HCL Nomad Web 1.0.1 をリリースしました

2021/9/17 - 読み終える時間: ~1 分

2021年9月17日、HCL Nomad Web がダウンロードできるようになりました。今回のリリースでは日本語IMEに対応し、日本語環境でも利用できるようになりました。

  • パッケージ名: HCL_Nomad_Web_1.0x
  • 名称: HCL Nomad for web browsers 1.0.1

1.0.1 のリリースに合わせてリリース情報や制限事項のドキュメントを更新しています。リリース情報の中に、新機能や制限事項等の情報が記載されています。

HCL Nomad Web の製品ページ も更新しましたのでご覧ください。

画像の説明


Constellation ShortList に選ばれた HCL Unica V12 の9つの機能

2021/9/17 - 読み終える時間: 7 分

9 features of Unica V12 that got us in the Constellation ShortList の翻訳版です。


Constellation ShortList に選ばれた HCL Unica V12 の9つの機能

2021年9月16日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

画像の説明

HCL Softwareは、エンタープライズ・マーケティング・ソリューションのリーディングカンパニーである Unica が、Adobe、Salesforce、SAS、Twilioとともに、Constellation Shortlist for B2C Marketing Automation for the Enterpriseに選出されたことを発表します。Constellation 社は、この市場に分類される50のソリューションを評価し、記事の後半に記載されている基準を考慮しました。

また、HCL Unica は、ガートナーからその功績を認められ、ガートナー・ピア・インサイトの Multichannel Marketing Hub (MMH) の Customers' Choice に認定されています。私たちはUnicaの最も包括的なアップデートに投資し、300以上の機能強化、30以上の新機能、何百ものネイティブレポート、+500 の REST API、そして全体的なエクスペリエンスを向上させる刷新された新しい UI を備えています。

これらのデモのすべてを、SoFy と HCL Now で Unica Cloud Native Demos を手間をかけずにすぐに体験できます。

1. UXと簡素化されたUIで、既成概念にとらわれない機能を提供

使いやすいインターフェース、ロールベースのダッシュボード、ビューなど、Unicaはマーケターが使いやすいインターフェースを備えており、ジャーニーの構築やメールのデザインなどの課題を克服できます。実際に、視覚的に豊かで機能的に効率的なフォームは、ITサポートの少ないエンドユーザーでもデータ入力を容易にします。

最新のリリースでは、最新モジュールの1つであるUnica Journeyをお届けします。このモジュールは、Unicaポートフォリオへの1年間の投資であり、マーケターがジャーニーを簡単に構築して視覚化 し、価値あるインサイトを得るために多くの工数を費やしています。

画像の説明

2. 拡張されたメッセージング機能

接続されたデジタル体験は、今日ほど重要ではありません。COVID-19の大流行により、ブランドのデジタル機能に対する顧客の期待が高まっています。HCL Unicaは、メッセージング機能を拡張するために多大な投資を行い、WhatsAppやSMSなどの重要なチャネルを追加しました。

Unica 12.1の春のプラットフォームアップデートは、オムニチャネルのデジタルマーケティングを、より高いカバー力とコントロール力、そして精度で実現します。

画像の説明

V12.1のUnicaでは、Unica Deliverが導入され、シームレスに統合された、自動化された、アドホックなエンゲージメントを、デジタルチャネルを介して、タイムリーでパーソナライズされたデジタルメッセージとともに提供します。Unica Deliver のパワーを活用して、独自のメール戦略を設計、構築、分析する方法をご紹介します。また、メール、SMS、WhatsAppなどのチャネル間でクロスチャネルの統合やタイムリーなコミュニケーションを拡張する方法を詳細に説明したリソースも多数公開しており、よりパフォーマンスの高いデジタルメッセージングプログラムの展開に役立ちます。

これらの新しいデジタルメッセージング機能は、2年以上にわたるUnicaプラットフォームの研究・開発・投資の成果であり、次世代のマーテック・ソリューションを実現するものです。

3. チャネル接続とマーテックの統合

統合されたマーテック・ソリューションの構築に向けたUnicaの継続的な取り組みにより、マルチチャネル・キャンペーン・アトリビューションが実現しました。12.1のリリースでは、JourneyモジュールとCampaignモジュールは、Unicaの精密なターゲティングとLinkedInのマッチドオーディエンスの力を活用して、LinkedInプラットフォーム上でターゲット広告を展開することができました。このリプレイでは、新たに発表されたFacebookとLinkedIn用のコネクタについて詳しく説明 しています。

画像の説明

HCL Unicaは、顧客のニーズに合わせて多大な投資を行ってきました。リリースされた機能のすべてではありませんが、そのほとんどが、マーテックの展望を広げ、新しいチャネルに接続することを気にかけている何千ものお客様のために展開されています。

4. 拡張されたセグメンテーション
  • オファーは、デジタルの世界の通貨です。Unicaを使って適切なオーディエンスにオファーを届けるために、強力なセグメンテーション機能とルールベースのオファー管理機能を強化し、展開しました。他にも、顧客の好みを敷衍したり、アイデンティティの解決、顧客のプロファイルの管理などの機能があります。このリプレイでは、Unicaのセグメンテーション機能に関する知識を深められます
  • 統合された顧客プロファイル。CRMプラットフォームを最大限に活用し、営業チームやマーケティングチームがリードや見込み客を完全に把握できるようにするために、Unicaはより多くのCRMデータ統合、Salesforce CRMの実現に投資しました。Salesforce CRMとの統合がUnica Journeyでどのように機能するかについての詳細な記事では、Salesforceコネクタの構成を案内する実際の例を用いて、CRM統合に精通し、Unicaデータをどのように増強できるかを知ることができます。
5. CXとパーソナライゼーションの向上

ブランドは、キャンペーンの規模を拡大し、より多くのパーソナライゼーションを行い、より多くのキャンペーンをより多くのチャネルで同時に実施したいと考えています。HCL Unicaはこの点を考慮して、Web、モバイル、デジタルキャンペーンのパーソナライゼーションを実現するために莫大な投資を行いました。カスタマー・エクスペリエンス(CX)とは、最初に購入されてから始まるのではなく、誰かが初めて製品に触れたときから始まるものです。

  • Unica Interactの洗練されたリアルタイム・インタラクション・ソリューションは、カスタマー・エクスペリエンスをパーソナライズ することで、様々なチャネルにおけるカスタマー・エンゲージメントのための次の最適なアクションを容易に決定できます。FlexOffers では、オファー、顧客プロファイル、リアルタイムのアクティビティをマッピングできます。
  • マーケティング戦略をA/Bテスト し、どの戦略が顧客にとってより良いパフォーマンスをもたらすかを理解します。

画像の説明

適切で一貫性のある継続的な顧客体験が、収益性の高い強固な関係を築くための鍵であることは、誰もが認めるところでしょう。Unica Marketing Platformは、まさにこのようなエンド・ツー・エンドの顧客エンゲージメントのために構築されています。

6. コラボレーションと生産性

この2年間、私たちはUnica Planに焦点を当ててきました。Unica Planは、Unicaマーケティング・スイートに緊密に統合されたコンポーネントで、コラボレーションの要件をすべて満たしています。Planは、何百もの企業と何千ものユーザーによって吟味されてきました。Planは、何百社、何千人ものユーザーに評価されており、包括的で柔軟なMRMソリューションであり、最もスケーラブルなソリューションの一つであることが証明されています。Unica Campaign(当社のマーケティングキャンペーン管理ソリューション)と統合されているため、真のROMI(Return On Marketing Investment)レポートを作成するために必要なすべてのデータが統合されています。

画像の説明

7. DAMとBetter Content Managementの統合

お客様からのご要望にお応えするために、Unicaポートフォリオの他のチャネルとオファーを統合するためのCentralized Offer Management (COM)を設立し、マルチメディアアセットの作成、利用、および強固なデジタルアセット管理を行いました。

Unica 12.1のリリース時に行ったその他の投資は、コンテンツとアドテックのエコシステム を強化し、マルチチャネルでのリリースを可能にし、広告トラッキングとアドテックの統合を促進することでした。 より詳細なB2Bのケースについては、LinkedInのウェビナーセッション を再生してください。

Unicaは、より多くのメディアとのコラボレーションを構築するための投資を継続的に行い、お客様のマーテック環境にビジネスの革新と変革をもたらすための有用な方法を模索しています。

8. コマースの統合

HCL Softwareのコアビジネスソリューションと統合することで、行動の洞察から戦略的な行動へとシームレスに移行し、ブランド体験を新たなレベルの顧客満足度へと導きます。最近のリリースでは、Unicaは以下のシステムへのアクセスを容易にしました。

今年、HCLはアナリティクス分野への投資を行い、Unica DiscoverとUnica Insightsを導入しましたが、これはHCL Softwareの幅広いポートフォリオとの重要な連携であり、ユーザーのカスタマー・エクスペリエンスの最適化を支援します。HCLで追加された最新の機能強化により、UnicaはHCLのCommerceデータだけでなく、外部のEコマースシステムやERPへのアクセスを容易にし、顧客のショッピングやEコマース・ジャーニーの可視化を可能にしました。

最近では、Unica Discoverを使って、より良い行動分析を行い、ショッピング・ファネルでの摩擦をなくす方法 について、一連の推奨事項を作成しました。また、より実践的な顧客行動分析のウォークスルーや、Unica製品を使ったデジタル販売の拡大 についてもご紹介しています。

9. 分析とキャンペーントラッキングの改善

この9ヶ月間で、Unica Insightと、BIRTをベースにしたすぐに使えるレポート機能を紹介しました。しかし、この2年間で、目標達成に重点を置いたカスタマージャーニーを視覚的に分析するためのユーザーの能力を、行動分析によってさらに強化してきました。

HCL Unicaに追加された最新の機能強化では、新しいUnica Discoverモジュールによって、顧客の体験を深く可視化することができるようになりました。複数のデータポイントでデータをセグメント化することで、同じ旅を経験した個人やセグメントをエンゲージできます。

高度なセッションリプレイ、コンテクストデータに基づいたレポート、リアルタイムのイベントメッセージングにより、ユーザーのジャーニーを迅速かつ容易に拡張できます。これにより、クロスチャネルキャンペーンを設計・展開し、適切なオーディエンス に適切なタイミングで適切なチャネルを使ってアプローチすることが可能になります。

最新のUnica 12.1.1は、マーケティング担当者が強力な機能を使って、より魅力的なカスタマー・エクスペリエンスを計画、構築、実行、提供し、マーケティング目標を達成できるようにします。同時に、ITチームは、強化されたクラウドネイティブな基盤と柔軟な導入オプションによる計り知れないメリットを活用できます。Unicaは、あなたとあなたの顧客にとって最高の成果を達成するために必要なものを提供するために、Unicaの拡張と強化に積極的に貢献します。

先ほどいくつかの機能をご紹介しましたが、それだけではありません。最新のリリースである12.1.1は、市場で最も優れた機能強化が施された、マーケティングのための強力な製品です。いくつかの機能を紹介しましたが、それ以外にもたくさんの機能があり、マーケティング担当者は、マーケティングデータを分析する力を活用して、ビジネスの戦略を推進できます。

Constellation ShortListレポートの詳細をご覧になりたい方は、今すぐレポートをダウンロード してください。

画像の説明


従業員コミュニケーションの変革にHCL Connections が必要な理由

2021/9/16 - 読み終える時間: 2 分

Why You Need HCL Connections to Help Transform Employee Communications の翻訳版です。

従業員コミュニケーションの変革にHCL Connections が必要な理由

2021年9月14日

著者: Dan Allen / Product Marketing Manager, HCL Digital Solutions

画像の説明

パンデミックによる労働環境の変化により、企業は従業員の大部分がリモートで働いていても機能することがわかってきましたが、従業員のエンゲージメントとコミュニケーションを効果的にサポートする方法については疑問が残っています。従業員のコミュニケーションは、エンゲージメントを促進するため、従業員の体験に不可欠であるだけでなく、従業員の満足度、生産性、コラボレーション、そして最終的にはビジネスの成功にも貢献します。

まずは、"対面していないときに、従業員のための効果的なコミュニケーションチャネルをどのようにして作るか "という質問から始めましょう。私が管理職になったばかりの頃に学んだ格言に、「できる限り対面でコミュニケーションをとれ」というものがありました。それは、主なコミュニケーション手段がメールと対面式のミーティングに限られていた時代のことです。対面式のミーティングが時代遅れだというわけではありませんが、今日の従業員とのコミュニケーションの現実は大きく異なり、より困難なものとなっています。考え方が変わり、ありがたいことに、コミュニケーションの手段も増えています。ここでは、リモートワークへの移行がCEOの考え方や意思決定にどのような影響を与えているかを見てみましょう。

コミュニケーションの方法を再考する

KPMG社は、パンデミックがビジネスに与える影響についてCEOを対象に調査を行いました。最も印象的だったのは、パンデミックによって、CEOは組織内での仕事やコミュニケーションの方法を再考する必要に迫られたということです。リモートワークやハイブリッドワークの環境で業務を行うことは、確かにより複雑であり、この新しいワークモデルによって、CEOはビジネスの規範を見直す必要に迫られています。

  • 今回の調査では、CEOの4分の3が、デジタルコラボレーションツールやコミュニケーションツールへの投資を継続すると回答しました。なぜなら、これらのツールは、コミュニケーションやエンゲージメントのギャップを埋めるのに役立つからです。
  • 興味深いことに、73%のCEOは、採用時にリモートまたはハイブリッドの職場環境が、将来の従業員にとってより魅力的であると回答しています。従業員の経験は、一般的に新しいキャリアの選択を決定する際の重要な要素となります。
  • 69%のCEOは、コスト削減のためにオフィススペースを縮小すると回答しています。これは、一部の従業員がオフィスでの仕事に戻らないことを明確に示しています。
  • また、68%のCEOは、遠隔地にいる従業員とのコミュニケーションに課題がある場合、新しいコミュニケーション方法やモードを用いてコミュニケーション戦略を再構築しています。

しかし、企業の価値観に沿った企業文化をどのように浸透させ、維持していくかなど、企業にとって重要な課題も残っています。

情報消費の変化

さて、ここで話を経営陣から従業員に移してみましょう。従業員とのコミュニケーションを円滑にする方法を理解する前に、まず今日の職場環境で情報がどのように消費されているかを理解する必要があります。最近の調査によると、ほとんどの人が6分ごとにメールやインスタントメッセージをチェックしているそうです。過去30年間で情報消費量が500%増加しているのも不思議ではありません。より多くの情報が消費されているにもかかわらず、情報過多は現実的な問題となっています。情報消費量の増加に伴い、情報の提供方法も変化する必要があります。

情報をどのように受け取るべきか、従業員は新たな期待を寄せています。例えば、1980年以降に生まれた社員は、人生の大半をテクノロジーに囲まれた生活を送っており、コミュニケーションに対する期待が高まっています。今の社員は、情報を好きなときに好きな場所で、慣れ親しんだフォーマットで受け取りたいと思っています。また、情報の流れをパーソナライズし、自分の役割に応じた重要な情報に限定したいと考えています。従業員は複数のデバイスを使って情報にアクセスするため、どのデバイスでも情報を消費できることも求めています。

もっと簡潔にまとめると、情報の流れは、頻繁に、マルチチャネルで、マルチフォーマットで、そして最も重要なのは、継続的に測定されるべきだということです。これにより、社員の心に響くような方法で、社員が必要としている場所、必要としている時に、より効果的に情報を届けることができるのです。

エンゲージメントとコラボレーションの違いは何か

従業員コミュニケーションとは、管理職が従業員に情報を提供することだけではありません。今日の職場環境では、より広範なコミュニケーションと交流が行われています。このスペクトルは、従業員エンゲージメントから従業員コラボレーションまでのすべてをカバーしています。それは、従業員と経営陣の間の双方向のコミュニケーションであったり、チームプロジェクトでチームメンバー間のコミュニケーションを促進するものであったりします。私たちが認識しなければならないのは、エンゲージメントとコラボレーションの成功は、効果的なコミュニケーションチャネルに完全に依存しているということです。

従業員のコミュニケーションは、組織の目標を達成するためにも、ビジネスの成果につながる日々のさまざまな成功を収めるためにも不可欠です。コミュニケーションは、エンゲージメントとコラボレーションの2つの要素に分けられます。従業員のエンゲージメントとは、従業員を正しい目標に集中させ、会社の価値観や慣習を理解させ、仕事をこなすために必要なトレーニングやツールを提供することです。

一方、従業員のコラボレーションとは、仕事の管理、チーム、そして社内外での様々な交流を指します。エンゲージメントとコラボレーションに注目すると、これらは組織の成功のための基本的なビジネスドライバーです。これらのビジネスドライバーは、従業員の体験に大きな影響を与えます。研究によると、エンゲージメントとコラボレーションに長けた組織は、スタッフの離職率が非常に低く、生産性と収益性が高いことがわかっています。

画像の説明

コミュニケーション問題の解決

従業員数約5,000人のヨーロッパのケーブルメーカーでは、従業員用イントラネットに不満を感じていました。既存のサイトは時代遅れの静的なもので、会社が望む従業員同士の交流を生み出すことができませんでした。彼らの目的は、双方向のコミュニケーションを可能にし、パーソナライズされた体験を提供し、マルチチャネルのアプローチを提供する新しいイントラネットポータルまたは従業員情報ハブを提供することでした。

10万人以上の従業員を抱え、その7割がデスクレスでモバイル性の高い従業員であるグローバルなパッケージデリバリー企業は、従業員の双方向のコミュニケーション、アイデアの創出、迅速な意思決定を可能にするコラボレーションプラットフォームを必要としていました。経営陣は、次のホリデーシーズンに向けて、ピークシーズンの配送を改善するためのアイデアを募ることからコラボレーションの取り組みを始めたいと考えていました。

多国籍のエンジニアリング・建築会社では、700人以上の従業員と何千もの建設プロジェクトを調整し、複雑な設計問題の解決、専門的な知識の迅速な検索、ベストプラクティスの共有、顧客の納期遵守のための連携を改善する必要がありました。

これらのシナリオに共通していることは何でしょうか?それは、仕事をより効果的に進めるために、コミュニケーション、共同作業管理、従業員のエンゲージメントを改善する必要があるということです。効果的なコミュニケーションと共同での問題解決には、ベストプラクティスをサポートするための既製のツールとテンプレートを備えたフレームワークが必要です。HCL Connections は、3社の多様なビジネス課題を解決するためのソリューションを提供しました。

遠隔地で働く従業員が増えている中、こうしたコミュニケーション上の課題を解決するためのコラボレーションツールを提供することが、これまで以上に重要になっています。HCL Connectionsは、パーソナライズされたデザイン性の高いモバイル・ワークスペースを構築し、役割に応じたコンテンツやチーム構造を提供することで、コミュニケーションと生産性を向上させ、従業員を飽きさせないコラボレーション・フレームワークを提供します。

HCL Connectionsがお客様のコミュニケーションの課題をどのように解決できるかについてご興味のある方は、最近のウェビナー "Transforming Employee Communications with HCL Connections"をご覧ください。


HCL Unica: 簡素化された、加速したクラウドネイティブな MarTech (IDC)

2021/9/16 - 読み終える時間: 2 分

Simplified and Accelerated Cloud Native MarTech (IDC) の翻訳版です。

簡素化された、加速したクラウドネイティブな MarTech (IDC)

2021年9月14日

著者: Gerry Murray / Research Director, Marketing and Sales Technology, IDC

画像の説明

最も効率的で柔軟性が高く、将来性のあるマーケティングシステムはクラウドネイティブです。このアーキテクチャは、オンプレミスや従来のSaaSソリューションに比べて、経済的にも運用面でも大きなメリットがあります。しかし、マーケティングソリューションを早期に導入した企業の多くは、オンプレミスやSaaSのソリューションが当時のベストオブブリードと考えられていたために導入し、クラウドネイティブのソリューションやIT組織は、ミッションクリティカルな準備ができるほど成熟していませんでした。オンプレミス型やSaaS型のソリューションを採用した企業は、現在、システムの迅速なアップグレードや強化、高度にパーソナライズされたデジタルファースト、オムニチャネルの世界の新たな要求への適応において、遅れをとっていることに気づきます。今日、マーテック・インフラストラクチャは自社のブランドであり、より優れた回復力、適応性、効率性を提供するシステムを持つ企業と競争した場合、ますます不利になってしまいます。

クラウドが登場した当初は、従来のアプリケーション環境を「リフト&シフト」することは困難な提案でした。クラウドが登場した当初は、従来のアプリケーション環境を「リフト&シフト」するのは難しいことでした。しかし、「リフト&シフト」されたレガシーアプリケーションは、マーケティング担当者が必要とするアジリティ、パフォーマンス、使いやすさに欠け、ホスティングされたSaaSアプリケーションは、カスタマイズ性とコントロールに欠けています。例えば、Netflixが初めてクラウドに移行したとき、約8年かかりました。しかし現在では、IaaS(Cloud Infrastructure as a Service)の進化、移行プロセスやツールの進化、クラウドでの運用に必要なスキルの進化により、その時間は数日から数週間に短縮されています。これを一歩進めて、HCL Unicaは、高速で柔軟なデプロイメントを可能にするクラウドネイティブな基盤によって、このサイクルを加速させました。HCLのソリューション・ファクトリー(SoFy)では、Unicaを含むHCLソリューションの新しいクラウドネイティブ・デプロイメントを数分でプロビジョニングし、オンプレミス、またはパブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドを介して展開できます。熟練したリソースのフルセットが不足している場合、HCLはHCL Nowのクラウドネイティブ・マネージドサービスを通じて、Unicaのクラウド移行を管理できます。


HCL SoFy がすべてを変える

HCL SoFy は、基本的にHCLソフトウェアソリューションのためのアプリストアです。HCL SoFyは、多くのHCLソリューションを探索するためのシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供し、顧客は購入前にサンドボックス環境で製品や業界固有の機能をデモや試用できます。企業向けソフトウェアベンダーが提供する複雑なソリューションの発見とテストを簡素化するツールを持つことは、IDCが他のベンダーが追随することを期待するイノベーションです。


また、SoFyは、Unica の新バージョン(12.1.x以降)を含むクラウドネイティブアプリケーションの導入に必要なほぼすべてのプロビジョニングを自動化します。HCLのSoFyを使えば、管理者、エンジニア、開発者は、クラウドホスティングやコンテナ化の専門家である必要はありません。例えば、Unicaの新しいクラウド・ネイティブ・インスタンスを移行・管理するためにYAML(Kubernetesのデータ・マークアップ言語)を書く必要はありません。コンテナ化により、旧来の「リフト&シフト」方式よりもはるかに簡単にクラウドネイティブ化が可能になります。SoFyのメリットは以下の通りです。

  • 価値を生み出すまでの時間が短縮されます。価値を生み出すまでの時間の短縮:数分で導入し、数日で既存のUnicaのデータとプロセスを移行できます。
  • 所有コストの低減。所有コストの削減:導入の自動化、アップデートやアップグレードの自動化、運用・保守コストの大幅な削減(プライベートデータセンターでのオンプレミス運用は不要になります。
  • 柔軟性と移植性。3つの主要なクラウドプラットフォーム(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud)のいずれかにデプロイし、アプリケーションやカスタマイズを書き換えることなく、クラウドからクラウドへと移行できます。


HCL Now - サービスとしてのクラウドネイティブ

従来のSaaSアプリケーションは、マルチテナント型のインスタンスで、アプリケーションが他のユーザーとサーバーやデータベースを共有することを意味します。クラウド・ネイティブ・アプリケーションは、シングル・テナントです。 ソフトウェアは独立したコンピュートリソースとデータリソース上で動作するため、独立して拡張できます。アウトバウンド・ボリューム、コンタクト・データベース、分析処理などをサポートするために、インフラ全体を拡張する費用は必要ありません。SaaSアプリケーションはフルスタック・ソリューションとしてバンドルされており、ソフトウェア、インフラ、クラウド・プラットフォームは分離できません。ほとんどのSaaSアプリケーションは、Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azureで同じように展開されるわけではないため、クラウドプラットフォームを選択し、それを維持する必要があります。クラウドネイティブ・アプリは完全にコンテナ化されているため、クラウドに依存せず、組織を1つのクラウド・プロバイダーに固定することもありません。SaaS環境では、サービス、サービスレベルアグリーメント、アップグレード、計画停電などの管理をベンダーが行います。クラウドネイティブでは、これらすべてがお客様の管理下にあります。HCL Nowは、オンプレミスのコントロールとセキュリティを、クラウドのスケーラビリティ、柔軟性、コスト削減とともに提供します。

画像の説明

現代のマーケティングインフラは、顧客との関わり合いの継続性と回復力を、フロントオフィス機能の中で解決しなければならず、柔軟なプロビジョニング、スケーラビリティ、運用コストモデルが求められています。マーケティングテクノロジーを評価する際、マーケティング担当者は、技術的な概念やタスクを簡素化する、最新のクラウド・ネイティブ・テクノロジーを探す必要があります。以下のようなソリューションを検討してください。

  • ビジネスユーザーがAPIをドラッグ&ドロップして統合機能を構築できる、ノーコード・ローコードのソリューション。
  • デブオプスをよりシンプルにする
  • 主要なクラウド環境に簡単にデプロイできること
  • 弾力的なスケーラビリティを備えているため、マーケティング担当者は、ピーク時のダウンタイムを心配する必要がありません。
  • 試行錯誤を可能にし、発見と実験をサポート


スポンサーからのメッセージ

HCL Unica がどのようにアプリケーションのデプロイとテストを容易にしたかについては、クラウドネイティブ・ソリューション・ファクトリーで HCL Software アプリケーションの全カタログをご覧ください。

クラウドネイティブな統合マーケティング・プラットフォームが、パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、あらゆるクラウド&環境上で、数分で拡張できる選択肢と柔軟性を備えて展開できることをご紹介しているページもご覧ください。


HCL Domino Volt のテンプレート: オンボーディング支援を公開しました

2021/9/16 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Domino Volt はローコード、ノーコードの開発、実行環境です。その良さを実感していただくために、無償のトライアル環境とテンプレートを公開しています。

今回、「オンボーディング支援」のテンプレートを追加しました。入社した社員が早期に業務を開始できるように、各種支援をするための仕組みを提供します。是非、お試しください。

画像の説明


HCL Domino REST API Early Access September 2021 をリリースしました

2021/9/16 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Notes/Domino 12.0.1 で搭載予定の HCL Domino REST API のベータ 3 が開始されました。

これは Project KEEP と呼ばれているものです。製品ドキュメントの冒頭にその目的・意義について表明されています。

Dominoの開発とアクセスを、多様な開発背景を持つ多くの人々に提供する。企業やコンテナへの展開性を犠牲にすることなく、参入障壁を低く保つ。サーバーとデータベースへの宣言によるアクセス制御を確実に行い、エンドユーザーアプリケーションをその作業から解放する

下図は概念を表した図です。

画像の説明

Notes/Domino に蓄積されたデータの活用や、Notes/Domino DB へのデータ蓄積など多様な活用を、標準的に REST API で自在に行えるようになります。強固なセキュリティーやエージェント、複製などコラボレーションの強力機能を持つ Notes/Domino の世界と組み合わせることで、DX の世界を作り上げることができます。

詳細は以下の製品ドキュメントを参照してください。今回も、Linux 版と Docker Image が提供されています。


HCL Nomad 利用時の HCL SafeLinx のパフォーマンス

2021/9/16 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Nomad Web の利用には HCL Nomad Proxy が必要です。この HCL Nomad Proxy は、443ポートの対クライアント通信と 1352/NRPC 等の対 Domino サーバー通信を仲介するサーバーです。ちなみに、HCL Nomad Mobile にも対応しています。

プロキシとなると気になるのがパフォーマンスかと思います。今回、1万2千ユーザーでのパフォーマンス計測を行い、その結果を公開しました。十分に余裕を持って動作していることを確認できました。詳細は下記記事をご覧ください。


HCL Notes/Domino V12 アップグレードガイドを公開しました

2021/9/15 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Notes/Domino V12 アップグレードガイドをリリースしました。テクニカルホワイトペーパーは他にも多数刊行しています。

是非、HCL Notes/Domino V12 特設ページをご覧ください。

画像の説明


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修