マイ・プロファイル」に移動し、「作成」をクリックします。キーには、それを使用する統合に応じて名前を付けると良いでしょう。

Jenkins と HCL Accelerate を接続する

2.2 Jenkins サーバにプラグインのインストール

HCL Accelerate プラグインを Jenkins インスタンスにインストールします。Manage Jenkins > Manage Plugins > Available (タブ)をクリックして、Jenkins インスタンスのプラグインページに移動し、"HCL Accelerate" を検索します。プラグインが見つかったら、プラグインをインストールし、可能な場合はインスタンスを再起動します。

2.3 Jenkins からプラグインを構成する

Jenkins の設定ページManage Jenkins > Configure System > HCL Accelerate (section)に移動します。 HCL Accelerate (セクション)」の下にある必要なフィールドを入力します...

  • HCL Accelerate で作成した統合によって生成された Integration IDIntegration Token 値。
  • Accelerate Base URL を提供します。コンテナから Jenkins を実行している場合、localhost は host.docker.internal としてアクセスできることに注意してください。
  • また、このプラグインが Jenkins にアクセスできる Jenkins ユーザーの資格情報も提供してください。
  • バージョンによっては、HCL Accelerate ユーザーのアクセストークンを提供する必要があるかもしれません。先に作成したアクセストークンを使用してください。
  • HCL Accelerate への接続を確認するために、[接続のテスト]ボタンをクリックする前に、[適用]をクリックして保存します。接続が成功すると、お客様のデータが HCL Accelerate に投稿されます。

画像の説明

3. バリューストリームに Jenkins インテグレーションを追加する方法

Jenkins の統合は、他の統合とは異なる方法でバリューストリームに追加される。vsm.json ファイルを編集する必要はありません。代わりに、ビルドとデプロイのデータのターゲットを持つために、バリューストリームのパイプライン上に「アプリ」を作成する必要があります。

  • 「パイプライン」に移動し、「アプリの追加」をクリックします。
  • ドロップダウンから "Jenkins" を選択します。

画像の説明

  • アプリケーション名を入力します。ワークブックでは "JKE App1" という名前を使用します。

画像の説明

  • 新しいアプリケーションはパイプライン内の行として表示されます。この Jenkins の統合は、当社のバリューストリームで利用できるようになりました。

画像の説明

  • 新しいアプリケーションはパイプライン内の行として表示されます。この Jenkins の統合は、バリューストリームで利用できるようになりました。

画像の説明

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。