イントラネットが従業員の生産性とエンゲージメントを高める5つの方法

2020/8/13 - 読み終える時間: 2 分

https://blog.hcltechsw.com/digital-experience/5-ways-an-intranet-can-drive-employee-productivity-and-engagement/

5 Ways an Intranet Can Drive Employee Productivity and Engagement

イントラネットが従業員の生産性とエンゲージメントを高める5つの方法

2020年8月6日

著者: HCL Digital Experience Team

画像の説明

イントラネットは、企業の従業員が内部的にのみアクセス可能なプライベートで安全なコンピュータネットワークです(したがって、その接頭辞の「イン」)。イントラネットは1990年代にインターネットと並行して登場し、誰もがオンラインで使用できる公共のインターネットネットワークに代わる安全な代替手段として存在しています。雇用のエンゲージメントは、組織の成功の鍵を握っています。

最近のギャラップ社の調査 (*1) によると、従業員の3分の1しか本当に仕事に従事していないと言われており、従事度の高い組織は生産性が高いだけでなく、一株当たりの利益も4倍に増加しています。

イントラネットのプラットフォームは、組織内の特定のプロセスを合理化しながら、同僚間の対話を行える有用なコラボレーションツールを企業に提供しています。イントラネットが職場の生産性を高める5つの方法を見てみましょう。

コミュニケーションの向上

イントラネットは、広大な組織のフローチャートの中で、すべての部門のスタッフ間の直接のリンクとして機能するだけでなく、ブログやフォーラムをホストでき、従業員にコラボレーションのためのユニークな出口を提供できます。イントラネットネットワークは、従業員が創造的で力を与える方法でコミュニケーションを取れ、それ以外の方法では発生しないかもしれませんが、必要とされるコミュニティの感覚を促進できます。

イントラネットにはコミュニティやディスカッションボードがあるので、従業員が他のスタッフを探すために扱いにくい会社の名簿をふるいにかける代わりに、イントラネットを使って簡単に彼らとつながり、彼らがやっている仕事を迅速に強化できます。

さらに、イントラネットネットワークは、会社のアップデート、アラート、アクションアイテムを効率的に全員に配信し、時間を節約し、社内コミュニケーションを合理化できます。

集中的なファイルストレージと包括的な検索

企業が取り組まなければならない膨大な数のファイル、文書、デジタル情報は、管理者やプロジェクトのリーダー(誰でも、本当に誰でも)を恐怖に震え上がらせることができます。必要なときに必要なデータを探し出してアクセスできるかどうかが、仕事がうまくいくかどうか、プロジェクトが失敗するかどうかの分かれ目になります。

イントラネットネットワークを使えば、すべてのファイルを一箇所に集中的に保存できるので、データ検索が速くなります。イントラネットの検索エンジンは、キーワードを検索して、必要なディスカッションやブログ、情報につなげられます。コミュニケーションも保存・保存できるので、投稿やメモを簡単に調べたり見直したりすることができます。

レスポンスタイムの高速化

問題が発生した場合、企業のイントラネット・ソフトウェアのコラボレーション性により、主要な関係者が共有している知識や専門知識を活用できます。問題が発生した場合、それがIT部門との間でのものであっても、別の部門での緊急開発であっても、すぐに問題を共有できます。

組織のための情報の導管として機能することによって、イントラネットは迅速に組織の集合的な頭脳を組み立てられ、それ以外の場合は適切に評価し、対処するためにはるかに長い時間がかかる問題を特定し、迅速に解決できます。

創造性のためのフォーラム、情報ハブ

イントラネットは、業界特有のトピックに関するディスカッションフォーラムから、次のスタッフ・リトリートのためのブレインストーミングのための非公式なスペースまで、スタッフが主導する様々な取り組みをホストできます。

従業員が接続され、彼らが行う特定の仕事にだけでなく、人々や情報のより大きなウェブに接続されていないと感じている場合、彼らは彼らの仕事でより幸せで生産的になりますか?イントラネット上には、このタイプの従事しているコミュニティに火をつけるための無限の方法があります。

会社の方針や手続きのための便利なスペース

だれでも、何年も経過し時代遅れになっているプロセスでいっぱいの、気が遠くなるような大量のスタッフハンドブックの PDF を持っているはずです。それはホコリをかぶるだけのもので、もはや必要とされていないものであることを知らせているようです。

イントラネットネットワークは、会社の手順やポリシーを織り交ぜたデジタルリポジトリであり、必要に応じて簡単にアクセスして更新できます。また、従業員が人事福利厚生のハブにアクセスしたり、休暇、経費、旅行などのために必要なフォームを取得したりできる一元化された場所にもなります。

あなたの会社のイントラネットは、部屋一杯の大量の感謝の中でセンターステージでその瞬間を得ることはないかもしれませんが、それはしばしばバックボーンです。

あなたの会社のイントラネットは、大勢の人が集まった部屋の中では、その瞬間をセンターステージで見ることはできないかもしれませんが、多くの場合、機能的で成功した組織のバックボーンとなっています。適切に設定され、積極的に使用されていれば、機能的な平日のほとんど目に見えない部分になります。そして、それがチームや従業員のエンゲージメントと生産性を向上させることができれば、より良いビジネス成果をより早く達成できるのです。

HCL Digital Experience がスタッフのエンゲージメントと生産性を高める方法については、こちら (日本語) をご覧ください。

*1: Gallup Study, “Employee Engagement on the Rise in the US,” August 26, 2018.

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。