本ブログ内のリンクは内外問わず、すべて別タブで開きます

2022/1/26 - 読み終える時間: ~1 分

リンクを開いた際の動作が不定であるとのフィードバックを受け、この度、強制的にすべて別タブで開くようにしましたのでお知らせします。

また、「ホームページに戻れない」とのフィードバックについては、上部ヘッダー内に、ホームページへのリンクを設けて対処しました。


HCL Notes/Domino V12 技術ウェビナー: 12 コンテンツを掲載予定

2022/1/26 - 読み終える時間: ~1 分

既に 7 つのウェビナーを公開済みですが、今後 5 のコンテンツを追加予定です (前回告知時は 9 つでしたが 3 つを追加しました)。これらを視聴すると、V12.0.1 の新機能や機能改善点について、殆どをカバーできます。

HCL Notes/Domino V12 の特設ページHCL Notes/Domino、Traveler V12 技術ウェビナーのセクション をご覧ください。

画像の説明


Cover Image

2022年2月1日、DIGITAL Foresight 2022 Winter (日経BP 総合研究所/日経BP編集部) イベント

2022/1/26 - 読み終える時間: ~1 分

2022年2月1日、DIGITAL Foresight 2022 Winter (主催: 日経BP 総合研究所/日経BP編集部) に、「DXの課題を打ち破る、ローコードツールの今 ~Web&モバイル対応で復活したDominoとビジネスアプリ開発の最新動向~」という内容で参加します。日経BP 総合研究所/日経BP編集部側と HCL 側の対談という形で、HCL Notes/Domino とその周辺に関する最新の状況をお話しします。

Notes/Domino は誕生から30年以上を経ても最新の環境、状況に合わせて進化し、昨今の DX の要請にも十分貢献できる力を持っていることをご理解いただけると思います。是非、ご参加ください。


Cover Image

HCL Notes/Domino V12 技術ウェビナー: 「名前変更要求の自動処理」機能

2022/1/26 - 読み終える時間: ~1 分

Domino V12.0.1 で追加された、名前変更要求処理に関する改善についての解説です。ユーザーの名前変更があった場合、これまではユーザーや管理者の手動処理が必要でしたが、これらのステップを自動化する仕組みを取り入れました。AdminQ という別名です (AdminP ではありません)。名前変更はそうそうあるものではありませんが、設定しておくと便利です。

HCL Notes/Domino V12 の特設ページHCL Notes/Domino、Traveler V12 技術ウェビナーのセクション をご覧ください。

今後も V12.0.1 の技術コンテンツを追加していきます。


Cover Image

INTERNET Watch 記事掲載: テレワーク中のPCをメンテするなら「起動していないPC」にもパッチを適用したい! - INTERNET Watch (PR記事)

2022/1/25 - 読み終える時間: ~1 分

intel社のvPROプラットフォームに対応している HCL BigFix は、インターネット越しで、起動していないPCでもパッチ配信ができます。intel vPRO & HCL BigFix でPCの端末セキュリティーに万全の体制をとることができます。詳細は記事をご覧ください。

INTERNET Watch: テレワーク中のPCをメンテするなら「起動していないPC」にもパッチを適用したい! - INTERNET Watch (PR記事)


Cover Image

HCL Unica をはじめよう - 第1回 Unica Campaign

2022/1/25 - 読み終える時間: 6 分

Let’s Get Started With Unica – Part 1 – Unica Campaign の翻訳版です。動画は、ブラウザーの種類により表示されない場合があります。


HCL Unica をはじめよう - 第1回 Unica Campaign

2022年1月21日

著者: HCL Software Unica Team / A division of HCL Technologies (HCL)

貴社は最近、マーケティング業務の管理・実行・効率化のためにUnicaを導入されたのですね。Unicaを導入し、ゴールベースのマーケティングを実現しようとしている企業担当者、あるいは、顧客の選別方法、複数のDBソースの統合方法、オーディエンスのセグメント化などの知識を深めたいマーケティングの専門家、さらには、新しいマーケティングキャンペーンの作成と実行のためにマーケティングオートメーションのスキルをリフレッシュしたいUnicaユーザー、あなたは正しい場所にいるのです。

Unica Suiteの各モジュールに対応したエピソードを用意しましたが、今回は特にUnica Campaignについてです。Unica Campaignでは、大規模な顧客ターゲットを設定できます。Unica Campaignを組織でより効率的に使用するためのガイドとなる一連の短いビデオです。


1. キャンペーンモジュールの紹介

Unica Campaignでは、ダイレクトマーケティングキャンペーンの設計、実施、分析が可能です。まずは、キャンペーンとメニューのナビゲーションとその使用方法について、概要を説明します。マーケティングキャンペーンを行うには、ターゲットとなるオーディエンスにオファーを定義します。そして、フローチャートを作成します。

次に、フローチャートを作成します。キャンペーンは、スタンドアロンモジュールにすることも、Planと統合することもできます。このビデオでは、キャンペーンをPlanで使用しています。キャンペーンモジュールの概要については、以下のビデオをご覧ください。

[実装]ボタンを見つけるには、Planとキャンペーンの間にリンクを作成します。キャンペーンモジュールの概要については、以下のビデオをご覧ください。

キャンペーンは、スタンドアロンモジュールにすることも、Planと統合することもできます。このビデオでは、キャンペーンをPlanで使用しています。


2. 基本的なフローチャート

フローチャートを使用すると、マーケティング自動化プロセスで複雑なマーケティングキャンペーンの概要を視覚的に表現できます。各キャンペーンは、データに対して一連のアクションを実行するための少なくとも1つのフローチャートで構成されます。フローチャートはさらに、出力が定義された選択、抑制、マージ、セグメント化、テスト、およびサンプルボックスで構成されます。基本的なフローチャートの作成方法については、以下のビデオをご覧ください。


3. プロセスボックスを選択します

多くのフローチャートは、1つ以上のSelectプロセスで始まります。選択プロセスは、顧客IDなどのIDのリストを含むデータを提供します。このリストは、他のプロセスが変更および改良できます。選択プロセスでは、誰と話すかを選択し、データを選択ボックスに入力して入力を追加できます。フローチャートの選択ボックスの使用方法については、以下のビデオをご覧ください。


4. サンプルプロセスボックス

サンプルプロセスを使用して、連絡先をグループに分割できます。サンプリングとは、マーケティングキャンペーンの効果を測定するために使用できるターゲットグループとコントロールグループを確立することです。以下のビデオをさらに参照して、サンプルボックスの使用について詳しく知ることができます。


5. プロセスボックスをマージします

マージは、キャンペーンデータを照合してマージするために使用されます。マージプロセスは、含める、結合する、または除外する(抑制する)入力データを指定します。メール、ダイレクトメール、電話など、さまざまなデータベース(財務、支払い、CRM、メール、通話、チャネル応答など)を選択できます。フローチャートのマージボックスの使用方法の詳細については、以下のビデオを確認してください。


6. セグメントプロセスボックス

セグメント化プロセス構成では、特定のグループの人々をターゲットにして、要件に応じてそれらをセグメント化できます。セグメントプロセスを使用してデータを個別のグループまたはセグメントに分割し、それをコールリストやメールリストなどの連絡先プロセスに接続して、セグメントに治療またはオファーを割り当てます。フローチャートのセグメントボックスの使用方法については、以下のビデオをご覧ください。

Unicaは、クラウドネイティブの完全に統合されたエンタープライズマーケティング自動化プラットフォームであり、大規模な精密マーケティングを提供します。これにより、マーケターと開発者は、市場投入までの時間を短縮し、Unica 12.1.2プラットフォームとの顧客エンゲージメントを拡大できます。同時に、ITチームは、強化されたクラウドネイティブ基盤と柔軟な展開オプションの計り知れないメリットを活用できます。 Unica Suiteには、Unica Campaign、Unica Journey、Unica Deliver、Unica Interact、Unica Plan、UNICA Optimize、UNICA Discover、統合されたゴールベースのマーケティングに対応するUNICA Link、制限のないメッセージングなどの製品があります。


Unica Campaignを始めましょう

Unica Plan、Unica Journey、Unica Deliver、Unica Link、Unica Discoverなどの他のモジュールの同様のシリーズを作成しました。他のモジュールでこのようなビデオをもっと楽しみましょう。


Cover Image

HCL OneTest - メンテナンスを容易にするための取り組み

2022/1/24 - 読み終える時間: 2 分

HCL OneTest - Working to Make Maintenance Easier の翻訳


HCL OneTest - メンテナンスを容易にするための取り組み

2022年1月21日

著者: Peter Taylor / SENIOR SOFTWARE ARCHITECT

概要

HCL OneTestは、企業がソフトウェアの品質を向上させ、デリバリーライフサイクルの早い段階で問題を発見することを可能にする製品群を提供します。この製品群は、UI、API、サービスの仮想化、パフォーマンスなど、さまざまな側面のテストを可能にします。では、どのようにすれば効果的にテストを行い、メンテナンスが必要な多くのテストをチームに負担をかけずにアジャイルな状態を維持できるのでしょうか?ここでは、統一された次世代アプローチによってテストのメンテナンスを容易にするために、私たちがどのように取り組んでいるかをご紹介します。


シンプル

統一的なアプローチは、各アスペクトごとに製品を用意するよりも、単一の製品にした方が誰もが暮らしやすくなる、というコンセプトから始まります。そこで、既存の製品でお客様が評価している機能を、ひとつの一貫したフレームワークにまとめた新製品を作る予定です。これにより、ユーザーはUI、API、パフォーマンスのテストや、サービスの仮想化を1つの製品で簡単に実行できるようになります。

シンプルであることに重点を置いているため、どうしても複雑になりがちな製品をただ寄せ集めただけでは理解できない。つまり、複雑になりすぎて理解しにくくなるような製品同士をくっつけることはできないということです。足りない部分は既存の製品で補うことができますし、今後もサポートは継続します。


価値観

テストが壊れたら、いつ直すの?今すぐか絶対か?この質問を評価するためには、「テストの数」ではない品質の指標が必要です。そうでなければ、テストを削除することで品質が低下してしまいます。

そうでなければ、テストを削除することは品質を低下させることになります。目標は常に、高品質のソフトウェアを生産に移すことです。このゴールは、生産時の失敗を減らす場合にのみ遅らせるべきです。もしテストが、失敗を減らすことなく目標を遅らせるのであれば、それはおそらく維持する価値がない。

テストの価値を判断するために、その製品はテストに関するいくつかの指標を提供する必要があります。実行時間は簡単なもので、テスト対象のシステムにおけるコードカバレッジはより複雑なものです。


耐久性

テストはコードの後に書かれることが多いのですが、テスト駆動開発ではこれを改めようとします。コード優先の理由は、その方が簡単に始められるからだ。結局のところ、テスト対象システムが利用できないため、テストは失敗する。しかし、サービス仮想化の統合により、オフラインでテストを実行し、テスト対象のシステムが利用可能になる前に、テストがどのように動作するかを実証できます。最初に書かれたテストは、実装よりも振る舞いを検証するため、より長く使え、メンテナンスの必要性も低くなります。


レジリエンス

メンテナンスがすぐに必要なのではなく、スケジュール化できるようなストラテジーを組み込めます。

  • UI テストは通常、Web ページ上のコントロールと連動しています。しかし、コントロールを見つけるために複数のストラテジーを定義した場合、その位置が変わっても、例えばラベルを使用してそれらのオブジェクトを見つけられます。
  • パフォーマンステストは、クライアントの実装をシミュレートすることで、エンドユーザーがテスト対象システムをどのように操作するかをスケールで再現します。そのため、クライアントが変更されると、パフォーマンステストは中断されます。パフォーマンステストで使用されるクライアント実装の詳細がUIテストに組み込まれている場合、クライアント実装の詳細の検証は継続的に行われることになる。


即時性

ユーザーがタスクを切り替える前に、変更の意味を理解できるように、できるだけ早くユーザーにフィードバックすることに重点を置いています。


バルク

既存のテストをコピーして少し手を加えるだけで、新しいテストを作ってしまうというミスを犯しがちです。これをやったことがない人はいないでしょう。しかし、今日のクイックウィンは、明日のメンテナンスの頭痛の種です。これは、以下の方法で最小限に抑えられます。

  • 再利用可能なステップ群。すでに動作している部分から新しいテストを構築できます。
  • 再利用可能なメッセージ。スキーマが変更された時に、多くのテストを変更するのではなく、いくつかのメッセージを変更できます。
  • データドリブン。時には、別のテストがスプレッドシートの別の行になることもあるからです。


結論

HCL OneTest 製品群の進化を続ける中で、皆様からのフィードバック、アイデア、ペインポイントなどを https://onetest-ideas.hcltechsw.com/ideas でお待ちしています。


Cover Image

テクてく Lotus 技術者夜会: 2022年1月分を公開しました

2022/1/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年1月21日に開催されたテクてく Lotus 技術者夜会 第1回のリプレイを公開しました。今回は 2022年の HCL Ambassador の皆様に語っていただく会でした。6つの興味深い話をきくことができます。HCL Ambassador の皆様、講演をありがとうございました。改めまして、HCL Ambassador 就任、おめでとうございます。日本の HCL Software チーム一同、感謝申し上げます。

画像の説明


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修