クラウドネイティブな HCL Digital Experience の4つの特長

2020/10/28 - 読み終える時間: ~1 分

4 Features of a Cloud-Native Digital Experience の翻訳版です。


クラウドネイティブな HCL Digital Experience の4つの特長

2020年10月27日

著者: HCL Digital Experience Team

画像の説明

デジタル・エンタープライズ・プラットフォームをクラウドネイティブ環境でホスティングすることは、スピード、俊敏性、拡張性、統合性、コスト削減など、夢のように聞こえます。しかし、クラウド・ネイティブ環境とクラウド・ホスト環境との違いは何か、また、その違いは企業のワークフロー・ソリューションにどのように表れているのでしょうか。

ここでは、クラウドネイティブの HCL Digital Experience をユニークなものにしている点と、その機能の違いがなぜ重要なのかを見ていきましょう。

クラウドネイティブとは、単なるデジタル・プラットフォーム以上の意味がある

クラウドネイティブとは、環境だけではなく、設計と導入のアプローチを意味します。クラウド技術をより進歩的に利用することで、これまで受け入れられてきたメリット(主にストレージと利便性)を超え、クラウド上で実行するために特別に設計されたアプリケーションを特徴としています。

これらのアプリケーションは、クラウドに「ネイティブ」であること、つまり初日からクラウド用に構築されていることから、オンプレミスやクラウドでホスティングされているプラットフォームでは容易には実現できない規模と展開速度を持っています。クラウド・ネイティブ・システムを採用している企業は、これまで以上に時間が重要視され、常に進化し続けるデジタル・ワークスペースで成功するために構築されたデジタル・エクスペリエンスを利用することができます。

クラウドネイティブとクラウドホスティングは同じではありません

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、この2つのシステムの違いを理解することで、クラウドネイティブ・インフラストラクチャーの利点に光を当てることができるため、言及する価値があります。

クラウド・ホスト型アプリケーションは、オンプレミス環境向けに設計されていますが、サービス・プロバイダーによってクラウドからデプロイされ、管理されています。このモデルは、もともとはプレミスのシステムを資本コストから運用コストへと移行させることで、企業の資本コストの負担を軽減したいという思いから生まれたものです。

クラウド型システムとは、クラウドのストレージや管理の一部の側面と、セキュリティや保守、インフラのレガシーシステムを組み合わせた妥協点のことです。しかし、クラウドホスト型サービスは、更新プロトコルが煩雑で時間のかかるものであり、必要に応じて拡張することが難しくなる可能性があります。

コンテナとマイクロサービスがデプロイとデリバリーをスピードアップする方法

クラウドネイティブアプリケーションは、一般的にコンテナにパッケージされたマイクロサービスで構成されています。マイクロサービスとは、アプリケーションが単機能のサービスで構成されたソフトウェアの一形態であり、非常にきめ細かく軽量な操作を可能にします。他のアプリケーションに依存したり、影響を与えたりすることなく、自分の仕事をすることができます。これにより、開発者は、より広範囲の操作に影響を与えることなく、特定のアプリケーションの問題に対処することができます。

コンテナは、マイクロサービスのようなアプリケーションを実行するためのすべてのものを保持することができるポータブルなファイルシステムです。この2つは、どちらも1つのことを行うことを意図して設計されているため、相性が良いのです。

これは、アプリ内で発生する可能性のある問題やバグをより速く、より具体的に解決することができることを意味します。また、大規模なシステム更新やオーバーホールを待たずに、特定のアプリケーションの更新を行うことができることも意味します。このようにして、クラウドネイティブ・ソフトウェアは常に具体的に改善することができます。

流動的なアーキテクチャーの利点

クラウド・ネイティブ・アプリケーションとサービスは、その適応性と柔軟性の高さから、より多くの企業で採用されています。アプリはアジャイルで自動化され、必要に応じて簡単にスケールアップやスケールダウンができるように開発されています。

マイクロサービスとそれが保持するコンテナの粒度が高いため、問題が発生した際には常に直接的な対応が可能で、レガシーシステムよりも弾力性のあるシステムを継続的に更新することができます?

クラウドネイティブは、サービス、トラブルシューティング、アップデートに多くの時間と費用を必要とするクラウドホスト型やオンプレミス型のプラットフォームと比較して、インフラストラクチャーやメンテナンスに関しては、システムへの負担が少ないです。

最終的には、今日のビジネス環境のスピードにマッチし、必然的に高速化していく中で歩調を合わせることができるデジタル・エクスペリエンスを実現することができます。デジタル・エクスペリエンスの変革とは、単に消費者の目線に立ったタッチポイントをきれいにするだけではなく、関連するすべてのコンテンツ、情報、体験を組み合わせて、オーディエンスにとって意味のあるものにすることです。HCL Digital Experience は、安全で、いつでも利用可能で、ビジネスのニーズに合わせて拡張可能なプラットフォームを必要とする企業にとって、ビジネスに不可欠なDigital Experienceのために信頼されています。

HCL Digital Experience では、ハイブリッドでクラウドネイティブなアーキテクチャーを採用できるようになったため、管理者は既存のオンプレミス環境で新しいコンテンツ制作やヘッドレスAPI機能を提供することができます。移行の必要はありません。当社は、市場で最も広範なクラウドネイティブ・プラットフォームのサポートを提供しており、最近では Azure EKS のサポートも追加されたため、デプロイを 10倍速で行うことができます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。