より低コストでテストを加速させる

2020/10/30 - 読み終える時間: 4 分

Accelerating Testing at Reduced Costs の翻訳版です。


より低コストでテストを加速させる

2020年10月29日

著者: Navnit Kumar Singh / Software Test Architect 共著: Shivi Sivasubramanian / Technical Lead

画像の説明

多くの組織にとって、アジャイルおよび継続的なソフトウェアデリバリのトレンドに追いつくためのテストプロセスを定義することは、大きな課題です。

そして、この課題を克服するために、多くのソフトウェアチームは通常、テストの自動化や追加のスクリプトを導入しています。しかし、より自動化された UI テストが必ずしも効率的なプロセスとは限りません。

テストの実行時間は、テストスイートのサイズに正比例します。特にこのようなシナリオでは、テストを自動化する目的は達成されません。この記事では、HCL OneTest UI (HOT UI) が、テストの自動化に関連する最も一般的な問題を克服するのにどのように役立つかを概説します。

このブログ記事では、以下の用語を使用しています。

  • ノード - 物理的または仮想的なマシン、Docker イメージ、モバイルデバイス、またはエミュレータ
  • Channel - テストが実行されるブラウザーのアクティブなインスタンス

スピードを上げる、遅くするのではなく

テストを高速化する最も強力な方法は、テストを並列に実行することです。すべてのテストスクリプトを単一のノードで実行するのではなく、多くのノードに分散して実行します。例えば、100個のテストを 10個以上のノードで並列に実行すると、実行時間は実際の実行時間のわずか10分の1にまで短縮されます。

画像の説明

時間を節約できるだけでなく、テストの実行を並列化することで、テストカバレッジを大幅に向上させることができます。

自動化されたテストを並行して実行するための準備をする際には、以下の要件を考慮してください。

  • アトミックテストと自律テスト
  • ノード間の通信が適切に処理されるテスト環境
  • テスト実行のための単一の統合レポート
  • テストデータを迅速かつ正確に管理する方法

テスト実行の高速化

HCL Software は、HCL OneTest UI と呼ばれるGUI自動化機能テストツールを提供しており、記録することで自動テスト用のテストスクリプトを素早く生成することができます。これらのテストスクリプトは、逐次的にも並列的にも実行することができます。そのシンプルなUIを使用して、並列テスト実行用のアトミック・スクリプトを生成したり (「記録中にテストを分割する」を参照) 、並列テスト実行のためのさまざまな機能を活用したり、テスト・データを自動管理したりすることができます。

HCL OneTest UI は、複数のブラウザーと複数のノードに同時にテスト実行を分散させる方法を提供することで、テストを高速化するのに役立ちます (「分散テストによるテスト作業の高速化」を参照してください)。HOTUI で並列テストを実行するには、加速機能テストアセット (AFT) を設定する必要があります。AFT は、複数の接続されたノードと利用可能なブラウザー上で並列テストを実行するために必要なすべての情報を含む XML ファイルです。

  • テスト スクリプトの詳細。テストスクリプトの詳細: 並列実行するすべてのテストスクリプトの名前と場所
  • ブラウザーの詳細 .... テストを実行するブラウザー
  • Locations ............... テストが実行されるノードの場所
  • グループ ..................... テスト、ブラウザー、ロケーションのグループ

典型的なAFTテストスイートは次のようになります。

画像の説明

  1. AFT テストスイート

増速機能テストの設定方法の詳細は、「増速機能テスト・アセットの作成」を参照してください。

テスト実行の分散を制御する

AFT テストスイートを実行すると、そのテストスイートの一部である WebUI テストが複数の接続されたノードに分散され、テストを並行して実行するための複数のチャネル (またはストリーム) が容易になります。ノード上で並列に実行できるテストの数は、Web UI Playback (Desktop) 環境設定 (Window > Preferences > Test > Test Execution > Web UI Playback (Desktop) ) で「配布用エージェントごとの並列チャンネル数」を整数値に設定することで、HOTUI 環境設定で定義したチャンネル数に依存します。

画像の説明

  1. HOTUI 環境設定 - 並列テストの実行回数の設定

というわけで、並列チャンネル数を決定する際には、接続されているノードの構成も考慮する必要があります。

HOTUI では、以下の方法で並列テストの実行を配布することができます。

  • 自動配布 実行時間を最小化する観点から、実行テストの配分は HOTUI によって完全に制御されています。選択された WebUI テストまたは AFT スイートのテストの一部は、個々のテストの実行時間に基づいて、指定されたチャンネル数に事前に配置され、各チャンネルの合計実行時間のバランスをとります。
  • 選択的な配布 グループを作成することで、どのテストをどの接続ノードで、どのブラウザーで実行するかを決めることができます。グループの一部であるすべてのテストは、そのグループに関連付けられているすべてのブラウザー上で実行され、実行はそのグループで定義されているすべてのノードに分散されます。

選択されたテストの数、または AFT テストスイートの一部であるテストの数が、利用可能なチャンネルの数よりも多い場合、各チャンネルは複数の Web UI テストを収容するように構成できます。Web UI テストは、チャンネル間で並行して実行され、チャンネル内では順次実行されます。

並列実行可能なテストの最大数=(配信用のノードごとの並列チャンネル数)×(接続されたノード数)

注: 複合テストを実行する場合、複合テストの数に選択したブラウザの数を乗じた数がチャンネル数を超えないようにしてください。

レポートの表示

テスト実行の終了時には、テストの詳細、実行環境、状態、場所(ノードの詳細)など、実行の詳細と概要をまとめたレポートが生成されます(スクリーンショット参照)。

  1. レポート-並列テスト実行

画像の説明

  1. レポート拡張-並列テスト実行

画像の説明

データ駆動型テストをいかに簡単に加速させるかの詳細についてはこちらをご覧ください。


OneTest: データ駆動型テストの高速化による改善

2020/10/30 - 読み終える時間: 4 分

Data-driven Test Acceleration Made Easy の翻訳版です。


データ駆動型テストの高速化による改善

2020年10月29日

著者: Navnit Kumar Singh / Software Test Architect 共著: Shivi Sivasubramanian / Technical Lead

画像の説明

ディストリビューションテストの大きな課題のひとつは、データ駆動型のテストです。同時に実行されているすべてのテストは、データにアクセスできるはずです。

しかし、いくつかのシナリオでは、複数のテストが同じデータにアクセスできるようにすることはできません。HCL OneTest UI (HOT UI) が提供するデータセットを使用することで、分散テストを実行しながらこの課題に簡単に取り組むことができるようになりました。

この記事では以下の用語を使用しています。

  • データセットは、スクラッチから作成することも、カンマ区切り値 (CSV) ファイルからデータをインポートすることも可能な、実行中の変数データを持つテストを提供します。詳細については、データセットの概要を参照してください。
  • 複合テストは、小さなテストをエンドツーエンドで実行できるシナリオに整理するのに役立ちます。複合テストを実行すると、それに追加された各テストは、定義された順序で呼び出されます。詳細は、「複合テスト」を参照してください。

データセットの作成

e コマースのWebサイトで一般的に起こるシナリオを考えてみましょう。ユーザーがログインし、カートに商品を追加し、注文をします。 したがって、以下の手順で自動テストを行う必要があります。

  • ログイン: e-Commerce Web サイトにログインする
  • カートに追加: 商品を選択してカートに追加する
  • 注文する: 商品内容を確認してから注文する

テストを高速化するために、サポートされているすべてのブラウザーで 3つのテストを並行して実行することを計画してください。しかし、アプリケーションは同じユーザーログインで 3つのセッションを同時に実行することはできません。そのため、各実行ではユーザー ID とパスワードの異なる組み合わせを使用する必要があります。

上記のシナリオのために、HCL HOTUI で以下のデータセットを必要な行データと共に作成します。

  • DS_Login: ユーザーログインの詳細をユーザー ID とパスワードの 2つの列の下に保存します。

画像の説明

  1. データ集合 - DS_Login
  • DS_Product: 3 つの列の下に製品の詳細を格納します - 製品名、ID、販売者 (product name, id, seller)

画像の説明

  1. データ集合 - DS_Product

DS_Login データセットをログインテストに関連付け、テストの入力値をデータセットの列に関連付けます。同様に、DS_Product データセットを addToCart テストに関連付け、入力値をそれぞれのデータセット列に関連付けます。詳細については、「テスト値をデータセット列に関連付ける」を参照してください。

複合テストの作成

3 つのテストをシナリオとしてまとめて実行するには、HCL OneTest で TC_PlaceOrder という名前の複合テストを作成し、3 つのテストを予想される実行順序で追加します。複合テストの中にループを挿入し、addToCart テストをその中に移動します。これは、実行中に対応するデータセットの行から値(この場合は、商品の詳細)を取得するために必要です。

画像の説明

  1. 複合テスト

TC_PlaceOrder という複合テストを実行すると、まずアプリケーションにログインするためにログインテストが実行され、次に addToCart テストがカートに商品を追加します。カートに追加された商品の数は、ループ内で指定された反復回数に等しくなります。最後に、placeOrder テストは、カートに追加された商品の注文を行います。

テストの配布

複数のブラウザーで同時にテストシナリオを実行するには、Distribute_TC_PlaceOrder という AFT テストスイートを作成します。

画像の説明

  1. AFT テストスイート

Distribute_TC_PlaceOrder と呼ばれる AFT テストスイートを実行すると、TC_PlaceOrder テストは Chrome と Firefox で並行して実行されますが、複合テスト TC_PlaceOrder の一部であるテストは順次実行されます。

異なるブラウザーでの実行の各ステップで、ログイン・テストは、DS_Login データセットの異なる行から必要なログイン詳細を取得します。このようにして、各並列テストの実行において、単一のユーザー・ログイン・セッションが保証されます。 ログインテストが完了すると、addToCart テストはループ内で(指定された回数分)、異なるブラウザー上で同時に実行されます。addToCart テストの各実行は、DS_Productdataset にアクセスし、データセットにアクセスする1つのテストであるかのように、カートに商品を追加します。

まとめると、HOTUI は、必要に応じてデータへのアクセスを制限しながら、データへの同時アクセスを可能にすることで、テストの並列実行を容易にします。

コストを削減しながらテストを高速化する方法の詳細はこちらをご覧ください。


HCL Launch における “Process as Code”

2020/10/29 - 読み終える時間: 5 分

Processes as Code in HCL Launch の翻訳版です。


HCL Launch における “Process as Code”

2020年10月28日

著者: Hayden Schmackpfeffer / Product Manager

画像の説明

導入とユーティリティー

HCL Launch version 7.1.1.0 で追加されたエキサイティングな新機能の1つは、Web UI の外でアプリケーションやコンポーネントのプロセスを設定できることです。HCL Software の “Process as Code” フォーマットにより、開発チームはプロセスを定義し、簡単に変更可能なフォーマットで保存することができます。

HCL Launch サーバーには、いくつかのコマンドで構成されたユーティリティである Process as Code Compiler がバンドルされています。その主な目的は、Launch サーバーと対話し、PAC フォーマットと Launch サーバーによって理解される JSON フォーマットの間で変換することです。

最も便利なコマンドは uploaddownload です。これらのコマンドには、download-component-processdownload-application-processupload-component-processupload-application-process の 4つがあります。

ダウンロードコマンドは、Launch 内のプロセスの特定のバージョンを指し示し、そのプロセスをダウンロードし、PAC 形式に変換して保存します。

download-<process-type>-process <user-name> <server-url> <process-id> [<version>|latest] output.pac

アップロードコマンドは逆のことをします; アップロードコマンドはローカルの PAC ファイルをサーバーが期待する JSON フォーマットに変換し、指定されたプロセスの新しいバージョンとしてアップロードします。

upload-<process-type>-process <user-name> <server-url> <process-id> <next-version | latest> input.pac

pacc スクリプトはローカルに保存されている Launch JSON ファイルを PAC フォーマットに変換し、 ccap スクリプトは PAC から JSON フォーマットに変換します。

基本的な構文

PACC ユーティリティの README には、私たちが定義したカスタム構文の詳細な説明が含まれていますが、ここでは基本的なことを説明します。

  • "start" と "finish" は、プロセスの入口と出口を表すために使用されます。
  • "start " は、定義されたステップを呼び出すために使用されます。
  • "plugin step is" は、ステップを定義し、設定します。この一般的な構文は任意のプラグインコマンドを指定することができ、"shell" のような一般的に使用されるステップのための短縮記号があります。
    • "plugin" は使用するプラグインを指します。
    • "command" は、そのプラグインの中で使用する特定のプラグインステップを指します。
    • "on [success | failure | complete]" は、特定のステップが終了した後に実行されるその後のステップを定義する。
    • "property " = " は、プラグインのステップフィールドの値を指定します。

ここでは、シンプルな Tomcat ウェブアプリケーションのアーティファクトセットをダウンロードし、Tomcat プラグインを使用してアプリケーションをデプロイする小さなコンポーネントプロセスの例を示します。

start is
    start "Download Artifacts"
end

plugin step "Download Artifacts" is
    plugin "UrbanCode Deploy Versioned File Storage"
    command "Download Artifacts"
on success
    start "Deploy Tomcat Application"
end

plugin step "Deploy Tomcat Application" is
    plugin "Tomcat"
    command "Deploy Application"
    property "tomcatManagerUrl" = "${p:environment/tomcat.manager.url}"
    property "tomcatUsername" = "exampleTomcatUser"
    property "tomcatPassword" = "${p:environment/secureTomcatPassword}"
    property "tomcatContext" = "/TestA"
    property "warFile" = "./TestApp.war"
    property "configFile" = ""
on success
    finish
end

この例では、Deploy Application ステップのための特定のプロパティを明示的に定義していますが、成果物のダウンロードコマンドは基本的に空のままにして、ステップのデフォルト値を使用しています。PAC プロセスは HCL Launch に直接アップロードされ、サーバーが理解できる形式に変換されているので、プロパティを参照することができます。

始めるには、既存の Launch プロセスを PAC フォーマットに変換するためにプロセスのダウンロードコマンドを使用し、PAC の変更の出発点として使用することをお勧めします。

私は現在、開発用 Launch サーバー上のデプロイメントプロセスを Processes as Code とカスタム githook を使って管理しています。サーバー上で管理したいプロセスは、以下のディレクトリ構造を使って「deployment-processes」リポジトリに格納しています。

Deployment-processes/<processType>/<nameOfComponentOrApplication>/<ProcessID>.pac

画像の説明

これにより、変更した .PAC ファイルのパスには、コミット時に処理をアップロードするために githook が必要とするすべての情報が含まれていることが保証されます。この例では、ブランチにコミットしたらすぐにアップロードするために post-commit フックを使用していますが、toy 以外の例では、git サーバー側の pre-receive フックや post-receive フックのほうが適切です。

下の githook の例は python で書かれたもので、pexpect ライブラリを使用しています。現在のバージョンの PAC ユーティリティでは、Launch サーバーとやりとりするときにパスワードを手動で入力しなければならないという事実を回避しています。

#!/usr/bin/env python3 
from subprocess import check_output
import pexpect
import json
TYPE = 0
NAME = 1
ID = 2
username = ''
password = ''
serverUrl = ''
# returns tuple of type, name, processId
# assumes files are appropriately structured
def parseTargetsFromFile(filepath):
    #component/testComponent/175427f6-0a8b-93b4-d73a-6a8ba534b060.pac
    targets = filepath.split('/')
    filename = targets[ID]
    return targets[TYPE], targets[NAME], filename[:filename.index(".")]
def uploadProcess(cmd):
    child = pexpect.spawn(cmd)
    try:
        i = child.expect([pexpect.TIMEOUT,'password:'])
        if i == 0:
            print("Got unexpected output: %s %s" % (child.before, child.after))
        else:
            child.sendline(password)
        child.read()
    except:
        print("Problem encountered: ")
        print(str(child))
def uploadChangedProcesses():
    # git diff-tree -r --name-only --no-commit-id HEAD
    changedFiles = check_output(['git', 'diff-tree', '-r', '--name-only', '--no-commit-id', 'HEAD']).decode()
    lines = changedFiles.splitlines()
    for line in lines:
        print(f"uploading pac file: {line}")
        line = str(line)
        targets = parseTargetsFromFile(line)
        cmd = buildCommand(targets, line)
        uploadProcess(cmd)

def buildCommand(targets, filename):
    return f"upload-{targets[TYPE]}-process {username} {serverUrl} {targets[ID]} latest {filename}"
if __name__ == "__main__":
    with open('conf.json') as confFile:
        conf = json.load(confFile)   
        username =  conf['username']
        password = conf['password']
        serverUrl = conf['url']
    uploadChangedProcesses()

上記のスクリプトをポストコミットフックとして保存し、私のPACファイルに修正をコミットすると、それらのファイルは、以下のように私のLaunchサーバー上で同じIDを持つプロセスの最新バージョンとしてアップロードされます。

画像の説明

HCL Launch 7.1.1.1 の他のアップデートと一緒に、新しい "Processes as Code "機能が実際に動作しているのを見たい方は、こちらから登録してウェビナーに参加してください。


HCL Launch 7.1.1.0 の新機能

2020/10/28 - 読み終える時間: 2 分

What's new in HCL Launch 7.1.1.0 の翻訳版です。

HCL Launch 7.1.1.0 の新機能

2020年10月27日

著者: Hayden Schmackpfeffer / Senior Developer

画像の説明

HCL Launch バージョン 7.1.1.1.0 では、これまで以上にデプロイメントの経験を向上させるために、信じられないほどの新しい機能と強化が追加されています。このリリースに含まれている機能セットは、デプロイメントの表示と設定がこれまで以上に簡単になり、QOL を向上させます。

HCL Launchアプリケーションとコンポーネントのプロセスを人間が読みやすい速記法で定義できる新しい言語を作成しました。当社の "Processes as Code" 言語を利用するために、"Tools" セクションに Processes as Code コンパイラが含まれており、既存のプロセスをダウンロードしてPACフォーマットに変換したり、指定したLaunchサーバに直接PACファイルを翻訳してアップロードすることができます。より詳細な情報は、近日中に詳細なフォローアップ記事でご紹介します。

新しい "Get Started" ページでは、HCL Launch と HCL Software DevOps に関する膨大な情報のリポジトリを、あなたの指先に置いています。アプリ内のチュートリアルの代わりに、このページでは、HCL Launch のチュートリアルのほか、ドキュメント、リリースノート、ビデオコンテンツ、そしてこのブログへのリンクが用意されています。ナビゲーションバーの "HCL Launch" セクションをクリックするか、ヘルプドロップダウンの "Get Started" オプションをクリックして、いつでもこのナレッジストアにアクセスしてください。

画像の説明

このリリースでは、便利なメールリンクを介して承認タスクに対処する機能を使用して、チームのデプロイメントを外出先でも管理することができます。バージョン7.1.1.1.0に含まれているデフォルトの通知テンプレートには、電子メールを受信したユーザーに関連付けられた応答URLが埋め込まれています。

このリンクをクリックすると、ユーザーは割り当てられたタスクを承認または拒否するためのモバイル応答ページに移動します。このリンクは、添付されたタスクへの応答にのみ使用でき、5日後に有効期限が切れます。既存のメールテンプレートはアップグレード時に保存されるため、お使いのサーバーがv7.1.1.1.0以前にインストールされていた場合は、承認とタスク通知のテンプレートXMLを変更して、応答URLを含める必要があります。この設定方法については、サポートチームまでお問い合わせください。

画像の説明

設定タブの新しいページでは、すべてのタグ付け可能なオブジェクトを俯瞰的に見ることができます。オートメーション設定の下の "タグ "ページには、エージェント、アプリケーション、コンポーネント、またはリソースのために作成されたすべてのタグを一覧表示するテーブルがあります。

これらのテーブルは、特定のタグのセットを表示するためにフィルタリングしたり、既存のタグ定義を変更したりすることができます。既存のタグの名前、説明、および色を変更することができ、そのタグは、タグが与えられたすべてのオブジェクトで更新されます。

画像の説明

また、ライセンス設定をシステム設定ページの外に移動し、ライセンスサーバー接続に特化した新しいページに移動することで、ライセンス設定を刷新しました。このページでは、接続の詳細を入力し、HCL Launchがライセンスサーバーへの接続に成功すると、ライセンスの使用状況に関する情報が表示されます。

画像の説明

11月5日(木)午後3時(米国東部標準時)に開催されるウェビナーでは、これらの新機能を実際にご覧いただけます。ライブ・ウェビナーに参加できない場合でも、ご登録いただければリプレイへのリンクをお送りします。ウェビナーに登録するには、ここをクリックしてください。

HCL Launchがあなたの生活をどのように楽にするかについて、他にもアイデアがありますか?こちらのアイデアポータルに投稿してください。


OneTest: 統一されたレポートによるテスト結果の改善

2020/10/28 - 読み終える時間: 4 分

Enhancing Test Results Via Unified Reports の翻訳版です。


統一されたレポートによるテスト結果の改善

2020年10月26日

著者: Eshita Gupta / User Experience designer for HCL Software

画像の説明

ソフトウェアでは、製品の最適な品質が常に優先されています。

予期せぬ状況や期待される状況下でのソフトウェアコンポーネントの評価は非常に重要です。そのため、テストチームは製品の品質を評価することで、ビジネスの成長に大きな役割を果たしています。

テスターであるあなたは、レポートに迷い、メールボックスに書類をダンプしてしまうことが何度あるでしょうか。それはよくあることで、テスターはゼロからスタートしなければならないことが多いです。

HCL OneTest Server の新しい統一レポートにより、テスト結果を簡単にアクセスして分析できるようになりました:このレポートは、機能テストとWeb UIテストレポートの機能を統合し、HCL OneTest UIのすべてのテストタイプをサポートしています。広範囲で直感的なデザインを使用することで、統一レポートはテスト結果を分析するための以下の機能を提供します。

テスト実行の包括的な詳細を表示することで、テストの問題点を素早く深く掘り下げることができます。

  • 複雑な複合テストから特定のテスト反復の詳細までのドリルダウン
  • テスト実行からキャプチャしたスクリーンショットをカルーセル形式で表示します
  • テスト実行からのライブレポート
  • レポートからテスト結果をHTML形式でエクスポートすることができます

画像の説明

クイックビューアプローチ

レポートの最初のセクションでは、実行された結果が一目でわかるようになっています。これは、資産の健全性を素早く分析し、チーム内で同じことを伝えたいマネージャーやテスターに最適です。

結果レポートを素早く表示する方法について詳しく説明します。

  • ドーナツチャートは、結果の新鮮で迅速なビューを提供します
  • テストの合格・不合格の相対的な割合をカラーコードで表示する
  • 大規模データの要約に役立つ
  • 解析時間の短縮
  • さらなる調査のために報告書を掘り下げるためのアンカー

画像の説明

サマリーとリソースタブ:新しい統一されたレポートで、重要な情報が前面に出て、ユーザーの体験を向上させるのに役立ちます。

サマリータブ

画像の説明

階層的アプローチ

階層構造により、作業と依存するテスト資産の明確な権限が確立されます。複雑なアセットをシンプルな構造で見ることができます。

視覚的な階層構造は、ユーザーの流れを簡単かつ直感的にナビゲートします。

画像の説明

イテレーション: 各データセットをイテレーション形式で見ることができます。

画像の説明

結果比較 - あらゆるタイプのデータの実際の結果と期待される結果の比較が、これまで以上に簡単になりました。さまざまなタイプのデータについては、次の表の例を参照してください。

画像の説明

フィルター: 資産の状態をフィルタリングすることで、故障の原因を簡単に掘り下げることができます。

画像の説明

差分だけを表示: チェックボックスを使用して、無関係な情報を除外することができます。

画像の説明

マイクロスコープ的詳細

ユニファイド・レポートは、データの拡大率がはるかに高く、誰でも階層の各レベルで資産の詳細を検出することができます。アコーディオンを拡大しなくても、関連するアイコンにカーソルを合わせることで、個々のアセットの微細な詳細を確認することができます。

アイコンにカーソルを合わせると、以下のような詳細を見ることができます。

  • テストステップが何回失敗したか?
  • 実行中に使用されたブラウザは?
  • どのホストが関連付けられていたか?
  • テストの実行にどれくらいの時間がかかりましたか?

画像の説明

スクリーンショットのキャプチャ。記録および再生中に、スクリーンショットがキャプチャされ、各テストアセットに添付されます。キャプチャしたすべてのスクリーンショットを説明とともにカルーセルで簡単に見ることができます。

画像の説明

ライブレポート

ライブレポート機能の助けを借りて、あなたはレポートを見るために実行するための完了を待つ必要はありません、リフレッシュせずにライブレポートを実行していると、経験がシームレスになります。

画像の説明

エキスポート

あなたの都合に合わせてレポートをエクスポートし、チームで共有することができます。レポートとエクスポートのカスタマイズされたビューは、統一されたレポートのために長い間要求された機能です。今、あなたは希望する形式でレポートをエクスポートすることができます。エクスポートされたテストレポートは、インタラクティブなHTML形式とPDF形式で利用できます。将来のリリースでは、他のフォーマットもサポートしています。

画像の説明

オートヒーリング

オートヒーリングは本製品の最も奥深い機能です。統一されたレポートでは、「オートヒーリング」タグでレポートの状況を知ることができます。

画像の説明

HCL OneTest は、リリースのたびにレポートを継続的に強化しています。


HCL Accelerate の新しいインタラクティブ・デモ

2020/10/23 - 読み終える時間: ~1 分

New Interactive Demo of HCL Accelerate の翻訳版です。


HCL Accelerate の新しいインタラクティブ・デモ

2020年10月22日

著者: Elise Yahner / HCL

画像の説明

これまで私たちは、バリュー・ストリーム管理ツールである HCL Accelerate についてよく話してきました。私たちはこのツールを本当に誇りに思っており、チームのプロセスと文化を改善するのに役立つと信じています。しかし、実際に HCL Accelerate を見るまでは、それがどのように機能するかを正確に想像するのは難しいです。仕事が忙しくなり、時間に追われているときに、ソフトウェアのデモをスケジューリングすることは、誰もがやるべきことリストの一番下に落ちてしまいます。そこで、オンデマンドでインタラクティブな HCL Accelerate デモを作成しました。

画像の説明

accelerate.hcltechsw.com にアクセスして、ご自身で HCL Accelerate の機能と機能を探索してみてください。タブと赤い点をクリックして、HCL Accelerate がなぜ機能するのか、この VSM (Value Stream Management) ツールの特長は何か、そして誰が恩恵を受けることができるのかをご覧ください。このインタラクティブなデモは、HCL Accelerate がチームに役立つかどうかを確認したい場合に最適です。次に、完全な1対1のデモを受ける準備ができたら、ページの一番下までスクロールして、デモをリクエストしてください。

画像の説明

HCL Software DevOps で HCL Accelerate は何ができるかをご覧になれば、それが組織にどのような利益をもたらすかを理解していただけるかと思います。今すぐ accelerate.hcltechsw.com にアクセスして、ご自身の目でお確かめてください。


HCL Accelerate: Windows と Docker-Compose と組み合わせてクイックスタート

2020/10/22 - 読み終える時間: 5 分

HCL Accelerate Quick Start with Windows and Docker-Compose の翻訳版です。


HCL Accelerate: Windows と Docker-Compose と組み合わせてクイックスタート

2020年10月20日

著者: Daniel Trowbridge / Technical Lead

画像の説明

HCL Accelerate の無料版を使えば簡単に始められます。このクイックスタートは Windows 上の Docker-Compose を対象としていますが、他のオーケストレーションプラットフォームにも対応しています。もちろん、Mac や Linux 用のクイックスタートもありますが、コンテナ化されたアプリケーションなので、手順は非常に似ています。詳細については、詳細なドキュメントを参照してください。

始める前に必要なものは以下の通りです。

  • Docker Composeがインストールされ、実行されていること
  • HCL Accelerate User Access Key (ここで入手できます)

画像の説明

1. インストーラのダウンロード

以下のリンクをクリックして、HCL Accelerate Windowsインストーラをダウンロードしてください。

最新バージョン

2. インストーラの実行

インストーラをダブルクリックして実行します。以下に示すように、設定値の入力を求められます。

  • アクセスキー。アクセスキー: 製品版に応じたアクセスキーを入力してください。
  • ライセンス。ライセンス: ライセンスの承認が必要です。ライセンス: ライセンスの受諾が必要です。ライセンスを読んだ後に再度プロンプトが表示されたくない場合は、 インストーラーに -license=accept 引数を渡してください。
  • プラットフォーム: "Docker Compose"をプラットフォームとして選択してください。
  • インストールディレクトリ: Installation Directory: インストールフォルダーの親ディレクトリへのパスを指定します。インストールファイルは親ディレクトリの下のバージョンフォルダーに配置されます。これにより、同じ親ディレクトリを将来のアップグレードに使用することができます。
  • ホスト名: HCL Accelerate のホスト名を指定します。デフォルトは localhost です。ホスト名は、DNS 解決または hosts ファイルなどで、すでに構成されている必要があります。
  • ポート: ポート番号を指定します。デフォルトは 443 です。
  • Startup: インストーラから HCL Accelerate を起動するか、以下の「HCL Accelerate の起動」を参照してください。

インストーラのオプション: インストーラには多くのコマンドラインオプションがあり、完全に自動化することができます。インストーラを -help フラグで実行して、サポートされている内容を確認してください。

settings.json: アプリケーションの重要な一意のキーは、ユーザー固有のもので、[ユーザーホームディレクトリ]/.ucv/settings.json に保存されていることに注意してください。このファイルは、将来の再インストールやアップグレードで使用するために、インストーラーの入力も保存します。値は、必要に応じてバックアップおよび/または移動してください。

画像の説明

3. HCL Accelerate の起動

インストーラから直接 HCL Accelerate を起動するか、インストールされたバージョンのディレクトリに移動して docker-compose up -d を実行します。この時点で HCL Accelerate イメージがDocker Hub からプルされているはずです。Docker Hub から引き出せない場合は、圧縮されたイメージを含むオフラインインストーラも利用できます。

Docker Compose を学ぶ。Docker Compose CLI については、docker.com で詳しく説明しています。

4. 最初のログイン

ブラウザー(Chromium ベースまたは Firefox を推奨)を開き、インストーラーに提供されたホスト名とポートに従って、HCL Accelerate のアドレス(https://<ホスト名>:<ポート>)に移動します。有効な証明書を設定していない場合、デフォルトの証明書は自己署名されているため、証明書の警告が表示されます。この警告を過ぎて進むと、HCL Accelerate ログイン画面が表示されるはずです。ユーザー名とパスワードの両方に「admin」を使用して、最初にログインすることができます。

5. 次のステップ

チュートリアルとブログ: https://blog.hcltechsw.com/accelerate/

動画: https://www.youtube.com/playlist?list=PL2tETTrnR4wviGuleB2xwSR7-P7m-rzTa

ナレッジセンター


OneTest: 組込みソフトウェア試験の業界標準認証を取得

2020/10/19 - 読み終える時間: 2 分

Achieving Industry Standard Certification for Embedded Software Testing の翻訳版です。


組込みソフトウェア試験の業界標準認証を取得

2020年10月16日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

コンポーネント・テスト・ハーネス、テスト・スタブ、テスト・ドライバの作成と展開を自動化することは、HCL OneTest Embedded を使えば容易に実現できます。

どのような開発環境からでもワンクリックで、メモリとパフォーマンスをプロファイルし、コードカバレッジを分析し、プログラムの実行動作を可視化することができます。

さらに、HCL OneTest Embedded は、チームがより積極的にデバッグを行い、コードが壊れる前に修正することを支援します。

HCL OneTest Embedded 8.3.0 の新機能

Eclipse 4.7.3 と 4.12(2019.06)とCDT 9 をサポート

  • Rational Test RealTimeはEclipse 4.7.3とCDT 9で提供されるようになりました。
  • アップデートサイトの仕組みを利用して、Eclipse 4.12(通称:2019.06)にもインストールできます。

Eclipse IDE で OTD テストスクリプトを実行

  • テスターは、PTUテストスクリプトと全く同じように、スタジオからEclipse IDEにOTDテストスクリプトをインポートして実行することができるようになりました。
  • スタジオと同じ方法でレポートが生成されます。

新しいコードレビュー HTML レポート

  • コードレビューのポストプロセッサは、新しいHTMLレポートを生成します。
  • このレポートは、テスターが独自のロゴやタイトルを導入するために修正できるテンプレートに基づいています。

MISRA 2004 と2012 のルール改善

  • コードの行数に関するルールは、コードの行数を計算するためのさまざまな方法を提案しています(空行の有無、コメントの有無)。
  • 新しいルールが利用可能になりました。
    • コンパイルユニット内の関数の最大数
    • コンパイルユニット内のグローバル変数の最大数
    • コンパイル単位の最大行数
    • 関数内のパラメータの最大数

Eclipse IDEを他のテストツールに開放

  • Eclipse IDE は、Python、シェルまたは Windows のコマンド命令に基づいたテストスクリプトをサポートしています。
  • ランタイム解析機能を並行して使用可能
  • これらのツールで生成された HTML レポートは、グローバルレポートの一部にもなります。

このオンデマンド・ウェビナーでは、HCL OneTest Embedded チームが、テストと分析のためのクロスプラットフォーム・ソリューションについて議論します。さらに、HCL OneTest Embedded は、デバッグをより積極的に行い、コードが壊れる前にコードを特定して修正する方法を示してくれます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。