Notes 9.0.1 FP10 IF9 がリリースされました

2021/2/23 - 読み終える時間: ~1 分

2021/02/25 09:43 追記

日本語環境で使用できる FP10 IF9 を現在準備中です。下記文書の Problem Resolution に以下を掲載しています。準備でき次第、下記文書を更新します。

Notes 9.0.1 日本語版用の修正は、現在開発部門にて準備中です。問題報告番号 NNAIBWX3MD の修正を含む Notes 9.0.1 FP10 IF9 がリリースされましたが、Notes 9.0.1 日本語版には適用はしないでください。日本語版の Notes 9.0.1 へ適用すると使用中にエラーメッセージ「U005 ユーザー定義エラー。」が発生し正常に利用できない問題があることが判明しています。


2021/02/24 09:17 追記

日本語環境で FP10 IF9、IF8 を適用するとエラーメッセージが表示される等の問題が発生します。お入り用の場合は弊社サポートまでご連絡くださるようお願いします。


Notes 9.0.1 FP10 IF9 がリリースされました 。今回の修正は、「Notes/Domino: 2021年に作成された文書の文書プロパティで作成日が表示されない問題」の問題解消とセキュリティーへの対応です。詳しくはサポート技術情報をご覧ください。リリースされた製品は以下のとおりです。

  • HCL Notes v9.0.1 FP10 IF9 Windows English (901FP10SHF505_W32_standard.exe)
  • HCL Notes v9.0.1 FP10 IF9 Basic Configuration for Windows English (901FP10SHF505_W32_basic.exe)

サポート技術情報: Interim Fixes & JVM patches for 9.0.1.x versions of IBM Notes/Domino & add-ons

ダウンロード: HCL Software License Management Portal: HCL Notes v9.0.1.x Fixpacks (ダウンロードの権利、権限が必要です)

参考: Notes/Domino リリース日一覧


テクてく Lotus 技術者夜会 (2021年3月度) 開催のお知らせ

2021/2/22 - 読み終える時間: ~1 分

2021年 テクてく Lotus 技術者夜会 第二回を開催します。お題は以下の二つです。

  • HCL Notes/Domino V12 ベータの最新情報のご紹介

    今年上半期中のリリースに向けた HCL Notes/Domino V12 ベータプログラムの最新情報と、現時点でわかっている技術情報や Tips をご紹介いたします。 ベータ・プログラムを試している方の登壇もお待ちしております!!

  • HCL Sametime Premium (11.5) ご紹介

    HCL Sametime は V11.5 でライセンスや構成、機能が大きく変わりました。これまでとの違いを含め、Sametime Premium をご紹介いたします。

お申し込みページに、ふたつ質問が加えられています。発表希望の方、立候補をお待ちしております。

  • Notes/Domino V12 ベータについて「試したので、その内容を発表したい」という方、「質問がある」という方は、こちらからお知らせください
  • 今後もオンラインでの開催が続く場合、開催時間についてのご希望はありますか

今回もオンラインでの開催です。参加条件などは一切ありませんので、お気軽にご参加くださいませ。

2021年のテクてく Lotus 技術者夜会ですが、概ね年6回開催を基本として、状況により回数、開催時期を調整しますのでご承知の程をよろしくお願いします。

お申し込みはこちら からお願いします。


HCL Z and I Emulator のご紹介

2021/2/19 - 読み終える時間: ~1 分

IBM System z および IBM System i のエミュレーションとモダナイズソリューションである HCL Z and I Emulator の紹介と実際例を掲載した資料を公開しました。

HCL Z and I Emulator は、いわゆる「レガシー」な資産の単なるエミュレーターに留まらず、それらをモダンなUIやモバイルで活用できるようにすることができる製品です。


HCL Software のコンプライアンス

2021/2/19 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software では、ソフトウェアベンダーとして当然ではありますが、セキュリティーについて極めて慎重に注意を払い、社内の仕組みの整備と共に各種認証制度の取得を行っています。そのことについてまとめたページを公開しましたのでお知らせします。


BigFix Trust Center ページの開設について

2021/2/19 - 読み終える時間: ~1 分

New BigFix Trust Center の翻訳版です。


New BigFix Trust Center ページの開設について

2021/02/18

著者: Cyril Englert / Solution Architect

画像の説明

HCL 最高情報セキュリティ責任者(CISO)、HCLコンプライアンスおよび BigFix 開発部門より、BigFix Trust Center についてご案内致します。Trust Center は、HCL Software が BigFix コードをどのようにテストし、保護しているか、HCLがこれまでに取得した、または取得に向けて取り組んでいる国内および国際的な認証、そしてHCLがどのようにユーザー情報とサポート・チームに提供された情報を保護しているかを理解する必要があるお客様やパートナーにとって、貴重なリソースとなります。

詳細については、BigFix Trust Center をご覧いただくか、お問い合わせください。


HCL Sametime の初のテレフォニー・パートナーシップを発表

2021/2/19 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Digital Solutions Announces First Telephony Partnership for HCL Sametime の翻訳版です。


HCL Sametime の初のテレフォニー・パートナーシップを発表

2021年2月18日

著者: HCL Sametime Team

画像の説明

HCL Sametime Premium は、実績と信頼性のあるビデオ会議プラットフォームであり、今日の現代的な組織のニーズに合わせて構築されています。

HCL Software は、Sametime Premiumを補完的なパートナーのエコシステムからテレフォニー機能を追加していく予定です。本日、HCLは、世界中のユニファイド・コミュニケーションの顧客にソリューションとサービスを提供している大手プロバイダーであり、HCL のビジネスパートナーでもある ilink 社と提携することを発表しました。これにより、2021年前半にリリースされる Sametime Premium に対応したテレフォニーサービスを提供することを目的としています。HCLは、2021年にこのようなパートナーシップを追加する予定です。

ilink との統合により、Sametime Premium のユーザーは、電話から Sametime の会議に参加し、現在利用可能なインターネットベースの音声に加えて、テレフォニーベースの音声で参加することができるようになります。会議の司会者は、Sametime の会議からダイアルアウトして、音声のみのモードで参加者を追加することもできます。直接 Call Me 機能などのテレフォニー機能は、今後のリリースで追加される予定です。HCLは、このアプローチにより、他のビデオ会議ソリューションと比較して、ユーザーあたりのテレフォニーコストが大幅に高くなる場合がありますが、企業のコスト削減に貢献できると考えています。

この統合の詳細については、リリース後にお知らせいたします。

HCL Sametime 製品チーム

ilinkについて

ilinkはドイツのベルリンを拠点とする独立系ソフトウェア企業です。 ilinkは世界中のお客様にユニファイド・コミュニケーション・ソリューションのためのエンタープライズ製品とサービスを提供しており、データセンターやクラウドにおけるテレフォニー/オーディオ統合のノウハウと長年の経験を持っています。

詳細については、こちらのサイトをご覧ください。

免責事項 - HCLの計画、方向性、意図に関する記述は、HCLの単独の裁量により予告なく変更または撤回されることがあります。将来の可能性のある製品に関する情報は、当社の一般的な製品の方向性を示すものであり、購入を決定する際には、これらの情報に依拠するべきではありません。将来の可能性のある製品に関する情報は、いかなる材料、コード、機能を提供することを約束、約束、法的義務を負うものではありません。将来の可能性のある製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込まれない可能性があります。当社製品に記載されている将来の機能や機能の開発、リリース、タイミングは、当社の単独の裁量に委ねられています。性能は、制御された環境での標準的な HCL ベンチマークを使用した測定および予測に基づいています。ユーザーが体験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリーム内のマルチ・プログラミングの量、I/O構成、ストレージ構成、処理されるワークロードなどの考慮事項を含む多くの要因によって変化します。したがって、個々のユーザーがここに記載されている結果と同様の結果を達成することを保証するものではありません。


Unica Campaign - Unica Journey との統合

2021/2/18 - 読み終える時間: 5 分

Unica Campaign - Integration with Unica Journey の翻訳版です。


Unica Campaign - Unica Journey との統合

2021年2月17日

著者: Lalitkumar Dudhe / Unica Technical Support Consultant

画像の説明

マーケティングキャンペーンを効果的に行う前の最初のステップは、オーディエンスの正しいデータを持っていることです。これにより、適切なオファー、情報、あるいは製品とどのように相互作用したかという彼らの行動に基づいたプロモーション・コンテンツを確実にターゲットにできます。HCL Unica V12.1を皮切りに、Unica Suiteには2つの新製品が追加されました。それが、HCL Unica JourneyとHCL Unica Linkです。Unica Journeyは、ゴールベースのオーケストレーション・ソリューションであり、文脈に沿ったパーソナライズされたマルチステップのオムニチャネル顧客体験を構築、実行、可視化できます。Unica Linkは、デザインタイムとランタイムの両方のサービスを提供します。Unica Linkは、管理者がLink接続を設定したとき、またはUnica Campaignアプリケーションでプロセスボックスを設定したとき、またはUnica Journeyアプリケーションでタッチポイントを設定したときに、設計時に呼び出されます。

画像の説明

Campaignフローチャートには、セグメンテーションを実行する機能があります。JourneyプロセスボックスCampaignを使用して、オーディエンスの情報をUnica Journeyに送信します。キャンペーンは、指定したKafkaトピック(streaming_import)のオーディエンス情報を送信します。Unica Journeyは、このオーディエンス情報をKafkaトピック(STREAMING_IMPORT)から読み取り、エントリーソースで識別する。このオーディエンス情報は、さらに、言及されたエントリーソースからの入力を受けているすべてのジャーニーに公開されます。

これを実現するために、新たに「ジャーニー」というプロセスボックスが導入されました。

ジャーニープロセスボックスの詳細

ジャーニープロセスボックスは、マーケターがキャンペーンとジャーニーアプリケーション間のデータフローを合理化することを可能にします。ジャーニープロセスボックスの詳細は以下の通りです。

  • ジャーニープロセスボックスは、キャンペーンユーザーがジャーニーに送信するオーディエンスデータ(入力セル)を選択できます。

  • ジャーニープロセスボックスでは、キャンペーンユーザーがジャーニーに送信するオーディエンスデータ(入力セル)を選択できます。

  • ジャーニーに存在する「KAFKA」または「Unica Campaign」タイプのエントリーソースを選択できます。

  • ジャーニープロセスボックスで利用可能な「ジャーニーの表示」ボタンを使用すると、ユーザーは選択したエントリーソース(ES)とデータ定義(DD)に関連付けられたジャーニーを表示できます。このジャーニープロセスボックスは、関連するジャーニーにデータを送信します。

  • データ定義を選択すると、選択したデータ定義の詳細がジャーニー・フィールドの下に表示されます。これにより、ジャーニーの名前、データ・タイプ、ジャーニーの必須/重要フィールドなどのジャーニー・フィールドの詳細が表示されます。

  • ジャーニー・プロセス・ボックスでは、選択したデータ定義に従って、ジャーニー・アプリケーションのフィールドをマッピングし、出力を生成できます。

  • Journeyプロセスボックスを実行している間は、入力ソースコードで特定されたKafkaトピック(STREAMING_IMPORT)のJourneyへのフィールドマッピングに従って、オーディエンス情報が送信されます。

  • 視聴者データの公開が完了すると、Journey プロセスボックスの実行は完了としてマークされます。

Campaign - Journey の統合設定

CampaignとJourneyを統合するには、設定 -> 設定 -> キャンペーン -> パーティション -> パーティション(n) -> Kafka -> ジャーニーに移動します。

ここでは以下のパラメータを設定する必要があります。

KafkaBrokerURL -> Journeysアプリケーションで使用されているKafkaサーバーのURL。CommunicationMechanism -> Kafkaサーバーに接続するための接続メカニズム。有効なオプションは以下の通りです。

  • SASL_PLAINTEXT_SSL -> Kafkaへの接続にユーザー名とパスワードを使用し、SSLを有効にしている場合に使用できます。

  • NO_SASL_PLAINTEXT_SSL -> ユーザー名とパスワードなしでKafkaに接続し、SSLが有効になっていない場合に使用できます。

  • SASL_PLAINTEXT -> Kafkaへの接続にユーザー名とパスワードを使用している場合に使用します。

  • SSL -> Kafkaへの接続がユーザー名とパスワードなしで、SSLが有効な場合に使用される仕組みです。

  • KafkaでSSLが有効になっている場合は、KafkaKeyFile -> クライアントキーファイル(場所が指定されています)。

  • KafkaでSSLが有効になっている場合、KafkaCertificateFile -> 証明書ファイル(場所付き)。

  • Kafkaで署名済み証明書が使用されている場合は、証明書の場所を指定します。

  • UserForKafkaDataSource -> Unicaプラットフォームのユーザーで、Kafkaに接続するためのユーザー名とパスワードを格納するデータソースを含みます。

  • KafkaDataSource -> Kafkaのユーザー資格情報を格納したデータソース名。

  • TopicName -> JourneyにデータをプッシュするCampaignのJourneys指定トピック。デフォルトでは、このパラメータの値は「STREAMING_IMPORT」に設定されています。

キャンペーンフローチャートでのジャーニープロセスボックスの使用

前提条件

  • 作成するデータ定義が必要です。既存のデータ定義を再利用することも可能です。
  • インポート元のデータを「KAFKA」(またはUnica V12.1.0.2で導入された「UNICAキャンペーン」)とした新規エントリーソースを作成する。

プロセス

オーディエンスデータをJourneyに送信するには、Unica V12.1で導入されたJourneyプロセスボックスを使用する必要があります。大まかには以下の手順で実現できます。

  1. キャンペーンでフローチャートを作成し、SELECTプロセスボックスでオーディエンスデータ(Journeyに送る相手)を選択します。

  2. 分離ロジックがあれば実装しても構いません。

  3. JOURNEY Process Boxを追加し、以下のように設定を開始します。ここで、「Entry Source」と「Data Definition」は、前提条件として作成したオブジェクトです。

画像の説明

  1. この画面の「View journey」ボタンをクリックすると、このJOURNEY Process Boxがどのジャーニーにデータを供給するかを確認するためのオプションが表示されます。

  2. マーケターは、ジャーニーの入力ソースにプッシュされるキャンペーンフィールドをマッピングできます。また、ジャーニーにプッシュされる派生フィールドを作成するオプションもあります。

  3. 右ペインには、選択したデータ定義に従ってフィールドが表示されます。ジャーニーフィールドを強調するためのフィールドインジケータ(*)がありますが、これは必須です。

  4. すべての必須ジャーニーフィールドのマッピングが必要です。

  5. 必要な設定がすべて完了したら、フローチャートを実行します。

バリデーション

  1. Journey処理のフローチャートが正常に完了したら、以下のように'STREAMING_IMPORT'トピックでKafkaにデータを送ることになると思われます。

画像の説明

  1. 関連するJourneyがデータを受け取り、Journeyの設定方法に基づいて処理を開始します。

画像の説明

これは、キャンペーンのフローチャートからJourneyにマーケティングデータを簡単かつシームレスに送信する方法です。このようにして、マーケターはCampaignを使ってデータをダイシングしたりスライスしたりする強力なメカニズムを利用できます。これらの細かいデータはジャーニーで消費され、ゴールベースのマーケティングを開始できます。マーケターにとっては、この方法がより効果的であることが証明され、ジャーニーは常により正確なデータを得ることができ、ROIの向上が期待できます。これについての詳細は、Unica Journeyの製品ガイドUnica Campaignをご覧ください。

また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ウェビナー: Explore the HCL Domino v12 Beta Program のリプレイ

2021/2/17 - 読み終える時間: ~1 分

2021年2月16日の深夜に、ウェビナー: Explore the HCL Domino v12 Beta Program が開催されました。また、同日、Beta 2 が公開されました。

1時間のうち約18分がデモに費やされています。上記ブログ中にある申し込みページに登録するとリプレイを視聴できます。


目に付きやすい変更点として、HCL Notes V12 Beta 2 では、ワークスペースのデザインを変更しました。是非、フィードバックをお寄せください。

画像の説明

デモでは、起動時間の短縮が紹介されました。

画像の説明

画像の説明

デモでは、その他、サーバー側の新機能などが紹介されています。ご興味がありましたら、リプレイをご覧ください。


Tags

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。