HCL Notes/Domino V12 Beta 1: 日本語版提供のお知らせ

2021/1/25 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Notes/Domino V12 Beta 1 開始のお知らせ」、「HCL Domino V12 ベータ版ができました! あなたのエンジンを起動してください! 準備はできていますか?」のブログにで英語版の提供をお知らせしてましたが、予定より早く日本語版の提供の準備ができましたのでお知らせします。

英語版と同じフォルダーである Notes/Domino 12.0 Beta 1 に、以下の言語版の Language Pack および クライアントインストーラーが追加されています。

Arabic, Brazilian Portuguese, Czech, Dutch, English, French, German, Italian, Japanese, Korean, Polish, Russian, Simplified Chinese, Spanish, Swedish, Traditional Chinese


HCL Domino V12 ベータ版ができました! あなたのエンジンを起動してください! 準備はできていますか?

2021/1/21 - 読み終える時間: 6 分

Start Your Engines! HCL Domino V12 Beta is Here! Are You Ready? の翻訳版です。

日本語版のリリース情報については「HCL Notes/Domino V12 Beta 1 開始のお知らせ」をご覧ください。


あなたのエンジンを起動してください! HCL Domino V12 ベータ版ができました! 準備はできていますか?

2021年1月21日

著者: Thomas Hampel / Director of Product Management, Domino, HCL Software

画像の説明

Digital Week 2020 に参加された方は、Domino V12のプレビューについてご存知のことでしょう (このイベントで最も人気のあるセッションでした!) (日本語版はこちら)。V12のリリースがゴールを目指してコーナーに差しかかった今、現在ご利用中のお客様に独占的なプレビューをお届けしたいと思います。本日、Domino V12 の最初のパブリックベータを正式に開始します。

このベータプログラムに参加して、製品の未来を形作るために参加していただき、これまでで最高の製品体験を提供するためのお手伝いをしていただきたいと思います。Domino の既存のお客様には、自動的に参加資格が与えられ、必要なソフトウェアパッケージを本日中に HCL Software License Management Portal からダウンロードすることができます (Q&Aについては下記を参照)。

Domino V12 ベータプログラムの目標は、ベータ参加者のコミュニティが、HCL Domino V12HCL Notes V12HCL Domino Designer & Admin V12HCL Traveler V12 のベータソフトウェアの正直で建設的、思慮深いレビューとテストを実施することです。

ベータプログラムの第一段階では、以下のコンポーネントを配信しています。

  • Domino on Docker (英語版)
  • Domino for Windows, Linux, AIX (英語版)
  • Traveler for Windows, Linux, AIX (多言語版)
  • Notes Standard for Windows (英語版)
  • Notes Standard for Mac (英語版)
  • Designer and Admin Client (英語版)

ベータプログラムの後の段階では、Domino と Traveler for IBMi を提供し、追加の言語サポートも提供する予定です。

ベータ参加者の方は、ベータフォーラムにフィードバックを提出して、製品についてどのように考えているかをお知らせください。一般的なご意見や新しいアイデア、機能強化のご要望については、こちらの Dominoアイデアフォーラムをご利用ください。


V12 ベータ 1 のハイライト

Domino

Domino Designer

  • XPages が Bootstrap 4.4.1 になりました (Haward さんのアイデアに感謝)。
  • レスポンシブでモバイルな Domino アプリケーションを構築するための改善。
  • DQL で式言語を使用する能力

Notes

  • Windows と Mac のパフォーマンスを大幅に改善しました。
  • 検索機能の改善: 人、メール、またはノートアプリケーションを検索する際に、提案がタイプヘッドに表示されるようになりました。最近の検索もタイプヘッドに表示されます。これは、このアイデアに基づいています。
  • 複数のメール署名: 以前はメールの署名管理がないことに悩まされていた方は、Notes V12では、メールを作成、返信、転送する際に署名を選択することができるようになりました。Daniel さんからのこのアイデアに基づいています。
  • メールを作成する際に、異なる差出人アドレス (From) を選択できるようになりました。Vlaad さんが最初に投稿したアイデアによるものです。

これらは V12 の新機能のほんの一部です。詳細については、製品の新機能のセクションを参照してください。


よくある質問

(1) V12のベータ版を入手するには登録が必要ですか?

既存の顧客であれば、自動的にV12ベータ版を入手することができます。フレックスネットからV12ベータ版を入手するには、IT管理者に連絡してください。

(2) ベータ版に関するフィードバックはどのように提出すればいいですか?

こちらのベータフォーラムからご意見をお寄せください。

全てのフィードバックを確認し、可能な限り早く対応いたします。全てのフィードバックが製品に反映されるわけではありません。最終的な決定は様々な要因に左右されますが、すべてのコメントが考慮されていることを確認します。

(3) フィードバックを提供するには、ベータフォーラムに登録する必要がありますか?

HCL Partner Connect の Web サイトでアカウントを作成していない場合は、アクセスするための登録が必要です。承認までに1営業日程度かかります。登録が承認されると、ベータフォーラムにアクセスすることができます。アカウントは、今後のベータフォーラムへのアクセスに使用されます。すでにアカウントをお持ちのお客様は、直接ログインしてフォーラムにアクセスすることができます。

(4) 現在の顧客でない場合、ベータ版に参加できますか?

現在、Domino V12 ベータ版は既存のお客様にのみ公開されています。Domino をお試しになりたい方は、HCL の営業担当者に連絡して、Domino V11の試用版を入手してください。

(4) ベータ版とトライアル版の違いは何ですか?

ベータ版は、一般公開されていない最新バージョンへの早期アクセスプログラムと考えられています。ベータ版を設定する目的は、ユーザーからの具体的なフィードバックを収集し、機能が稼働したときに改善を行い、最高の体験を提供することです。

トライアルは、以前に私たちのソフトウェアを試したことがなく、ソフトウェアの購入に興味を示した潜在的な顧客に提供されています。

(5) HCL Domino 早期アクセスプログラムとベータ版の違いは何ですか?すでにアーリーアクセスプログラムに登録している場合は、ベータ版も試した方がいいのでしょうか?

Access Program (EAP) は、HCL Domino V12 で検討されている機能のプレビューをユーザーに提供することを目的としています。これは、機能主導型であり、反復的なものです。つまり、新しい反復 (コードドロップ) は、開発チームによってテストの準備ができたと宣言され次第、すぐに利用できるようになります。EAP では、通常、1つまたはいくつかの機能のみをテストすることができます。

ベータ版は、HCL Domino V12 で検討されている機能と機能の本格的なプレビューです。Domino、Notes、Traveler を含む様々なコンポーネントが提供されます。

今回の V12 のベータリリースにより、HCL Domino V12の正式リリースまで Early Access Program は停止されます。


HCL SoFyを使ってクラウドネイティブな HCL Digital Experience を数分で導入

2021/1/21 - 読み終える時間: 2 分

Deploy Cloud-Native HCL Digital Experience - in Minutes - with HCL SoFy の翻訳版です。


HCL SoFyを使ってクラウドネイティブな HCL Digital Experience を数分で導入

2021年1月13日

著者: Jason Cornell / Principal Offering Manager, HCL Digital Experience

画像の説明

クラウドネイティブの導入は複雑で困難に思えるかもしれませんが、そうである必要はありません。企業の一部またはすべての部分を接続して統合するデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームでは、クラウドネイティブへの移行を成功させるには、綿密な計画、組織化、テストが必要です。しかし、クラウドネイティブのアプローチを採用することで得られるメリットは非常に大きい。総所有コスト(TCO)の削減から、開発プロセスのスピードアップ、ピーク時にサービスを中断することなくエクスペリエンスを提供することまで、クラウドを採用することで、ビジネスプロセスを加速させ、システムの信頼性を向上させ、投資の価値を維持することができます。

HCL SoFy を使用すると、HCL Digital Experience のクラウドネイティブ展開を劇的に簡素化し、加速させることができます。 また、数回クリックするだけで他のHCL製品やサービスを接続することができ、クラウドネイティブ環境でHCL製品群のネイティブな相乗効果を発見することができます。

新しい可能性を試す

HCL Digital Experienceを数分でクラウドネイティブに展開することは、あまりにも素晴らしいことのように聞こえるかもしれませんが、HCL SoFy はそれを簡単にしてくれます。HCL SoFy は、迅速なテストとプロトタイピングのサイクルを可能にし、クラウドネイティブ導入のスピードアップ、TCOの削減、需要に応じたサービスの自動拡張、さらには機能パイプラインの展開の加速化を可能にし、競合他社に先んじて組織をリードします。

HCL SoFy を使用することで、企業はクラウドネイティブ戦略を迅速に評価し、テストして、何が採用計画に最も適しているかを確認することができます。また、クラウドネイティブの導入を成功させるための専門知識を迅速に身につけ、クラウドネイティブ環境への移行に必要なものを理解することができます。 HCL Sofyを使用することで、企業は、実践的な専門知識と実世界のシナリオに基づいて、クラウドネイティブ採用の移行計画を立てるのに役立つ貴重な洞察を得ることができます。

詳細はこちらのビデオをご覧ください。


推測を排除する

クラウドネイティブソリューションへの移行には多くのメリットがありますが、(オンプレミスでの導入と比較して)導入を開始したり、導入の違いを評価したりすることは、歴史的に多くの組織が思い切って踏み出すことに躊躇してきました。

コンテナ、Kubernetes、マイクロサービス技術を使用して、HCL Digital Experience プラットフォームをクラウドネイティブなデプロイメントに移行する方法を学ぶことは、以前は苦痛でした。しかし、HCL SoFyを使用することで、クラウドネイティブへの移行を理解し、計画を立て、推測の域を出ないようにすることがはるかに容易になりました。HCL SoFyを使用することで、他のHCL製品(HCL UnicaやHCL Commerceなど)を接続して、数回クリックするだけでワールドクラスの体験を顧客に提供することができます。

詳細はこちら

HCLは、最新のクラウドネイティブ技術を提供するだけでなく、組織が完全なクラウドネイティブへの移行を成功させるための支援にも力を注いでいます。HCL Digital Experience で HCL SoFy のパワフルな機能をどのように活用できるかについては、登録して短いウェビナーやライブデモで実際に体験していただくか、または無料のワークショップを予約していただくことで、HCL のチームがお客様のスタートをサポートします。

今すぐ登録無料ワークショップを予約する。


Digital Experience: デジタルエクスペリエンスが優れていることを確認するための6つの方法

2021/1/21 - 読み終える時間: 2 分

Six Ways to Ensure Your Digital Experience Is Excellent. In a Digital-Focused World, Make Sure You’re Working With the Best の翻訳版です。


****デジタルエクスペリエンスが優れていることを確認するための6つの方法。デジタルに焦点を当てた世界では、最高の仕事をしていることの確認

2021年1月12日

著者: Demetrios Nerris / Product Marketing Manager for HCL Digital Experience

画像の説明

デジタル・エクスペリエンスとは、顧客がデジタル・テクノロジーのみを介して組織と対話することを意味します。世界はすでにデジタル化の方向に向かっていましたが、COVID-19をきっかけに、より多くのチームや組織がリモートで仕事をし、ワークフローをテクノロジーに頼るようになったことで、強力なデジタル・カスタマー・エクスペリエンスがこれまで以上に必要不可欠になっています。デジタル・エクスペリエンスを最大化するために、今すぐできることは何でしょうか?

1. 強力なカスタマー・エクスペリエンス・ソフトウェアへの投資

可能な限り最高のカスタマーエクスペリエンス(CX)を提供するためには、企業はカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームに優先順位をつける必要があります。強力なCXプラットフォームは、顧客にパーソナライズされたオプションを提供し、顧客情報の安全性を確保し、必要に応じて迅速で信頼性の高いセルフサービスを提供します。CXプラットフォームに含まれる高度なデータ収集と機械学習によるパーソナライゼーションソリューションは、充実したソリューションへの投資が不可欠です。

2. 安全なプラットフォームの提供

銀行口座や患者IDなどの安全な個人情報を提供する際には、個人情報や個人を特定できる情報が安全かつ確実に取り扱われていることを確認する必要があります。顧客は一般的に便利なデジタル体験に積極的に参加したいと考えていますが、近年の大規模なデータ侵害により、多くの消費者が組織に個人情報を提供することに躊躇しているのは当然のことです。Lift361 が収集したデータによると、「強力なセキュリティは顧客満足度を全体の13%から40%に高め、顧客はプライバシーとデータを保護するために信頼できる企業とより多くの時間を過ごすことを望んでいることを示しています」とのことです。自社の技術に個人のセキュリティ対策が施されていることを確認し、ユーザーや見込み客が自社のプラットフォームを利用してどれだけ安全だと感じられるかについて、透明性を持たせるようにしましょう。

HCL Digital Experienceは、世界最大の銀行の10行中8行が信頼する、最も安全なソリューションの1つです。

3. あなたのソリューションが「他の人との相性が良い」ことの確認

優れたデジタル体験とは、ユーザーや顧客に向けた体験はシンプルに見えても、バックエンドのシステムやプロセスは実際には非常に複雑なものである可能性があります。健康データや患者データのデータベース、銀行や金融機関の取引や口座、情報やリソースを共有する必要のある政府機関などを考えてみてください。これらは、何百万人もの人々が日常生活を送るために毎日頼りにしている取引です。また、バックエンドシステムの多くはレガシーシステムであり、他のシステムと同じ運用方法やビジネスプロセスでは動作していません。これらのバラバラで多様な部分を統合し、統一されたシームレスでシングルサインオンのエクスペリエンスを提供できるかどうかが、成功と顧客満足度と信頼をブランドの侵食や競合他社への大量の流出から切り離すことになります。ビジネスに不可欠なプロセスをデジタル化する必要がある場合に何を探すべきかについては、こちらをご覧ください。

デジタル体験を提供することに伴うもう一つの複雑さは、誰が何をしに来ているのか、何をしているのかを理解することです。このデータは、より優れたパーソナライズされた体験を迅速に提供する前に知る必要のある情報の一部です。最良のソリューションには分析機能が含まれており、「苦戦」の検出と解決(より良い、よりパーソナライズされたデジタル・ジャーニーを実現)、行動洞察(サイト訪問者の行動をキャプチャして分析)、ビジネス分析(ビジネスへの影響を可視化し、エクスペリエンスを改善)を提供するツールを使用して分析と最適化を行うことができます。最良のソリューションは、セキュリティ、整合性、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、規模を拡大することも可能です。

4. デジタル体験管理プロセスの最適化

DXマネジメントとは、デジタル・カスタマー・インタラクションを監視し、評価し、対応するプロセスです。強力なデジタル体験プラットフォームは、チームメンバーがそれぞれの顧客インタラクションを追跡できるようにします。電子メールはどのくらいの頻度で届いているのか?顧客はあなたの組織で働くことに不満を表明したことがありますか?DX管理ソフトウェアは以下のことができるはずです。

  • パーソナライズされたインタラクション
  • 重要な顧客データとカスタマージャーニーデータの収集
  • 重要なデータポイントとアナリティクスに基づいて、分類、配信、調整を行います。
  • ビジネスの成長に合わせてCXを拡張
  • 解約のリスクがある顧客にフラグを立てる

5. オムニチャネル機能の提供

顧客は、モバイル、デスクトップ、さらには音声など、複数のチャネルを使用して貴社の組織と対話する可能性が非常に高いです。1つのチャネルで完了したアクションが他のチャネルに自動的に反映されるようにし、ウェブサイトがモバイル向けに最適化されていることを確認してください。例えば、顧客はメールアプリでメールのリンクをクリックすると、シームレスにサイトに転送され、簡単に購入を完了することができます。大きな画像資産やテキストブロックがサイトのモバイルロードを遅くしていないことを確認してください。

6. クラウドを含め、柔軟な展開が可能であることを確認してください。

デジタル体験をクラウドベースの導入に移行する企業が増えている中、現在の導入状況を慎重に評価し、クラウド戦略とそこに至るまでの道筋を策定し、変革と差別化を推進するためのクラウドの後押しを得ることが重要になっています。ミッションクリティカルな機能やワークロードの移行には課題があるため、組織はクラウドへの移行に柔軟に対応する必要があります。HCL Digital Experienceのようなソリューションで新たにハイブリッドクラウドをサポートすることで、クラウドのメリットを享受しつつ、既存のオンプレミス型投資や導入の価値を維持し、デジタル体験の「将来性の証明」を支援することが可能になります。

こちらのブログ記事もご参照ください。「クラウドネイティブな HCL Digital Experience の 4 つの特長

HCL Digital Experience のような優れたDXソリューションへの投資は、これまで以上に企業にとって重要であり、その重要性は今後ますます高まっていくでしょう。HCLのDXソフトウェアがお客様の組織にどのように役立つのか、デモをご予約ください。


HCL Unica Interact でリアルタイムにオファーをパーソナライズ

2021/1/21 - 読み終える時間: 6 分

Real-Time Offer Personalization with Unica Interact の翻訳版です。


HCL Unica Interact でリアルタイムにオファーをパーソナライズ

2021年1月13日

著者: Sagar Padhye / Technical Architect - Unica

画像の説明

ある国の観光サイトでは、2021年の観光を誘致するために、特別な旅行パッケージをフィーチャーしたEメールキャンペーンを計画しています。この企業は、顧客のためにリアルタイムでパーソナライズされたオファーを提供する戦略的なEメールを展開したいと考えています。この記事の助けを借りて、この企業の目標、直面している課題、そしてオファー戦略全体を戦略化する際にUnica Interact がどのように役立つかを理解してみましょう。

目標

  • Interact メッセージ・コネクタの仕組みをビジネス・ユーザーに知ってもらう。
  • WebSphere アプリケーション・サーバーーに Interact メッセージ・コネクタを展開します。
  • メッセージ・コネクタ・タグをテストして、パーソナライズされたオファーが表示されていることを確認します。

課題

  • 残念ながら、バックエンドのデジタル機能に限界があり(JavaやSOAPがない)、HTMLコンテンツしかできないメールを開く顧客の問題が予想される。
  • 同社では、クライアント側で読み込まれたWebコンテンツしかコントロールできない状況で、リアルタイムにオファー管理を行うソリューションを探している。

ソリューション

Unica Interact は、洗練されたリアルタイムインタラクションソリューションで、顧客体験をパーソナライズし、ウェブサイト、コールセンター、POS、ATM、キオスクなど、さまざまなチャネルで顧客エンゲージメントのための次の最適なアクションを決定します。

主な機能・特長

Unica Interact Message Connector を使用すると、メールメッセージやその他の電子メディアからUnica Interactへの呼び出しが可能になり、オープン時に、顧客がメッセージをクリックして指定したサイトに移動した際に、パーソナライズされたオファーを提示できるようになります。これは、2つのキータグを使用することで実現します。画像タグ(IMG)は、オープン時にパーソナライズされたオファーをロードし、リンクタグ(A)は、クリックスルー情報をキャプチャして、顧客を特定のランディングページにリダイレクトします。

ステップバイステップのソリューション

  1. MessageConnector は Interact のインストールと一緒にインストールされます。

Windows 環境での msgconnector フォルダーのパスは以下の通りです。

Path :- C:\HCLUnica\Interactmsgconnector

  1. WASプロファイルに MessageConnector.war をデプロイします (Interact 実行時に使用しているのと同じ WAS プロファイル)。

a) WAS サーバーの汎用 JVM 引数に MESSAGE_CONNECTOR_HOME という JVM パラメータを追加します。以下のようにします。

-DESSAGE_CONNECTOR_HOME= C:\HCL\Unica\Interact\msgconnector

b) メッセージコネクタのコンテキストルートは '/MessageConnector' です。

c) MessageConnector のウォーファイルのクラスローディングを下図のように設定します。

  • ローカルクラスローダーでロードされたクラスは最初にロードされます(親は最後にロードされます)
  • アプリケーション用のシングルクラスローダー

画像の説明

  1. オファーテンプレートを作成し、テキストタイプの以下の2つのカスタム属性を追加します。
  • offerImageUrl
  • ランディングページUrl
  1. 上記のオファーテンプレートを使って、いくつかのオファーを作成します。そして、それらをインタラクション戦略の適切なセグメントに割り当てます。そして、展開のための戦略をマークします。ここでは、私がwindows環境で作成したオファーの例を示します。割り当てた2つの属性の値は次のとおりです。

offerImageUrl = http://www.map-of-spain.co.uk/maps-of-spain/spain/map-of-spain2.jpg

landingPageUrl= http://www.spain.info/

画像の説明

  1. 場所にある MessageConnectorConfig.xml ファイルを設定します。

C:\HHHCLUnicaInteractemsgconnectorconfig

画像の説明

画像の説明

画像の説明

  1. 実行時データベースのパスに存在するDDLスクリプト「dbscheme.sql」を実行する。

C:\HCL\Unica\Interact\msgconnector\scripts\ddl

画像の説明

上記のDDLスクリプトの「AudienceID」を正しいオーディエンス ID 名に置き換えてから、Interact のランタイム・データベース/スキーマで実行してください。これにより、UACI_MESSAGE_CONNECTOR_LOG という名前のテーブルが作成されます。

  1. Websphere サーバーを再起動し、WAS コンソールから MessageConnector アプリケーションを起動します。Websphere プロファイルの場所に MessageConnector.log ファイルが作成されることを確認します。Message Connectorが正しく初期化されていることをログファイルから確認します。

画像の説明

2018-08-20 03:52:07,326 INFO com.unicacorp.interactual.messageconnector.servlet.MessageConnectorContextListener - >>>>>> appHome=< C:IhereateHClUnicaClUneriationIheriationInteractmsgconnector
2018-08-20 03:52:07,342 INFO com.unicacorp.interactual.messageconnector.servlet.MessageConnectorContextListener - >>>>>> ファイルからの構成設定を使用したメッセージ コネクタの起動
<♪C:IhClUnica\\Interactmsgconnector\configMessageConnectorConfig.xml
2018-08-20 03:52:07,342 INFO com.unicacorp.interactual.messageconnector.servlet.MessageConnectorContextListener - >>>>>> ファイルからLog4jプロパティをロードしました。
<♪C:IhClUnica\\Interactmsgconnector ♪C:IhClUnica\Interactmsgconnector ♪C:IhClUnica\Interactmsgconnector ♪C:IhClUnicaInteractmsgconnector
  1. 次に、Interact Runタイムサーバーーに Interact Channelをデプロイします。

  2. HTML ファイル内のメッセージコネクタタグのテスト このファイルを TestPage.html と名付けました。

<a href="http://us-rh-win05.prod.hclpnp.com:9080/MessageConnector/offerClickthru.jsp?msgId=1&linkId=1&userid=1"><img src="http://us-rh-win05.prod.hclpnp.com:9080/MessageConnector/offerImage.jsp?msgId=1&linkId=1&userid=1"></a>

上記のタグでは、ユーザーIDはCustomerIDのHTTPパラメータ名としてマッピングされています。異なるCustomerIDのオファーをテストするには、useridの値を置き換えるだけです。

a) Message コネクタタグを実行して、正しいオファー画像とオファーのランディングページが提供されることを確認します。

b) TestPage.html ファイルを実行すると、オファー画像がロードされます。

画像の説明

c) このオファー画像をクリックすると、オファーのランディングページURLが開かれる

画像の説明

d) オファー画像がロードされると、UACI_CHStatgingテーブルにコンタクトレコードが挿入されます。また、'UACI_MESSAGE_CONNECTOR_LOG'テーブルにもレコードが挿入されます。

e) オファーのランディングページURLが表示された場合、これをアクセプトとして扱い、レコードをUACI_RHstagingテーブルに挿入します。

Unica Interact Messageコネクタを使用すると、マーケティング担当者は、HTMLの静的なブロックをメールメッセージに追加することができます(ドキュメント内のテキストエリアに切り取って貼り付けるか、事前に作成したテキストブロックをドキュメントにインポートするかのいずれか)。HTMLブロックが追加されると、メッセージが表示されると、メッセージは自動的にInteractにリクエストを送信します。リクエストでは、受信者と特定のメッセージを特定し、インターアクトにコンテキストを与えます。その後、インターアクトは、メッセージに表示するオファー用のバナー画像を返します。ユーザーがバナーをクリックすると、インターアクトは、オファー属性でオファーに指定されたランディング・ページの URL にクリックスルーを誘導します。

Unica Interact メッセージ・コネクタを使用すると、メール・メッセージやその他の電子メディアをUnica Interactに呼び出して、オープン時に、顧客がメッセージをクリックして指定したサイトに移動したときに、パーソナライズされたオファーを表示できるようにすることができます。これは、2つのキータグを使用することで実現します。画像タグ(IMG)は、オープン時にパーソナライズされたオファーをロードし、リンクタグ(A)は、クリックスルー情報をキャプチャして、顧客を特定のランディングページにリダイレクトします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


HCL Domino Volt: 30日でゼロからヒーローに

2021/1/21 - 読み終える時間: 6 分

HCL Domino Volt: Zero to Hero in 30 Days の翻訳版です。


HCL Domino Volt: 30日でゼロからヒーローに

2021年1月12日

著者: Martin Lechleider / Director, Product Management, HCL Domino Volt

画像の説明

HCL Domino Volt のキャッチフレーズ「企業向けアプリを光速で構築する」を聞いたことがあると思います。しかし、「速い」と言っても実際のところはどうなのでしょうか?先日、30日以内に構築できるものを紹介するウェビナーを開催しました。リプレイはこちらから、または下記のリキャップをお読みください。また、ウェビナー中のライブ Q&A への回答も以下に掲載しています。

ご存知でなければ、HCL Domino Voltは、ビジネスユーザーや市民開発者が、強力で安全なエンタープライズグレードのワークフローベースのアプリケーションを簡単に構築できるようにするためのローコード機能です。ビジネスプロセスアプリから顧客向けのモバイルアプリまで、あらゆる業界、さまざまなユースケースに対応したソリューションを作成することができます。

画像の説明

30日間で何ができるか?

ここで、ソリューションやアプリを考えているが、HCL Domino Volt の知識はほとんどないとしましょう。アプリを構築するためにそれを使うにはどうしたらいいのでしょうか?あなたが日中に業務をおこなっていて、1日に1-2時間しか時間を取れないと仮定すると、これのタイムラインはちょうどよいものかもしれません。

画像の説明

  • 1-3日目(3日間) 1-3日目(3日間):HCL Domino Volt の使い方を学ぶ。無料のサンドボックスアカウントにサインアップして、トレーニングリソースのリストにアクセスできます。

  • 4日目から9日目(5日間)ユースケースを選び、要件を定義します。何を解決して構築しようとしていますか?アプリにはワークフローと承認プロセスが必要ですか?それらはどのようにマッピングされますか?要件は、途中で修正や反復が必要になることもあります。

  • 10~17日目(7日間)アプリを構築します。途中でドキュメントやWikiページを参照し、フォーラムを利用してコミュニティに参加したり、質問をしたりしてください。

  • 18~25日目(7日間)アプリを共有、テスト、改良します。アプリの作成は反復的なプロセスです。ここでは、アプリを構築し、フィードバックを共有して収集し、最終的なバージョンに向けて作業を行います。

  • 26-29日目(3日間)アプリのスタイルを設定します。現在提供されているテーマを使用するか、組織のブランディングに合わせてカスタムテーマを追加することができます。または、CSSまたはHTMLを使用して、アプリの外観を完全にカスタマイズすることができます。

  • 30日目:アプリをデプロイして使用する準備が整いました。


30日目のアプリサンプル

ここ HCLでは、「自分たちでシャンパンを飲む」ことを信条としており、HCLのチームメンバー(全員非開発者)が HCL Domino Volt を使って自分たちのアプリを作っている例をいくつか集めてみました。

ボランティアアプリ

このアプリは、組織がボランティアを募集するのに役立ち、時間、お金、寄付などの好みに基づいて、ユーザーにボランティアの機会をお勧めします。

  • 革新性:CSSスタイルの使用とオンライン決済のためのQRコードジェネレータとの統合
  • スキルレベル:開発者ではない方、HTMLが中級レベルの方
  • タイムライン:3週間

画像の説明

営業支援アプリ

このアプリは、営業チームが顧客の記録を収集、承認、割り当て、更新することで、顧客のリクエストを管理するのに役立ちます。

  • イノベーション:革新性:HCL Notesと HCL Domino の開発者向けに、Petrはこのアプリを構築しながら、2つの間の違い(ビューとフォームのバインディング)を探ります。ウェビナーのリプレイをご覧になり、詳細をご確認ください。
  • スキルレベル:開発者ではない方で、HCL Leap でシンプルなフォームを構築した経験のある方。
  • タイムライン:4週間

画像の説明

経費承認、資産管理、休暇申請

当社のサービスチームは最近、スケーラブルなアプリモダナイゼーションチームを構築することを目標に、ビジャヤワダで大学の採用チームを採用しました。そのために、彼らはローコード文化を受け入れ、社内のチーム、パートナー、顧客が必要とする一般的なユースケースをカバーするサンプルアプリを構築することをチームに課しました。これまでに、経費の承認、資産の追跡、休暇のリクエストなどを処理する3つのアプリを完成させました。

  • スキルレベル:開発者ではない方で、HTML の中級レベルのスキルをお持ちの方。
  • タイムライン:1つのアプリにつき3週間

画像の説明

私たちは、彼らがどのようにしてアプリを構築したかを強調したいと思いました。上記のタイムラインのように、UI/UX 標準を具体的に定義し、スプリントプランに従っていることなど、いくつかの違いがあります。

画像の説明

ウェビナーで紹介されたアプリはすべてサンプルアプリとして公開されており、こちら からご覧いただけます。HCL Domino Volt の顧客でない方は、無料のサンドボックス環境でこれらのサンプルアプリで遊ぶことができます。


ウェビナーの Q&A

Q: アプリケーションを本番環境に投入するにはどうすればいいですか?

A: アプリのデプロイは、デプロイをクリックするだけで簡単です。これにより、ランタイムアプリとデータベース(NSFファイル)が生成されます。

Q: HCL Domino Volt の本番環境はありますか?

A: 環境設定のガイダンスについては、このウェビナーをご覧ください。

Q: サービスでJavaベースの REST API を使用できますか?

A: はい。任意の REST ベースのサービスと統合することができます。

Q: HCL Domino Volt を購入するにはどのライセンスが必要ですか?

A: 詳しくはこちらのブログをご覧ください。

Q: ワークフローを設計するためのグラフィカルなツールを提供する予定はありますか?

A: はい。HCL Domino Volt のワークフローをよりビジュアルに設計できるように強化していく予定です。

Q: HCL Domino Volt アプリに匿名ユーザーのアクセスを許可して、認証を必要とするワークフロープロセスを通じてフォームを送信することは可能ですか?

A: はい、可能です。アプリに匿名アクセスを指定することができます。典型的なユースケースは、匿名アクセスのフォームを公共のウェブサイト上で記入し、組織内で認証されたユーザーが関与するワークフローを開始するというものです。

Q: 他の Domino サーバーから HCL Domino アプリのデータにアクセスすることは可能ですか?

A: これは、HCL Domino Access Services (REST)を使用して、現在可能です。将来的には、HCL Domino Volt のすぐに使えるDomino サービスにリモートサーバーのサポートを追加することを検討しています。

Q: 現在、グループを検索する際にメンバーフィールドが利用できません。サービスで利用できるようにする予定はありますか?

A: これは素晴らしいアイデアで、製品に追加することを検討しています。

Q: サンドボックスには2020年12月の新しいリリースが含まれていますか?

A: はい! ここからサインアップできます。

Q: HCL Domino Volt は、DSAPI フィルターで構築されたカスタム HCL Domino 認証の後ろで動作しますか?

A: これは動作するはずですが、まだテストを行っておらず、サポートステートメントも発行していません。

Q: HCL Domino Volt から別のNSFへの文書作成をトリガーすることはできますか?

A: それは素晴らしいアイデアです。こちらのアイデアポータルにフィードバックを追加してください。

Q: 多言語対応のアプリを作ることはできますか?

A: はい。これは、アプリに言語翻訳サービスを追加するか、異なる言語のテキスト文字列を追加して管理することによって行うことができます。どちらの場合も、ブラウザがユーザーのロケールを検出し、適切な言語文字列を提供することができます。

Q: HCL Domino Volt アプリは、高可用性のためにクラスタ対応していますか?

A: HAとクラスタサポートは動作するはずです。これについては、次のリリースでテストを行い、サポートガイダンスを提供する予定です。

Q: HCL Domino Volt を通じて収集した情報を他のシステムで再利用することはできますか?

A: はい。多くの方法があります。ExcelやXML形式でデータをエクスポートすることができます。収集したデータは、REST API を介して利用することもできます。そして最後に、サービスを利用して、データを他のシステムやPDF文書にプッシュすることができます。

Q: ECMシステムに保存しなければならない情報を収集するために HCL Domino Volt を使用することがあります。この2つの世界を「リンク」させるにはどうすればよいのでしょうか?

A: Domino Volt に REST を使ってECMに情報を保存するように指示したり、ECMにも REST を使って Domino Volt のデータを「読み込ませる」ことができます。

Q: 全文検索はできますか?

A: はい。2020年12月のリリースには、アプリのフルテキストインデックスを作成するオプションが含まれています。これにより、アプリ内のドキュメントに対して「contains」検索演算子を使用することができます。

Q: ロードマップでは、エージェントを使用して、定期的なリマインダーをユーザーに送信するなどのタスクを実行する計画はありますか?

A: はい。バックグラウンド処理を行うためにエージェントをより簡単に活用できるようにする予定です。リマインダーの送信は、ワークフローに関連した機能のリストの中にあるものです。


HCL Sametime Premium オンライン トライアルをお試しいただけます

2021/1/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Sametime Premium 11.5 を 2020年10月にリリースしましたが、皆様に体験いただける環境をご用意しました。PC ブラウザー、あるいはモバイルアプリを使って、無料でご利用いただけます。詳しくは以下のページをご覧ください。


HCLテクノロジーズ、2021年度第3四半期の連結決算を発表 – プロダクト&プラットフォームは前年同期比9.3%増

2021/1/20 - 読み終える時間: ~1 分

2021年1月15日、HCL Technologies 2021年第3四半期 (9-12月期)の業績が発表されました (インドは英国式の財務表記のため2021年となっています)。HCL Software は HCL Technologies の一部門で、プロダクト&プラットフォーム部門に所属しています。

HCLテクノロジーズ全体では、売上は前年同期比で売上3%増、純利益は前年同期比26.5%増となりました。 プロダクト&プラットフォームでは、売上は前年同期比8.3%増、純利益2020年は前年比 9.3%増でした。

また、この度、通期では初めて100億米ドルを超える売り上げとなり、HCLテクノロジーズにとっては、2020年は大きなマイルストーンとなる年となりました。

お陰様で、業績は堅調に推移しております。お客様ならびにビジネスパートナー様に、感謝申し上げます。

詳細は弊社ニュースをご覧ください。


Tags

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。