今すぐ捨てるべき Domino に関する誤った 5 つの神話

2020/6/3 - 読み終える時間: 3 分

How HCL Connections Helps Close the Gap in Crisis Management - HCL SW Blogs 英語版ブログで 5 Myths about Domino You Need to Stop Believing Right Now がポストされました。その翻訳版を掲載します。


今すぐ捨てるべき Domino に関する誤った 5 つの神話

2020年6月2日

著者:Matt Engstrom / Software Sales, Regional Sales Director & Product Specialist

ユニコーンは毒水を飲めるようにしたり、病気を治したりすると言われているので、実在することを望む人もいます。確かにどちらもそうであれば良いのでしょうが、ユニコーンは空想の産物に過ぎません。Domino は神話に出てくるような優美な生き物ではありませんが、過去30年間にわたり、大企業でそのセキュリティー、汎用性、拡張性、価値を証明してきました。それがあまりにも長く続いていることと、献身的で熱狂的な顧客コミュニティー (「チーム・イエロー」とも呼ばれています) が続いており、Domino は伝説的な地位を獲得しています。その一方で、「Domino プラットフォームは古い」、あるいは「時代遅れである」などの誤解も長い間続いています。しかし、真実から目を背けることはできません。これらの神話のいくつかを説明し、今日の Domino で何が可能なのかをお見せしましょう。

HCL Nomad は、HCL Domino アプリケーションの力を、デスクトップの枠を超えて、ユーザーが必要な場所に直接もたらすものです。アプリケーションを、比類のないセキュリティーやオフライン機能をモバイルでも利用できます。Apple iPhone と iPad、Android スマートフォン、Android と Chrome OS タブレットでアプリを最小限の労力で利用できます。HCL Nomad の詳細についてはこの機能シートをご覧ください。

Notes クライアントを使用して Domino アプリにアクセスすることはもちろんできますが、Web ブラウザー用にアプリを書くことができるようになっています。既存アプリをブラウザー上で動作するように変更したり、新しいアプリをブラウザーアクセス用に記述したりすることができます。この例では、Web 用に書かれた注文処理用の社内アプリで、営業チームが毎日使用しているものです。

LotusScript と XPages に精通した Domino 開発者と管理者には深謝してやまないところですが、私たちはお客様の幅広いスキルと才能を開放し、お客様の投資を将来的に確かなものであることを証明したいと考えています。

今では、JavaScript の開発者であれば誰でも Domino のデータやプロセスを含む新しいアプリケーションを強化、統合、構築することができます。この例は、React で書かれた Web UI を使って構築されたトラッキングアプリケーションです。クールなフィルター一式を備えています。

HCL Domino V11 はこれまでで最もオープンなプラットフォームです。Domino に備わった統合機能により、他のツールやアプリケーションを高いレベルで統合させ、より活用することができます。

ここでは、私たちが実現させたいくつかの統合を紹介します。左側は、リアルタイムのデータ検証を可能にする社内の営業アプリと CRM システムの連携・統合です。右側は、アプリと Slack を連携・統合させて、チャネル内での即時通知を実現しています。ユーザーは Slack 内で、提出された提案書の承認や拒否を直接行うことができ、アプリ内で設定されたワークフローに従ってドキュメントの処理を進められます。

Domino アプリは堅牢であり高い信頼性を有しています。これが、当社のお客様のほとんどがアプリの再設計を考えたことがなかったり、Dominoにはそのような柔軟性がないと思い込んでいる理由でしょう。

ここでは、今日のデザイン基準に合わせてアプリを近代化した例をいくつかご紹介しましたが、私たちは最近、別のブログ記事も書きました。私たちは、複雑でビジネスに不可欠なアプリを一新しただけでなく、モバイルデバイスでも動作するようにしました。

Domino V11。ファンタジーではなく、ファンタスティック。Dominoを使ってみましょう。デモの依頼 もできます。

About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。