<ピン留> Cloud サービス終了のお知らせ

2020/2/7 - 読み終える時間: ~1 分

2019年7月16日付で発表されたCloud サービス終了のお知らせをこのブログのトップにピン留めします。重要なお知らせが故、ご容赦ください。

2020年7月16日を以て、クラウド・サービスはすべて終了、停止されます (終了のお知らせページ)。以後、サービスへのアクセス、システムの一時的な再稼働、データの取り出しなどは一切できなくなります。詳細は下記をご覧ください。ご不明点などは弊社営業担当、あるいはお問い合わせ窓口までご連絡ください。

移行の情報を記載したページを用意しました。https://www.hcljapan.co.jp/software/products/cloud/migration.html


新しい HCL Connections のリリース:これまで以上に「モバイル」

2020/3/27 - 読み終える時間: 2 分

英語版ブログ A New Connections Release: More Mobile than Ever - Digital Solutions の翻訳版です。

参考サポート技術情報


新しい HCL Connections のリリース:これまで以上に「モバイル」

2020年3月26日

HCL は HCL Connections のローリング・リリースを継続しています。今回は過去 2 年間で 7 回目のリリースを行います。2020年3月26日の時点で、 Connections 6.5 CR 1 がダウンロードできるようになりました。私たちの改善の多くは、お客様からのフィードバックの直接の結果です。私たちは引き続き、魅力的なユーザーエクスペリエンスとユーザーの採用に重点を置き、毎日使用するアプリケーションに Connections を簡単に統合できるようにしました。最初に気付くのは、新しいロゴとテーマの色でしょう。新しい外観と操作性で HCL 製品ファミリーに完全に組み込まれることになり感慨深いです。また、モバイル面での進化や重要な機能と修正がいくつかあります。

メールとカレンダーの改善

広範な統合戦略の最初のフェーズとして、メールとカレンダーが[ HCL Connections ]ナビゲーションバーに表示されるようにしました。これにより、メール、会議、通知について常に最新の状況を把握しながら、作業に集中できます。

強化されたファイルの移管機能

ファイルの所有権に関する問題が以前から寄せられていることは理解しています。このリリースから、ユーザーは複数のファイルを選択して所有権を移管できるようになりました。ゴミ箱に移動したファイルを復元することもできます。

新しいモバイルアプリでの改善

最新の Connections モバイルアプリが機能強化され、削除されたファイルの復元やファイルの所有権の移管など、デスクトップの強化点がモバイルデバイスでも利用できるようになります。今回の更新では、HCL ロゴとモダンなルック&フィールのユーザーインターフェースになっています。。

言語サポート

かつて Connections 6.0 で利用可能だったグループ 1、2、3の言語もこの新しいリリースに含まれています。

技術的な最適化

onnections 6.5 CR1 では、Elasticsearch、Node.js、および Kubernetes がそれぞれアップグレードされています。

HCL Connections をご利用の皆様には感謝します。HCL は Connections に投資し、それが皆様の成功につながるものだと考えています。共に成功に向かいたいと考えます。新機能を利用するには、今すぐアップグレードを計画してください。


HCL サポートポータル、HCL Software License Management Portal (ダウンロード・サイト) のユーザー管理者の確認

2020/3/26 - 読み終える時間: ~1 分

そろそろ、人事異動の時期になるところも多いのではないでしょうか。 しばらくすると、「ユーザー登録」に関するお問い合わせが増えてきます。 特に管理者が分からない場合は手間と時間がかかります。管理者って誰だっけ、と思ったら早めの確認をお勧めします。

上記ふたつはそれぞれ別管理です。前者は主にお問い合わせに使うもの、後者はダウンロード用です。ご注意下さい。


IBM サイトの Notes/Domino などの製品ドキュメントは削除されました

2020/3/25 - 読み終える時間: ~1 分

IBM サイトで公開されていた Notes/Domino などの製品ドキュメントが削除されました。開くと案内もでますが、https://help.hcltechsw.com/ を利用願います。

この HCL のサイトには Notes/Domino 9.0.1 の日本語版がありません。以下のページを参照してください。

Notes/Domino 9.0.1 および Client Application Access 1.0.1 製品ドキュメント (日本語版)

HCL Notes/Domino Domain: 技術情報」にも上記ページへのリンクを掲載しています。


Notes/Domino 11.0.1 の Gold ができました

2020/3/25 - 読み終える時間: ~1 分

Notes/Domino 11 がリリースされたのは 2019年12月20日でした。約3ヶ月が経過し 11.0.1 がリリースできる運びになりました。市場に出荷する、最終リリース版を Gold と呼んでいますが、それができあがりました。出荷前の事務処理を経て、約1週間から10日程度でリリースされる予定です (変更される場合があるので、予めご了解ください)。

詳細については出荷時までお待ち下さい。なお、複数の方面からお問い合わせがある添付ファイルの文字化けについては 11.0.1 で修正されています。詳細内容は以下をご覧ください。

サポート技術情報: 外部ユーザーから受信したダブルバイト文字を含む添付ファイル名が文字化けし att * .dat として表示される


Let’s Stay Connected … Even While We Are Physically Distancing

2020/3/25 - 読み終える時間: ~1 分

2020年3月25日、英語版ブログに標題のエントリーがポストされました。「たとえ場所は離れど、つながっていましょう」とでも訳せましょうか。HCL Software の Digital Solutions (コラボレーション部門) からのメッセージです。後半は皆様のご意見を募集する話で、翻訳は省略しています。ご興味があるかたは原文をお読み下さい。


Let’s Stay Connected … Even While We Are Physically Distancing

https://www.cwpcollaboration.com/blogs/lets-stay-connected-even-while-we-are-physically-distancing

3/24/2020

COVID-19のパンデミックにより、私たちは今世界中の未知の領域にいます。HCL Digital Solutions (コラボレーションの事業部門)ができる限りのお手伝いをするために、ここにいることを知っていただきたいと思います。私たちは、柔軟かつ即応性をもって対応できるように努めています。私たちのチームのほとんどは、従業員、お客様、パートナーの健康を確保するために、自宅で仕事をしていますが、特別な状況に対応できるよう尽力しています。この期間中にサポートが必要な場合は、共に困難を乗り切るべく、お客様の成功または営業担当者に連絡してください。

制約には創造性も伴い、私たちは世界中の人々から聞こえてくる非常に多くの物語に感動し、心を動かされました。私たちは皆、通常のルーチンの範囲を超えて、仕事と家庭生活の釣り合いを取りながら一緒に仕事をしています。この状況下で、異なる考え、創造的な行動、助けが必要な人への思いやりをとることに、いつも以上に迫られています。

HCL Digital Solutionsのチームがどのように適応しているか、どのような新しい作業方法とプロセスを導入しているか、そして私たちが勢いを維持し、コミットメントをどのように実現しているかについて、一連のブログとストーリーを投稿します。最新情報については、この(英語)ブログとTwitterをフォローしてください。

<後半省略>

DIgital Solution Team, HCL Software


Domino Volt ベータ・プログラム:質問と回答

2020/3/25 - 読み終える時間: 6 分

英語版ブログに「Domino Volt ベータ・プログラム:質問と回答」のエントリーがポストされました。その日本語版を掲載します。

The Domino Volt Beta Program: Your Questions Asked, and Answered - Digital Solutions https://www.cwpcollaboration.com/blogs/the-domino-volt-beta-program-your-questions-asked-and-answered


Domino Volt ベータ・プログラム:質問と回答

2020/3/19

私たちは、これまで開催した中で最も出席率の高いものの1つであるWebinarを最近開催しました (1時間で約200人が参加していました)。登録した人は300人を超えていました。リプレイはこちらで再生できます。 https://register.gotowebinar.com/register/4086990678473999117

いつものように、出席した人たちはとても活発で、たくさんの素晴らしい質問がされました。これらの質問とその答えをここに掲載します。

Domino Volt の一般提供 (GA) は2020年4月の予定です。乞うご期待。

そして、ベータ・プログラムを手伝ってくれた人たちにとって、あなたはロックスターです。ベータフォーラムにコメントやフィードバックを残すことを忘れないでください。 https://registration.hclpartnerconnect.com/Voltbetaforum.nsf

また、ベータ版で問題が発生している場合は、ベータ版サポートチーム (Volt-Feedback@pnp-hcl.com) にお問い合わせください。


アクセス制御

Q. アクセス制御について、どこかにまとめて説明されているところはありますか。

A. 下記 URL の保護に関するドキュメントで、アクセス制御と特権に関連するすべてが説明されています。 https://help.hcltechsw.com/domino_volt/beta/se_security_toc.html

Q. Domino Volt で読者、作成者、編集者などの Domino ACL (Access Control List) を使用できますか。

A. Domino Volt には、アプリケーションのさまざまなワークフロー・ステージにマッピングされるロールと特権の一式があります。これを使用して、各ワークフローの段階で、アプリ内のドキュメントを誰が読み取り、更新、削除できるかを定義できます。


Domino との統合

Q. Domino データベースからデータをインポートする方法はありますか。

A. Domino Volt の初期リリースでは、REST API を使用して Domino アプリからデータをインポートできます。今後、 Domino アプリへのアクセスと統合を容易にする機能を追加します。


Domino Volt プラットフォーム

Q. Domino Volt はどのデータベースを使用しますか。

A. Domino Volt はデータベースに NSF を使用します。アプリケーション定義とデータはすべて NSF に保存されます。Domino Volt アプリは、 Domino フォームとビューを備えた Domino アプリそのものです。

Q. LotusScript で開発されたエージェントを利用できますか。

A. Domino Volt の将来のリリースでは、 Domino エージェントを活用できる機能が追加される予定です。そうなれば、エージェントを介してサーバー側のプロセスをトリガーできる、クライアント側イベントを使用したアプリを構築できるようになります。

Q. LotusScriptアプリを Domino Volt アプリに自動的に変換することはできますか。

A. できません。

Q. アプリを React コンポーネントとして生成できますか。

A. できません。将来的に React ベースのランタイムについて検討しなくてはならない時がくるかもしれません。

Q. Domino Volt には Domino Server V11 が必要ですか。

A. はい。Domino Volt を実行するには Domino v11 が必要です。

Q. HCL LEAP と比較した Domino Volt の利点は何ですか。

A. Domino Volt は Dominoの新しい機能ですが、HCL LEAP は WebSphere 上で実行されるスタンドアロン製品です。Dominoで実行される低コードのオファリングを探しているなら、その答えは Domino Volt です!

Q. HCLは Domino Designer を Domino Volt に置き換える考えですか。

A.いいえ。DominoVolt は、フォームおよびワークフローベースのWebアプリケーションの構築に重点を置いた、HCLのブラウザベースの Domino用ローコードオプションです。ドミノデザイナーは、ノーツアプリケーションを含むさまざまなユースケースに最適な選択肢です。

Q. Domino Volt アプリをクラスター化できますか。また、高可用性を実現できますか。

A.初期バージョンではありません。Dominoクラスタリングを活用できるように、いつか Domino Volt を更新する予定です。

Q. Domino Volt Appsを組織構造と統合して、ワークフローの割り当てと通知を決定するにはどうすればよいですか。

A. Domino Volt は、ワークフローのロール割り当てを行うときにディレクトリを参照します。これらの割り当ては、初期リリースで明示的にする必要があります。将来のリリースでは、オプションとして動的割り当てを追加する予定です。これにより、ディレクトリ内の組織の関係を検索して、動的な役割の割り当てを行うことができます。

Q.基本認証の代わりに、セッションベースの認証/ SSOを使用して DominoサーバーからJSONサービスを使用できますか。

A.はい、製品でどちらのオプションも使用できます。

Q. Domino サーバー上で https はサポートされていますか。

A. はい、httpsはサポートされています。

Q. Domino Volt は重い負荷がある場合、どのようにサポートするのですか。ストレス・テストは行われていますか。

A. 初期リリースでのテストが進行中です。良好な結果が得られており、製品が入手可能になった時点でより多くの情報を提供できるようになる予定です。

Q. c75-c556-cc6.nsf のようなファイル名を回避するために、NSFの名前を自由に設定できますか。

A. いいえ、初期リリースではできません。将来のリリースで検討します。


アプリケーション開発

Q. Domino Volt アプリのデバッグ方法を教えてください。

A. Domino Volt には、コードがクリーンであることを確認するための構文チェッカーとオブジェクト・ピッカーが組み込まれています。多くの場合においてデバッグは、アプリをプレビューし、コードが機能するかどうかを判断することです。プレビュー・エラー・メッセージはオブジェクト、イベント、およびコードを指しているため、すばやく修正して再度テストできます。

Q. Domino Volt には、署名用のフィールド・タイプはありますか。

A. いいえ、初期リリースではありません。これはよくリクエストされる機能であり、今後導入する予定です。

Q. SAPとの統合方法を示すようなサンプル・アプリはありますか。

A. いいえ。ただし、SAP との統合方法の例を作成する予定があります。

Q. 多言語のサンプル・アプリはありますか。

A. 多言語アプリを作成するには、さまざまな方法があります。追って例を紹介する予定です。

Q. レスポンシブ・レイアウトを作成できますか。

A. はい。デフォルトで Domino Volt アプリのレイアウトはレスポンシブです。ページのプロパティとルールを使用して、レスポンシブ設定を簡単にカスタマイズできます。

Q. サンプル・アプリはNSF形式で保存されますか。

A. サンプル・アプリは .Volt ファイルとして保存されます。これは、XML形式のアプリケーション定義、アプリケーション・アーティファクト (画像、スタイルシートなど)、およびオプションのデータを含むパッケージ・ファイルです。 サンプルアプリをインポートするには、create new / from existing をクリックしてから .Volt ファイルを選択します。

Q. サンプル・アプリをカスタマイズできますか。

A. はい、もちろん。また、それを複製してコピーを編集することもできます。

Q. Domino Volt ではバージョンのアプリのバージョンを管理できますか。

A. Domino Volt は、デプロイされたアプリのバージョンと、編集されたアプリのバージョンを管理できます。これにより、展開されたランタイムに影響を与えることなく、アプリに変更を加えてプレビューし、変更したアプリを保存できます。さらに、アプリを定期的にエクスポートしてバージョン管理することもできます。

Q. Domino Volt は SOAP ベースのサービスと接続できますか。

A. 将来のリリースでは、この機能とサービス定義を Domino Volt に導入する予定です。これらの機能は HCL LEAP には既にありますが、 Domino Volt にはまだ実装されていません。サービス定義は、カタログ化され、XMLドキュメントとしてアプリケーション設計者が利用できるようになります。

Q. Domino Volt を Java Spring Boot のフロントエンドとして使用できますか。

A. はい。Domino Volt は、Java Spring Boot アプリケーションの REST サービスと対話できるはずです。

Q. WebSocket のようなリアルタイム処理の使用は可能ですか。

A. 現時点ではできません。将来のバージョンでは、そのような拡張技術が追加される可能性はあります。

Q. Domino Volt を使用して既存の Domino アプリを変更できますか。

A. いいえ。DominoVolt は新しいアプリケーションを作成するためのものであり、既存の Domino アプリの設計変更のためのものではありません。


HCL Connections

Q. HCLは、 Domino Volt を用いて、HCL Connections でコミュニティー・アンケートとして使われている FEB (Forms Experience Builder) を置き換える予定ですか。 A. 現在、その予定はありません。今後、製品間の統合の機会を検討していきます。


ライセンスと価格

Q. Domino Volt のライセンスと価格はどのようになりますか。

A. 価格は Domino Volt のユーザー単位で設定されます。これは、 Dominoのお客様にとっては、 Domino Volt を利用するうえで、ユーザーごとに「少しだけ」支払う機会があることを意味します。

Q. Domino Volt を匿名で使用する場合、ライセンスの問題はありますか。

A .製品の初期バージョンでは、認証されたユーザーのみがサポートされます。後続のリリースでは匿名ユーザーのサポートされる予定です。その時点で、匿名ユーザーを許可するライセンス・オプションを導入する予定です。


資料

Q. Webinar のプレゼンテーションの編集可能なバージョンと、DockerコンテナーでVolt を実行する方法に関する情報を入手できますか。

A. はい。ベータフォーラムで、Dockerで Domino Volt を実行する方法に関する情報と、それを必要とする人向けのリンクを提供します。

Q. Domino Volt のオープンベータについてブログに投稿してもよいですか。

A. はい、もちろんです。


「サポート電話番号一部利用不可について」の解消

2020/3/24 - 読み終える時間: ~1 分

2020/03/20 におしらせした「サポート電話番号一部利用不可について」ですが、システムの改修により解消しました。


リモートワークとBigFix

2020/3/24 - 読み終える時間: ~1 分

全世界的にリモート・ワークが行われていますが、BigFixは端末管理やセキュリティー確保の面で幅広く使われています。丁度、V10 のリリース時期でもあります。英語版ブログの翻訳版です。

明日 2020年3月25日の10時から、BigFix 10 の Webinar が開催されます (https://hcljapan.co.jp/software/blog/bigfix-10-launch-webinar-japan-invitation) 是非、ご参加ください。


BigFix 10 が出荷へ! これでさらに FIND、FIX、Do ができるようになります

BigFix 10 goes Live! You’re now ready to FIND more. FIX more. DO more.

https://blog.hcltechsw.com/bigfix/bigfix-10-goes-live-youre-now-ready-to-find-more-fix-more-do-more/

BigFixチーム

2020年3月23日

数千もの BigFix のお客様は、BigFixが、場所や接続に関係なく、オンプレミスであれクラウドであれ、IT /セキュリティーの問題の検出、管理、修復を完全に自動化できる唯一のエンドポイント管理プラットフォームであることをよくご存じです。お客様は他のツールを試しましたが、より複雑であり、システムの限られた部分のみしかカバーできず、修復に数日または数週間かかる可能性があることがわかりました。BigFixは、他のソリューションよりも高速にすべてのエンドポイントを見つけて修正できます。そして今、BigFix 10を使用すれば、これまで以上に多くのことを見つけ、修正し、より多くのことを行うことができるようになりました。

BigFix 10の新機能:

Insights リスクとコストを迅速に視覚化されるので、重要なエンドポイントの問題を簡単に見つけて、組織全体で行動を起こすことができます。その結果、迅速な対応、プロセスの合理化、セキュリティー体制の改善が実現できます。

Modern Client Management Windows 10 および MacOS エンドポイントを簡単な登録とポリシー管理で管理することで、複数のベンダーの統合、コスト削減、複雑な環境を実現できます。

マルチクラウド管理 管理者は、単一のBigFixソリューションを使って、クラウドとオンプレミスの両方について、エンドポイントの完全な360度の可視性、制御、コンプライアンスを実施できます。

現在の世界的な危機により、テレワークの増加により在宅勤務プログラムと事業継続措置の必要性が高まっています。BigFixは、VPNの有無にかかわらず、単一のエージェント、コンソール、およびファイアウォール・ポートを使用して、継続的なパッチ適用とコンプライアンス管理が可能で、安全なリモート・テレワークを実現します。

BigFixが役立つ例を紹介します。

  • VPNの有無にかかわらず、PCに継続的にパッチを適用し、コンプライアンスを維持することにより、リモートワーカーとのビジネス継続性とセキュリティーを維持できます。
  • 生産性を向上させながら、インフラストラクチャ、複雑さ、および管理コストを削減してWork-From-Homeプログラムを促進できます。
  • よりシンプルなプロビジョニングとポリシー管理により、Windows 10やMacOSなどの最新デバイスの利用を促進します。
  • すべてのエンドポイントおよびOSについて全体にわたる高度な分析を経営陣に迅速に提供でき、迅速かつ効果的な意思決定を行えるようになります。
  • OPEX (Operating Expense)を削減する上で、オンプレミスとクラウドのエンドポイントを管理するためのツールを統合ができること。
  • Windows 7、Windows Server 2008、HP / UX、AIX、Solarisなどの、コストがかかる古いOSのリプレースメントを延期します。
  • BigFixはエンドポイント管理プラットフォームのリーダーであり、1億以上のエンドポイントが150か国以上で管理されており、米国連邦政府機関でも広く展開されています。BigFix 10を使用すると、単一のエージェントと統合BigFixコンソールを使用して、最新のエンドポイントのリスク識別と意思決定の迅速化、将来性のある管理、およびクラウドと従来のエンドポイントの両方を管理できます。

V10のリリースにより、BigFixは統合エンドポイント管理の新時代に入り、企業は大規模な単一ソリューションからすべてのエンドポイント・デバイスをより効果的に管理およびレポートできるようになります。また、安全なサプライチェーンに関する米国連邦政府の厳しい基準を満たす製品を提供するというHCLの継続的な取り組みを示しものです。

HCL BigFixの詳細については、BigFixパートナーにお問い合わせいただくか、www.bigfix.comにアクセスしてください。


About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。