HCL Sametime 11.5 がリリースされました

2020/11/13 - 読み終える時間: 2 分

2020年11月10日、HCL Sametime 11.5 がリリースされました。

ライセンスは2種類で、Limited Use に加えて Premium があります。これまで、Communicate、Conference、Complete がありましたが、それらがひとつにまとまり、「全部入り」のライセンスである Premium に集約されました。Limited Use は従来通り、Domino クライアントユーザー用の機能限定版で、シンプルなテキストチャットを利用可能です。

Sametime 11.5 では ミーティング機能が加わっており、チャット機能は 11.0 とほぼ同一です。ミーティング機能は Docker イメージで提供されており、デプロイメントが容易になりました。数行の設定ファイルの編集と docker コマンドだけで実行可能な環境が完成します。スケーラビリティーは Kubernates で実現され、構成、管理面でも大きく進化しました。ブラウザーからの利用では、追加のプラグインなどは不要で、確実に高速に利用可能になるシンプルな作りとなっています。

詳細は、2020年12月に開催される、Digital Week 2020 Japan 二日目を是非ご覧ください。

ダウンロード

関連記事

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。