HCL Domino AppDev Pack 1.0.7 をリリースしました

2020/12/10 - 読み終える時間: ~1 分

2020年12月9日、HCL Domino AppDev Pack 1.0.7 をリリースしました。今回のリリースでは、データベースの作成 (テンプレートあり/なし) と削除機能がプリビューという位置づけで追加されています。詳細は製品ドキュメントを参照してください。


HCL Notes/Domino 11.x へのバージョンアップ・ガイドを更新しました

2020/12/10 - 読み終える時間: ~1 分

バージョンアップセミナーで紹介した「HCL Notes/Domino 11.x へのバージョンアップ・ガイド」ですが、3点のうち「1. 計画編: HCL Notes/Domino 11.x へのバージョンアップ」の資料である、Upgrading to HCL Notes and Domino 11_Japanese.pdf を更新しました。

DAOS 使用時におけるインプレースバージョンアップの手順を変更しています。DAOS をお使いの場合は、お手数ですが更新版をご利用ください。それ以外の変更はありません。


HCL Domino Volt 1.0.2 の新機能

2020/12/10 - 読み終える時間: 2 分

HCL Domino Volt December Release をリリース」でお知らせしましたとおり、2020年12月8日に、HCL Domino Volt 1.0.2 をリリースしました。リリース情報は以下をご覧ください。

インストール手順は以前と変更ありません。

今回の新機能は以下のとおりです。

  • 右側にプロパティパネル、左側にアウトラインとパレットを配置する設計画面デザイン変更
  • プロパティ設定のクリーンアップと簡素化
  • カスタムテーマ
  • ‘Contains’ 検索演算子 (全文索引検索)
  • 固有のフィールドでソート
  • ネームピッカー
  • 添付ファイルのメール送信
  • アプリケーション履歴
  • 役割と通知にインターネットのメールアドレスをマップ
  • 一般的なサービスエラー処理の改善
  • 「未読マークを使用しない」がデフォルトで設定されパフォーマンスが向上

この中から主だったものをご紹介します。

設計画面変更

これまでプロパティーはモーダルウィンドウ形式で表示されていました。そのため、プロパティーにアクセスする都度、別窓を開く必要があり、クリック数の増加を起こしていました。そのため、1.0.2 ではモーダルウィンドウ形式を廃止して、右側のサイドバーに表示するように変更しました。

画像の説明

ネームピッカーコントロールの追加

先頭一致で候補が表示されます。これまでも容易にユーザー名やグループ名を設定できるようになりました。

画像の説明

‘Contains’ 検索演算子

データ一覧画面のフィルター設定で、contains 演算子、つまり「含む」、「含まない」の部分一致による検索ができるようになりました。これには全文索引が必要ですが「設定」画面に「全文索引の作成」のチェックボックスが追加されています。デフォルトはオフですので、必要に応じてチェックを入れる必要があります。

画像の説明


HCL Verse 2.0.1 をリリースしました

2020/12/10 - 読み終える時間: ~1 分

2020年12月9日、HCL Verse 2.0.1 をリリースしました。今回のリリースではバグ修正を中心に行われていますが、HEAD リクエストのサポートが加えられています。詳細は以下のサポート技術情報を参照してください。


Digital Experience: Quadrant Knowledge Solutions リサーチで首位を獲得

2020/12/9 - 読み終える時間: ~1 分

Quadrant Knowledge Solutions リサーチ社による調査 “SPARK Matrix: Digital Experience Platform (DXP), 2020” の結果、HCL Digital Experience は首位のポジションにあると評価されました。

この調査では、Acquia、Adobe、BloomReach、CoreMedia、Episerver、HCL、Liferay、OpenText、Oracle、Salesforce、Sitecore、Squizなどの主要ベンダーの分析が含まれており、比較、評価がされています。

現在の社会情勢下、さらなるデジタル・エクスペリエンスが求められている中で、多目的に使用できるプラットフォームとして HCL Digital Experience は最適なプラットフォームです。DX を検討中でしたら、是非、レポートをご覧ください。

Quadrant Knowledge Solutions 社の許諾のもとに、抜粋版を HCL から提供しています。本編はこちらをご覧ください。


HCL Unica 12.1 - ライセンス - お客様向けクイックスタート

2020/12/9 - 読み終える時間: 2 分

Unica 12.1 - Licensing - Quick Start for Customers の翻訳版です。


HCL Unica 12.1 - ライセンス - お客様向けクイックスタート

2020年12月9日

著者: Rahul Bhagat / HCL

画像の説明

次世代のゴールベースマーケティングを牽引する HCL Unica V12.1 がリリースされましたが、Unica v12.1では、FlexNet と呼ばれる HCL ライセンスポータルが利用できるようになりました。ユーザーが HCL Unica 製品を導入したら、HCL Unica 製品で必要なライセンスを設定して使用を開始する必要があります。有効なライセンスを申請しなければ、ユーザーは Unica 環境にログインすることができません。Unicaにおけるライセンスは、製品の権利を検証し、さまざまな単位に基づいて製品の消費量を測定するためのものです。

HCL Unica 製品は、以下のライセンスモデルをサポートしています。

  • 期間ベースのライセンス
  • 永久ライセンス

以前のバージョンのUnica製品からバージョン12.1にアップグレードする場合、既存の製品を使用する権利のある永久ライセンスを取得するオプションがあります。また、新しい製品のライセンスについては、期間ベースのライセンスを選択することができます。これは、お客様の権利プランに応じて柔軟に対応することができます。アップグレードのシナリオでは、エンタイトルメントにタームライセンスとパーペチュアルライセンスを設定することができます。12.1 にアップグレードした場合は、FlexNet アカウントに永久ライセンスを使用したデフォルトのエンタイトルメントを使用する必要があります。

HCL では、HCL Unica スイートの製品について、次のタイプのカウント機構をサポートしています。

画像の説明

HCL Unica 12.1 の構成 - ライセンス

クリーン インストールまたはアップグレード インストールを実行し、Unica アプリケーションにログインしようとすると、ライセンスの詳細を入力するように促されます。以下に、Unica 12.1 のライセンスを設定するための高レベルの手順を示します。

前提条件

ライセンス設定を開始する前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • FlexNet (HCL Licensing Portal) のログイン詳細を確認します。
  • FlexNet ポータルにログインします。FlexNet ポータルにログインします。エンタイトルメントに製品が表示されている場合は、サポートチケットを発行してください。
  • Marketing Platform JVM が実行されているマシンから以下の URL にアクセスする必要があります - https://hclsoftware.compliance.flexnetoperations.com/ 。この URL への接続を開くには、IT チームに確認してください。
  • ライセンスの検証と消費には、Unica アプリケーションと FlexNet 接続が必要です。
  • FlexNet への接続を開くことができない場合は、FlexNet ライセンスサーバーをローカルにセットアップするオプションがあります。FlexNet ローカルライセンスサーバーのセットアップに関する詳細については、HCL サポートチームにお問い合わせください。

ユーザーは何をする必要がありますか?

HCL Unica のお客様には、HCL ライセンスポータルの URL とログイン認証情報がメールで送られてきます。このポータルには、お客様が購入されたライセンス資格が記載されています。お客様は、以下の手順に従って登録プロセスを完了し、HCL Unica 製品用のデバイスを構成する必要があります。

ライセンス取得プロセスに関わる高レベルのステップは、以下の表および HCL Unica Licensing Guide からの参照に概説されています。 http://doc.unica.com/products/campaign/12_1_0/en_us/HCLUnica12_1LicensingGuide.pdf

画像の説明

その他のご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


HCL Domino V12 Early Access Program: December 2020 をリリースしました

2020/12/9 - 読み終える時間: ~1 分

毎月出している HCL Domino V12 Early Access Program ですが、12 月版がリリースされました。今回、搭載された機能は以下のとおりです。詳細はドキュメントを参照してください。

  • ワンタッチセットアップ機能

    JSON ファイルを使用して、ワンタッチでセットアップが完了できるようになりました。

  • レプリケートコマンドでの間接ファイルのサポート

    replicate ServerB repl.ind のように、間接ファイルが使用できるようになりました。

  • NRPC の暗号強度の強化

    NRPC ポートの暗号化に Forward Secrecy を使用した X25519 による暗号化をサポートしました。

製品ドキュメント: https://help.hcltechsw.com/domino/earlyaccess/early_access_new_in_current_drop.html



このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。