HCL Z and I Emulator のご紹介

2021/2/19 - 読み終える時間: ~1 分

IBM System z および IBM System i のエミュレーションとモダナイズソリューションである HCL Z and I Emulator の紹介と実際例を掲載した資料を公開しました。

HCL Z and I Emulator は、いわゆる「レガシー」な資産の単なるエミュレーターに留まらず、それらをモダンなUIやモバイルで活用できるようにすることができる製品です。


HCL Z and I Emulator for Web (ZIEWeb): コードベースを使ってカスタムロケーションを設定する

2021/2/3 - 読み終える時間: 2 分

Using Code Base to set a Custom Location の翻訳版です。


HCL Z and I Emulator for Web (ZIEWeb): コードベースを使ってカスタムロケーションを設定する

2021年2月3日

著者: Kavitha T / Software Engineer, Mainframe Products, HCL Software

画像の説明

このブログでは、HCL Z and I Emulator for Web (ZIEWeb) 公開ディレクトリ以外の場所からのカスタム HTML ページを使用する場合における、カスタムロケーションを設定する方法を説明しています。

手順は以下の通りです。

  • 新規フォルダー(Customfolderのようなもの)を作成します。
  • 配置ウィザードを起動します。
  • 詳細オプションに移動し、コードベースを選択します。
  • コードベースフィールドにURLを指定します(例: http://localhost/zie1)。

ここでは、zie1 は ZIEWeb 公開ディレクトリのエイリアスです。

画像の説明

  1. ディレクトリフィールドで新しく作成したカスタムロケーションを選択します。

画像の説明

  1. HTML ページを作成します。

  2. Webサーバ設定ページにカスタムフォルダーのエイリアスを作成します。

ここでは、Apache WebServerを使用して httpd.conf ファイルにカスタムフォルダーのエイリアスを追加します。

画像の説明

  1. ブラウザーでカスタム HTML ページにアクセスします。

画像の説明

ここでは、customzieカスタムフォルダーのエイリアスです。

  1. HTMLページを起動します。

画像の説明


HCL Z and I Emulator for Web インストール

2021/1/26 - 読み終える時間: 6 分

Installing Z and I Emulator for Web の翻訳版です。


HCL Z and I Emulator for Web インストール

2021年1月22日

著者: Navya Rajanna / Senior Developer, Mainframe Products - HCL Software

画像の説明

Z and I Emulator for Web (ZIEWeb または ZIE for Web) は、ブラウザーベースのマルチプラットフォームアプリケーションであり、幅広いブラウザーや OS との互換性を考慮して設計されています。本製品は、Chrome、Firefox、Edge、Safari、その他のブラウザーのすべてのバージョンでテストされており、ユーザーがブラウザーベースの技術の利点を生かしたホストシステムへの信頼性の高いアクセスを継続して行えるようになっています。

ZIE for Web の主な特長

  • マルチプラットフォームのブラウザーベースのエミュレータ
  • API サポート
  • IBM System Z と I のサポート
  • 言語サポート: 英語と日本語
  • TLS のサポート

ZIE for Web のインストール

ZIE for Web は、Installation Manager を使用して、サポートされているすべてのプラットフォームにインストールできます。

  1. [ファイル] > [環境設定] を選択します。

画像の説明

  1. 左側のパネルで [リポジトリ] を選択します。このオプションを選択すると、Installation Manager に追加された利用可能なすべてのリポジトリが表示されます。

画像の説明

  1. HCL ZIE for Webがリストにない場合は、右側の [リポジトリの追加] ボタンを選択します。

  2. [参照] をクリックして、抽出された HCL ZIE WEB パスの場所に移動し、disk1 フォルダー内に存在する diskTag.inf ファイルを選択します。

画像の説明

  1. [OK] をクリックして、新しいリポジトリの場所をリストに追加します。

  2. Test Connections(接続のテスト)をクリックして、リポジトリの URL が利用可能であることを確認します。

  3. インストールマネージャのホームページから、[インストール] をクリックします。インストールマネージャが定義されたリポジトリから利用可能なパッケージを検索します。

画像の説明

  1. Z and I Emulator for Web パッケージを選択します。「次へ」をクリックします。

画像の説明

  1. ライセンス契約を読みます。使用許諾契約書の条項に同意する場合は、「使用許諾契約書の条項に同意します」のチェックボックスを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

  2. 必要なアーキテクチャを選択し、[次へ] をクリックします。

  3. インストールする言語を選択します。デフォルトの言語は英語です。[次へ] をクリックします。

  4. 選択内容を確認し、Z and I Emulator for Web の詳細を提供します。

a. Z and I Emulator for Web の [Publish Information] パネルで、Publish ディレクトリを設定し、Web サーバーのエイリアスと Service Manager ポート番号を指定します。[次へ] をクリックします。発行ディレクトリには、クライアントが利用可能である必要があるファイルが保存されます。インストール ウィザードは、デフォルトのディレクトリを表示してパブリッシュ ディレクトリを指定するように指示します。次の手順を実行します。

  • ディレクトリのエイリアスを指定します (デフォルト値は zie)。
  • ZIEWeb クライアントがサービスマネージャと通信するサービスマネージャのポートを指定します。この通信は、以下の展開オプションで必要です。

この通信は、以下の展開オプションに必要です。* 設定サーバーを使用して、設定サーバーベースの展開モデルや複合展開モデルのように、セッションの設定情報を維持します。

  • ライセンス使用量のカウント:オンラインヘルプの「ライセンス使用量」を参照してください。
  • HCLでは、これらの目的のためにポート8999を指定することをお勧めします。(このポートが使用されているかどうかは、サーバーのドキュメントを確認してください。このポートが使用されている場合は、インストール中または後でポートを変更できます。サービスマネージャのポートを変更する方法の詳細については、オンラインヘルプの「サービスマネージャの設定ポートを変更する」を参照してください。)

画像の説明

b. [Z and I Emulator for Web] の下の [Web サーバー] パネルで、次のように要件に応じて適切な Web サーバー オプションを選択します。

  • Web 用 Z and I Emulator for Web の [Web サーバー] パネルで、以下のように要件の場合は No Web Server を選択します。これは、IPlanet や Domino のような Web サーバーです。詳細については、Web サーバーの管理者に連絡するか、Web サーバーのドキュメントを参照してください。
  • 「検出された Web サーバーのリストから選択」オプションを選択し、複数の Web サーバーが検出された場合は、リストから Web サーバーを選択します。
  • IBM HTTP サーバーまたは Apache Web サーバーがインストールされているが検出されない場合は、Manually select specific web server オプションを選択します。

    • システムにインストールされているWeb サーバーの種類を選択します。
    • 「参照」ボタンをクリックして、システムにインストールされている Web サーバーの設定ファイル (httpd.conf) に移動します。システムにインストールされているWeb サーバーの設定ファイル(httpd.conf)に移動します。

    画像の説明

iv. 埋め込み型 Web サーバーの場合、デフォルトでは、非セキュア接続用の埋め込み型 Web サーバーのポート番号は、それぞれ 8080 と 8443 になっています。

画像の説明

c. パネルが適切に更新されたら、[次へ] をクリックします。

  1. サマリー情報を確認し、[インストール] をクリックします。

画像の説明

  1. インストールが完了すると、サマリーページが表示されます。メッセージを確認します。
  • インストールに成功すると、パッケージがインストールされたことを示すメッセージが表示されます。プログラムには、インストール後の重要な指示が表示される場合もあります。[完了] をクリックします。
  • インストールに失敗した場合は、「ログファイルの表示」をクリックして問題をトラブルシューティングします。

画像の説明

  1. インストールが正常に完了するように、以下の追加アクションを実行できます。
  • Web サーバーを再起動します。
  • HCL ZIE for Web ページがブラウザーからアクセス可能であることを確認してください。Web サーバーの設定を確認し、HCL ZIE WEB 公開ディレクトリ内のファイルにアクセス可能であることを確認してください。設定の詳細については、Web サーバーのドキュメントを参照してください。

ZIE for Windows の製品紹介の動画を掲載しました

2021/1/14 - 読み終える時間: ~1 分

ZIE for Windows の製品紹介の動画を掲載しました。ZIE for Windows は、いわゆるメインフレーム系 (3270や5250) や IBM i の端末エミュレーターです。


HCL Z ABEND Investigator の紹介

2020/11/20 - 読み終える時間: 2 分

INTRODUCING HCL Z ABEND INVESTIGATOR の翻訳版です。


HCL Z ABEND Investigator の紹介

2020年11月19日

著者: PANKAJ KUMAR DADHICH / Product Manager at HCL Software

画像の説明

アプリケーションの障害はどの業界にとってもごく自然なことであり、ソフトウェア業界やメインフレームアプリケーションもこの現実から遠くはありません。しかし、分散プラットフォームとは異なり、メインフレームの本番システム上で複雑なミッションクリティカルなアプリケーションを修正するには、時間と費用がかかる場合があります。企業は、これらのアプリケーションのダウンタイムに余裕がなく、それがこれらのアプリケーションの障害を非常に重要なものにしています。

挑戦的なビジネス需要がますます複雑化し、競争が激化する環境では、アプリケーション開発者は、できるだけ少ないエラーで迅速に作業しなければなりません。わずかなアプリケーションやシステムの障害は、ビジネスの成功に不可欠な目標を危うくする可能性があります。アプリケーション・イベントの可視性を高め、問題がビジネス目標に深刻な脅威をもたらす前に分析・解決することで、これらの課題をより効果的に解決することができます。

HCL Softwareは、Z abend Investigatorをご紹介します。

Z Abend Investigator (ZAI)は、z/OS環境のための堅牢な問題判定ツールです。ZAIは正確なリアルタイムの問題分析を提供し、開発者が故障したアプリケーションを迅速に復旧できるようにします。アプリケーションに障害が発生すると、ZAI は自動的にアベンドをインターセプトし、障害発生時のイベントとその環境に関するリアルタイムの情報を収集します。ZAI は、開発者が z/OS、CICSR、IMS、Db2、IBM MQ、UNIX System Services環境で問題を分析し、修正するために設計された信頼できる z/OS ツールです。

Z Abend Investigator は、以下の3つの目標を念頭に置いて設計されています。

  • アベンド解析のための生産ライセンス費用の削減
  • 透明性の高い容量ベースの月額料金設定
  • 実稼働環境の失敗を迅速に修正する

ビジネスアプリケーションの中小企業に、障害を分析するための適切なツールを提供します。

Z Abend Investigator (ZAI) は、その迅速な診断レポートを通じて、アプリケーション停止のコストを削減し、アプリケーションの可用性を高めるのに役立ちます。

  • Z Abend Investigator (ZAI) は、リアルタイムの情報でアプリケーションの停止の原因を特定するために設計された信頼できる z/OS ツールです。
  • アプリケーションの異常終了に関するリアルタイムの情報を提供します。
    • 何が起きたのか、その理由は?
    • どのプログラムモジュールですか?
    • どのソースコードのどの行がいつ実行されていたか?
    • 問題が発生したのはいつですか?
    • どのソース変数が関与していましたか?
  • リアルタイム解析 - 自動的に abend をキャプチャし、データを収集し、以下の環境で診断レポートを提供します。
    • z/OS、CICS、IMS、DB2、MQ、UNIXシステムサービス
    • 言語環境(LE)
  • インタラクティブな分析。abend情報のポイントアンドシュートナビゲーション。
  • 以下の言語のソースコード情報を提供します。
    • COBOL、PL/l、C/C++、アセンブラ、Java
  • 31ビットおよび64ビットアーキテクチャをサポート

画像の説明

HCL と IBM の IP 提携発表から 4 年、IBM Fault Analyzer の技術をベースにした ZAI (A abend Investigator) の提供が可能になりました。HCLの柔軟で管理のしやすいソフトウェアライセンスオプションで、検討すべき優れたabend分析ツールです。


HCL Z Asset Optimizer v2.1: 複雑な手続き不要で z/OS ソフトウェア資産を最適化

2020/11/20 - 読み終える時間: ~1 分

Z Asset Optimizer v2.1: optimise z/OS software asset without complications の翻訳版です。


HCL Z Asset Optimizer v2.1: 複雑な手続き不要で z/OS ソフトウェア資産を最適化

2020年11月19日

著者: Kenichi Yoshimura / Senior Product Manager

画像の説明

HCL Z Asset Optimizer (ZAO) V2.1 がついにリリースされました。HCL Z Asset Optimizer (ZAO) は、IBM z/OS メインフレームシステム上のソフトウェア資産を発見し、監視するためのマーケティングをリードするソリューションです。特に、ソフトウェア資産の管理に関連する日常業務を簡素化し、z/OS メインフレーム環境を最適な状態に保つために設計されています。

ZAO は、IBMやその他の ISV の15,000 以上のベンダーのソフトウェア製品、バージョン、機能を認識します。ZAO は、ソフトウェア資産のインベントリーを発見し、z/OS 環境全体での使用状況を監視します。ZAO のレポートにより、ユーザーは、各 z/OS システムにどのようなソフトウェア製品がインストールされているか、どのくらいの頻度で使用されているか、誰がそのソフトウェアを使用しているかなどを理解することができます。

ZAO V2.1 は、ソフトウェアライセンスの照合プロセスを非常に簡単にします。ZAO V2.1 のライセンス検証機能では、ユーザーがソフトウェアのライセンス情報を指定することができます。ライセンス情報があれば、ソフトウェアのインベントリーや使用情報とライセンス情報を比較し、z/OS 環境を最適な状態に保つために見直しが必要な箇所を特定することができます。具体的には、ソフトウェアライセンスコストを削減するための機会と、ソフトウェア監査の失敗のための潜在的なエクスポージャーを特定します。

ZAO は、z/OS システム上で実行されている社内アプリケーションの使用状況を発見し、報告することができます。メインフレーム・テクノロジーの伝統を考えると、メインフレーム・システム上に大量の社内プログラムのインベントリーが存在することはよくあることです。メインフレームのオーナーは、ZAO インベントリーの発見と使用状況の監視により、未使用のプログラムを排除するための決定を下すことができ、また、メインフレームのハードウェア投資に最適なプログラムを維持するためにコンパイラのアップグレードを計画することができます。

豊富なソフトウェア資産情報は、ZAO V2.1 の REST API を使用してアクセスできるようになりました。APIを利用することで、要件に応じた業務プロセスやアプリケーションにソフトウェア資産情報を確実かつ効率的に組み込むことができます。

ZAO V2.1 は、Z 上の Linux 用 Docker Container イメージとして利用可能です。ZAO V2.1 は、ソフトウェア資産情報を管理するために z/OS 上の IBM Db2 と DBA を必要としません。IBM Integrated Facility for Linux (IFL) エンジンを活用して、製品を実行するための TCO を下げることができます。

これらの機能強化が皆様の日々のソフトウェア資産管理活動に役立つことをご理解いただけることを願っています。2020年11月27日に開催されるウェビナーでは、ZAO V2.1 の主な機能強化をご紹介しますので、ぜひご参加ください。

簡単な紹介動画はこちらをご覧ください。


HCL Z Asset Optimizer: 製品紹介ビデオ

2020/10/8 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software はメインフレーム関連のソフトウェアも開発、販売しております。HCL Z Asset Optimizer はソフトウェア資産を検出し、ライセンス費用の最適化やライセンス違反回避を可能にするものです。

7分強の製品紹介ビデオを HCL Z Asset Optimizer 製品ページに追加しました。メインフレーム資産管理に課題をお持ちのお客様には是非ご覧いただきたいと思います。


HCL Z and I Emulator for Transformation: Web アプリケーションデプロイメントを組み上げる

2020/9/19 - 読み終える時間: 6 分

Organizing Web Application Deployment in HCL ZIETrans の翻訳版です。


HCL Z and I Emulator for Transformation: Web アプリケーションデプロイメントを組み上げる

2020年9月17日

著者: Akshata Betageri / Developer, Lab Services, HCL ZIE

画像の説明

HCL ZIETrans は、3270 および 5250 端末アプリケーションをウェブ、ポートレット、リッチクライアント、または標準 SOAP または RESTful ウェブサービスとして拡張することで、ユーザーエクスペリエンスを変革することができます。デフォルトでは、すべての HCL ZIETrans Web アプリケーションは、1 つのエンタープライズ・アーカイブ・ファイルに保存されます。

HCL ZIETrans Toolkitは、新しいアプリケーションの開発を可能にするHCL ZIEコンポーネントであり、各変更をプレビューして保存することができます。HCL ZIETrans アプリケーションが提示するデータや機能を持つホストアプリケーションをより使いやすくするように、HCL ZIETrans アプリケーションを合理化することができます。複数の HCL ZIETrans アプリケーションを1つの ear で利用するための対応サーバは、「WebSphere Application Server」と「WebSphere Liberty」です。

本ブログでは、プロジェクト内に複数の.earと複数の.warを持つ HCL ZIETrans Webアプリケーションを HCL ZIETrans Toolkitを使って管理する方法とベストプラクティスを紹介します。

アプリケーションを HCL ZIETrans EAR ファイルとしてエクスポートし、WebSphere Application Server にデプロイすると、.ear ファイルには、各アプリケーションを実行するためのリソースを含む Web アーカイブ (.war) ファイルが含まれます。EAR は、複数の Web プロジェクト (WAR)、Enterprise JavaBeans プロジェクト (JAR)、標準 JAR などを 1 つのアプリケーションに結合することもできます。

個々の.earは、実行時に約25MB(最小)のディスクスペースを消費します。したがって、複数の HCL ZIETrans プロジェクトを持っている場合、アプリケーションの複雑さに応じてサイズの異なる複数の HCL ZIETrans EARを持つことになるかもしれません。異なる展開または開発シナリオに基づいて、開発者/管理者は、単一のEARまたは複数のEARの展開ソリューションを選択することになるかもしれません。

下の表は、「個別」対「単一の複数のwar」のEAR展開方法の特徴的なポイントを示しており、これらに基づいて HCL ZIETrans アプリケーションの展開アーキテクチャを決定することができます。

表 1: 単一の EAR 展開における「個別」対「複数のwar」の比較

画像の説明


HCL ZIETrans ウェブアプリケーションを整理する方法

複数の .war または HCL ZIETrans プロジェクトを 1 つの .ear に関連付け、関連付けを解除するには、EAR の META-INF フォルダにあるデプロイメント記述子 application.xml を使用します。

以下のセクションでは、以下のように説明します。

  • HCL ZIETrans Toolkit上でプロジェクトごとに個別の.earを作成します。
  • application.xml で複数の.warを1つの.earに追加する
  • application.xml 内の.earから.warを削除してデプロイする。


プロジェクトごとに個別の.earを作成する

  • File->New->ZIETrans Projectに移動します。プロジェクトの作成コンソールで、プロジェクトの名前を指定します。
  • 図のように作成するエンタープライズアプリケーションプロジェクト(.ear)。
  • 次へ」をクリックし、接続設定を指定します。完了をクリックします。

ソーシャルメディア投稿のスクリーンショットDescriptionが自動生成されます。

図1:プロジェクトの作成

画像の説明

ナビゲーターには、作成されたプロジェクトとEARが表示されます。

図2: 作成されたプロジェクト

画像の説明

デフォルトでは、すべての HCL ZIETrans ウェブアプリケーションは、既存のエンタープライズアーカイブファイルに関連付けられています。したがって、次のプロジェクトは、上記の ZIETrans_testOne_EAR と同じ .ear という名前になります。このまま使い続けることもできます。

あるいは、ステップ1: 'プロジェクトの作成'ダイアログで別の.ear名を指定して、個々のプロジェクト用に別の.earを作成することもできます。

図3: 個々のプロジェクト用の.ear

画像の説明

各 earを作成し、サーバーにデプロイした後

図4: サーバ上に配置された各 ear

画像の説明


画像の説明


application.xml で複数の.warを1つの.earに追加する

初期状態では、ワークスペースには 4 つのプロジェクトがあります。ここでは、プロジェクト "testFour" がフォルダとしてワークスペースにインポートされます。

図 5: ワークスペースのプロジェクト

画像の説明

  1. 例えば ZIETrans_testThree_EAR のように、.war ファイルを追加したいプロジェクトの ear を取ります。META-INF フォルダを展開して application.xml を見つけ、ダブルクリックしてエディタを開きます。

図 6: デプロイメント記述子エディタ

画像の説明

ZIETrans_testThree_EARで見たように、Overview セクションにはすでに "testThree.war "が存在しています。これに他の2つの.warを追加してみましょう。例えば、testFourとtestOneです。

  1. .warを追加するには、Overview の右側に表示されているAddボタンをクリックします。Add Itemウィンドウが表示されます。ModuleをクリックしてOKをクリックします。

図7: Add Itemウィンドウ

画像の説明

  1. 次のウィンドウには、ワークスペースで利用可能なモジュール/プロジェクトが表示されます。これらのモジュールを 1 つずつ追加します。モジュールを選択し、[完了] をクリックします。application.xml を保存します。

画像の説明

図 8: モジュールの追加

画像の説明

概要ウィンドウは以下のように表示されます。

図 9:概要ウィンドウ

画像の説明

  1. サーバとサーバ上に ear をデプロイします。

図10:サーバー上に ear をデプロイする

画像の説明


画像の説明


application.xml の.earから.warを削除する

  • 例えば、ZIETrans_testThree_EARのように、.warファイルを削除したいプロジェクトの ear を選択します。META-INFフォルダを展開し、application.xml を見つけます。ダブルクリックしてエディタを開きます。

図 11: .war ファイルの削除

画像の説明

  1. ZIETrans_testThree_EARからtestOne.warを削除してみましょう。概要欄のtestOne.warをクリックし、右側に表示されている削除ボタンをクリックします。application.xml を保存します。

削除後の Overview セクションは以下のように表示されます。

画像の説明

  1. サーバーに ear をデプロイし、サーバを再起動します。

画像の説明

図12: サーバ上に ear を配置する

画像の説明

お問い合わせ

HCL ZIETrans での Web アプリケーションの整理、自動化機能、Lab サービスの提供に関する詳細については、以下までお問い合わせください。


Tags

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。