HCL Launch 7.1.2.0 の新機能

2021/4/15 - 読み終える時間: 2 分

What’s New in HCL Launch 7.1.2.0 の翻訳版です。

HCL Launch 7.1.2.0 の新機能

2021年4月13日

著者: Hayden Schmackpfeffer / Product Manager

画像の説明

HCL の継続的デリバリ・プラットフォームである HCL Launch に新機能が追加され、これまで以上にソフトウェアを素早く、安全に、スムーズにデプロイできるようになりました。HCL Launch 7.1.2.0 の新機能をご紹介します。

アーティファクト・リテンション・コンフィギュレーション・ビュー

HCL Launch では、ビルドの成果物を独自のファイルリポジトリに保存することができ、デプロイメントを簡素化します。このアーティファクトを保持することで、HCL Launch は、HCL Launch サーバー内にそのバージョンのアーティファクトが存在する限り、特定のバージョンのデプロイメントをシンプルに繰り返すことができます。

しかし、すべてのアーティファクトを永久に保持することに興味がない場合がほとんどでしょう。以前のバージョンのHCL Launch では、アーティファクト・クリーンアップ機能が導入されており、指定された年数よりも古いバージョンや、そのコンポーネントのためにインポートされた最新のN個のアーティファクトに含まれていないバージョンは、HCL Launch サーバーによってアーティファクト・リポジトリからアーカイブされます。これらの設定は、3つの異なる場所で指定できます。

  • システム設定ページで全体として
  • コンポーネントレベルで
  • 環境ごとに

これにより、組織の保持ポリシーに最も適した強力な組み合わせが可能になりますが、3つの異なるビューでクリーンアップポリシーを管理することは困難です。

保持ポリシーの設定を簡単にするために、新しい「クリーンアップ設定」ページを導入しました。新しい「クリーンアップの一括管理」権限を与えられたユーザーは、「設定」タブからこの新しいページにアクセスし、そこからクリーンアップの設定を俯瞰的に管理することができます。

このページには2つのビューがあります。コンポーネント」と「環境」です。コンポーネント」では、サーバー内のすべてのコンポーネント、そのバージョンの合計サイズ、使用されているバージョンキープの値が表示されます。この基本テーブルを使って、ディスク使用量の最大の要因や、どのコンポーネントの保持設定が最も厳しいか/最も緩いかなど、興味深い項目を特定することができます。表示されたコンポーネントを1つまたは複数選択して、ダイアログを開くことができます。このダイアログでは、選択したすべてのアイテムの保持設定を、新しい固定値に更新するか、システムのクリーンアップ値を使用するかを選択できます。

環境セクションでは、サーバー内のすべての環境が一覧表示されます。同様に、スナップショット、バージョン、およびデプロイメント履歴の保持設定を、値と、システムまたは環境テンプレート構成で指定されているかどうかの両方で確認できます。環境エントリは、コンポーネントエントリと同じ方法で変更されますが、クリーンアップの値がテンプレートから継承されている環境を変更する場合は、そのテンプレートに関連付けられているすべての環境に影響を与えます。

この新しいビューは、理想的なリテンションポリシーを構成する上で大きな強みとなります。

スナップショットゲーティング

品質ゲートは、アプリケーションの新バージョンをターゲット環境にデプロイするための絶対的な準備ができていることを確認するための、強力かつ柔軟なツールです。このゲートは、ディプロイメント マニフェストをチェックして、すべてのバージョンに必要なステータスがあること、またはディプロイメント ペイロード内に制限されたステータスが適用されているバージョンがないことを確認します。スナップショットをディプロイすると、スナップショットに含まれるすべてのバージョンが品質ゲートと照合されます。

スナップショットを使用すると、デプロイメント素材の「ゴールデンセット」の管理が簡単になるため、品質ゲートでスナップショットを使用するのがさらに簡単になりました。スナップショットのステータスを品質ゲートの条件に指定できるようになりました。スナップショットのステータスが必須または禁止の場合、デプロイされるスナップショットでその条件を満たす必要があります。これらの条件はバージョン条件と組み合わせることができ、個々のバージョンに「Build Succeeded」や「Tests Passed」などのステータスが与えられていることを確認するだけでなく、アプリケーションコンポーネントのバージョンを合成したスナップショットがチェックされていることを確認することができます。言い換えれば、品質ゲートを使って、アプリケーションの個々の部分や特定のバージョンがリリース基準を満たしているかどうかをチェックすることができます。スナップショット・ステータス・ゲートを使用すると、スナップショットに基づいたデプロイメントを1回のチェックで管理することができます。

OAuth 2.0

7.1.2.0では、HCL Launch はOpen API Connect 2.0仕様を実装したシステムに認証を委ねることができます。これにより、ユーザー認証管理を組織内の他のアプリケーション間でシームレスに共有することができます。OAuth 2.0の詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

安全なポスト・プロセッシング・スクリプト

後処理スクリプトとは、あるステップが完了した後に実行されるように設定できる、JavaScriptベースのスクリプトです。このスクリプトは通常、ステップの出力ログを処理して新しいプロパティを追加したり、そのステップの成功ステータスを変更したりするために使用されます。

従来、ポスト処理スクリプトは、設定タブまたはプロセスエディタにアクセスできるすべてのユーザーが表示することができ、グローバルな「ポスト処理スクリプトの管理」権限を持つユーザーのみが編集することができました。しかし、セキュリティモデルの柔軟性をスクリプトにも反映させたいと考え、新しい権限セットを追加し、スクリプトにチームを割り当てられるようにしました。

後処理スクリプトにチームを割り当てることができるということは、これらのスクリプトへのアクセスをチームのロールメンバーシップに基づいてゲートすることができるようになったということです。重要な可能性のある配置スクリプトをすべて変更できる権限をユーザーに与えるのではなく、チームの配置にとって重要な可能性のあるスクリプトを変更できるのは、そのチームで編集権限を与えられたロールを持つユーザーだけになります。

スクリプトを表示できるユーザーのみが、その後処理スクリプトをステップに割り当てることができるため、これらの新しい権限は、スクリプトの使用を制限する手段にもなります。まだ使用できないスクリプトは、チームマッピングを保留にして、チームが追加されるまで設定できないようにすることができます。後処理スクリプトをステップに追加すると、実行ユーザーの権限に関係なく、プロセス実行の一部として実行できるようになります。

アップグレード時には、既存のすべてのロールに、そのチームの後処理スクリプトを表示する権限が与えられます。ただし、アップグレード前に存在していたすべての後処理スクリプトには、システムチームへのマッピングのみが与えられます。既存のポスト処理スクリプトへのアクセスを保持するには、システムチームのユーザーがスクリプトにチームを適用するか、または、組織がきめ細かいセキュリティアクセスを利用したくない場合は、すべてのユーザーに読み取りアクセスを与える「ポスト処理スクリプトの表示」ロールを配置することができます。

新機能の実際

HCL Launch 7.1.2.0 の詳細と新機能のデモについては、以下のオンデマンド・ウェビナーをご覧ください。


HCL Launch 製品ページの更新

2021/4/14 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Launch は、かつて UrbanCode Deploy という名称の製品でした。その際に作成したページを改め、新たな URL で HCL Launch 製品ページを作成、更新しましたのでお知らせします。

HCL Launch はソフトウェアのデプロイを自動化するツールです。単純なツールではなく、管理、監査、統計情報などを生かして、新たな価値を創造します。紹介ビデオも掲載していますので是非ご覧ください。


HCL Launch によるモダンアーキテクチャーへの展開

2021/4/14 - 読み終える時間: ~1 分

Deploying to Modern Architectures with HCL Launch の翻訳版です。

HCL Launch によるモダンアーキテクチャへの展開

2020年6月29日

著者: Diego Villafuerte / Solutions Specialist

画像の説明

すべての組織は、近代化への独自のアプローチを持っています。当社の継続的デリバリ・プラットフォームである HCL Launch は、エコシステムの成熟度に関わらず、お客様のDevOps変革に価値を提供することができます。その前に、ソフトウェア開発におけるモダナイゼーションの意味を説明します。

アプリケーションのモダナイゼーションを説明するために、架空の企業である IceCreamSoft を例に挙げます。IceCreamSoft 社は、古いソフトウェア会社ですが、グルメ・アイスクリーム・トラックを発売することにしました。そのためには、いくつかの新しいシステムを開発する必要があります。以前のような一枚岩のアーキテクチャは避けたいと考え、POS(販売時点情報管理)、在庫、ルート提案などのサービスを独立させたマイクロサービスパターンを採用することにしました。

IceCreamSoft は依然として同じ倉庫にデータを集めたいと考えているので、両方のシステムを同時にメンテナンスし、連動させる必要があります。幸いなことに、彼らはすべての導入に HCL Launch を使用していたため、プロセスはほとんど変わっていません。既存のパイプラインに、SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)の一部として必要な新しいコンポーネントを追加して使用し続けることができます。パイプラインを変更するにしても、新しいパイプラインを作成して共存させるにしても、どちらの選択肢も用意されています。

画像の説明

HCL Launch visual process designer 最終的に、IceCreamSoft は、新しいPOSマイクロサービスが古いPOSシステムを凌駕していることに気づき、全店舗の近代化を決定します。当然のことながら、切り替えが完了した後は、厳格なテストパイプラインを調整する必要があります。HCL Launch のビジュアルプロセスデザイナーを使えば、切り替え後のパイプラインの特定の部分を簡単に排除することができます。また、HCL Launch には強力なロールバック機能があるので、もしIceCreamSoftが古いバージョンのパイプラインを使用する必要がある場合でも、すべて便利なバージョン管理ができます。

アプリケーションモダナイゼーションとは、実は、アーキテクチャ、インフラ、デリバリーモデルの3つの領域を同時にモダナイゼーションすることです。HCL Launch は、これら3つの領域が異なる段階であっても共存させることができるので、改善のスピードを落としたり、遅らせたりする必要がありません。デリバリープロセスとの一貫性を保ちながら、新しいツールでインフラを近代化する。既存のアーキテクチャを維持しながら、チームが可能な限りマイクロサービスを追加できるようにする。HCL Software DevOpsのソリューション群では、お客様の変革ストーリーに最も適したツールチェーンを構築することができます。


HCL Launch 7.1.2 の新機能 - OAuth 2.0

2021/4/6 - 読み終える時間: 2 分

New in HCL Launch 7.1.2 - OAuth 2.0 の翻訳版です。


HCL Launch 7.1.2 の新機能 - OAuth 2.0

2021年4月2日

著者: DevOps Team, HCL Software

画像の説明

HCL Launch では、ネイティブの認証方法に加えて、CAS SSO や LDAP とシームレスに統合することで、様々な認証ソリューションでユーザーがログインできるようになっています。7.1.2.0 からは、新しい認証方法である OpenID Connect / OAuth 2.0 が利用できるようになりました。OpenID Connect プロバイダと統合することで、ユーザーが組織内のアプリケーションで認証するのと同じように、HCL Launch でも認証できるようになります。これにより、エンドユーザーのログインプロセスを簡素化し、ビジネス全体の認証セキュリティポリシーを一元的に管理することができます。

OpenID Connect / OAuth 2.0 とは何ですか?

OpenID Foundation は、OpenID Connect を「OAuth 2.0 プロトコル上のシンプルな ID レイヤー」と説明しています。OAuth 2.0 が API への認証を可能にするプロトコルであるのに対し、OpenIDはOAuth 2.0を拡張し、ユーザーのアイデンティティを検証する機能を提供します。これはHCL Launch にとってどのような意味を持つのでしょうか?HCL Launch が OpenID プロバイダ(Okta、Azure、Keycloakなど)と接続するように設定されていれば、ユーザーはそのプロバイダ経由で HCL Launch にログインすることができます。

画像の説明


それは素晴らしいことですが、どうやって始めればいいですか?

最初のステップは、HCL Launch をクライアントアプリケーションとして OpenID プロバイダに登録することです。このプロセスの詳細はベンダーによって異なります。

登録が完了したら、HCL Launch に新しい Authentication Realm を設定しましょう。OpenID プロバイダは、クライアント ID とシークレット、その他の詳細を提供しますが、これらはこのプロセスに必要です。新たに設定された Authentication Realm は、内部の Authorization Realm にのみマッピングされるため、ユーザーが作成されたら、必要なグループやチームに手動で追加する必要があります。

画像の説明


それでは、実際に試してみましょう

ログアウトして、ログインページに戻ります。ドロップダウンを使用して、新しい OpenID Connect ログインレルムを選択します。すべてが正しく設定されていれば、「OpenIDでログイン」をクリックすると、OpenID プロバイダーのログイン画面になります。

あなたのユーザーは新しいOpenIDレルムで作成されたばかりなので、適切なグループ、チーム、ロールに追加する必要があります。

HCL Launch は、OpenIDプロバイダ に定期的に確認することで、あなたのセッションを維持します。あなたが OpenID プロバイダにログインしている限り、あなたのユーザーセッションは開かれたままです。ただし、OpenID プロバイダ からログアウトしている場合は、再認証が必要となります。

以上、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?HCL Launch 7.1.2.0 の OpenID Connect 認証を使えば、エンドユーザーの体験を簡単に改善し、セキュリティを簡素化することができます。


HCL Accelerate の紹介

2021/4/6 - 読み終える時間: 3 分

Introducing HCL Accelerate の翻訳版です。


HCL Accelerate の紹介

2020年6月23日

著者: Bryant Schuck / Product Manager for HCL Software DevOps

画像の説明

すべての DevOps データを一度にまとめるバリューストリーム管理プラットフォーム、HCL Accelerate をご紹介します。HCL Accelerate は、ビジネスチームや開発チームが、これまで以上に高い効率性と柔軟性をもって、継続的デリバリのバリューストリームを可視化、編成、最適化することを可能にします。HCL Accelerate 2.0 には、Environment Gates、Plugin SDK、Reports、New Metrics などの新しいエキサイティングな機能が搭載されており、DevOps の変革を次のレベルに引き上げるための多くの機能が強化されています。これらの新機能がお客様のビジネスにどのような価値をもたらすのかを正確に知るために読み進めてください。

環境ゲート機能 (Environment Gates)

画像の説明

HCL Accelerate 2.0 の最大の新機能は、環境ゲートです。これによりチームは、パイプラインのステージに応じてゲートを設定することで、ガバナンスを左にシフトすることができ、スループットを最適化しつつ、リスクを特定して低減することができます。

お客様とお話ししていると、パイプラインにはまだ多くの手作業によるチェックやサインオフがあることがわかりました。現実には、すべてを一晩で自動化できるわけではなく、どのバージョンが良いか悪いかを管理する方法は、今日、ほとんどのデリバリーチームにとって大きなギャップとなっています。手動サインオフを導入すると、一連のルールに基づいてバージョンの承認または拒否を行う権限を持つ人をカスタマイズすることができます。これにより、何をしなければならないか、どのバージョンが良いか、デプロイの準備ができているかを正確に把握することができます。一般的には、下位の環境である種の手動テストを使用し、そのテストが完了した後にバージョンを承認する1人または複数のユーザーに割り当てることができます。上位の環境では、すべてが承認されない限り、そのバージョンを入れないようにすることができます。

多くのチームでは、この手動によるゲート設定は、チャットや電子メール、口頭でのコミュニケーションを通じて行われており、人為的なミスや不整合の余地が多く残されています。Environment Gates では、HCL Accelerate がこのプロセスをより明確に、より正確にします。アクセラレートは完全な監査機能を可能にし、バージョンが不良とされた理由を正確に把握することができます。Accelerate は複数のビルドツールやデプロイメントツールを横断的に見ることができるため、バージョンが問題ないことを確認するために複数のチームに確認する必要はもうありません。

レポート機能

画像の説明

レポート機能はもう一つの非常にエキサイティングな新機能で、表、チャート、グラフをより詳細に収集することができ、アジャイルスプリントの状態、デプロイメントの監査、リリースのリード線など、より具体的な問題を対象とすることができます。

マネージャーやチームリーダーにとって、最も一般的な質問は、"スプリントにどれだけ残っているのか?"や、"スプリント目標を達成するためのリスクは?"です。HCL Accelerate のバリュー・ストリーム・ビジュアライゼーションは、潜在的な問題やボトルネックを見るために作業項目を表現するのに優れていますが、レポートは、そのスプリントのリスクをトリアージして判断するのに必要なすべてのデータを並べることで、さらに深く掘り下げています。

会議で、チームの進捗状況を正確に表示して、特定の項目について的を絞った会話をしたいと思ったことはありませんか?そんなあなたにぴったりのレポートです。HCL Accelerate は、DevOps Data Lake を活用して、バリュー・ストリームのどこにアイテムがあるかを正確に示し、開発者がカードを更新するのが得意でなくても、それをレポートします。開発者のステータス・チェック・ミーティングを減らすことで、あなたとあなたのチームは、作業の完了とより重要な会話に集中することができます。

プラグインSDKによるカスタムプラグイン

画像の説明

カスタム・プラグインを加速させるデータと関係は HCL Accelerate の基盤です。つまり、Accelerate に接続されるツールやデータが多ければ多いほど、より強力になります。しかし、多くのツールやデータが業界標準ではない自家製のものである場合、使用するすべてのものを統合するのは難しいことがあります。そのため、2.0 のリリースでは、HCL Accelerate のプラグインフレームワークをオープンにして、お客様が洞察に満ちた意思決定を行うために必要なツールやデータのための独自のプラグインを開発できるようにすることが重要でした。これにより、チームやビジネスにとって重要なメトリクス、KPI、OKR をさらに進化させる無限の可能性を持つ Accelerate の可能性が開かれます。

プラグインの開発方法がわからないという方。心配しないでください。私たちは、30分以内に最初から最後までできるように「Hello world」を書きました。また、すべてのリソースが製品内に用意されているので、ファイルのダウンロードとアップロードがすぐにできます。

新しいメトリクス

画像の説明

HCL Accelerate 2.0 では、機械学習と新しいメトリクスによるビジネスアジリティに注目しました。今では10以上のアウトオブボックスのメトリクスがあり、チームはトランスフォーメーションの全体像を把握し、ビジネスアジリティを推進することができます。ロード」と「コントリビューター」という2つの新しいメトリクスを導入したことで、バリューストリームにおけるフローが最適であることを確認することができます。

"Load" は、あなたのバリュー・スチームでアクティブになっているワークアイテムの数です。"Contributor" は、これらのアイテムに割り当てられているユニークなリソースの数です。この情報があれば、バリューストリームがどのように行われているかをこれまで以上に迅速に分析することができます。ロード、スループット、コントリビューターのすべてがお互いにどのように影響するかを推測するのをやめて、トレンドを見て、チームにとって最適なダイナミックさを見つけることができます。理想的な使用例は、スピードと品質を備えた最適なスループットを得るために、チームがどれだけの負荷を処理できるかを見つけることです。

どのチームがより多くのリソースを必要とし、どのチームが過剰であるかを明確に示すことで、HCL Accelerate はあなたのビジネスがより少ないリソースでより多くのことを行うことを可能にします。バリューストリームのどこでフローが滞っているかを発見し、チームがどこの改善に注力すべきかを見極めるのは、簡単な作業ではありません。重要なボトルネックを発見するための機械学習モデルを使用することで、Accelerate は、どこで作業がバッチ処理されているか、どのタスクに長い待ち時間があるか、どこに流入/出力の不整合があるかを簡単に知ることができます。改善すべき領域を特定するための推測作業を排除し、変更を裏付ける実際のデータを持つことで、マネージャーは、プロセスの変更や自動化が必要な理由についてビジネスリーダーとのギャップを埋めることができます。これらの新しい測定基準と機械学習アルゴリズムにより、チームを次のレベルに引き上げ、市場での競争力を維持することができます。

HCL Accelerate を実際に見る

HCL Accelerate のバリュー・ストリーム・マネジメント機能の利点を理解する最良の方法は、実際に見てみることです。この録画されたウェビナー で、HCL Accelerate のデモを見て、新機能をチェックしてください。


HCL Accelerate: 製品ページの公開

2021/4/5 - 読み終える時間: ~1 分

これまで HCL Launch のページに同居していた HCL Accelerate の製品紹介ページですが、この度、独立したかたちで HCL Accelerate のページを公開しました。

HCL Accelerate とは何かが分かる動画もあります。DevOps に興味があるお客様に是非ご覧いただきたいと思います。


HCL RTist: CDATAを使ったモデルファイルへのコードの格納

2021/4/5 - 読み終える時間: 2 分

Storing Code in Model Files Using CDATA の翻訳版です。

HCL RTist: CDATAを使ったモデルファイルへのコードの格納

ng Code in Model Files Using CDATA profile image Mattias Mohlin Senior Solutions Architect for HCL Software

画像の説明

RTistのモデルは、XMLファイル(.emx、.efx)に格納されています。このようなファイルをテキストエディタで開いたことがある方は、モデルに格納されているコードスニペットが、XMLで義務付けられている特定の文字のエンコーディングのために、非常に読みづらいことに気づかれたことでしょう。以下にその例を示します。

画像の説明

一部のコードスニペットはXMLの属性として格納されており、改行もコードスニペット全体が1行で表示されるようにエンコードされているため、見た目がさらに悪くなります。

画像の説明

RTist 11.0 2020.33からは、コードスニペットがXMLファイルのCDATAセクションに保存されるように設定することができます。これにより、コードをエスケープする必要がなくなり、読みやすさが大幅に向上します。この環境設定は「モデルファイルの保存時にCDATAを使用」というもので、「モデリング」環境設定ページにあります。この設定は、コード・スニペットだけでなく、ドキュメント・テキストの保存方法にも影響します。

画像の説明

この環境設定を設定すると、上記の例のコード・スニペットは次のようになります。

画像の説明

画像の説明

なお、RTistの古いバージョンでも、CDATAを使ったモデルファイルを読むことができます。その意味で、この機能は後方互換性があります。ただし、そのような古いバージョンのツールでモデルを編集して保存すると、コードスニペットは再びCDATAを使用せずに保存されることに注意してください。 モデルファイルにCDATAを使用することにした場合、ワークスペース内のすべてのファイルを新しいフォーマットで使用するために手動で保存し直すのは少々面倒です。簡略化するために、モデルフィクスアップを実行すると、すべてのモデルファイルが自動的にCDATAを使用するように変換されます。

画像の説明

詳細はこちらのビデオをご覧ください。


HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021/4/5 - 読み終える時間: 2 分

Latest HCL OneTest Release Boasts Several Benefits, Features の翻訳版です。


HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021年4月2日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

最新の HCL OneTest 10.1.3リリースには、プロジェクトのライフサイクルを通してUI、パフォーマンス、APIなどの分野で継続的にテストを行うためのいくつかの利点と機能が含まれています。

その内容を簡単にご紹介します。

テスト機能の拡充

GraphQLエンドポイント(マイクロサービス上でクエリを構築するための一般的な手段)を簡単にテストできるようになります。これはREST/JSONベースのサービスと似ていますが、クエリやミューテーションに関連する特定の機能があるため、専用の機能を提供することが望まれます。

以下のものを扱うためのサポートも充実しています。

  • GraphQLクエリ
  • クエリーとミューテーションの構築
  • イントロスペクションによるGQLスキーマの取得
  • GQLエンドポイントの仮想化

テスト中のアプリケーションの設定管理が容易に

HCL OneTest 10.1.3では、アプリケーション構成ツールキットが刷新され、Web、Android、iOS、Windowsアプリを使いやすいWebインターフェイスで構成できるようになりました。

AI/MLテストドリブンソリューション

HCL OneTest Dataには、複数の出力テーブル間のデータの相互相関を可能にする参照整合性モジュールが含まれており、ビジネス・シナリオを適切にモデル化するために必要なすべてのリンク・データを生成することができます。例えば、注文履歴テーブルに複数のリンクされた購入を持つ顧客レコードを設定することができます。

アプリケーションモデリング

HCL OneTest 10.1.3では、システムモデルビューの最初の部分が導入され、ユーザーは実行中のテストや仮想化しているコンポーネントがどのように接続されているのか、その品質の状態を素早く視覚的に把握することができます。

また、仮想サービスにおいては、アプリケーションのどの要素を仮想サービスで表現するのかを明確にすることで、モデル内の依存関係を置き換えるために仮想サービスの利用を迅速かつ容易に開始することができます。

例えば、外部依存性をモデル化し、そのモデルコンポーネントにバーチャルサービスを関連付けることで、ユーザーは膨大なバーチャルサービスのカタログを調べることなく、コストのかかるサードパーティのサービスを簡単に削除することができます。

SAPエコシステムサポートの更新

SAP GUI 7.60は最新のメジャーリリースであり、HCL OneTest 10.1.3は最新の機能や変更点を完全にサポートしています。

他にもたくさん

今回のリリースには、お客様のアイデアがいくつか含まれています。私たちは、テスターのコミュニティを大切にしており、提出されたすべてのアイデアを評価しています。製品に反映させるために最善を尽くしますので、どうかご意見をお寄せください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault inotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修